シムーン第二章 ~乙女達の祈り~

随想/論文集

人間の証明は偉大な国家の証明

へイニングさん
在りし日のへイニングさん(後ろ)とユダヤ人学校の生徒

尊敬に値する偉大な国であるか?否か?は、武力や富などの国力によって決まるのではありません。
その国に住む名もない国民の一人一人が、人々に何を為したかによって決まります。
それは、ひとえにその国の国民が培った人間性…人としての意識のレベルの高さに依存しています。

生徒たちとともにアウシュビッツへ行った英国の女性教師 (CNNニュースのリンク)

第二次世界大戦中、ハンガリーにあるユダヤ人向けミッションスクールの職員として働き、女生徒達とともにアウシュビッツ強制収容所に送られて死亡した英国人女性について、生前の写真や遺書などを含む新たな史料がこのほど見つかった。英国へ帰国できたにもかかわらず女生徒達と同じ運命をたどることを選んだこの女性の自己犠牲の精神に、改めて称賛の声が寄せられている。
英国スコットランド出身のジェーン・へイニングさんは、地元のキリスト教団体から宣教師の一人としてハンガリーに派遣された。仕事は首都ブダペストで運営されていたユダヤ人向けミッションスクールで女生徒達の世話をする事だった。
ナチス・ドイツによるユダヤ人への弾圧が強まってからもへイニングさんは同スクールにとどまり、四年間にわたって315人の子ども達を保護し続けた。その後密告を通じて、ナチスの国家秘密警察=ゲシュタポに逮捕され、1944年にアウシュビッツ強制収容所で病死した。47歳だった。 ~CNNニュースより抜粋~


英国はその歴史において、決して善い事ばかりやってきてはいません。むしろ、悪い事のほうが多いくらいです。
他国を侵略しては戦争を繰り返し、弱い国を武力で植民地支配し、人道にはほど遠い奴隷売買すら行なってきました。
にも拘らず、今日、ひどい目にあった国すらが英国を宗主国と仰いで、英連邦=コモンウェルスを結成しています。
これはなぜでしょうか?…その裏には、ひとえに人間性を培ってきた名もなき英国市民一人一人の善き行動があったからです。
それが国家が行なった悪を打ち消したのです…よくぞ英国人は、今日まで高いレベルの人間性を培ってきたものだと感心します。
これが、北の最果ての島に住む野蛮なブリテンの民が、精神性の高いローマの文化を受け入れてから二千年後の結果なのです。
その英国に比して、同じ二千年前に中国から精神性の高い「義・忠・孝」の文化を受け入れた大和民族はどうだったでしょう?
一時は、アジアの多くの国々を支配したにも拘らず、今日、日本国を仰いで讃えてくれる国は一国もありません。
名もなき日本人の一人一人が、へイニングさんの様な行動を取らなかった…いや、取れなかった差がそこにあります。
もし、日本人がへイニングさんの様な高い精神性を備えた国民だったら、日本は世界から尊敬される国になっていたでしょう。
その様な国には強い復元力があり、例え国家が間違った方向に傾いたとしても、自らの手で正しい方向に戻す力があります。
だから、今はEU離脱で揺れていても、英国市民は誰の助けも借りずに、自分達の力で国家を復元するだろうと確信出来ます。
そこが自己に驕り、愛国心に溺れて、どこかの大国の力を借りなければ国を復元出来なかった日本人とは明らかに違います。
これはある時期を境に、強国から小国に転落?した日本と英国の国民レベルの差をまざまざと見せ付けられたニュースでした。
アメリカ人が英国人に向ける目と、日本人に向ける目の違いは、人種の違いだけではなく精神の違いにある事を知るべきです。
日本と英国の教育水準は高く、文盲率では決して負けてはいません…しかし字が読めるだけでは尊敬される対象とはなりません。
経済の繁栄や武力の増強に力を入れるより、まず人間としてレベルの高い国民を育てる事…それこそが国の宝となります。
尊敬に値する国であるか?ないか?は名もない一人の国民の人間性と、精神性の高い行動に依存します。

にほんブログ村 小説ブログへ
クリックをお願いします
 
関連記事
スポンサーサイト
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼シムーン第二章 ~乙女達の祈り~
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼未来戦艦大和
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼ビーストハンター
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼クロニクル ~カルマ~
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼まぼろし
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼やさしい刑事
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼幻影の艦隊
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼その他の小説
もくじ  3kaku_s_L.png オリジナル詩集
もくじ  3kaku_s_L.png 随想/論文集
もくじ  3kaku_s_L.png 死とは何か?
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  ↑記事冒頭へ  
←乙女達の祈り 第7話 【異郷】その7    →未来戦艦大和 第4章 「激闘!坊の岬沖海戦」(12)

~ Comment ~


東南アジア各国で、占領されたことで、日本より、イギリスとかの方が、良かった、て言われます。
多分、同じ嫌なことでも、イギリスの方は、文化を与えた所が、違ったみたいで。
精神性とか、文化とか、そんなことを尊重しないで、今もいますから。
精神性の尊さは、何百年も、残り続けますけど。
お金の切れ目が、縁の切れ目。
日本は、その内、どこからも、相手にされない国に、なるような気がします。

かしこ
#4793[2016/09/18 23:32]  みかんゼリー  URL 

Re: みかんゼリー様COありがとうございます^^

> 東南アジア各国で、占領されたことで、日本より、イギリスとかの方が、良かった、て言われます。
> 多分、同じ嫌なことでも、イギリスの方は、文化を与えた所が、違ったみたいで。
> 精神性とか、文化とか、そんなことを尊重しないで、今もいますから。

日本軍は天皇陛下の命令だと言ったが、英軍は女王陛下の命令だとは言わなかった。
君主をダシにして命令しないでちゃんと自分で考え、自分の言葉で説得して人々を使った。
精神性と文化の高さの格が違っていた事が、尊敬されるか、されないかの差に現れてます。
人の為に何が出来るか?日本人は人間性を養い、高い精神を持つ努力をすべきだと思います。
#4794[2016/09/19 00:35]  sado jo  URL 

インタビューなど受けている外国人は日本が好きそうな笑顔で答えてくれていますが
果たして「日本はいい国だ」と思い込んでいる外国人はどれだけいるのやら。
国民の代わりに安い賃金で雇われ、いつまでも下っ端同然の扱い。
仕事を奪われた国民は貧困生活や自殺へと追いやられる、どちらにとっても鬱な国。
生産技術が盛んなだけの人間性のない国のままでは早かれ遅かれ限界が来ます。
#4795[2016/09/19 09:32]  西條すみれ  URL 

こんにちわ
へイニングさんは凄い人だなと思いました。
自分のことを構わず生徒のことを守ったのは心打たれました。
#4796[2016/09/19 10:55]  ネリム  URL  [Edit]

Re: すみれ様COありがとうございます^^

> インタビューなど受けている外国人は日本が好きそうな笑顔で答えてくれていますが
> 果たして「日本はいい国だ」と思い込んでいる外国人はどれだけいるのやら。
> 生産技術が盛んなだけの人間性のない国のままでは早かれ遅かれ限界が来ます。

先日、G20の国際会合で、安部首相が英国のメイ新首相に、EU離脱に伴い進出している日本企業の保護を要請しました。
これを、日本のマスコミは「はっきりモノを言う外交」だと盛んに褒めちぎりました。
ところが、居並ぶ先進諸国のマスコミ記者達は、安部首相の発言を鼻で笑っていました。
なぜか分かりますか?他の首脳陣はピンチになった英国への支援を表明していたのです。
自分とこの利益ばっかりで、思いやりや配慮が欠けている…これが日本人の正体です。
国民がミスを犯す事もあります。政府がミスを犯す事もあります…それをカバーしてやるのが人間性。長い文化と高い精神性に支えられた先進国の人々はそれを知っている。
知らぬは日本人だけ…物事の内面を見ずにモノを言うから鼻で笑われる事になるのです。
首相の人間性は、国民の人間性…日本人は精神も文化もまだまだ未熟過ぎます(嘆)
#4797[2016/09/19 11:16]  sado jo  URL 

Re: ネリム様COありがとうございます^^

> へイニングさんは凄い人だなと思いました。
> 自分のことを構わず生徒のことを守ったのは心打たれました。

名もない普通の市民にそれが出来るのが英国の凄さ…人の精神性の高さを示します。
戦時中のナチスドイツにさえ、ユダヤ人をかばうレジスタンス組織があったのです。
しかし、日本にはなかった…みんなで寄ってたかって外国人や反体制派を虐めました。
人も国家も誤りを犯す…だが、みんなでそれを正そうとする気概が彼らにはあります。
それが戦後に尊敬される国家や国民か?そうでないか?を分けました。
#4798[2016/09/19 11:54]  sado jo  URL 

こんにちは~♪
血も涙もない軍国主義者を一国の首相に置くことを良しとする日本の有権者の四分の一の意識レベルが世界の笑いものになっていることを理解していないのでしょうね。
アジア諸国からも当然そういう風に見られていると考えもしない巨大企業も同様です。
搾取され続けていれば、怒りが日本企業に向けられることは当然なのに、穴埋めとして金をばらまく役割しか果たさない国家では救いようがありません。
アジア諸国蔑視の思考力しかない現在の政治屋ばかりが当選するような選挙制度を続ける限り民主主義国家はできないでしょう。
他国の笑いものにすでになっていることも理解していない安倍首相以下、霞が関の官僚たちもクズばかりです。
#4799[2016/09/19 17:31]  まり姫  URL  [Edit]

Re: まり姫様COありがとうございます^^

> 他国の笑いものにすでになっていることも理解していない安倍首相以下、霞が関の官僚たちもクズばかりです。

一国の国民は、その国民の精神程度と同じ政治家しか選べない!
そのクズの政治屋を選んでいるのは、誰あろう我々日本の国民です(笑)
笑い者になるのがイヤなら、国民自らが自覚して精神レベルを高めるしかないです。
名もない国民の一人一人が、へイニングさんの如き行動が出来る様になったならば、
アジアはおろか、鼻を高くしている欧米諸国民さえ日本人を仰ぎ見る様になりますよ^^
#4800[2016/09/19 18:46]  sado jo  URL 

>経済の繁栄や武力の増強に力を入れるより、まず人間としてレベルの高い国民を育てる事…それこそが国の宝となります。

今で手一杯の奴にそれ以上を求めても無駄なことです。

新人に仕事を教えている奴を見てこう思ったことはないでしょうか。

お前の教え方が悪いんだよ、と。

メモとらせるのも、やり方見せるのも教えたことにはならないよ、と。
一つのこともまともにできないうちから全部教えたって出来るわけないだろ、と。

出来ることを完璧にできるように仕事量調整しながら、出来るようになって来たら次を教える、そうでなくいきなり初めからお前の仕事丸ごと振ったらミスだらけになるにきまってるじゃないか、と。

多分この国はそういう状態なんです。
自分のことすらまともにできない奴にあれもこれも要求する。
明日のこともわからない奴に、少子化、高齢化、年金、…
そこに国外の情勢。
脳みそパンクして全部ボロボロになるだけ。
だから、どこぞ首相はなりふり構わず保護を求めた。
一つでも不安を取り除かなければ前に進むことを諦めてしまいかねないから。
多分他の国のボス猿たちは記者ほど笑ってはいないと思います。
明日は我が身、その時が来たなら自分も同じことをすることはわかっているから。
国内の新聞がプラスに報じたのは、大手のボス猿たちもまた守るということを知っているからだと思います。
記者レベルでは「何でこんな記事書いてるんだろう」なことになっているかもしれない。
でも、守るものは抱えている連中は、同じく守るのに必死な猿を見捨てられなかったんじゃないでしょうか。
とあるアニメで迫害され続けたハーフエルフの少女が、自分に向けられる好意に、私なんかがこんな「贅沢」な思いをしていいのか、というセリフがあります。
その言葉に少年はこう答えます。
いいじゃん、しようよ贅沢。幸せなんていくらあっても困らない、溢れたら配ればいい。と。
今この国に必要なのことは国民一人一人が満たされることなのだと思います。
満ち足りて溢れたのならその時初めて外へと配ることに目が行くのだと思います。
今必要なのはそれまでの間時間を稼ぐこと。
一つでも不安を取り除き自分で歩ける力、自分の空腹を満たすものを見つける力をつけさせること。
俺にとっての空腹を満たすものは、ここ数年のアニメとジャンプが教えてくれました。
戦い続ける連中の姿こそがこの空腹を満たす唯一のものだ、と。
そして、作品達の中に潜む二匹の猿。
天上から見守りつづける猿、地の底から囁き導く猿。
そいつらのかつての背中が見えた気がした時にわかりました。
それが脳裏にちらつく限り俺も三番目の猿も止まることも、諦めることも、死ぬこともできやしないのだと。

そんな何かを見つけるため、今は育てることよりも一つ一つを出来るようになるのを見ててやる方が大事なのでは?
#4801[2016/09/19 20:44]  野良猫  URL  [Edit]

Re: 野良猫様COありがとうございます^^

戦時中は今どころじゃないくらい手一杯でした。
このくらいの状況で泡を吹いてたら、政治家どころか人間やってられませんよ(笑)
例え政治家が手一杯で何も出来ない時代でも、庶民がちゃんと人間性を発揮してるでしょ。
そこが英国の偉大な所です…余程、普段からの人間教育が出来ていたという事になります。
えぇ、人間性を学ぼうと思えば、漫画でもアニメでも、仕事からでも何からでも学べます。
要は、国民一人一人が人間的な高みに昇ろうと思うか?思わないか?だけの事です。
一人一人が努力をした事が、戦場でも災害現場でも、どんな状況でも結果となって現れる。
「立派な国だ」「立派な国民だ」と言われるのは、政治家や財界人の力ではないんです。
阿部首相の意図はどうあれ「一億みんなが輝く日本」とはそういう事です。

※ えっ、そうじゃないんですか?もしかしたら間違ってましたかね?阿部首相(笑)
#4802[2016/09/20 00:04]  sado jo  URL 

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
#4803[2016/09/20 17:02]     

Re: m様COありがとうございます^^

夜の間は雨音が凄くて、眠れないくらいの土砂降りでした。
まぁ、台風は日本の中秋の名物ですからね…名月なら被害が出なくていいのに。
こっちは避けられないんだから、避けて通ってくれる事を願いますよ。
#4804[2016/09/20 18:20]  sado jo  URL 

>戦時中は今どころじゃないくらい手一杯でした

しかしその時代は他のことを考えられない状態だったはずです。
意識が一つの方向へと向いていた。
(軍部にとってよからぬことを考えないように、という思惑もあったでしょうが)

その反動で今は選択肢を閉ざさない方向へと変わった。
選択肢がある贅沢な時代であるが故に迷いの悪魔が入り込む余地を与えてしまった。
選んでいる間に前を走るものからは遅れていき、遠ざかる背中に焦り判断を誤る。
一度はまれば抜け出せないアリ地獄。
しかも、選択しなき時代の人達はそれを理解できず、的確なアドバイスもできやしない。
それが今の時代なのだと思います。

>どんな状況でも結果となって現れる

結果として現れるのは稀なケースです。

給料が上がらない、と仕事中延々と愚痴をいいながらちんたら仕事をする。
少しは何かないと士気が上がらない、と進言する。

でもその裏では、
これ以上人を減らすのは勘弁してください、彼らにも家族がいます。と土下座している人がいる。

高みを目指したところで結果が得られるわけではない、だから努力したところで無駄。となるのだと思います。
自分が首の皮一枚で繋がっているに気づいていないから、自分らの知らないところで土下座してくれている人が最大の結果であることも気づかない。

見ちゃいましたから…
トイレが開いてなくて遠いとこの使ったらその裏ですげぇ怒鳴られかたしながら土下座してる姿を。
でもそれは当人たちのとこに行くまで本来見れるものじゃない。

結果、報われない努力は諦めへと変わり、会社は潰れ、国は滅ぶ。
#4808[2016/09/22 18:03]  野良猫  URL  [Edit]

Re: 野良猫様COありがとうございます^^

ははは…悲観的に考える事はありませんよ。
聖人と呼ばれる人達が人間の理想の姿を説いて2千年…いや、もっとかな?
それでも、人の精神はたったこれだけの進歩です。1万年位努力すれば少しは変るかな。
それまで人類が存続していればの話…日本が滅びても、又新しい日本が生まれます。
日本人がいなくなっても、何処かの地で血は脈々と受け継がれます。心配ない(笑)
奴隷としてアフリカから連れて来られた黒人は、今や立派に新大陸で栄えてます。
スペイン人に征服されて犯されたインディオは、今や南米で主流を占めてます。
理不尽な事や不条理は時と共に解決されていく…今の人間が1ミリだけ前進すれば充分。
人は僅かな区間だけを走るバトンランナー…善いバトンを次の走者に繋いだらいい。
#4810[2016/09/22 20:21]  sado jo  URL 














管理者にだけ表示を許可する

~ Trackback ~


  ↑記事冒頭へ  
←乙女達の祈り 第7話 【異郷】その7    →未来戦艦大和 第4章 「激闘!坊の岬沖海戦」(12)