シムーン第二章 ~乙女達の祈り~

「▼ビーストハンター」
ビーストハンター 小説本編

ビーストハンター 第5話 「手折られし花に捧ぐ鎮魂歌」(4)

ハンター5-4

「あっ!白いヒゲのお爺ちゃんだ~」
 サンタクロースのコスプレで会議室に入ってきたツクモを見るなりウィルははしゃいだ。
「似合ってまんな~…いっそ武装警備員やめて本職になったらどうでっしゃろ」
 ヒジリはそう言ってツクモをからかった。
「さぁ、みんな席に着いて~」
 沙羅に促されて、ジョーもウィルを膝に乗せて椅子に座った。
 だが、ジョーの前に置いてあるクリスマスケーキには、なぜかハッピー・バースディのデコレーションが飾ってあった。
「あれっ?このデコレーション…何でメリー・クリスマスじゃくて、ハッピー・バースディになってんだ?」
「だって、ウィルちゃんの誕生日って誰も知らないんでしょ」
「まぁ、そりゃぁ難民の子だし、いつどこで生まれたのかも分からないものな~」
「だから、今日がウィルちゃんの誕生日って事にしたの…いいでしょ」
「なるほど…そう言う事だったのか~」ジョーは沙羅の粋な計らいに納得した。
「クリスマスが誕生日って、イエス・キリスト様やおまへんかいな…きっと大きくなったら聖人みたいな大人になりまっせ~」
「いゃ~…女の子だから聖母・マリア様だろう」シュンが横から口を挟んだ。
「じゃ、今日の主役は将来の聖母様ね…ウィルちゃん。ローソクの火を吹き消してくれる」
「は~ぃ」
 沙羅に促されて、ウィルがふぅ~っとケーキに立てたローソクの火を消すと、一斉にみんなが歌い出した。
「♪ハッピー・バースディ。ウィル~…♪ハッピー・バースディ。ウィル~」
 大勢の大人に囲まれて愛されながら誕生日とクリスマスを祝う…ウィルには生まれて初めての体験だった。
 よほどうれしかったのだろう…ウィルは覚えたての日本語を喋ってはしゃぎながら愛嬌を振りまいていた。

 そんなウィルを眺めながら、ジョーは複雑な思いに駈られた。
 そして、自分の目の前で不幸なままで死んでいった少女たちに思いを馳せた。
 しかし、この時のジョーには知る由もなかった。
 彼が闘いに倒れた後、成長したこの小さな少女が聖母どころか凄腕の女イェーガーになる事を。
 日本を騒がす極右ポピュリストや犯罪者たちは、後にウィルを「赤毛の魔女=Red Hair Witch」と呼んで恐れ慄いた。

※極右ポピュリストやテロリスト、犯罪者を次々に射殺して、自分を可愛がってくれたイェーガーの復讐を遂げてゆく赤毛の魔女!
 ウィルがヒロインのビーストハンター 第二章 「Red Hair Witch the ビーストハンター」…寿命があれば書きたいと思ってます(笑)


 それから数日後。
 東京国際空港に通じる年末の高速道路は、海外旅行に向かう人々の車で混み合っていた。
 その混雑を避けるようにして、密かに裏道を走る一台の高級車があった。
 車に備え付けられたワンセグテレビからはニュースが流れていた。
「ただいま訃報が入りました。先日来姿を見せなかった鶴穂総務大臣が心臓発作で急死していたとの事です…それにしてもここ数日、大物政治家や財界人の訃報が多いですね~」
 アナウンサーはそう言ってニュースを読み上げていた。

~続く~

にほんブログ村 小説ブログへ
クリックをお願いします
 
関連記事
スポンサーサイト
 関連カテゴリ一覧 ▼ 
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼シムーン第二章 ~乙女達の祈り~
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼未来戦艦大和
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼ビーストハンター
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼地球年代記 ~カルマ~
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼まぼろし
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼やさしい刑事
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼幻影の艦隊
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼その他の小説
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼シムーン第二章 ~乙女達の祈り~
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼未来戦艦大和
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼ビーストハンター
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼地球年代記 ~カルマ~
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼まぼろし
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼やさしい刑事
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼幻影の艦隊
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼その他の小説
もくじ  3kaku_s_L.png オリジナル詩集
もくじ  3kaku_s_L.png 随想/論文集
もくじ  3kaku_s_L.png 死とは何か?
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  ↑記事冒頭へ  
←『夏目友人帳』と「緑川ゆき」    →ビーストハンター 第5話 「手折られし花に捧ぐ鎮魂歌」(3)

~ Comment ~


そういえば12月生まれの腐女子が誕生日とクリスマスを一緒にされるって嘆いてたな(笑)。
同じ月にプレゼントとケーキが2回もらえると思って羨ましがっていたら
経済的なことでまとめられてしまったらしいです。
我が家は姉妹で5月生まれなので子供のころは別でしたが
いつの間にか私の誕生日で一緒にされ、そのせいか妹だけがどでかくなりました(笑)。
#5160[2016/12/14 10:00]  西條すみれ  URL 

Re: すみれ様COありがとうございます^^

わはは…月に二度も無駄なケーキを買う必要はない。一度で充分ですか~(笑)
でも、中東にはケーキどころか、自分の誕生日も知らない。親の顔も名前も知らない。
そんな戦災孤児がたくさんいます…ジョーに拾われた難民の子のウィルもそんな一人。
ウィルと言う名前も本当の名前ではないんですが…暖かな誕生クリスマスを贈りました^^
#5162[2016/12/14 12:58]  sado jo  URL 

あれですかね
その赤毛がチラッと見えたときには、どタマ撃ち抜かれてるような感じなんでしょうな(汗)

白い死神と言われたシモ・ヘイへのように

なんせ200〜300m以内はデッドゾーンだったらしいですからね(汗)

あの悪名高いヨセフ・スターリンが、「ファンランドなんぞ一瞬で制圧できるはずなのに、何をやってやがる」ってイラつく最大の要因だったみたいです
#5164[2016/12/14 21:35]  blackout  URL 

>極右ポピュリストやテロリスト、犯罪者を次々に射殺して、自分を可愛がってくれたイェーガーの復讐を遂げてゆく赤毛の魔女

イエーガーを殺すのは極右ポピュリストやテロリスト、犯罪者達のような二流ではないと思います。

一本芯のある連中。
例えば、
空がダメなら船を売るよ、銃を売ろう、剣を売ろう、鉄を封じられたら棍棒を売ろう、それが我々武器商人だ。
と言い切れるような。(ヨルムンガンド最終話)

この作品でいうなら少女を売り物していた連中のさらに上。
多分そいつらは少女と同様に、家電を売り、ケーキを売り、同類を狩らせ、薬を処方し、麻薬を撒いている。
一つのビジネスがダメでも、責任者やピエロ、客の政治家達を消せばいいと考えている連中。

鉄血のオルフェンズでこんなシーンがありました。
武器商人に融資を頼んだ際に、
「貴方の活躍は多くの人々に勇気を与えることでしょう。そうなれば私たちにも喜ばしいことだ」と金を出すことを承諾する商人の見えないところで
「これだから戦争で食っている奴は卑しくていけない」
という事務員に、
「分かっていて融資を頼むんです、私の方がずっと卑しい」
というヒロイン。

このシーンも見ていて思いました。
きっと、卑しかろうが関係ない連中のほうがよっと強いのだ、と。
生き残るように組織を動かし、手段を選ばない。
だからこそ、生き残っているのだ、と。

イエーガーを殺すのはそいつらじゃないでしょうか。
法を変え、仕事を無くし、生きる場所を奪う。
そして、「もうこれじゃもうからないんですよ。」
「貴方たちだって気づきませんでしたか、邪魔な人間を消していただけだって(笑)」
「彼らはもう不良債権化していた、だから死んだ、次は君たちの番です」と

ただし、殺しはぜずに、潜在犯として収容所に。
もしくは、ストレスケアの薬漬けで廃人に。

赤毛の魔女の銃弾はそいつらにまで届くのでしょうか
届いた瞬間世界が停まりより混迷の渦に突入するような、そんな連中に。
#5165[2016/12/14 22:21]  野良猫  URL  [Edit]

Re: blackout様COありがとうございます^^

> その赤毛がチラッと見えたときには、どタマ撃ち抜かれてるような感じなんでしょうな(汗)
> 白い死神と言われたシモ・ヘイへのように
> なんせ200~300m以内はデッドゾーンだったらしいですからね(汗)

ははは…気が早いですね。「赤毛の魔女 ウィル」は長生きして書けたら…の話です。
シモ・ヘイへの時代より銃の性能は上がっていて、ゴルゴ13はM-16で射程2000mと言います。
ですがそれは作り話で、同じM-16を使うウィルの射程は現実的に500~600mになるはずです。
そのデッドゾーンでも標的からウィルの赤毛は見えず、範囲も広すぎて身を守りようがないです。
赤毛の魔女に狙われる極右ポピュリストやテロリストは、どタマ撃ち抜かれてから気が付きます。
って、もう即死してますけどね…報酬はやはりスイスの銀行に振り込んでくれ…かな?(笑)
#5166[2016/12/14 22:25]  sado jo  URL 

Re: 野良猫様COありがとうございます^^

ははは、まだ早いですって…第1章もこれからなのに、第2章の話までは(笑)

> 空がダメなら船を売るよ、銃を売ろう、剣を売ろう、鉄を封じられたら棍棒を売ろう、それが我々武器商人だ。

と開き直ったのは、ココの兄キャスパー・ヘクマティアルだったかな?
卑しかろうが、国を裏切ろうが、何人殺そうが、ただ儲けて富を蓄えた者が強い!
そのユダヤ商人的大物は、もう第1章に織り込み済みだが、ネタバレになるので止めます。
世界には陰に隠れた、これでもか!と言うくらいハラワタの腐った大物が実際いるんです。
そして、そいつはイェーガーどころか大統領でも手が出せない…えぇ、登場しますよ(笑)
#5167[2016/12/14 23:58]  sado jo  URL 

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
#5168[2016/12/15 11:06]     

Re: m様COありがとうございます^^

それは良かった…ですが、治り掛けが大事です。無理をしない様にして下さい^^

プーチン大統領の到着が遅れてるとか…あの人はいつも巌流島の武蔵の策略を使います。
策士は、北方四島ツバメ返しをするりと交わして、返り討ちにしようと狙ってますよ~
待ちくたびれた佐々木晋三がイライラして術中にはまらなきゃいいけど(笑)
#5169[2016/12/15 13:06]  sado jo  URL 

スイスフランですね?w
ノルウェークローネでもいいんじゃないですかね?w

なんせ、鼻息の荒い国が勢ぞろいしてるヨーロッパで、EUにも入らずにいる、いわばてめぇの腕1本で生きてるような国だと思うのでw

そういえば、EUに入ってる国でも、ユーロを導入してない国、結構あるみたいですね

で、その結果いいようにドイツにやられてるのが、ハンガリーやチェコらしいです(汗)

ルーマニアやブルガリアもユーロを導入してないみたいですが、ドイツにそれほどいいようにやられてない印象を受けますね
むしろ裏でロシアと繋がってるから、迂闊に手出しができないのかもですがw
#5170[2016/12/15 22:27]  blackout  URL 

Re: blackout様COありがとうございます^^

ヨーロッパと掛けて、ギャングのシンジケートと解く(笑)
状況次第でどっちの味方になるか不明な国ばかり…現に数十年前まで殺し合ってました。
小国スイスが中立国になった気持ちが分かります…ギャングの抗争には関りたくない(笑)
奇妙な事に、ヨーロッパではなぜか中国は好意的に見られ、反対に日本には冷ややかです。
彼らの植民地を荒らしたから?それもあるが、日本は余りヨーロッパを儲けさせていない。
アメリカマフィアに貢ぐばかりでなく、ヨーロッパギャングにも稼がせてやらないとね(笑)
#5171[2016/12/15 23:50]  sado jo  URL 














管理者にだけ表示を許可する

~ Trackback ~


  ↑記事冒頭へ  
←『夏目友人帳』と「緑川ゆき」    →ビーストハンター 第5話 「手折られし花に捧ぐ鎮魂歌」(3)