シムーン第二章 ~乙女達の祈り~

「▼やさしい刑事」
やさしい刑事 小説本編

やさしい刑事 第5話 「人形の涙」(4)

等身大ドール

「えぇっ!?…ニュースでやっていた事件の被害者ってうちの顧客だったんですか~」
「そうです…それで捜査にご協力いただきたいと思いましてね」
 ヤマさんに警察手帳を見せられたドールメーカーY社の営業部長は驚いた顔で言った。
「少々お待ち下さい。刑事さん…今カスタマーサービスの責任者を呼びますから」
 そう言って営業部長が呼んできたのは、プログラマー風の若い男だった。

 男に案内されてヤマさんが入った部屋には、多数のパソコンが設置されていてサービス係の女子社員が仕事をしていた。
 男は自分の席に着くと、手際よくパソコンを操作して顧客データを検索し始めた。
「玉下祥太さんですね。あぁ…出ました。どうです。住所とか年齢は一致してますか?」
 男は画面をのぞき込んだヤマさんにそう尋ねた。
「えぇ、本人で間違いないですね」
「データを見ると、随分頻繁に購入してますよね」
「ほぅ~…若いのによく金が続いたもんだな~」
「それも衣装やパーツだけでなく、本体もほぼ半年おきに買い換えてます。こりゃぁ珍しいお客さんだな~」
 男はパソコンの画面をスクロールしながら、ヤマさんに購入記録を示してみせた。
「この手のドールって、結構お高いんでしょ?」
「まぁ、付属品を付けると20万くらいになります。なので頻繁に買い換えるお客さんは滅多にいませんから、うちにとっては良い
お客さんだったと思います」
「代金の支払いに問題はなかったですか?高価な物を頻繁に買い換えると、どうしても金に無理が出てくると思うんですが」
「いぇ、うちは通販限定ですから、代金が振り込まれなければ品物は発送しません…それに」
「それに…どうしました?」
「データを見る限り、ドール本体の購入はボーナスシーズンになってますね」
「ボーナスを全部はたいてドールを買い換えた…と言う事でしょうか?」
「多分そうでしょう…でも、みんなそうじゃないですか?スマホを新型に買い換えたり、新作ゲームを買ったり…僕もボーナスをだいぶんパソコンにはたいてますけどね」
「欲しい物を我慢して、将来の結婚に備えて貯金したりはしないんですか?」
「あはは…できるかどうか分かんないですしね。それに楽しめる時に自由に楽しんどかなきゃ損でしょ」
「まぁ、そう言われてみりゃぁそうだが」

(結婚よりも自分の人生を楽しむ方が大事か~…今時の気風と言えばそうかも知れない。どうりで子供が少なくなる訳だな。
まぁ、俺の考え方の方が時代遅れなんだろうな~)
 若いカスタマーサービス主任と話したヤマさんは、柄にもなく世代のギャップを感じてしまった。

~続く~

にほんブログ村 小説ブログへ
クリックをお願いします
 
関連記事
スポンサーサイト
 関連カテゴリ一覧 ▼ 
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼シムーン第二章 ~乙女達の祈り~
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼未来戦艦大和
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼ビーストハンター
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼地球年代記 ~カルマ~
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼まぼろし
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼やさしい刑事
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼幻影の艦隊
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼その他の小説
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼シムーン第二章 ~乙女達の祈り~
もくじ  3kaku_s_L.png ▼ゴジラ奇譚
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼未来戦艦大和
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼ビーストハンター
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼地球年代記 ~カルマ~
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼まぼろし
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼やさしい刑事
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼幻影の艦隊
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼その他の小説
もくじ  3kaku_s_L.png オリジナル詩集
もくじ  3kaku_s_L.png 随想/論文集
もくじ  3kaku_s_L.png 死とは何か?
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  ↑記事冒頭へ  
←やさしい刑事 第5話 「人形の涙」(5)    →ウルトラマンの作家「上原正三」
*Edit TB(0) | CO(8)

~ Comment ~


自由に過ごしたいから結婚よりも趣味というのは確かですが
その前提として社会制度が不十分なんですよね。
産休、育休もそう気楽なものではないし、あまりいい目で見られないこともあるしで
いつの間にか趣味優先の考えに根付いてしまったのでしょう。
「人が人を好きになる。その本能的な部分を刺激すれば」とバカなコメンテーターもいるし
偉い人には問題の根元がわからんのですよ(笑)。
#4929[2016/10/25 09:27]  西條すみれ  URL 

Re: すみれ様COありがとうございます^^

> 自由に過ごしたいから結婚よりも趣味というのは確かですが
> その前提として社会制度が不十分なんですよね。
> いつの間にか趣味優先の考えに根付いてしまったのでしょう。

鋭い所を突いてきますね~^^…そこがこの小説のテーマなんです。
昔、バブル時代に家は買えないが、高級車なら買える人が大勢いて、シーマやアウディを買って遊ぶ若者が増えました。これを「あきらめリッチ」と言いました。
そうなんです…本当は女を買いたいが(女性の方失礼します)出来ないから、あきらめて高い人形=代替品を買って遊ぶ…趣味に走る若者は、実は「あきらめリッチ」!
その痛々しい心境を突いてます。それにしても誰が世の中を歪めたんでしょうね?
#4930[2016/10/25 09:53]  sado jo  URL 

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
#4931[2016/10/25 16:56]     

Re: m様COありがとうございます^^

昨日まで暑い!暑い!と言ってたら、秋を飛ばして急に寒くなりましたからね。
寒くなるとブログの更新まで凍ってしまいそうで、イヤなんですけどね~><
自分もこれからは血圧が上下して、医者通いが日課になると思います(苦笑)
#4932[2016/10/25 18:10]  sado jo  URL 

あと、便利になりすぎたっていうのもある気がします
IT化・機械化は人々の生活を便利にするので、全員とは言いませんが、1人で生きていける連中が増えた

もっと言うと、オナゴでなければ、オトコでなければ満たせない部分も、それで代用できるようになってしまった

※ホログラムで二次元美少女が出てくるなんてのは、まさにその典型例かと
 これが一般市民の手に届くようになったら、日本人同士の結婚と出産は皆無に等しくなるでしょうね(汗)
 見た目がちょっといいだけのうっさいだけのメンドクサイオナゴなんかより、自分の思い通りに動いてくれる二次元美少女の方がいいわい、ってなるんかと

そんな感じかと(汗)
#4933[2016/10/26 20:41]  blackout  URL 

Re: blackout様COありがとうございます^^

(▼)以前にも実話小説で書きました様に、下の有様でございます(笑)

事実は小説より奇なり 第一話「都会の難民」

http://simoun2.blog.fc2.com/blog-entry-30.html

なにせ、平面に描かれた理想の女子しか知らない。厚みのある女子には引いてしまう。
空気読めない。ネット上で見られる様に会話が成立しない。キョドってるじゃね~><
バーのマスターだった頃、随分無料男女斡旋をしたが、カップルが成立したのは2割弱。
マスターは、ほとほと疲れ果てました…後の世代の方々でがんばって何とかして下さい。
大事な年金の財源なんですから、若者をくっ付けるのはそれこそ自己責任ですよ~(笑)
#4934[2016/10/26 22:15]  sado jo  URL 

おお、懐かしい記事ですね!

いや、でも2割だったら成立率高い気がします
有料の婚活とかお見合いパーティーの方がよっぽど低い気がします

まぁ、かといって自然の成り行きに任せてたら、成立率ゼロでしょうし

色々難しいですねぇ(汗)

しかし、そんなに口説くのってそんなにできないもんですかねぇ

別にオナゴは、歯の浮くようなセリフを求めてるわけじゃないと思いますし、ストレートに自分の想いを伝えればいいだけだと思いますし

そもそも、そこに行くまでにイケそうかそうでないかは、オナゴの反応でなんとなくわかるんじゃないかと思うんですけどねぇ

どうなんでしょ?マスター?w

逆に、そういうのがわかるオトコばかりだったら、こんな世の中にはならないのかも、ですが(汗)
#4939[2016/10/27 22:10]  blackout  URL 

Re: blackout様COありがとうございます^^

> いや、でも2割だったら成立率高い気がします
> そもそも、そこに行くまでにイケそうかそうでないかは、オナゴの反応でなんとなくわかるんじゃないかと思うんですけどねぇ
> どうなんでしょ?マスター?w
> 逆に、そういうのがわかるオトコばかりだったら、こんな世の中にはならないのかも、ですが(汗)

いゃ、目一杯身体張って、気を遣って焚き付けた挙句2割じゃねぇ~(苦笑)
ワリ合わないですよ…要するに男と女は以心伝心、ナンパの極意は女性の機微を読む事。
おっしゃる通り、カッコとか言葉以前にそれが出来るかどうか?で全ては決まってます。
勝負の決した試合を、敗者復活戦に持ち込もうと努力するマスターの身にもなって下さい。
その点、深い人付き合いの場数を踏んできたヤツは強いです…一人で数人抱えてる(笑)
#4940[2016/10/28 00:03]  sado jo  URL 














管理者にだけ表示を許可する

~ Trackback ~


  ↑記事冒頭へ  
←やさしい刑事 第5話 「人形の涙」(5)    →ウルトラマンの作家「上原正三」