シムーン第二章 ~乙女達の祈り~

「▼ビーストハンター」
ビーストハンター 小説本編

ビーストハンター 第4話 「誰がために銃声は鳴る」(9)

ハンター4-9
AK-47 カラシニコフを持つロシアの美人兵士
※ロシアには美人兵士が出迎えてくれる観光射撃場があります。モスクワに旅行される時はぜひカラシニコフを体験して下さい。
 ただし、射撃を指導してもらう際に、故意に胸やお尻に触ったら反対に撃たれる危険性もあります。ご注意を(笑)


 バーン!とホールの後ろのドアが左右に開いて、銃を手にしたイェーガーたちが現れた。
「あぁ、そのままそのまま…今宵はお招きに預かり光栄に存じます」笑みを浮かべながらツクモは言った。
「誰だっ!貴様らはっ?」驚いた司会のピエロが怒鳴った。
「ここのクリスマスパーティに招かれたエンジェルだよ…いや、地獄の使いかな?」
「何だと~っ!」
「魔王様が地獄のクリスマスパーティにご招待したいそうだ…ここにいる全員をな」
「オモチャの銃なんざ構えてこけ脅しを抜かしやがって…殺っちまえぃっ!」
 ピエロの言葉を本気にした左右の用心棒と、ステージの袖から出てきた用心棒は拳銃を抜こうとした
 バンッ!バウッ!ビシュッ!三発の短い銃声がホールにこだますと同時に、用心棒たちは死体になって転がっていた。
「スマンな。本物でね」ツクモはニヤリと笑った。

 あまりにも突然の出来事に観客席は凍り付いた。
 だが、それもほんの束の間…すぐにパーティ会場は死のワルツを踊る舞踏会場に変った。
 ズドドドドッ!バリバリバリッ!ドガガガガッ!
 居並ぶ政治家や財界のセレブたちが、次々に血しぶきをあげながら床に転がった。
 彼らにはうろたえてパニックを起こす間も、あわてて外に逃げ出す間もなかった。
「ヒヤッホ~ィ!ブタだっ!タヌキだっ!キツネだ~っ…今夜の獲物は豪勢だぜ~」
 シュンのAK-47 カラシニコフ自動小銃は、7.62ミリの弾丸を毎分600発撃ち出す。 
 彼にとっての銃撃戦は、ナマの人間を標的にして楽しめる面白い殺戮ゲームだった。
「あんま興奮してひっくり返らんようにしなはれや」
 ヒジリのMP-5 サブマシンガンは、9ミリの弾丸を毎分800発撃ち出す。
 名うてのハッカーでクールなスナイパーでもある彼は、狙いすましたように次々と標的を倒した。
 一癖も二癖もあるメンバーの中で、ジョーだけはただ黙ったまま銃の引き金を引いていた。
 いつもはモーゼルC-96を使う彼が手にしているM-16 アサルトライフルは、5.56ミリの弾丸を毎分900発撃ち出す。
 海外の戦場で鍛えたジョーの射撃の腕は群を抜いているが、彼はむやみやたらに相手を撃っているのではなかった。
 どんな状況でも、相手が何者でも、急所を狙って人を長く苦しませずに一撃で倒す事を常に心掛けている。
 それが殺しを生業としてきたジョーのせめてものやさしさであり、彼にはそれしかできなかった。
 
 これほどの弾丸を雨あられと浴びせられた生身の肉体は三秒ともたない。
 秘密クラブのパーティ会場は、ものの一分と経たない内に静寂に包まれた。
 後には、集まっていた政府の要人や財界のセレブたちの断末魔のうめき声えが聞こえるだけだった。

~続く~

にほんブログ村 小説ブログへ
クリックをお願いします
 


<パナマ文書が示す「政治家」や「富裕層」のスゴさ!!>
いゃぁ、さすがに政治家や富裕層となるとスゴいですね~…庶民には手の届かぬ雲の上の人だわ~(笑)
出るわ!出るわ!途方もない「脱税マネー」がザックザク♪ って…これじゃぁ、庶民との格差は開く一方です。
日本人を含む世界の政治家や富裕層の金満脱税…時間のある方はゆっくりごらん下さい(呆れてものも言えん><)


NHKスペシャル 「追跡 パナマ文書 ~衝撃の日本人700人~」 (2016.11.27放映)
 
関連記事
スポンサーサイト
 関連カテゴリ一覧 ▼ 
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼シムーン第二章 ~乙女達の祈り~
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼未来戦艦大和
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼ビーストハンター
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼地球年代記 ~カルマ~
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼まぼろし
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼やさしい刑事
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼幻影の艦隊
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼その他の小説
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼シムーン第二章 ~乙女達の祈り~
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼未来戦艦大和
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼ビーストハンター
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼地球年代記 ~カルマ~
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼まぼろし
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼やさしい刑事
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼幻影の艦隊
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼その他の小説
もくじ  3kaku_s_L.png オリジナル詩集
もくじ  3kaku_s_L.png 随想/論文集
もくじ  3kaku_s_L.png 死とは何か?
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  ↑記事冒頭へ  
←ビーストハンター 第4話 「誰がために銃声は鳴る」(10)    →IdeaListに捧ぐ鎮魂歌

~ Comment ~


一瞬で終わったようですねw
その道の玄人に狙われたら最後って感じでしょうな

場所も場所で、逃げ道もないですからね
骸になるしか道がないっていう(汗)

そういえば、今回のホシの中で、敢えて生かしておく必要があった輩はいたでしょうか?
#5089[2016/11/29 22:24]  blackout  URL 

Re: blackout様COありがとうございます^^

> 一瞬で終わったようですねw
> その道の玄人に狙われたら最後って感じでしょうな
> そういえば、今回のホシの中で、敢えて生かしておく必要があった輩はいたでしょうか?

AK47カラシニコフ。M16自動小銃。MP5サブマシンガン…いずれも殺戮に特化した名銃。
こんな強力な武器を持つプロに狙われたら、生き残る確立なんてゼロでしょうね(笑)
最も少女を売り飛ばした主犯(芸能プロの社長で大物代議士の後援会長)がいたかどうか?
幾ら政治家やセレブのザコを片付けても、主犯を取り逃がしたんでは何にもなりません。
まだまだ、この物語は終わった訳ではなさそうですよ^^
#5090[2016/11/29 23:58]  sado jo  URL 

命を弄んだツケですね。
自分達はビーストじゃないから狩られるわけがない。
そんな安全圏から人を傷つけるのはどこかの国民に似てますね。って、その国か(笑)。
政治未経験の富裕層を大統領に迎えたあの国や本人もツケが回ってきそうです。
それが早いか遅いか。票数の不正についても今後気になるところですね。
#5091[2016/11/30 10:03]  西條すみれ  URL 

Re: すみれ様COありがとうございます^^

> 自分達はビーストじゃないから狩られるわけがない。
> そんな安全圏から人を傷つけるのはどこかの国民に似てますね。って、その国か(笑)。
> 政治未経験の富裕層を大統領に迎えたあの国や本人もツケが回ってきそうです。

ははは…確かに議事堂の椅子や、社長の椅子に座って、国民や金を弄んでますね(笑)
「自分達は安全な所にいる」とほくそ笑んでる隠れビーストに、制裁を加えておきました。
海の向こうの国にいる富豪で大統領の隠れビーストは、イェーガーでもちと厄介ですね~
どうもユダヤのシンジケートがバックに付いているみたいで、右翼集団を飼ってますよ。
その「オルタナ右翼」が暴れまわって、随分ヘイト犯罪が多発しているらしいです(笑)
#5092[2016/11/30 11:25]  sado jo  URL 

こんにちは~♪
コメントありがとうございました。
欧州で極右が台頭していることは事実ですが、フランスは事実上ドイツの経済力に依存しているので中道右派に大統領が変わるだけでしょう。
ドイツは戦前の教訓から極右政党は設立そのものを憲法で禁止されており、次期政権は100%左派政権に交替することになります。
極右政権が誕生したところはオーストリアだけです。
早くも国民から総スカンにあい立ち往生していることを見れば、流れは完全に中道左派あるいは左派政権に変わるでしょう。
イギリスも同様で保守党・自由党が瀕死の状態です。
労働党最左派の発言権が強まり、EU離脱も決定したものの通告ではない状況に追い込まれています。
ポルトガル・スペイン・ギリシャは完全に反緊縮財政派の政権にかわりました。
旧東ヨーロッパ諸国だけが極右派が伸長しているだけです。
また、米国はドナルド・トランプという怪物を当選させてしまい完全に分断社会になり、全米で労働者が声を上げ始めていますから、下手をすればトランプがたとえ大統領に就任しても政権から極右派を排除しないと弾劾されかねないでしょうね。
共和党の半分しか支持をされていない事実を見ればトランプが大統領職に留まろうとすれば妥協に妥協を重ねない限り無理でしょう。
#5093[2016/11/30 16:36]  まり姫  URL  [Edit]

こういう時主犯は、襲撃されるかもしれないという情報をどこかで入手してたりするので、実際に襲撃されてる時には会場にいない気がしますね

もしくは、本当に襲撃されるかを近くで見てたりするんじゃないかとw
タレ込まれた情報がガセかそうでないかを確かめるために

だとしたら、会場の外にアゲ嬢なカッコしたウズメがいるのが気になりますね
過去に関係を持った相手と知らずに主犯がウズメに声かけて、とかになりそうな予感ですなw
#5094[2016/11/30 18:57]  blackout  URL 

Re: まり姫様COありがとうございます^^

資本家と労働者の格差…所謂、ロシア革命の階級闘争には人種・民族の差別はなかった。
ところが、今の格差闘争には差別が前面に出ています…思うに、これは右翼ポピュリストが階級闘争を巧みに利用して差別を煽り、民衆=労働者を扇動して取り込んでいるのです。
従って右翼ポピュリストは、最初っからレーニンの如く労働者を解放する気はなく、インターナショナルな世界を作る気もありません…差別の階層構造・権力構造を作りたいだけです。
それは民衆を騙して国際社会を壊す事になる…行き着く先は国家間・民族間の戦争です。
ヘイトクライムが増加しているのが何よりの証拠…もし、世界を守りたいなら 「懲役刑・市民権剥奪を含む、厳しいヘイトクライム法」 を各国が設けるしかないです。
それなら、トランプ氏は演説した途端に刑務所行きとなり、各国の極右指導者も参政権や市民権を失います…荒療治だが、世界を安定させるには 「右翼ポピュリストの厳正な処罰」 を提唱します
#5095[2016/11/30 19:01]  sado jo  URL 

Re: blackout様COありがとうございます^^

> こういう時主犯は、襲撃されるかもしれないという情報をどこかで入手してたりするので、実際に襲撃されてる時には会場にいない気がしますね

首謀者は、犯罪の現場となっている会場にはいない…は当たってると思います。
下の 「パナマ文書」 もですが、本当に悪いヤツは巧みに姿を隠してますからね(笑)
多分、様々な情報を操作しながら、もし危険になったら、誰かを囮にして逃げるでしょう。
「パナマ文書」の要人や富裕層も同じです…炙り出そうにもなかなか本ボシは出てこない。
捕まるのは囮に使われたザコばっかりで><…本物の悪党はさすがにスゴいですよ(笑)
そいつを捕まえるのが、殺しのプロたるイェーガーの仕事ですね^^
#5096[2016/11/30 19:16]  sado jo  URL 

こんにちは~♪
パナマ文書で名前の出た著名人のほとんどが「合法的だ」「利用された」「適切な節税対策だ」って言っていたのを思い出します。
フザケルナといいたいですね。
金の亡者ばかりで一般庶民のことなどこれっぽっちも考えていない強欲主義者ばかりです。
明治・大正時代の大金持ちはまだ自腹を切って公共工事や防災工事をしたり社会貢献に資産を使う律義さがありましたが、今の連中は何もなしでただ自己の欲望だけのために税逃れをしているだけで、これこそゲスの極みでしょう(--〆)
#5097[2016/12/01 16:49]  まり姫  URL  [Edit]

Re: まり姫様COありがとうございます^^

> パナマ文書で名前の出た著名人のほとんどが「合法的だ」「利用された」「適切な節税対策だ」って言っていたのを思い出します。
> 金の亡者ばかりで一般庶民のことなどこれっぽっちも考えていない強欲主義者ばかりです。

実は、個人の資産を海外に移転するのは違法ではありません。なので処罰しようがない><
名前の出た著名人は、法律の抜け道を利用しただけで、開き直られても仕方ないと思います。
要は、道徳とか倫理と言った問題です…まぁ、そんな律儀な人なら金の亡者にはなりませんよ。
ちなみに、私の住んでいる町の名は、毎年水害に悩まされる庶民の為に、私財を投じて六甲山の治水事業を行なった「加納宗七」と言う富豪の名前に因んでいます。さすがに昔の人は人物が違いますね(笑)
#5098[2016/12/01 18:07]  sado jo  URL 














管理者にだけ表示を許可する

~ Trackback ~


  ↑記事冒頭へ  
←ビーストハンター 第4話 「誰がために銃声は鳴る」(10)    →IdeaListに捧ぐ鎮魂歌