シムーン第二章 ~乙女達の祈り~

「▼ビーストハンター」
ビーストハンター 小説本編

ビーストハンター 第5話 「手折られし花に捧ぐ鎮魂歌」(7)

ハンター5-7

 公安局の職員は殺到する電話への応対に四苦八苦していた。
 30人もの政界や財界の大物が一夜にして何者かに殺されたのだ。
 ネオ東京…いや日本の治安維持を預かる公安局に、家族や関係者からの電話が掛かってくるのも無理はない。
「しかし大臣…局長を出せとおっしゃいましても、局長はただいま事件の捜査で忙しくしていらっしゃいまして」
 幹部職員に指示を出している藤原公安局長の横で、その様子を見ていた局次長が言った。
「よくもまぁ…今日は次から次へとよく電話が掛かってきますな~」
「今のはいったい誰からだ?」振り向いた藤原局長は職員に尋ねた。
「小西法務大臣からです」職員はそう答えた。
「分かった…俺が出る」藤原局長はそう言って電話を替わった。
「これはこれは大臣。この度の事は誠にお気の毒に存じ上げます…えっ!警察と警備会社を総動員して速やかに犯人を検挙しろとおっしゃいますか?」
 電話の向こうからは怒鳴り声が聞こえてきた。
「ご子息様を殺されたお怒りは充分理解できます…しかし公開捜査にしますと、ご子息様がそのような場所に出入りしていた事実が明るみに出てしまいます。大臣のお立場が危うくなるんじゃございませんか?」
 電話の向こうでは小西大臣の不満そうな声が聞こえてきた。
「ですからですね~…この度の件は、内閣官房長官である私の父からも内密に捜査するよう指示を受けております。どうかご理解いただきたく存じます」
 そう言い終わると、藤原はガチャリと電話を切って局次長を見た。

「まったく…あんな単細胞でよく大臣なんぞやってられるもんだな。安部局次長」
「局長のおっしゃる通りです…内閣不一致もはなはだしいですな」
「やはり今の日本は藤原家が支配しなきゃだめだな…分家の人間である君もそう思うだろ」
「はい。そうなる事を望んでおります…本家が栄えてこその分家ですから」
「よく分かってるじゃないか…で、初動捜査の結果はどうだった?」
「ビルの事件現場を調べたところでは、ホシに繋がるような手掛かりは何一つ出てきませんでした」
「まったく自業自得だよ。地位や金に飽かせて余計な火遊びをするからこんな事になるんだ。こっちはとんだとばっちりだ」
「それと、秘密クラブの主催者だった芸能プロダクションの社長の検死結果が出ました」
「あぁ、あの大物議員の後援会長か…無様な死に方をしたもんだな」
「ホシは手足の根元の関節を正確に拳銃で撃ち砕いてました…凶器はベルギー製のベレッタと思われます」
「殺しのプロがやった仕事だな。そんな事ができるのはイェーガーぐらいのもんだ…となると、警備会社が政治的な怨恨から仕組んだのか?」
「私もそう思って各警備会社に潜入させている密偵に調べさせましたが、疑わしい報告は上がってきませんでした」
「ふ~む…どこの警備会社も今回の事件には関与していないという事か」
「考えますに、もしや例の神父の仕業ではないかと…ビーストの組織を作ったとの情報もありますから、ヤツなら大掛かりな暗殺をやってのけるかも知れません」

~続く~

にほんブログ村 小説ブログへ
クリックをお願いします
 
関連記事
スポンサーサイト
 関連カテゴリ一覧 ▼ 
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼シムーン第二章 ~乙女達の祈り~
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼未来戦艦大和
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼ビーストハンター
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼地球年代記 ~カルマ~
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼まぼろし
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼やさしい刑事
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼幻影の艦隊
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼その他の小説
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼シムーン第二章 ~乙女達の祈り~
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼未来戦艦大和
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼ビーストハンター
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼地球年代記 ~カルマ~
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼まぼろし
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼やさしい刑事
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼幻影の艦隊
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼その他の小説
もくじ  3kaku_s_L.png オリジナル詩集
もくじ  3kaku_s_L.png 随想/論文集
もくじ  3kaku_s_L.png 死とは何か?
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  ↑記事冒頭へ  
←礼節をわきまえぬ者たち    →ビーストハンター 第5話 「手折られし花に捧ぐ鎮魂歌」(6)
*Edit TB(0) | CO(8)

~ Comment ~


やはり今の日本は昔のように藤原家が実権を握らなければいけませんな、安倍君(笑)。
と、名前でどこぞの首相を思い浮かべてしまいましたが
ビーストの組織とはこれまた大きなものが出てきましたね。
都合良く勘違いしてくれたみたいですが、同時に新たな敵の予感が。
#5205[2016/12/22 09:22]  西條すみれ  URL 

Re: すみれ様COありがとうございます^^

> やはり今の日本は昔のように藤原家が実権を握らなければいけませんな、安倍君(笑)

某首相は貴族 安部之大納言の末裔ではない様な気がします…だって品がないもの(笑)
近未来の日本の治安を取仕切る公安局に、平安貴族の魑魅魍魎達がうじゃうじゃ!
はて、何を企んでいるのか?「カジノ法案」?いゃ、そんな小さいものではなさそう。
ハードボイルド小説から、一転ホラー小説へ衣替え?「ニッポンの妖怪」なんてね(笑)
そう言えば、イェーガーの菅原ヒジリは左遷された「菅原道真」の末裔でしたね。
曰くありげな謎の神父はもしやエクソシスト?それとも宮中で暗闘を繰り広げて藤原家に敗れた貴族の末裔?…いよいよ、面白くなって来た「ビーストハンター」をお楽しみに
#5207[2016/12/22 11:48]  sado jo  URL 

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
#5208[2016/12/22 16:37]     

Re: m様COありがとうございます^^

糸魚川市の大火災、ニュースで見ました。
自分も震災を経験してますが、クリスマスや正月を迎えるのに気の毒に思います。
逆に独テロ事件を見て「ほら見ろ!やっぱり俺の主張が正しかった」と自慢する男もいる。
人の不幸を利用して喜ぶトランプ氏は如何なもんでしょうか?人格を疑わざるを得ません><
#5209[2016/12/22 16:56]  sado jo  URL 

sado joさん、こんにちは

初めて、『ビーストハンター』を読ませていただいたとき、
海外テレビドラマの、ブラックリストを思い浮かべてしまいました。

悪が悪を征す。
人間という、とんでもない驕った生き物に対し、地球は(神)は常に、その世界に、善と悪を住まわせ、競い合わせている。
その中に、善でもない、悪でもない、両方になりえる存在がある。
ゲゲゲの鬼太郎の、ねずみ男のような存在というのでしょうか。

そうすることで、バランスをとっているのか、と想像したのです。^^ヾ
飛躍しすぎでしょうかね。(;^_^

#5210[2016/12/24 10:22]  窓  URL  [Edit]

Re: 窓様COありがとうございます^^

> 悪が悪を征す。
> 人間という、とんでもない驕った生き物に対し、地球は(神)は常に、その世界に、善と悪を住まわせ、競い合わせている。

物事を正義と悪に分けるのは人間だけの概念でして、対立軸の置き方で全然違ってきます。
個人が人を殺せば犯罪で、国家の兵隊が多数の敵を殺せば讃えられると言うパラドックス。
正義はあくまで人の主観から出た自己中心的概念でして、神の普遍の概念とは異なります。
人は自分より弱い相手には制裁を下せますが、災害を起こした地球を裁く事は出来ません。
人間は正義と称して報復合戦をやってますが、真理は人の言う善悪の概念を超えています。
#5212[2016/12/24 11:38]  sado jo  URL 

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
#5249[2016/12/30 12:34]     

Re: h様COありがとうございます^^

いぇ、どういたしまして^^
また来年も、やさしい記事とイラストを見に行かせていただきます。
こちらこそよろしく♪
#5251[2016/12/30 18:28]  sado jo  URL 














管理者にだけ表示を許可する

~ Trackback ~


  ↑記事冒頭へ  
←礼節をわきまえぬ者たち    →ビーストハンター 第5話 「手折られし花に捧ぐ鎮魂歌」(6)