シムーン第二章 ~乙女達の祈り~

随想/論文集

ウルトラマンの作家「上原正三」

ウルトラマンX

みなさんにせひともお願いがあります。土下座してでもお願いしたい事がございます。
私 佐渡譲が物語作りを教えていただいた円谷プロの専属作家「上原正三先生」の記事を下に掲載いたします。
私の記事などは読まなくても構いませんが、この記事だけは読んでいただきますよう伏してお願い申し上げます。
昨今、沖縄に派遣された本土の機動隊員による「土人」「シナ人」と言う沖縄県民差別発言が問題になっている様です。
しかし、それよりももっと大事な真実が当の沖縄人である「上原正三先生」によって語られています。

沖縄出身の脚本家・上原正三さんが挑んだタブー (←リンクをクリックして下さい)

(▲) 上原先生がおっしゃる『ウルトラセブン』第42話「ノンマルトの使者」は、私が企画したのを懐かしく記憶しています。

<上原先生への手紙>
上原先生 お久し振りでございます。もうお忘れかも知れませんがあの時のボウズです。
先生は教えてはやるが弟子にはしないと言う主義でした…なので怒られる事を承知であえて先生と呼ばせていただきます。
お元気そうで安心いたしました。でも随分とお歳を召された様で…まぁ、私も歳を取りましたから当たり前ですよね(苦笑)

上原 上原・金城
(左) 上原正三先生近影
(左) 左から、私が現役だった頃の上原先生。光代様。金城先生(ウルトラマンの原作者)


先生は大層な美男で…でもあの頃は胸を患っておられました。それでも円谷プロの企画室で懸命に執筆されておられました。
あのお姿はまるで新撰組の「沖田総司」みたいでした。先生のお身体を気遣って光代様(後の奥様)がよく訪ねて来られました。
あの頃も本土人の沖縄人への風当たりは強くて、仕事をなさる上で金城先生ともども何かとご苦労が多かった事と思います。
奥様の光代様はお元気でしょうか?若い頃の先生も美男子でしたが、奥様も可愛い方で本当に美男・美女のカップルでしたね。
でも今日の今日まで、先生がヤマトンチューの琉球侵略に抵抗して斬首された謝名親方(*)の子孫だとは存じ上げませんでした。
なるほどな~…先生の反骨精神の源がよく分かりました。確かにその精神は先生が書かれた数々の作品に現れていましたね。
円谷英二社長が核兵器廃絶を訴える為に「ゴジラ」を撮られて数十年…円谷プロのヒューマニズム精神は未だ廃れてはおりません。
先生の円谷の後輩になる虚淵玄氏も「魔法少女まどか☆マギカ」や「サイコパス」で世の不条理を抉り出してがんばっておられます。
私も拙いながら、先生が数百万の日本人に訴えられた様に、例え千人の日本人にでも訴える…と言う思いでブログをやってます。
どうかいつまでも奥様共々お元気でいて下さい。そして後輩達を暖かく見守ってやって下さいませ ~佐渡譲~

(*)謝名親方=謝名利山(1549~1611年)琉球王朝の司法官。NHK大河ドラマ『琉球の風』では江守徹が演じた。
  徳川家康の琉球征伐を止める為に仲介に入った島津家久が差し出した降伏文書に署名を拒み、島津藩士によって斬首された。


※あるブログで面白い記事を見つけました。
 機動隊員は本当はこう言いたかった。「本土人」=「本物の土人」…素晴らし~ぃ!警視総監賞を差し上げます(笑)
 沖縄の方々はどうぞご安心下さい^^…どうやら、我々本土人の方が正真正銘の「本・土人」らしいですから(泣)
 まったく知性のカケラもないクセに、いらん事を抜かして本土の人を貶めおってからに~><…情けないわぃ。


にほんブログ村 小説ブログへ
クリックをお願いします
 
関連記事
スポンサーサイト
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼シムーン第二章 ~乙女達の祈り~
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼未来戦艦大和
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼ビーストハンター
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼地球年代記 ~カルマ~
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼まぼろし
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼やさしい刑事
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼幻影の艦隊
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼その他の小説
もくじ  3kaku_s_L.png オリジナル詩集
もくじ  3kaku_s_L.png 随想/論文集
もくじ  3kaku_s_L.png 死とは何か?
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  ↑記事冒頭へ  
←やさしい刑事 第5話 「人形の涙」(4)    →ボブ・ディランはなぜ黙しているのか?

~ Comment ~


本土人の私が言うのも恐れ多いですが、想像以上に過酷なものだったと感じました。
やはり逆境あってこそ名作が生まれるというか
俺は琉球人だと屈せず本土で生きようとした辺り共感しましたね。
私は相手がどこの人であれ、人は人だという考えなのですが
今でもそんな差別が続いているのは本当に恥ずかしい限りです。
#4921[2016/10/23 10:30]  西條すみれ  URL 

Re: すみれ様COありがとうございます^^

> やはり逆境あってこそ名作が生まれるというか
> 俺は琉球人だと屈せず本土で生きようとした辺り共感しましたね。
> 私は相手がどこの人であれ、人は人だという考えなのですが
> 今でもそんな差別が続いているのは本当に恥ずかしい限りです。

「ウルトラマン」「仮面ライダー」が大ヒットしたのは上原先生のお力です。
沖縄人差別や、沖縄の戦火の中を「なにくそっ!」と逞しく生き抜いて来られた。
「Never Give Up!=ネバー・ギブ・アップ」「弱者を庇い、強者を挫く正義の味方」
苦労されたぶん人間の出来た方でしたよ。日本人はこんな人を手本にしなきゃならない。
ウルトラマンや仮面ライダーで、先生に人間の生き方を教わりながら、今の日本人は、
♪迫る~ ショッカー~ 地獄の軍団~(悪役)…「こらっ!沖縄土人」になってる(笑)
#4922[2016/10/23 11:00]  sado jo  URL 

こんにちは
差別は恥ずかしいことだなとつくづく思います
#4923[2016/10/23 11:10]  ネリム  URL  [Edit]

Re: ネリム様COありがとうございます^^

> 差別は恥ずかしいことだなとつくづく思います

人を差別する人間はね…人の痛みを知らない。
苦労も知らずに甘やかされて育ってる者が多い。だから人間のクズになる。
私が子供の頃は、外国人や障害者を差別しようものなら、大人の鉄拳制裁が飛んで来た。
日本の大人達に「根性の曲がった人間には育てない!」と言う強い気概がありました。
今は大人からして根性が曲がってるから、ヒネた若者ばっかりになってしまうんです><
日本の大人達は襟を正せっ!どっちが土人だ?(笑)
#4924[2016/10/23 11:27]  sado jo  URL 

こんばんは🎶

沖縄タイムス『上原正三さんが挑んだタブー』…私もリンクさせていただきました。
すみません。また、事後報告です。

私の出身地は「八丈島」。
先に上京していたプライドの高い叔母さんからは、
東京の人からは「田舎者・・・」と言われるから、
「絶対に八丈出身と言ってはダメよ」と言われていました(苦笑)。
私は、「そんなの関係ない」です。
流人の島ですが、海あり山あり。
都会人より豊かな経験をしてきたと思いますけどね(笑)…。
比べる必要もないですが…。
#4925[2016/10/23 20:42]  kanmo  URL  [Edit]

Re: kanmo様COありがとうございます^^

> 沖縄タイムス『上原正三さんが挑んだタブー』…私もリンクさせていただきました。
> すみません。また、事後報告です。

いゃ、構いませんよ…「弟子は取らない主義」でしたが教えを請うた師ですから^^
物語作りのプロで厳しかったですね…お陰で文は下手ですが、物語だけは自信があります。

そうですか…日本人は島育ちや田舎者をスグに虐めに掛かりますよね。私もやられました。
姑息と言うか、了見が狭いと言うか、今でも行なわれる日本人の嫌な欠点だと思います><
上原先生にしろ、金城先生にしろ、差別の苦労を乗り越えたせいか大きな人物でしたね~
でなきゃ「ウルトラマン」「仮面ライダー」みたいな大ヒット作は作れませんよ^^
#4926[2016/10/23 22:29]  sado jo  URL 

こんにちは~♪
いつもありがとうございます(*^^*ゞ
一日遅れで今日帰ってきました(-_-;)アセアセ
またよろしくお願いしますね^^

上原正三さんの記事は私も読みました。
というか琉球新報と沖縄タイムスはいつもニュースを気にしています(*^^*ゞ
#4927[2016/10/24 15:39]  まり姫  URL  [Edit]

Re: まり姫様COありがとうございます^^

> 上原正三さんの記事は私も読みました。

上原先生とは円谷プロでご一緒させていただき、色々と教わりました。
「ウルトラマン」「仮面ライダー」「ゴレンジャー」他、たくさんのヒーロー物を書いて、
子供達に勧善懲悪の正義に生きる道を教育されたのは立派だと思います。
正義のヒーローを書くだけに、先生ご本人も「弱気を助け、強気を挫く」方でしたよ。
今の日本には、子供達にそんな正しい教育をしてやる大人がいませんね~><
弱い者を虐めて喜ぶひねくれた青少年が増えてしまっているのが残念です(嘆)
#4928[2016/10/24 19:13]  sado jo  URL 

沖縄県民差別発言につなげていい記事ではない気がします

リンク先の記事で話しているのは
差別のある中で力のみで判断してくれる場所があった。
ということではないでしょうか。

そこには生まれも育ちも、貢献度も関係ない。
純粋に、力があるのかないのか、数字を取れるのか。

ただ同時に感じるのは
もう一人が下ろされたことに対する「(円谷プロを)信じていたのに…」
という想いな気もします。

本当に必要なことは
弱きを助け、強きを挫く。ではなく

弱者の地位に甘んじるものを葬り、
強きに挑むものには徹底的に、きれいに、余裕で、打ちのめし絶対的な敗北を与え、
そして、時が来た時に、全力で戦い、負け、王者の椅子を譲ること
ではないでしょうか。

そんな考えが世界のある程度までいきわたらせえることこそが差別という言葉をなくす唯一の道だと思います。
ただし、ある程度までで…、でないと俺も含め生きてはいけない人間が溢れかえりそうなので。

でも、土人発言をした人間を、育てた社会を、打ちのめすくらいには浸透していてほしいとは思いますが。
#4941[2016/10/28 17:19]  野良猫  URL  [Edit]

Re: 野良猫様COありがとうございます^^

おっしゃる事は如何にも現代風な考え方の様に見えますが、幾つか間違いがあります。
まず人が集団で暮らすのは助け合う為で、社会を勝ち負けを決める闘技場にする為ではない。
「弱きを助け、強きを挫く」事を否定すれば、勝ち上がったショッカーや怪獣が王になります。
金城先生が円谷プロを降りたのは、商業上の理由であって決して思想が原因ではありません。
だから円谷プロの精神が廃れたのではなく、今も「虚淵玄」氏など多くの後輩が引き継いでます。
差別発言をした機動隊員を責めていると思うのは曲解です。彼がたまたま警察官だっただけの事。
そんな差別的な人間を産み出す土壌こそが、尤も葬り去られなければならない社会悪なのです。
人を憎むのではなく、そんな社会を正す為に描くのがヒーロードラマの真髄ではありませんか。
「ウルトラマン」や「仮面ライダー」を書いた上原先生ならそうおっしゃると思いますよ^^
#4942[2016/10/28 19:00]  sado jo  URL 














管理者にだけ表示を許可する

~ Trackback ~


  ↑記事冒頭へ  
←やさしい刑事 第5話 「人形の涙」(4)    →ボブ・ディランはなぜ黙しているのか?