シムーン第二章 ~乙女達の祈り~

「▼ビーストハンター」
ビーストハンター 小説本編

ビーストハンター 第4話 「誰がために銃声は鳴る」(6)

ハンター4-6

「うぅ~…今日はやけに冷えるな~」
 ぼやきながらコートの襟を立てて帰ってきたツクモを出迎えたのは、エプロン姿の沙羅とウズメだった。
「どうしたい…その格好は?」驚いたツクモが尋ねた。
「どう?似合うでしょ」ウズメはエプロンの裾を上げてひけらかせて見せた。
「あぁ、お前さんも台所に立つ女なんだな~…って再認識した。とてもイェーガーにゃぁ見えねぇよ」
「これからクリスマスケーキを焼くところなのよ」沙羅がツクモに言った。
「ケーキぐらい街で買ってくりゃぁいいだろうに」
「だって、ウィルちゃんには初めてのクリスマスなのよ。愛情のこもった手作りの方がいいでしょ」
「そう言われりゃぁそうだな。さすがに女は優しいこった…で、ヒナちゃんがいねぇようだが」
「ヒナちゃんはボーイフレンドとクリスマスデートだそうよ…おめかしして帰っていったわ」
「ヒナちゃんもお年頃だもんな~」

 そこへツクモとともに仕事に行っていたジョーが、猟犬をケージに入れ終えて姿を現した。
「あれっ、ハッカーとネトゲはまだ帰ってないのかい?」
「ヒジリさんは、新秋葉原に寄ってビークルに搭載しているコンピューターのパーツを買ってから帰るそうよ」
「そう言やぁ、この間からコンピューターの調子が悪いってぼやいてたもんな~」
「シュンのヤツは、多分仕事帰りにゲーセンにでも寄ってるんじゃないか?」
 ヒジリとシュンの事を尋ねてきたジョーに、沙羅とツクモがそれぞれ答えた。
「ネトゲはまたいつものコースか…パーティまでには帰ってくるんだろうな?」
「そう思って念を押しといたから、きっと帰ってくるでしょ」沙羅はあっさりと言った。
「そいじゃぁ俺とソルジャーは、これからウィルのクリスマスプレゼントを買いに行ってくるわ」
「えぇ、ウィルちゃんが喜びそうなプレゼントをお願いね」
「そう思うんだが俺も野暮なオヤジだし、ソルジャーは全然女の子の好みなんぞ分かってねぇ…スマンが、ちょっとウズメ姉さん借しちゃぁくれねぇか?」
「えぇ、いいわよ…もうケーキを焼く準備はできてるし、後は火を入れるだけだから」
「頼りないねぇ、男ってのは…女が着いて行かないとプレゼント一つ選べないのかい」
 そう言いいながらウズメは、ツクモに訳あり気な目配せをした。
「スマン、手伝ってくれ。ウズメ姉さん」ツクモもそう言って目配せを返した。

 三階に上がって着替えて下りてきたウズメは、まるで夜の女のような派手なドレスを着ていた。
「じゃ、ちょっと行ってくるわね。社長」ウズメは軽く手を振った。
「早く帰ってきてね~」
 そう言って三人を送り出した沙羅は、ウズメのケバケバしい衣装が何となく気になった。

~続く~

にほんブログ村 小説ブログへ
クリックをお願いします
 
関連記事
スポンサーサイト
 関連カテゴリ一覧 ▼ 
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼シムーン第二章 ~乙女達の祈り~
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼未来戦艦大和
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼ビーストハンター
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼地球年代記 ~カルマ~
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼まぼろし
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼やさしい刑事
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼幻影の艦隊
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼その他の小説
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼シムーン第二章 ~乙女達の祈り~
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼未来戦艦大和
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼ビーストハンター
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼地球年代記 ~カルマ~
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼まぼろし
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼やさしい刑事
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼幻影の艦隊
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼その他の小説
もくじ  3kaku_s_L.png オリジナル詩集
もくじ  3kaku_s_L.png 随想/論文集
もくじ  3kaku_s_L.png 死とは何か?
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  ↑記事冒頭へ  
←ビーストハンター 第4話 「誰がために銃声は鳴る」(7)    →憎悪の世界
*Edit TB(0) | CO(7)

~ Comment ~


そういえばケーキって作ったことないな。そもそも作らせてくれないorz
作ってるところは見たけど、泡だて器でかき回してメレンゲを作ってるのは大変そうでした。
同じ女でもわからないような趣味してるから信用がないのかな(笑)。
今年のクリスマスも私はゲームしてるんだろうな。
#5049[2016/11/22 10:12]  西條すみれ  URL 

Re: すみれ様COありがとうございます^^

どこかの新大統領は「難民や異人種は追い出せ~!」…って息巻いてるのに、
クリスマスを知らない難民の子に、暖かいケーキを焼いてやろうとする日本人。
味なんかはどうでもいいんですよ…その優しい心根を汲んでやって下さい^^
普段はバンバン!ビーストを殺してる女イェーガーなのにねぇ…やはり女性。
トランプが何かやらかしたらビーストに指定しますから、その時はよろしくね~♪
暗殺じゃないよ…ビースト法では合法的な狩りになります。アレ?そのストーリー面白いかも?『俺たちに明日はない』じゃなくて「トランプに明日はない」~by sadojo監督~
多分、国防省のクレームが入って上映禁止になるだろうな~(笑)
#5051[2016/11/22 15:07]  sado jo  URL 

トランプ暗殺予告が次々と出ているそうです。
まあ殺されても悲しむのは家族くらいでたぶんバンザイする人の方が多いでしょうがネ(笑)
あべ坊ちゃん総理はそのトランプに遊ばれちゃいましたが・・・・・
#5054[2016/11/23 17:05]  まり姫  URL  [Edit]

Re: まり姫様COありがとうございます^^

> トランプ暗殺予告が次々と出ているそうです。
> まあ殺されても悲しむのは家族くらいでたぶんバンザイする人の方が多いでしょうがネ(笑)

これほど憎まれる国家元首は、歴史上、悪名高いヒトラー以来だな…と感心してます。
何でもトランプの警護に、アメリカは1日1億円費やすとか…税金の無駄遣いじゃネ(笑)
ま、ビースト法があるなら我が小説に出てくる人間狩り名手…イェーガーを派遣します。
だが、合法的なビースト狩りならともかく、暗殺はいけません!逆に犯罪者になります><
市民が決起してクーデターを起すなら、例え米国憲法違反でも支持はいたしますけどね^^
法は人民の為に存在するもの…人民を害する人間に対しては法の範疇外にありますから。
#5055[2016/11/23 17:35]  sado jo  URL 

Re: 追信

トランプ新大統領の警護で、自分が一番危惧しているのはね。
ISに勢力を奪われたアルカイダが、この騒ぎを利用してビンラディンの報復に出る事。
存在を誇示する為に、トランプ氏本人ではなく、その家族を狙ってくる危険性がある。
なので、FBIはメラニア夫人やバロン君。イバンカさん。娘婿のクシューナー氏。
それらの人々の周辺に気をつけてやって欲しい…そう願っています。
#5056[2016/11/23 18:17]  sado jo  URL 

3人ですか…

先にホシのいる会場に乗り込むか?とも思いましたが、まだ作戦決行の日じゃないですよね?確か

だとしたら、プレゼントは3人で選んで、ソルジャーだけ先に帰って、残った2人は…

なんてねw

まぁ、社長に早く帰ってきてって言われてるので、それはないですかねw
#5057[2016/11/23 21:10]  blackout  URL 

Re: blackout様COありがとうございます^^

> 先にホシのいる会場に乗り込むか?とも思いましたが、
> まだ作戦決行の日じゃないですよね?確か

いぇ、もう次話を公開してますがクリスマスイブです。本日狩りをやりますよ~!
ヒジリは新秋葉原、シュンはゲーセン…って所がミソかな?打ち合わせは済んでます。
隠密行動をするには、まず味方を騙してからです…まるでスパイ小説ですね(笑)
#5058[2016/11/23 22:15]  sado jo  URL 














管理者にだけ表示を許可する

~ Trackback ~


  ↑記事冒頭へ  
←ビーストハンター 第4話 「誰がために銃声は鳴る」(7)    →憎悪の世界