シムーン第二章 ~乙女達の祈り~

オリジナル詩集

憎悪の世界

白人至上
黒人を吊るして楽しむアメリカン・プロテスタント

憎悪の世界

この世には 貴様らの聖書に出てくる
貴様らに 都合のいい神など存在しない
「神と悪魔は同一のものだ」…と 前に言ったはずだ
もし聖書の神がいたんなら この世はとっくに天国になってらぁ
そうだろうが…ちがうか?

現に貴様らは 悪態を付き 憎悪を煽る男に
いともやすやすと 魂を売り渡したではないか
「彼は神に守られていたから勝利した」…だとぉ?
笑わせるんじゃぁねぇよ この偽善者どもが
この世はなぁ 勝った者が悪魔の手先って事もあれば
虐げられている者が 天使ってぇ~場合もあるんだ

まったくもって オツムのおめでてぇ連中だな
中西部と南部の プロテスタント…ってのはよぉ
ヤツは単に 「神なる悪魔」の手を借りただけさ
正直に 貴様らのホンネを言ってみろよ…えぇっ?
イスラム教徒やニガーと暮らすのが 嫌だっただけだろうが

貴様らは まもなくそのホンネをさらす事になるだろうさ
憎悪にあふれた現実をな 不幸に墜ちる自分を…国家をなぁ
祈れ!祈れ~!…貴様らが信じる 「神にして悪魔」によぉ
貴様らが祈れば祈るほど 俺のパワーは増大してくるんだ
俺こそが 貴様らが信じるキリストの正体なんだからな

さて そろそろ祭りを始めるとしようか
貴様らには最期の祭りだ どうせなら派手にやろうじゃないか
腰を抜かして ひっくり返るくらいの祭りをよぉ~
祭りが終わったら 貴様らの堕落した魂をもらいに行くとしよう
憎悪の世界の終わりとともにな…楽しみに待ってろよ

             ~第六階層の悪魔にして神より~



グレゴリアン・エンジェル 歌:アメリア・ブライトマン (サラ・ブライトマンの妹)

※ 一生に一度、反吐の出る様な小説を書いてみたい…との願望から構想を練り始めた「第六階層の悪魔」
アメリカ大統領選は格好のネタを提供してくれましたが、他の小説を書き終えないと始められないのが悩みの種><
反吐の出る様な小説をいったい誰が読むのだろうか?…と自問自答しつつ、こんなネタばかり掻き集めてます(笑)


にほんブログ村 小説ブログへ
クリックをお願いします
 


<堕落して腐ったアメリカン・プロテスタント>
仮にアメリカン・プロテスタントの魂が打算的で堕落したものだとしたら、彼らの主張の信憑性は疑わしくなる。
中東を荒らした彼らは神を冒涜する偽善者で正義はない…聖戦主義=ジハーディストの魂の方が正義になる。
ならアメリカン・プロテスタントは罰せられなければならぬ。報道で言う「罪なき者」ではなく「罪人」であるからだ。
検証した上で今後はジハーディストに肩入れするかも知れない…これは魂の問題であり打算の入る余地はない。
純粋な信仰心から戦った獅子王リチャードとサラディンの十字軍戦争は許せる…彼らには穢れがなく堕落もない。
だが、アメリカの中東侵攻は違う!それは民主主義の美名を騙った欺瞞であり、利益と言う打算の戦争だからだ。
なので、時折一般の人とズレた事を言っても気にしないで下さい。どちらの魂の純粋性を信じるかの問題です。
 
関連記事
スポンサーサイト
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼シムーン第二章 ~乙女達の祈り~
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼未来戦艦大和
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼ビーストハンター
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼地球年代記 ~カルマ~
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼まぼろし
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼やさしい刑事
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼幻影の艦隊
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼その他の小説
もくじ  3kaku_s_L.png オリジナル詩集
もくじ  3kaku_s_L.png 随想/論文集
もくじ  3kaku_s_L.png 死とは何か?
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  ↑記事冒頭へ  
←ビーストハンター 第4話 「誰がために銃声は鳴る」(6)    →ビーストハンター 第4話 「誰がために銃声は鳴る」(5)

~ Comment ~


書きたいけど途中の作品があると読者にはごっちゃにならないかという歯がゆさは私も><
トランプが大統領になったこともあり、土人シナ人問題もあり
差別をテーマに書きたいんですけどね。
ひとまず後半に入れる予定で、次回作ではメインに考えています。
彼の考えではISを潰したかに関わらず新たな敵を作りそうな気がしてなりませんね。
#5037[2016/11/20 10:48]  西條すみれ  URL 

Re: すみれ様COありがとうございます^^

> トランプが大統領になったこともあり、土人、シナ人問題もあり
> 差別をテーマに書きたいんですけどね。
> 彼の考えではISを潰したかに関わらず新たな敵を作りそうな気がしてなりませんね。

そうですね…「差別」「虐め」「排斥」「拝金」「ポピュリズム」「エゴ」「極右」
今ほど人間の醜い魂があからさまに出た時代は珍しく、書くなら今がタイムリーなんだが。
神なき世界の物語をね…「貴様らの神は死んだ。踊れ!狂え!欲望の限りを尽くせ!」って。
『第六階層の悪魔』は悪魔が主人公…いゃ、自らの手で神を殺した人間が主人公かも(笑)
#5038[2016/11/20 11:23]  sado jo  URL 

> もし聖書の神がいたんなら この世はとっくに天国になってらぁ
なぜ神は悪を許しているか。
この言い訳のために、キリスト教は昔からいろいろ教義を考えてきています。

しかし2千年前に人類の救い主が登場し、贖いを完了しているはずなんですが、
世界は全然変わっておらず、信者は自分と違うものを憎みあっている始末です。

聖書の神がいたとしても、神は死んだと言うニーチェは正しいとなります。
人間は経済的理由で対立するのは、損得が関係するので、まだ分かりますが、
なんで人種やイデオロギーや生き方で対立するのか、不思議です。

この文体、歯切れがよく、江戸っ子のべらんめえ言葉を、
あるいは寅さんの台詞を聞いているようで、調子がいいですね。
#5039[2016/11/20 14:07]  ☆バーソ☆  URL  [Edit]

Re: パーソ様COありがとうございます^^

ありがとうございます^^
2千年前のユダヤは、ローマ帝国のお陰で経済的には豊かになりました。
しかし彼らは、ユダヤ教の始祖「モーセの十戒」に背き、人倫は大変乱れていました。
そこへ現れたイエスはモーセの使徒であり、本物のユダヤ教徒だったのではなでしょうか?
だが、十戒を自分達に都合よく解釈したユダヤ人は、イエスを背教者として処刑しました。

今、経済的に豊かになったアメリカン・プロテスタントは、そのユダヤ人と同じなのです。
従って、自分達に都合よく聖書を曲解する彼らに、神の信徒を名乗る資格はありません。

トランプは「ヘロデ王」であり、共和党の幹部は当時の「ユダヤの司祭」に合致します。
さて生贄の子羊=イエスは誰になるか?…世界は輪廻の中にあり、人は同じ過ちを繰り返す。
せめて、我が国の首相が「サロメ」役を演じない様祈ります…「汝、悔い改めよ」ですね(笑)
#5040[2016/11/20 15:30]  sado jo  URL 

ドナルド・トランプの登場でアメリカの黒歴史が表面化し、白人による多人種への憎悪的行動がエスカレートしています。
被害者は増える一方で日本人も「自分は違う」なんて思ってたら大間違いだと気づかされるでしょうね。
黄色人種も彼らにしてみれば同様です。
#5041[2016/11/20 16:57]  まり姫  URL  [Edit]

Re: まり姫様COありがとうございます^^

> ドナルド・トランプの登場でアメリカの黒歴史が表面化し、白人による多人種への憎悪的行動がエスカレートしています。
> 被害者は増える一方で日本人も「自分は違う」なんて思ってたら大間違いだと気づかされるでしょうね。

トランプの選挙幹部が、戦時中の日系人への虐待…「マンザナール強制収容所」を
「敵国人を収容するのは当然の処置だ」と肯定したらしいです…人権無視も甚だしい><
かってのビル・クリントン大統領は「アメリカの汚点」として日系人に謝罪しました。
日系人を標的として人種差別した事に、あちこちから抗議の声が上がっている様です。
じきにトランプ以下、幹部連中の黒い素顔が丸出しになる…彼らはK.K.K団かい?(笑)
#5042[2016/11/20 17:40]  sado jo  URL 

自分も早く新作を書き始めたくて、正直うずうずしてますよw
ただ、前作の英訳の推敲が進まないこと進まないこと(汗)

学校時代、英語はそこそこできたんですが、やっぱり元々向いてないんですかねぇ(汗)

やっぱり、最近の世界情勢はネタの宝庫ですよ
これでもかと、次から次へと穢いものとか醜いものが出てきますからねw

ええ
一応自分も作家の端くれですから、次の展開とか登場人物たちの心理とかを読むのはそれなりにできますよw

幼少期は、よくミステリーとかサスペンスものをよく読んでましたし

でも、自分じゃ書けないんですよねぇ(汗)

きっと、真逆なものへの憧れなんでしょうね
#5043[2016/11/20 23:06]  blackout  URL 

Re: blackout様COありがとうございます^^

> やっぱり、最近の世界情勢はネタの宝庫ですよ
> これでもかと、次から次へと穢いものとか醜いものが出てきますからねw
> 幼少期は、よくミステリーとかサスペンスものをよく読んでましたし
> でも、自分じゃ書けないんですよねぇ(汗)
> きっと、真逆なものへの憧れなんでしょうね

世界情勢は面白いです…人間はよくぞこれだけバカやってくれるものだと感心します><
「こうすればあぁなる」と言う方程式を無視してね(笑)…真逆なものへの憧れですか?
母が病弱で、やさしく観音様の様な祖母と、殺生をする猟師の父に育てられた自分には
二面性が備わりました…その為、精神的なバランスが悪くて時折魔性が顔を出してきます。
多分自分の小説は、やさしい仏様の顔と、天罰を下す毘沙門天の両方の顔が出てるかもね?
自分では悩ましいですが、そこが物語りを作る上で有効に機能してるかも知れません(笑)
#5044[2016/11/20 23:58]  sado jo  URL 

sado joさん、こんにちは~~~♪

いつもご訪問、コメントをありがとうございます♪
小説を読ませていただくのですが、少し難解な部分があって、あまりコメントできずに、ごめんなさい!<(_ _)>

>>一生に一度、反吐の出る様な小説を書いてみたい…との願望から構想を練り始めた「第六階層の悪魔」
アメリカ大統領選は格好のネタを提供してくれましたが

ここは、とてもよく分かります。
お書きになる方は、それが心意にあって、創作欲と言うか書く情熱が沸き上がってくるのでしょうね。
私などは、心のままを、つらつら書くだけですので、創作者の方のご苦労は推し量ることすらできませんが。
この言葉には共鳴いたします。



#5045[2016/11/21 10:54]  窓  URL  [Edit]

Re: 窓様COありがとうございます^^

> ここは、とてもよく分かります。
> お書きになる方は、それが心意にあって、創作欲と言うか書く情熱が沸き上がってくるのでしょうね。

上の方にも申しましたが、信仰心厚い祖母と猟師の父…真逆な二人に育てられました。
なので、人を救済する優しい観音様と、天罰神 毘沙門天の両方の視点を備えています。
人が哀れに見えたり、阿呆に見えたり…自分では何とも心のバランスの悪さに悩みます。
そんな矛盾した人間です…でも、それが創作の源泉になっている部分もあったりします。
人様から見れば、以前やってた映画も、小説も「揺れ動く」から面白いのかも知れません。
本人にしてみれば、心の整合性を保つのに結構四苦八苦してるんですけどね(笑)
#5046[2016/11/21 12:08]  sado jo  URL 

こんにちは~♪
いつもありがとうございます(*^^)
今週もよろしくお願いします。
今週は寒くなりそうですね(^_-)-☆

差別主義者の塊、鶴保沖縄北方担当大臣のパーティ券を購入した企業で脱税企業が入っていたそうです。
自民党は上から下までゲスばかりですね(−_−#)
#5047[2016/11/21 16:49]  まり姫  URL  [Edit]

Re: まり姫様COありがとうございます^^

> 差別主義者の塊、鶴保沖縄北方担当大臣のパーティ券を購入した企業で脱税企業が入っていたそうです。
> 自民党は上から下までゲスばかりですね(?_?#)

鶴保大臣は、子供を出産したばかりの前の奥さんに離縁状を叩き付けた。
子供を産ませておいて離婚!…と言う男の風上にも置けないゲスですからね。
スピード違反のもみ消し前科もあるし、阿部首相の人を見る目の無さには呆れます><
でも、自民党全員がゲスではなく、アメリカ人全員がゲスではない…クオモ・ニューヨーク知事の様に、人種差別と闘う立派な政治家もいます。クオモ氏の方が大統領に相応しいな~(笑)
#5048[2016/11/21 18:06]  sado jo  URL 

>祭りが終わったら 貴様らの堕落した魂をもらいに行くとしよう

堕落した魂は美味しいのでしょうか。
そして、堕落した者の魂など価値はあるでしょうか。
わざわざ取りに行かずとも堕ちてくる。
待っていればいい。

彼らの欲するのは堕落しない魂ではないでしょうか。
そして、そんな誰かに会った時
人によって神にも悪魔にも見えるその姿の神の方を見せる。
救国を願う少女を見ていられず愚かにも神を騙ってしまった愚かな小悪魔もいたのかもしれません。
でもその悪魔が出来たのは確率をいじるくらい。
運命のサイコロの5面を「幸運」に変えるくらい。
少女は牢の中で自分の信じたものの本当の姿を見て何を思ったのか。
大した力も持たず小さく醜い悪魔に。
決した運命にはサイコロなど無意味なことも理解できずサイコロを振り続ける悪魔に。

悪魔が悪魔に見える人はきっとちゃんとその悪魔と向き合っていないのだと思います。

とある少年が目を覚ますと見知らぬ大きな部屋にいました。
ガラスの壁に閉ざされた部屋(水槽?)に拘束された悪魔は少年に言います。
俺を出せ、俺なら上手くやる。
少年は怖くなりその部屋から逃げ出しました。
そして少年はいつしか大人になりその場所を忘れてしましました。
しかし、あるときまたその場所で目を覚まします。
悪魔は気さくに話しかけてきます。
「よう、久しぶりだな?そっちじゃ何年たったんだ?随分でかく?なってねぇか」
「俺が必要になったんだろう?ここから出してくれ」
でも、水槽の継ぎ目一つないガラスの壁から出す方法などわかりません。
悪魔は続けます。
「いや、知っているはずだ、俺をここに閉じ込めたのはお前なんだから」
その言葉に思い出すそいつを閉じ込めた時のことを、閉じ込めるためにしたことを。
そしてガラスに映る自分の姿を見て理解する自分も同じ化物だと。
それを察したようにガラスの向こうにる奴はやさしい表情で俺に問いかける
「閉じ込められている俺と閉じ込めたお前、本当に強いのはどっちだ?」
「なぁ、まだ俺が必要か」

そんな変てこな夢を見てからどうしても悪魔といってもそんなに嫌悪対象にならなくなってしましました。
自分も相当えぐいことをする映像を叩き込まれたので。

人の側から見た悪魔と、悪魔側から見た悪魔ではでは見え方が変わるのではないでしょうか。
トランプも同じ大統領であるものから見た姿と一般から見た姿は違う。
反トランプのデモとか見ていると思います。
デモしている暇あったら、清も濁も極めぬいてからにしろ、この世の全てを見てきてからにしろ、見えるものも見えないものも、聞こえるものも聞こえないものも、触れるものも触れないものも。
#5052[2016/11/23 12:58]  野良猫  URL  [Edit]

Re: 野良猫様COありがとうございます^^

祭りの後=誰もいなくなった人類滅亡後では魂の奪い様がないんですけどね(笑)
長い歴史の中で「魔女」と認定されてきたジャンヌが、なぜ近代に聖女にされたのか?
答えは、イスラム教徒が増えすぎてキリスト教会の権威が衰えてきた…だから、キリスト教の殉教の英雄を偽造する必要が生じたのですよ(笑)
ヒトラーはヨーロッパ国民には最悪だったが、ドイツ人とロシア人にはとても良い指導者だった。前者には金をばら撒き、後者には奪った土地を山分けしてくれた…裏切るまではね。
良心的な米国人にはトランプは悪い大統領だが、莫大な公共投資に預かる企業と労働者にとっては良い大統領です。ついでに言えば、プーチンにとって米国社会を分断してくれる願った人物(笑)
この様に人の思惑や時代によってものの見方は変ります。だからこの世には神はいない。
強いて言うなら人の思惑こそ神…神の勝利などと言う白人プロテスタントは阿呆です(笑)
#5053[2016/11/23 15:27]  sado jo  URL 














管理者にだけ表示を許可する

~ Trackback ~


  ↑記事冒頭へ  
←ビーストハンター 第4話 「誰がために銃声は鳴る」(6)    →ビーストハンター 第4話 「誰がために銃声は鳴る」(5)