シムーン第二章 ~乙女達の祈り~

オリジナル詩集

IdeaListに捧ぐ鎮魂歌

廃墟の夕日
墜ちたエアフォース・ワンと廃墟と化したワシントン

IdeaList(*)に捧ぐ鎮魂歌

「愛こそ憎しみに勝つ唯一の武器」

あなたの演説を聞いた時 私は涙があふれた
しかし あなたは脆くも憎しみの前に敗れ去った
見よ! これが現実だ 人の憎しみは愛よりも強い

クリントン夫人 バラク・オバマ大統領夫妻
あなた方のような 崇高な精神を備えた人間は
現在の地上には 極わずかしか存在しておらず
人々は あなた方の言葉を まったく理解しない

ホモサピエンスが地上に誕生して 200万年経つが
人間の精神は 一歩たりとも進化していないからだ
人類は 未だに未開の原始人であり 猿なのである
憎しみに対しては 憎しみをもって返す事しか知らず
暴力には より激しい暴力をふるって復讐するのだ

あなた方が退いた後 それはさらに激しくなるだろう
我々も彼らも それ以外の他の手段を知らないのだから
きっと 相手を打ちのめし 滅ぼし尽くすまでやめないし
我々や彼らは あなた方の如き崇高な精神は持っていない

「エイブラハム・リンカーン」 「マハトマ・ガンディー」
「ジョン・F・ケネディ」 「マーチン・ルーサー・キング」

崇高な理想を掲げた人は すべて道半ばで暴力の凶弾に倒れた 
見よ! これが現実だ これが人間が凶暴な野蛮人である証拠だ!

泣くな…静かに眠れ 無念にも散った崇高なる魂たちよ
全人類の黄昏時に聞こえる 砲声の轟きを子守唄にして
核の放射能で朽ち果てた 名もなき者の頭蓋骨を枕にして
やがて 陽は西の地平線に沈み 地には闇が訪れるだろう
誰もいない宵闇の空には 誰も見ない星が瞬きだすだろう 

願わくば 人類の次に来るであろう生物が 崇高な知性を備え
あなた方が描いた理想を 地にも天にも齎さん事を祈る

  ~理想も果たせず野蛮なまま死んでいった原始種族より~

(*) IdeaList=神の愛を信じ、ユートピアを信じる者。共生・共存理想主義者。ExclusionList=右派排他主義者の逆。



Moment Of Peace =平和を感じる時 歌:アメリア・ブライトマン (サラ・ブライトマンの妹)

にほんブログ村 小説ブログへ
クリックをお願いします
 
 


<アメリカ大統領選挙 得票数の怪奇>
先のアメリカ大統領選でヒラリー・クリントンの方が、ドナルド・トランプより200万票以上勝っていた事が判明した
しかも、僅差で敗れた北部工業地帯では、コンピュータによる票集計を何者かが不正操作した事を専門家が指摘している。
となると、選挙中に盛んに民主党サイトをハッキングしていたロシアの関与が疑われるが、投票集計までは困難だと思う。
多分、そんな不正操作が可能なのは、北部工業地帯の自動車・鉄鋼・銀行等の経営を握るユダヤ資本家しかいないだろう。

(1) ユダヤ資本家と民主党は古くから相性が悪く、自由貿易を推進する近年の民主党政権下で重工業は振るわなかった。
(2) 人権を重視する民主党は、強硬なイスラエル政権に口出しするが、人権より国益を優先する共和党はそれを無視する。


ユダヤ資本家には共和党の方が都合がよくて利益も得られる。だが、アメリカに強硬な右寄り政権が出来たらどうなるか?
あのナチス時代でも銀行や重工業を握るユダヤ資本家は迫害を受けず、ひどい目に遭ったのは一般のユダヤ市民達だった。
(旧I.B.MやI.G社。スタンダード石油。フォード。デュポン財閥。他…これらのユダヤ資本系列はヒトラーによって保護された)
もしユダヤ資本家が票を操作したのなら、共和党政権下で排他主義が台頭して他のユダヤ市民を巻き添えにする事になる。
商文化の違いかも知れないが、自分達の利益の為に同胞を犠牲にするユダヤ資本家の生き方には疑問を感じざるを得ない。
※私は差別主義ではありません。一般のユダヤ人は好きだが、同胞を犠牲にする業突張りのユダヤ富豪が嫌いなだけです。
 
関連記事
スポンサーサイト
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼シムーン第二章 ~乙女達の祈り~
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼未来戦艦大和
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼ビーストハンター
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼地球年代記 ~カルマ~
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼まぼろし
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼やさしい刑事
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼幻影の艦隊
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼その他の小説
もくじ  3kaku_s_L.png オリジナル詩集
もくじ  3kaku_s_L.png 随想/論文集
もくじ  3kaku_s_L.png 死とは何か?
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  ↑記事冒頭へ  
←ビーストハンター 第4話 「誰がために銃声は鳴る」(9)    →ビーストハンター 第4話 「誰がために銃声は鳴る」(8)

~ Comment ~


自らの保身と利益、そして快楽のためなら手段を選ばない
それがhuman beingsもしくはmankindの本質でしょうね

そして、富の再分配はされないまま、社会は階層化されていく一方
一説によると、日本でもスクールカーストがどんどん増大してるんだとか(汗)

自分が身を置いてる業界も、ある意味3Kみたいな感じなので、いわば労働者階級の底辺層の人たちが多いわけで、上記みたいなのはなんとなくの感覚でわかったりします

10年ぐらい前にあった「成り上がろう」っていうノリは、もう今の社会では感じられないですからね

それにドイツみたいに、大量の移民を入れて国力の足しにするようなこともなさそうですし

ある意味、悪い意味で不平等を受け入れちゃってるような空気感がありますね
この国は

おそらく、少子高齢化と気候悪化による人口減による国力の低下は、AIで賄おうとしてる気もします

ある意味技術大国らしい選択でもあるかなと
#5079[2016/11/27 22:28]  blackout  URL 

Re: blackout様COありがとうございます^^

> 自らの保身と利益、そして快楽のためなら手段を選ばない
> そして、富の再分配はされないまま、社会は階層化されていく一方
> ある意味、悪い意味で不平等を受け入れちゃってるような空気感がありますね

ピラミッドに例えると、人の階級は底辺にいる労働者が、先端部の僅かな富裕層を支えてます。
ところが富のピラミッドは逆で、僅かな富裕層が巨大であって、底辺に行くほど先細りします。
つまり、人と富のピラミッドは真逆の形なんです…富の再分配が行われたのはロシア革命が最期。
以降の国家指導者達は…ヒトラーでさえ、自らのピラミッドを築く為に敵さえ取り込む有様です。
20~21世紀…労働者は、富裕層や国家指導者のビラミッド作りに明け暮れて今日に至ってます。
きっとトランプ王も下々の国民をこき使って、自らの為の立派なピラミッドを築く事になりますよ…あ、もう築いてたっけ?トランプタワー(笑)
富の再分配を期待して投票したアメリカ人はアホです。だって彼自身が富裕層なんだから(大笑)
#5080[2016/11/27 23:38]  sado jo  URL 

いつの時代も穴があればそこを突くのが人間とはいえ
なんでも機械任せにしてしまった結果ですね。便利なのはわかるんだけど……。
票数計の不正が本当ならヒラリーさんが気の毒ですし
トランプの敵を作りやすい性格こそ暗殺されかねないような。
どこかの国で圧勝したアベットラーさんも不正があったのでしょうか(笑)。
#5081[2016/11/28 10:23]  西條すみれ  URL 

Re: すみれ様COありがとうございます^^

> いつの時代も穴があればそこを突くのが人間とはいえ
> なんでも機械任せにしてしまった結果ですね。便利なのはわかるんだけど……。
> トランプの敵を作りやすい性格こそ暗殺されかねないような。

専門家達が指摘する様に7~10%の誤差があるなら、機械任せは危険ですね。
トランプ・ビジネスの成功はね…名前を売る事。つまり、中身より売名なんです。
実業家なのにタレントの如くメディアで顔を売る。土地やビルに全て自分の名を付ける。
知名度が高ければ高いほど多くの商売のチャンスが舞い込んでくる…と言うやり方(笑)
だから計算ずくで人種・民族差別をやり、過激な言葉を吐いて注目を集めて当選した。
戦略としては認めるが、多くの人を傷つけた結果が、この先自分に跳ね返ってくる事も。
もし、彼がハイリスク=ハイリターンを狙い続けるなら、世界の方が危なくなります><
#5082[2016/11/28 11:31]  sado jo  URL 

こんにちは~♪
ドナルド・トランプの娘婿がユダヤ系不動産屋ですから、ラスト・ベルト地帯でトランプ陣営が不正をした疑いは十分あり得るでしょう。
ドナルド・トランプがウィスコンシン州の票の再集計が決定すると急に怒り出したのも不思議な話です。
不正がなければ堂々としていられるはずですからね(笑)
ミシガン・ペンシルベニア・オハイオも票の数えなおしをするとどんでん返しになるかもしれませんねー。
イスラエルの悪名高いネタニヤフとドナルド・トランプは大の仲良しですよ。
#5083[2016/11/28 16:47]  まり姫  URL  [Edit]

Re: まり姫様COありがとうございます^^

> ドナルド・トランプの娘婿がユダヤ系不動産屋ですから、ラスト・ベルト地帯でトランプ陣営が不正をした疑いは十分あり得るでしょう。
> イスラエルの悪名高いネタニヤフとドナルド・トランプは大の仲良しですよ。

票操作をやったとしたらユダヤ資本でしょう…彼らは儲かるならどっちにでも付く。
富裕層の味方の様に誤解される民主党は、元々は労働者の党です…米国の多国籍企業は自由貿易政策によって勝手に儲けただけで、民主党には責任はない。
一方、民主党はユダヤ系市民には寛大だが、ユダヤ資本とイスラエル政府には冷たい。
とは言え、米国におけるユダヤ資本の力は大きい…なかなか尻尾は出さないでしょうね。
あれだけ差別を煽ったトランプが、ユダヤ人の事を一言も言わなかったのも大きな謎です。
やはりヤツもユダヤ資本家と金でつるんでいたか?…先が思いやられます><(笑)
#5084[2016/11/28 17:45]  sado jo  URL 

ちなみに、自分がアメリカ人だったらヒラリーに投票したと思います
また、東京都知事選もわかりやすいキャッチフレーズで優位に立ってた、小池氏には投票しませんでした

トランプ氏にしても小池氏にしても、確かにやり方は上手かったとは思います
最大の勝因は、これまで選挙に関心のない連中を自分たちの方に取り込むことができたことかなと

でも、面白くなりそうなのは間違いないので、「さて、どうなるやら(ニヤニヤ)」って感じですかねw
#5085[2016/11/28 22:29]  blackout  URL 

Re: blackout様COありがとうございます^^

冷戦構造を破壊したミハイル・ゴルバチョフと言う人は大変な理想主義者でした。
実際、世界中の文化人や学者、宗教家と交際があり、その理想がインテリ=エリートを動かして、今日の(経済だけでも)国境無きグローバルな世界が出来上がったんだと思います。
ところが、そのインテリ=エリートが作り上げた世界構造が、再び破壊されようとしています。
つまり狭い視野しか持たない「ポピュリスト」や「愚衆」によって新たな革命が起きつつある。
これはインターナショナル思想を持つ「マルキスト」より、遥かにタチの悪い革命になります。
少なくとも共産主義者は世界を統一しようとしたが、右翼ポピュリストは世界を分裂させようとしている!それが決定的な違い…そこに底知れぬ危険要素があります!
#5086[2016/11/28 23:31]  sado jo  URL 

アメリカにもバーニー・サンダースのような不屈の闘士がいます。
彼の後ろには多くの低所得層がついていて、もうトランプ打倒の声を上げ始めました。
不正で大統領の椅子をかすめ取ったと激しい批判を浴びせていますから、アメリカ社会は完全に分断社会になりつつありますね。
日本の経営者の一部にトランプでよかったとほくそえんでいる人がいるそうですが、たとえこのままトランプが大統領になったとしても国際社会から孤立することは間違いないですね。
日本の財界人はあまりにも世界情勢の動きの速さを知らなさすぎます。
#5087[2016/11/29 16:40]  まり姫  URL  [Edit]

Re: まり姫様COありがとうございます^^

> アメリカにもバーニー・サンダースのような不屈の闘士がいます。
> 彼の後ろには多くの低所得層がついていて、もうトランプ打倒の声を上げ始めました。
> 日本の財界人はあまりにも世界情勢の動きの速さを知らなさすぎます。

バーニー・サンダースは私も好きです。彼を立ててたら民主党は勝っていたでしょう。
彼の格差解消政策の方が、トランプより進歩的で、自由貿易も確保出来ると考えます。
何をトチ狂ったのか?ヒラリーを候補にしたのが民主党の悔やまれる失策でしょうね。

日本の財界人はユダヤ富豪に似て、金になれば民主主義などどうでもいいんですよ(笑)
今後、アメリカ社会はドンドン分裂して行き、貿易上の地域的孤立も深まるでしょう。
逆に言えば、日本がアメリカから完全独立する千歳一遇のチャンス ♪…ただ、ロシアや中国とどう向き合うかが問題です?場合によっては食われる危険性のある相手ですからね(笑)
#5088[2016/11/29 17:15]  sado jo  URL 

こんにちわ
愛が憎しみに勝つ、素敵だと思います
#5122[2016/12/05 12:25]  ネリム  URL  [Edit]

Re: ネリム様COありがとうございます^^

> 愛が憎しみに勝つ、素敵だと思います

私もそれを望むし、それを望んでいました。
しかし結果は、愛を訴える人より、憎しみを煽る人の方が強かったのが残念でした><
#5123[2016/12/05 20:34]  sado jo  URL 














管理者にだけ表示を許可する

~ Trackback ~


  ↑記事冒頭へ  
←ビーストハンター 第4話 「誰がために銃声は鳴る」(9)    →ビーストハンター 第4話 「誰がために銃声は鳴る」(8)