シムーン第二章 ~乙女達の祈り~

随想/論文集

村上春樹氏 ~アンデルセン文学賞授賞式のスピーチ~

村上春樹

「どれだけ高い壁を築き、厳しく部外者を排除し、自分たちに都合よく歴史を書き換えても、
結局は自分自身を傷つけるだけだ」
~アンデルセン文学賞授賞式での村上春樹氏のスピーチ~

北野武氏のレジオン・ドヌールフランス最高勲章受賞に続き、村上春樹氏のアンデルセン文学賞(文学専門賞としてはノーベル
文学賞よりも価値がある)の受賞と、日本が世界に認められる優秀な文化人を輩出しているニュースを喜びたいと思います。
逆に言えば、一部の日本人が世界を狭めてしまっている事への警鐘でもあり、我々に反省すべき問題を提唱してくれました。

上に挙げた村上春樹氏の言葉は、映画界と言う文化の世界に在籍していた私にとっては、決して目新しいものではありません。
同じ様なセリフを、有名な監督さんや脚本家。俳優や女優さん。名のある音楽家や美術家さんから幾度となく聞いてきました。
彼らは未来からの申し子であり、その精神をはるか先の時代に置いて物事を見つめています…そこが政治の世界と大きく違う。
政治家は今を生きるのに精一杯だが、優れた文化人は数世代先を見通してものを言っている…とつくづく実感したものでした。
だからこそ、文化や芸術は政治などよりもはるかに優れ、創作者は数百年、数千年の長い寿命を保つ事ができるのでしょう。

未来は、例えどんな事があっても開かれたものでなければなりません。
もし、一部の政治家や民衆のエゴから「壁を築き」「他国や他民族を排除し」「歴史を自分達の都合によって歪曲した」ならば、
子供達の可能性が閉ざされてしまいます…結局傷付くのは自分自身であり、自分達の可愛い子孫が責めを負う事になります。
私達の曽祖父の世代はうかつにも実際にそれをやってしまい、子供や孫や、ひ孫までをも苦しめる事になってしまいました。
政治に失敗は付き物…だから、少々の失政は咎めはしません。要はその失敗を糾す努力を為しているかどうかが問題です。
自覚を欠いて歴史に固執する政治家や、エゴを振りかざす民衆は未来への責任を放棄した無責任な思い上がり屋でしかない。

今生きている我々は『今』ではなく未来に…未来を生きる子孫に責任を負っているのです。
自分達は粥を食って辛抱してでも、精神的な屈辱に甘んじてでも、子供達の為に開かれた未来を作ってやる責任があります。
故に、私は誰とでも対話をする。嫌な相手でもその存在を認める…それが未来を生きる子供達にしてやれる事だからです。
村上春樹氏の言葉には重いものがあります…それは今と未来を見つめる責任ある大人の自覚から出ている言葉だからです。
北野武氏も同じ様な事を言ってますが、さすが世界に認められる人は確かな未来を見据えた発言をするものだと思います。
さすがに一流は三流とは違う!…我々は彼らの高い精神から出た言葉を受け止めて、しかと心に刻まなければなりません。


神曲「イマジン ~imagine~」 作曲・歌:ジョン・レノン

にほんブログ村 小説ブログへ
クリックをお願いします
 


<子供の行為は大人の影!大人には止める義務がある>
(▼)我々にはこの様な社会悪を止める責任があります。大人が他者を虐待して真似をさせてはならない!
   社会が歪んで病んでいるのなら、まず大人自らが姿勢を正して子供に見本を示す義務があります。

ベサニー
自殺する前のベサニー・トンプソンさんと両親

癌を克服した米少女、虐めに遭って自殺 (神経後遺症で笑顔が歪む) (CNNニュースへリンク)



虐めを苦に自殺した「葛西りまさん:青森県」の写真はコンテストで優勝していた
 
関連記事
スポンサーサイト
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼シムーン第二章 ~乙女達の祈り~
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼未来戦艦大和
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼ビーストハンター
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼地球年代記 ~カルマ~
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼まぼろし
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼やさしい刑事
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼幻影の艦隊
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼その他の小説
もくじ  3kaku_s_L.png オリジナル詩集
もくじ  3kaku_s_L.png 随想/論文集
もくじ  3kaku_s_L.png 死とは何か?
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  ↑記事冒頭へ  
←ビーストハンター 第4話 「誰がために銃声は鳴る」(2部構成)予告    →愛の異形

~ Comment ~


お世話とお節介が違うのはどこを視点にしているかだと思いますね。
イスラム絶対排除のトランプがもし大統領になったらアメリカは落ちぶれるでしょう。
みんなのためにと思っていても、結局はさらに溝を深めるだけで未来的な思想がない。
これだけの歴史を積み重ねてきた人類もまだまだ他者を傷つけるほど幼稚で
みんなが仲良くというのは難しいでしょうけど、少しずつそうなるようになってほしいですね。
#4967[2016/11/03 09:59]  西條すみれ  URL 

Re: すみれ様COありがとうございます^^

> お世話とお節介が違うのはどこを視点にしているかだと思いますね。
> イスラム絶対排除のトランプがもし大統領になったらアメリカは落ちぶれるでしょう。
> みんなのためにと思っていても、結局はさらに溝を深めるだけで未来的な思想がない。

クリントン候補の個人メール問題が出て、トランプ候補が有利になった途端に株価が大幅に下落した…つまり、経済界は「トランプはNO!」と言ってる訳です。これもある意味余計なお世話(笑)
民主主義は人が決めるもので、金が決めるものではない…とは言え、株が暴落すると国民は食っていけなくなる。経済市場が選挙を左右するのはどうかと思うが、それが資本主義の欠点です><
現代民主主義は、結局、金の奴隷なんですが、金がないと生きていけないのも事実です(笑)
今を生きながら、子供達にどう善き未来を開いてやるか…が、我々に課せられた命題です^^
#4968[2016/11/03 11:01]  sado jo  URL 

村上春樹氏の受賞メッセージは当たり前のことを述べただけでとりたてて拍手を送る必要もないと思います。
文化・文学・芸術と政治経済は一体のものであり、世相を反映するものですが、一人一人の視点がどこにあるかによって全く異なるものが世に出回ります。
狂気の視点でなければ当然未来志向の発想もあるでしょうが、どぶに捨ててもいいようなものでも「文学だ」「芸術だ」と称賛される現代社会こそ正す必要があるでしょう。
#4969[2016/11/03 17:08]  まり姫  URL  [Edit]

Re: まり姫様COありがとうございます^^

本物の文化人は村上春樹氏の如く一流の精神をもっています。だから世界に認められます。
「壁を築き」「人を差別して分け」「歴史を捻じ曲げる」 様な俄か文化人は三流です。
そんな人間の作品や言葉は後世に残らないし、決して世界の人々に承認してもらえません。
自分は映画人時代に一流の人たちを見て来たから、一流と三流はしっかりと区別できます。
区別できない日本人だけが狂気に走って、差別や虐めなどの社会悪を生み出しているんです。
#4970[2016/11/03 18:25]  sado jo  URL 

全員とは言いませんが、大半の連中は目先しか見えてない気がします
いわば損得の物差しでしか物事を測ることができない

だから、わかりやすいもの・刺激的なものばかりが市民権を得るんだと思います

とはいえ、今は路面店や紙媒体、地上波が全てではないですからね

一時的な知名度や利益を上げるのには適してるでしょうけど、所詮はその程度かなと

まぁ、もし自分が今のスタンスを貫き続けて、海外でより多くのファンができて、4〜5年後ぐらいにノーベル賞を取ることになったら、さすがに驚きますけどねw
#4971[2016/11/03 22:33]  blackout  URL 

Re: blackout様COありがとうございます^^

> 全員とは言いませんが、大半の連中は目先しか見えてない気がします
> いわば損得の物差しでしか物事を測ることができない
> だから、わかりやすいもの・刺激的なものばかりが市民権を得るんだと思います

一流の一流たる由縁は、損得抜きに未来を見通す目を持ってる事…それも善き未来を。
だから生時は人気が出ない場合もあります…没後に評価されて輝く一流も大勢います^^
どこが違うかと言えば、一流は刺激や損得や流行でなく、普遍的で確かなものがある。
一国や一民族の狭い視野でなく、広範囲な視野で人類全体に貢献する仕事をしますね。
世に言う「王道」なるものがそれです…そんな人にはどんな人間も勝てないです^^
#4972[2016/11/03 23:35]  sado jo  URL 

こんばんは🎶

村上春樹氏のスピーチ…素敵ですね。

子育てしていた頃、家庭教育の講演会で、
「子供は未来からの留学生」と教わったのを思い出しました。

#4973[2016/11/04 20:08]  kanmo  URL  [Edit]

Re: kanmo様COありがとうございます^^

> 子育てしていた頃、家庭教育の講演会で、
> 「子供は未来からの留学生」と教わったのを思い出しました。

その通りです…私は「子供は未来からの希望の使者」と教わりました。
その希望の未来を塞ぎ、壊してしまう大人は「人間失格」ですよね~><
子供の為に「壁もなく」「差別もなく」「公平な未来」を創らなきゃぁね^^
#4974[2016/11/04 22:25]  sado jo  URL 

>その精神をはるか先の時代に置いて物事を見つめています

はたしてそうでしょうか?

高い壁に囲み大切な者も捨て去り、世界を都合よく書き換え、自分を傷つけ続けて

そうしなければ見えない景色もあるのだと思います。

自分の可能性の全てを引き換えにようやく辿り着ける場所が。

そして、そこにたどり着いた者達は皆こういう。

この世界は時の果てまで俺の庭だ、決してお前を飽きさせることはない。と。

幸福も絶望も存分に味わえるようにできた世界。

そこまで行けた時に
過去にあり、現在にあり、そして未来にもある。
精神と呼べる気がします。
今こうしている私は過去にも居たし、未来にも現れる、今の私が当代の私というだけだ、と。

そういうところへ来た時に今回のスピーチについて尋ねてみたいかなと思います。
今はこの世界をどう思う?と。
たとえそれが何百年、何千年先の何代かあとの俺になっていたとしても。
人間が滅んで別何かになっていたとしても。
#4983[2016/11/07 05:44]  野良猫  URL  [Edit]

Re: 野良猫様COありがとうございます^^

自分が現役の頃、アパレルで成功した大手の創業者が、大きなキャンペーンの為にとある一流の映像作家を招きました。
いざ、話をするとその映像家の知識量はハンパなものでなく、経営者よりもアパレルに詳しい…どこから突っ込んでも完敗だったとか(笑)
「あなたに全部お任せします。予算は出しますからお好きな様にやって下さい」と。
世の中には桁違いの人間がいる事を実感したそうです…そう言う人物を一流と言う。
村上さんの如く、1言の中に10の深意を含める様な人の本意は凡人には解明できない。
凡人はせいぜいパソコンだか、一流はスーパーコンピュターの様な頭脳を持ってます。
そこに行き着くまで、寝る間も惜しんで血の滲む様な努力をしたんでしょうがね(笑)
#4984[2016/11/07 15:32]  sado jo  URL 














管理者にだけ表示を許可する

~ Trackback ~


  ↑記事冒頭へ  
←ビーストハンター 第4話 「誰がために銃声は鳴る」(2部構成)予告    →愛の異形