シムーン第二章 ~乙女達の祈り~

「▼ビーストハンター」
ビーストハンター 小説本編

ビーストハンター 第4話 「誰がために銃声は鳴る」(8)

ハンター4-8

 男は床を照らそうとして背中をかがめた。だがその瞬間にすでに息の根は止まっていた。
 ツクモの仕込み杖から飛び出した千枚通しは、男の後頭部を貫いて喉にまで達していた。
 もちろんツクモは、音を立てないように倒れ掛かった男を抱き止める事を忘れてはいなかった。
 ヤクザ崩れの用心棒たちでは、到底殺しのプロであるイェーガーのテクニックは防げるはずもない。

 邪魔者を排除して地下室の通路を進んだイェーガーたちは、秘密クラブがあるホールの後ろまで行った。
 そうして、気付かれない様にかすかにドアを開けてホールの中をのぞいたツクモは思わず息を呑んだ。
 正面の中央にはショーを行なうためのステージがあって、それを取り巻くように半円形に客席が並べられている。
 見たところ客席には30人ほどの客が座っていて、左右の両横には二人のヤクザ風の用心棒が見張りに立っていた。
 中央のステージにはショーの司会進行を勤めるピエロがいて、ステージの袖の陰にも用心棒がいるらしかった。
 しかし、ツクモが驚いたのはそんな事ではなかった。
 ステージの椅子の上に手足のない全裸の少女が、ダルマのように座らされてさらしものにされていたのだ。
 ツクモは刑事時代の研修で、海外で行なわれているスプラッターショーのムービーを見せられた事があった。
 少年や少女・若い女性を誘拐して人体改造を施し、さらしものにしたり残酷なやり方で殺して人に見せたりする。
 海外にはそんな組織があって、高額な金を払ってそれを楽しみにくる要人やセレブの客がいるらしい。
 だが、まさか日本で現実のスプラッターショーを見る事になろうとは、さすがのツクモにも思いがよらなかった。

 ※ 海外を旅行していた日本人女性が犠牲になった例もあるそうです。うかつな場所に立ち入らぬ様にご注意下さい。

 ショックを受けながらも、ツクモは冷静にイェーガーたちに指示を出した。
「客席の横に二人。ステージの袖の陰に一人。客がおおよそ30人。後は司会役のピエロだ」
「了解でおま…手早くイテまいまひょ」ヒジリがささやいた。
「左右の用心棒はネトゲとハッカーが片付けてくれ。ステージの袖にいるヤツはソルジャーに頼む。俺はピエロを殺る」
「あぁ、分かった」ジョーがつぶやくように言った。
「用心棒を殺ったら即客を撃てっ!一人も逃がすなよ」
 うなずいたイェーガーたちは、肩から小銃や機関銃を下ろして安全装置を外した。

「さぁさぁ、今宵のクリスマスパーティにお集まりの皆様…世にも奇怪なダルマ少女はご堪能いただけましたでしょうか?」
 司会役のピエロの掛け声に答えて、客席からはヒュ~!ヒュ~!と口笛が鳴った。
「ではでは…この世にも不思議なダルマ少女を味わいたいと言う奇特なお客様を募りま~す」
 五、六人の客が手を挙げたその時だった。

~続く~

にほんブログ村 小説ブログへ
クリックをお願いします
 
関連記事
スポンサーサイト
 関連カテゴリ一覧 ▼ 
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼シムーン第二章 ~乙女達の祈り~
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼未来戦艦大和
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼ビーストハンター
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼地球年代記 ~カルマ~
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼まぼろし
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼やさしい刑事
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼幻影の艦隊
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼その他の小説
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼シムーン第二章 ~乙女達の祈り~
もくじ  3kaku_s_L.png ▼ゴジラ奇譚
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼未来戦艦大和
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼ビーストハンター
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼地球年代記 ~カルマ~
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼まぼろし
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼やさしい刑事
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼幻影の艦隊
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼その他の小説
もくじ  3kaku_s_L.png オリジナル詩集
もくじ  3kaku_s_L.png 随想/論文集
もくじ  3kaku_s_L.png 死とは何か?
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  ↑記事冒頭へ  
←IdeaListに捧ぐ鎮魂歌    →ビーストハンター 第4話 「誰がために銃声は鳴る」(7)

~ Comment ~


あ、やはり骸になりましたか(汗)

心配するまでもないかもですが、後頭部から喉まで貫通したとなると、色鮮やかな赤色の液体で、ツクモの体が汚れやしないかと思ったり(汗)

まぁ、ヤクザ崩れだったら威勢の良さだけはいっちょ前でしょうから、変な自信だけはあって、かえって隙だらけでしょうなw

しかしスプラッターショーとはエグい(汗)

これだと仮に救い出されたとしても、いろいろな意味で生きてくのが大変でしょうね(汗)

まだ、売れなかったらAVへ、っていう方がマシな気さえしてきました
#5065[2016/11/25 23:12]  blackout  URL 

Re: blackout様COありがとうございます^^

> 心配するまでもないかもですが、後頭部から喉まで貫通したとなると、色鮮やかな赤色の液体で、ツクモの体が汚れやしないかと思ったり(汗)
> しかしスプラッターショーとはエグい(汗)

いゃ、アレね…針状の武器は抜かなきゃそれほど血出ないです(狩猟経験者は語る)
最初に猟奇的描写あり…とお断りしたんですけどね(笑)吐きそうになりましたか?
映画人の頃、参考に海外の拷問ムービーを見た事がありますが…エグいの何のって(笑)
でも、日本人も戦時中にやったんですよね…731部隊が人体実験。ようやるわ~>_<
#5066[2016/11/26 00:11]  sado jo  URL 

いくらイェーガーや警察組織、法律があっても人間の本質は獣ですね。
毎日のように報道される殺人事件も事情があるんでしょうけど
最近はなんだか単に異常者ってだけのことが多いような気が。
むしろ人間=獣ならもう何が異常で何が正常なのかわからないですね。
#5067[2016/11/26 10:11]  西條すみれ  URL 

Re: すみれ様COありがとうございます^^

獣は食う為に殺生をする…これは自然の摂理に叶ってるから納得できます。
けれど、人間は食わないのに「人種や民族差別」「イデオロギー」「宗教抗争」
で殺生する…これらは自然の摂理に反し、論理的にも説明がつかない行為なんです。
敢て分類するなら、人間はケダモノを超えたバケモノだとしか言えない。
小説で取り上げたのは、快楽殺人…殺生そのものを好む人間の心の闇の真実です。
パーティに集まってる政治家や金持ちも、そいつらを楽しんで殺すシュンも同類。
今世界中で起きてる事は、人の精神が完全にヤンデレ末期症状になってる事実です。
#5068[2016/11/26 11:02]  sado jo  URL 

sado joさん、こんにちは

いつも温かな、それでいて、的を得たコメントをありがとうございます。
このたびは、特に深く心に迫ってまいりました。

文章が下手だと、ブログ内のあちらこちらで目に留まりますが、人の心に訴えるのが良き文章だというのなら、そうではないかと思います。

二次小説にしても、全くの門外漢の私が、筋のご紹介から入り、
少しずつですが、読むこともできています。
少しですけどね。(;^_^

改めまして、感謝を申し上げます。
ありがとございました。
#5069[2016/11/26 12:20]  窓  URL  [Edit]

Re: 窓様COありがとうございます^^

> いつも温かな、それでいて、的を得たコメントをありがとうございます。
> このたびは、特に深く心に迫ってまいりました。

「全ての人間は、次の人にタスキを渡す為の駅伝走者=バトンランナー」ですか?
そうですね…人類が生れて二百万年。どれほどの数の駅伝走者がタスキを繋いで来た事か(笑)
脊髄の難病に罹った少女が、移植に適合する型を探したが、幾ら探しても日本にはなかった。
世界中を探して、彼女と同一の型を持つ人が何とノルウェーで見つかったそうです…驚いた事に彼女の遠い先祖はバイキングだったと言う事になります。
人種や民族、国家で人を差別する事が如何に馬鹿げているか…あなたの遠い先祖は黒人だったかも知れないし、中国人だったかも知れない。そんなニュースを見た事がありますよ^^
#5070[2016/11/26 13:16]  sado jo  URL 

こんにちわ
人間は残酷な一面があるんだなと読んでいて思いました。
#5071[2016/11/26 15:44]  ネリム  URL  [Edit]

Re: ネリム様COありがとうございます^^

> 人間は残酷な一面があるんだなと読んでいて思いました。

えぇ「黒人奴隷」「ユダヤ人虐殺」「南京虐殺」…人間ほど残虐な生き物はいませんね。
どこもかしこも罪人だらけですよ…近年に至って、少しばかり悔い改めたかと思ったら、
またあちこちでヘイト差別や、テロや銃撃をやってる…どうしたら救えるんでしょうね(笑)
#5072[2016/11/26 16:10]  sado jo  URL 

欲望にかられた金満連中の悍ましさが目に浮かびます。
でもどんな理由があろうと殺人はよくないですね。
#5073[2016/11/26 16:43]  まり姫  URL  [Edit]

Re: まり姫様COありがとうございます^^

> 欲望にかられた金満連中の悍ましさが目に浮かびます。
> でもどんな理由があろうと殺人はよくないですね。

これは小説ですが、実際に黒人女性奴隷をオモチャにして遊んだ南部の金持ち。
ユダヤ人女性を拷問して犯したナチス将校。中国人女性を売り飛ばして儲けた軍属。
そんな証言を聞いたり、半ドキュメント映画をたくさん見て来ましたからね~><
男は余計な金を掴むと、欲望に駈られて何を仕出かすか分かったもんじゃない!
自分が男だけに余計情けない…こらっ!男共は子孫繁栄の為だけに欲望を使え(笑)
#5074[2016/11/26 17:21]  sado jo  URL 

>吐きそうになりましたか?

いえ、全く問題ないですねw
自分も、昔の小説で猟奇的とまでは行かないまでも、流血描写はそれなりに書いてますからねw

>針状の武器は抜かなきゃそれほど血出ないです

あ、そうでしたか
そういえば、刃物は突いたときじゃなく、引いたときに切れて、それで血が出ますからね
針状の武器もその辺は同じなんでしょうね

まぁ、それにこの場でツクモが返り血を浴びたり、血の海ができると、匂いでホシ側に勘付かれる可能性もあると思うので、むしろそっちの方がリスクかなと
#5075[2016/11/26 18:55]  blackout  URL 

Re: blackout様COありがとうございます^^

> いえ、全く問題ないですねw
> 自分も、昔の小説で猟奇的とまでは行かないまでも、流血描写はそれなりに書いてますからねw

自分もですが、blackoutさんもそっち系の小説や映画は強そうですよね^^
逆に悲恋小説は苦手…女子はよくアレ書けるな~と感心します。自分が書くと、二人の恋を邪魔するヤツに刺客を放つ筋書きになってしまう…ダメじゃん。それじゃ「子連れ狼」だ~><
♪ ちゃ~んの仕事は 刺客ぞ~な~…これじゃ恋愛小説にならないですね(笑)
#5076[2016/11/26 20:18]  sado jo  URL 














管理者にだけ表示を許可する

~ Trackback ~


  ↑記事冒頭へ  
←IdeaListに捧ぐ鎮魂歌    →ビーストハンター 第4話 「誰がために銃声は鳴る」(7)