シムーン第二章 ~乙女達の祈り~

「▼やさしい刑事」
やさしい刑事 小説本編

やさしい刑事 第5話 「人形の涙」(3)

アニメフィギュア

「キモ玉?…普通に変っていたとは?」
「あ、すいません。ついいつもの調子で…少しキモいヤツだったんで、みんなそう呼んでたもんですから」
「玉下さんは、みんなに嫌われていたんですか?」
「いや、嫌われてた訳じゃないですけど…空気読めないっつぅ~か、何っつ~ぅか」
「そぅ、そぅ、何考えてるかさっぱり分からないようなところがあって」
 平野刑事に安心感を覚えたのか、他の社員もおいおいに話をし始めた。
「カラオケとかコンパとかに誘っても来ないんですよね…それで、いつの間にか誰も誘わなくなったんです」
「へぇ~…人付き合いが苦手だったんですかね?」
「いぇ、彼女とデートがあるからって」
「ほ~ぅ…ガールフレンドがいたんですか~」
「いゃいゃ、女にモテるようなヤツじゃなかったですよ~」
「でも、ガールフレンドがいたんでしょ?」
 平野刑事と男子社員の話を聞いていた女子社員から、あざけるような含み笑いがもれた。
「それがねぇ…おぃ、中川。あいつの家に行った事あるのお前だけだろ」
「余計な事言うなよな~」指名された男子社員が迷惑そうな顔をした。
「いぇ、余計じゃありませんよ。捜査には大事な事です…ぜひ聞かせて下さい」
「僕はフィギュアを集めるのが趣味なんですけどね。あいつがしげしげと僕のデスクを覗きに来るんで『お前も好きなのか?』って聞いたら、そうだって…で『見せてやるから家に来い』って言うんで、行ってみたんですけどね」
「ほぅ~…それで?」
「部屋に入ったらでっかい人形が置いてあって『僕の彼女だ』って自慢するんだけど、フィギュアって小っちゃいから可愛いんですよね」
「確かに、秋葉原辺りで見掛けるアニメやゲームのキャラクター人形って小さいですね」
「そうでしょ…だから、あぁ、こいつは住む世界が違うな~…ってそれっきり行きませんでした。なので、僕は事件には関りありませんから」
「いや、誰も君が事件に関ってるとは言ってないよ。ただ、玉下さんの交友関係を知りたいだけで」
「友達できるようなヤツじゃなかったですけどね~…コミュニケーション下手だったし…浮いてたし」
「なるほど。玉下さんは人付き合いが上手ではなかったと言う事ですね」
「俺らも人付き合い上手じゃないですけどね…だから、ここは楽なんですよ。あんまし人間関係がややこしくないから」
「そぅそぅ、自分の仕事やってりゃぁ給料出るしね」
「あぁ、それで自由な社風なんですね。よく分かりました…ご協力、どうもありがとうございました」

(自分が傷付くのが恐いから他人に深入りしない。そこそこに人付き合いをして人間関係をやり過ごす…職場の同僚が死んでも、それを他人事のように語る。それが彼らの言う自由なんだろうな~)
 若い社員たちの聞き込みを終えた平野刑事は、何だか少し寂しい思いがした。

~続く~

にほんブログ村 小説ブログへ
クリックをお願いします
 
関連記事
スポンサーサイト
 関連カテゴリ一覧 ▼ 
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼シムーン第二章 ~乙女達の祈り~
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼未来戦艦大和
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼ビーストハンター
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼地球年代記 ~カルマ~
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼まぼろし
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼やさしい刑事
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼幻影の艦隊
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼その他の小説
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼シムーン第二章 ~乙女達の祈り~
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼未来戦艦大和
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼ビーストハンター
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼地球年代記 ~カルマ~
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼まぼろし
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼やさしい刑事
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼幻影の艦隊
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼その他の小説
もくじ  3kaku_s_L.png オリジナル詩集
もくじ  3kaku_s_L.png 随想/論文集
もくじ  3kaku_s_L.png 死とは何か?
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  ↑記事冒頭へ  
←ボブ・ディランはなぜ黙しているのか?    →やさしい刑事 第5話 「人形の涙」(2)
*Edit TB(0) | CO(6)

~ Comment ~


傷つくのを恐れて他人に深入りしないなんて自由というより閉鎖的だな。
これじゃ人間不信だ。この鎖国に黒船でも来ないかな(笑)。
人付き合いもある意味自由ではないけど
誰とも親しくないのは誰かを知ることも自分を知ってもらうこともない。
最近の若者がこれじゃあ何も進歩しませんね。
#4897[2016/10/18 10:24]  西條すみれ  URL 

Re: すみれ様COありがとうございます^^

> 傷つくのを恐れて他人に深入りしないなんて自由というより閉鎖的だな。
> これじゃ人間不信だ。この鎖国に黒船でも来ないかな(笑)。
> 最近の若者がこれじゃあ何も進歩しませんね。

もし、黒船が来たら鎖国根性の抜けてない日本人はパニくりますよ(笑)
ただでさえアメリカやロシア、中国や韓国から外圧が掛かる度に過剰反応する有様。
日本人は総じて人付き合いが下手です…何かと言うと相手を威嚇して、武力に訴える。
自分が傷付くのが恐いから相手に誤解される…素直に胸襟を開けば理解し合えるのに><
その点、欧米人やロシア人、中国人は逞しい…傷だらけになっても生きる根性がある。
だから精神的に進歩する…丸腰でド~ン!と当たって砕けろ日本人…です(笑)
#4898[2016/10/18 10:57]  sado jo  URL 

こんにちは~♪
今の時代を生きる若者たちは真の自由を知らされていない、また素人もしない気の毒な生き方をしていると思います。
コミュニケーションをとるというのが合コンやカラオケ程度で大騒ぎすることくらいだと思ってますからねー。
仕事も与えられたことができればそれで十分だと考えているから、それがどんなに不条理なことでも当たり前だと思い込まされているのでしょう。
だから「隣は何をする人ぞ」って感じかな?
儲け主義の会社にとっては非常にありがたい存在ですねー。
#4899[2016/10/18 17:15]  まり姫  URL  [Edit]

Re: まり姫様COありがとうございます^^

真の自由人とは「ボブ・ディラン」や「ジョン・レノン」の如き人の事を言う。

自分の意志を持って、断じて上に追随しない!…自分の世代は彼らから生き方を教わった。
世界中の若者が手を繋いで歴史を進歩させた…上の言う事に盲従して日本(帝国)が全てだと思ってる今の世代とは、天と地の開きがあります。自分はディランのノーベル賞を誇りに思います♪
若者は体制の奴隷であってはイカン!…精神が堕落して進歩しなくなる!
#4900[2016/10/18 18:32]  sado jo  URL 

先ほどFC2ブログは削除しました
新しいブログは地味に更新中ですが、今後ともよろしくお願いいたします

しかしこの職場は、自分の職場とも近いですねぇw

ええ、確かに楽です
詮索しないされないっていう感じなので

どちらかというと、規模の大きい会社で特殊な職種に携わっている人たちの集まりかなと
そして雇用形態も人それぞれ違ったりするんでしょうね

ちなみに今更ですが、自分は、守秘義務の関係で社名は明かせませんが、普段はクレーム対応を生業にしてます
色々な会社を渡り歩いて、業界歴は今年で12年目になりましたw
#4901[2016/10/19 18:26]  blackout  URL 

Re: blackout様COありがとうございます^^

> 先ほどFC2ブログは削除しました
> 新しいブログは地味に更新中ですが、今後ともよろしくお願いいたします
> しかしこの職場は、自分の職場とも近いですねぇw

了解しました…こちらもリンクを差し替えて置きます。
映画界も異能力者(何だか魔法物みたい)の集まりで、他人の干渉がなく仕事は楽でした。
ただ全員で一つの作品を作るので人間関係は大事でした…人を纏めるのがプロデューサー。
円谷プロの場合は、ほとんど社長の息子さんか、英二社長ご自身がプロデューサーでした。
名だたる監督やスタッフを従える人間性と実力は相当なもので、いい人生勉強になりました。

映画界は衣装、振り付け、メイクなど女性しかできない仕事があって、女性が多い職場です。
但し、仕事がある時はドカ雪の様にあって、ない時はのんびりで時間も不規則になります。
それでよかったら働き甲斐のある職場なので、女性の方はどしどし参入してやって下さい。
自分が参加した作品が出来上がった時の喜びは格別ですよ~^^
#4902[2016/10/19 20:03]  sado jo  URL 














管理者にだけ表示を許可する

~ Trackback ~


  ↑記事冒頭へ  
←ボブ・ディランはなぜ黙しているのか?    →やさしい刑事 第5話 「人形の涙」(2)