シムーン第二章 ~乙女達の祈り~

「▼ビーストハンター」
ビーストハンター 小説本編

ビーストハンター 第4話 「誰がために銃声は鳴る」(11)

ハンター4-11

 シュンとヒジリが客席を見て回っている間にジョーはステージの方に向かった。
 ステージには手足を切り取られて人体改造をされた全裸の少女が、まるで人形のように椅子に座らされていた。
 それは見るもおぞましい姿だった…人間は権力や金に飽かせてこれほどまでに残酷な事をするのだろうか。
 ジョーはダルマにされて、要人やセレブたちの見世物になっていた哀れな少女の側に行った。
 そして、うなだれているの少女を抱き上げて救い出そうと手を差し伸べた。
 だが、ダルマの少女はなぜか首を横に振った…それからやっとこさ顔を上げてジョーを見た。
 無言のままジョーを見る少女の目は深い悲しみに満ちていた。きっと涙も枯れ果てたのだろう。
 ジョーはじ~っとダルマの少女を見つめた…語らずともこの少女の思いは汲み取れた。
 生き地獄である修羅の世界で生きてきた彼には、この少女の求めているものがよく分かった。
 ジョーはモーゼルを抜いてダルマの少女の額に当てた。
 これでやっと解放される…安堵したような笑みを浮かべながら少女は静かに目を閉じた。
 バン!と言う銃声とともにダルマの少女はゆっくりと床に転げ落ちた。

 ピエロを始末してホールに戻ってきたツクモは、それをみてアッ!と息を呑んだ。
 だがジョーは、床に転がった少女に一瞥をくれただけで出口に向かって走っていってしまった。
 ツクモはあわててジョーが射殺したダルマの少女の側に行った。
 そして、全裸のままで無残に床に転がっているダルマの少女を見つめた。
 ツクモは泣き叫びたいような衝動に駈られて床にしゃがみ込んでしまった。
 「何してまんねんっ!とっつあん…すぐにナパーム弾が破裂しまんねんで」
 そうヒジリに促されたツクモは、やっと立ち上がってホールの入り口から出た。
 地下室の階段を駆け上がると、表にはウズメが回してきたビークルが待機していた。
 ツクモとヒジリを拾った車が走り出すのと同時に、地下室から噴き出した炎が入り口のドアを破った。
 要人やセレブたちの醜い欲望の吐け口になっていたビルは、またたく間に炎に包まれていった。

 しばらくすると、遠くの方から消防車やパトカーのサイレンの音が聞こえてきた。
 だが、吉野刑事が前もって安全な逃走経路を用意していたので検問に引っ掛かる心配はなかった。
 イェーガーたちを乗せたビークルは、クリスマスでにぎわう夜の街を悠々と走り抜けて行った。
 「おいっ!ハッカー…ちょっと車を停めてくれ」
 ところが、人気のない場所まで逃げてきたツクモは、なぜかヒジリにビークルを停車させた。
 そして、鬼のような形相をしていきなりジョーの胸倉を掴んだ。

第4話 「誰がために銃声は鳴る」(完)

※ 気になるいい場面ですが本章はこれで終了して、次回より新たな章に入ります。

にほんブログ村 小説ブログへ
クリックをお願いします
 


<物語のバックボーン>
一見、荒唐無稽に見える猟奇的な話を書いたのは、こんなお金持ちの裏の顔を、バーのマスター時代に現実に見たからです。
人は巨額の金や地位を得て昇り詰めると、自己の快楽を追求し、どこまで人生を楽しめるか?と言う事を考え始めるらしい。
スプラッターとは行きませんが、お金持ちや代議士さんは「SMプレイ」「乱交SEX」「ゲイ」などの変態遊びに興じる人が多く、
実際、某建設会社の社長さんは、フィリッピンの出稼ぎホステスに「獣姦プレイ」をさせて、それを見物して楽しんでました。
私も誘われた事がありますが、さすがにエグそうなのでお断りしました…ただ、仲良くなったある実業家が「露出マニア」で、
一回だけ 「▼ 美女の露出プレイ」 に同行しました。その時の模様を実話小説に収めてありますのでごらん下さい(笑)

【実話小説】 事実は小説より奇なり 第四話 「トンネルの怪」 (オリジナル小説へのリンク)
 
関連記事
スポンサーサイト
 関連カテゴリ一覧 ▼ 
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼シムーン第二章 ~乙女達の祈り~
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼未来戦艦大和
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼ビーストハンター
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼地球年代記 ~カルマ~
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼まぼろし
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼やさしい刑事
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼幻影の艦隊
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼その他の小説
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼シムーン第二章 ~乙女達の祈り~
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼未来戦艦大和
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼ビーストハンター
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼地球年代記 ~カルマ~
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼まぼろし
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼やさしい刑事
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼幻影の艦隊
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼その他の小説
もくじ  3kaku_s_L.png オリジナル詩集
もくじ  3kaku_s_L.png 随想/論文集
もくじ  3kaku_s_L.png 死とは何か?
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  ↑記事冒頭へ  
←ビーストハンター 第5話 「手折られし花に捧ぐ鎮魂歌」(1)    →ビーストハンター 第4話 「誰がために銃声は鳴る」(10)

~ Comment ~


ジョーとツクモの中では少女を救う意味が違ったのでしょうね。
人の命運を決めるのは難しいことですが
命を弄ぶ連中に限って自分の命に固執するのがなんとも醜い。
やはりお金や権力は人間にとって魔物ですね。
これを手に入れてしまうと、何もない相手の気持ちがわからなくなってしまう。
#5111[2016/12/04 11:31]  西條すみれ  URL 

弱いものをイジメる同級生。
下の者をイジメる同じ職場の上司。
少数民族や避難民をイジメる同じ地球人。
そうしたことは権力や金力を持つほうがしています。
本当に人間の醜い心の一面です。

このダルマの少女。最後は安堵の笑みを浮かべるのですね。
1971年のアメリカ映画『ジョニーは戦場へ行った』を思い出します。
ダルマ状態の若者が苦しみから逃れるために自らの死を望む、
という話でしたが、人類の最後の敵と呼ばれる「死」が、
平安や解放をもたらす場合もあるのですね。

この場面のモーゼルの使い方、いいですね。
私もすぐそうします。そうしてほしいと思います。
#5112[2016/12/04 12:59]  ☆バーソ☆  URL  [Edit]

Re: すみれ様COありがとうございます^^

> ジョーとツクモの中では少女を救う意味が違ったのでしょうね。
> 命を弄ぶ連中に限って自分の命に固執するのがなんとも醜い。
> やはりお金や権力は人間にとって魔物ですね。

ジョーは元傭兵。ツクモは元刑事…二人の男は地獄を見ながら生きて来た。
「人を救う」と言う意味が、異なる地獄の中で生きた二人は違ってたんでしょうね。
戦場では深手を負って苦しんでいる者を、早く楽にしてやらねばならぬ場合もある。
ただ、命を救えばいいと言うものではない…いずれにせよ、人の命を何とも思わない金満政治家や、セレブの火遊びが招いた悲劇だったと言う事です。
#5113[2016/12/04 13:04]  sado jo  URL 

Re: パーソ様COありがとうございます^^

> 弱いものをイジメる同級生。下の者をイジメる同じ職場の上司。
> 少数民族や避難民をイジメる同じ地球人。
> そうしたことは権力や金力を持つほうがしています。
> 本当に人間の醜い心の一面です。

ありがとうございます…自分も少女を救う為にモーゼルを使いますね^^
命とは不思議なもので、ある程度までの不遇なら辛抱してでも生きようとします。
しかし、不遇が限界を超えると死を望む…恵まれた者や強い者にはそれが分からない。
なぜイジメを受けた生徒が自殺するのか?なぜ爆弾を抱いてまで自爆テロをやるのか?
不遇の限界を超えてるからです…そこまで相手を追い込む、恵まれた者や強い者の責任です。
富者や強者は、末期癌に侵されて病院のベッドで横たわる自分を想像してみるといいと思う。
その時、必ず「死」を望むはずです…人間はそう言う風にしか作られていないのです。
#5114[2016/12/04 13:24]  sado jo  URL 

命の尊さは何物にも代えられません。
人間が人間の心の奥まで読み解くなどは誰もできないでしょう。
所詮武器は人殺しの道具にすきないから、武器を使っている以上どんな理由をつけようとただの殺人行為にすぎない思いますね。
#5116[2016/12/04 17:16]  まり姫  URL  [Edit]

この少女、江戸川乱歩の「芋虫」を思い出しますね
あれも、最後は自ら命を絶つわけですが

ええ、もちろん自分もこの少女を救うために銃の引き金を引くでしょう

生きてればなんとかなる、少しでも望みがあるなら、生かしたい、というのも確かに一理あるとは思いますが、こんな状態で生き残っても、それこそ生き地獄を味わうだけかなと

仮に生きるとしたら、復讐心に突き動かされる感じになるでしょうね
#5117[2016/12/04 18:14]  blackout  URL 

Re: まり姫様COありがとうございます^^

> 所詮武器は人殺しの道具にすきないから、武器を使っている以上どんな理由をつけようとただの殺人行為にすぎない思いますね。

先日、キューバの指導者「フィデル・カストロ」が亡くなりました。
オバマ大統領は「功罪あるが、国民全員に医療費無料と無料教育(キューバの文盲率はゼロ)を齎した偉大な指導者だった」と讃えました。
一方、トランプ次期大統領は「ただの野蛮人で、残忍で冷酷な独裁者だった」と貶しました。
我々はどちらの言葉を信じればいいのでしょうか?国家の指導者が自分の立場や都合でものを言ってる限り、実はどちらも信じられないのです。
人間の行動は、一つの側面からだけでは計れないものがあります。
#5118[2016/12/04 18:24]  sado jo  URL 

Re: blackout様COありがとうございます^^

> ええ、もちろん自分もこの少女を救うために銃の引き金を引くでしょう
> 生きてればなんとかなる、少しでも望みがあるなら、生かしたい、というのも確かに一理あるとは思いますが、こんな状態で生き残っても、それこそ生き地獄を味わうだけかなと

多分、この少女の様な生き地獄であれば、復讐よりも苦しみから一刻も早く解放される事を願うでしょうね…ジョーが救世主に見えると思いますよ。
よく「介護殺人」ってのがありますが、自分の苦労よりも相手の苦しみを見ていられない。
のだと思います…安楽死は是か?非か?…blackoutさんはどう思われますか?
#5119[2016/12/04 18:38]  sado jo  URL 

第4話前半、おつかれさまでした。今回はビーストハンターの殺戮者としての側面にスポットが当たりましたね。
自分がジョーさんの立場だったら引き金を引くか……引くべきだと思っても引けるか。
少女の立場だったら死を望むか。死を望むべきだと思いながらも未練を引かれるか。
考えてしまいました。でもどちらの答えも出すべきではない、というか出せると思ってはいけないかもしれない、と考えたり。
ジョーさんとツクモさん、どっちも正しいと思うのは逃げかなあ。
#5120[2016/12/04 19:43]  椿  URL 

Re: 椿様COありがとうございます^^

> 考えてしまいました。でもどちらの答えも出すべきではない、というか出せると思ってはいけないかもしれない、と考えたり。
> ジョーさんとツクモさん、どっちも正しいと思うのは逃げかなあ。

逃げだと思います(笑)…じゃ、逃げられない状況に立たされたらどうするのか?
戦地で戦友が助からない深手を負って苦しんでいる。彼を放っておいて一人で逃げますか?
覚悟を決めて引き金を引き、早く楽にしてやるしかないでしょ…それが人間と言うものです。
そんな状況に頻繁に立たされるのが戦争…だから戦争は酷い!戦争は大嫌いだと言うんです。
自分は戦場経験はないが、戦時中に出兵した村人や父からそんな酷い話を聞いて育ちました。
#5121[2016/12/04 22:29]  sado jo  URL 

>安楽死は是か?非か?…blackoutさんはどう思われますか?

自分は是だと思いますです
自分も相手の苦しみを見てられないって思う方なので

とはいえ、ツクモの気持ちもなんとなく理解できるので、複雑な気持ちになりますね

でも、繰り返しになりますが、自分はジョーと同様引き金を引きます
この少女に「生きてればなんとかなる」とは口が裂けても言えないです
#5124[2016/12/05 21:50]  blackout  URL 

Re: blackout様COありがとうございます^^

> とはいえ、ツクモの気持ちもなんとなく理解できるので、複雑な気持ちになりますね
> でも、繰り返しになりますが、自分はジョーと同様引き金を引きます
> この少女に「生きてればなんとかなる」とは口が裂けても言えないです

そうでしょうね…自分も複雑な気持ちになると思います。
「ガンバレ」「生きてればなんとかなる」と言うのには限度があります。
この少女は助かっても(医学の)実験材料にされるだけなのが目に見えてますから。
末期癌もそうですが、絶望的な極限状況においては「死」が唯一の救いになります。
#5125[2016/12/05 22:17]  sado jo  URL 














管理者にだけ表示を許可する

~ Trackback ~


  ↑記事冒頭へ  
←ビーストハンター 第5話 「手折られし花に捧ぐ鎮魂歌」(1)    →ビーストハンター 第4話 「誰がために銃声は鳴る」(10)