シムーン第二章 ~乙女達の祈り~

「▼ビーストハンター」
ビーストハンター 小説本編

ビーストハンター 第5話 「手折られし花に捧ぐ鎮魂歌」(8)

ハンター5-8

「殺された政界や財界の連中の裏事情を考えるとあり得ない事ではないな…蘇我神父は正義感の強い男だったらしいから」
「もしかすると、我々を脅迫するためにやったのかも知れませんな」
「ヤツが公安局の内部機密を盗み出し、ブタ小屋からビーストを脱獄させて行方をくらませてからもう一年になるか」
「その間、ヤツの足取りを追っていたこちらの捜査官がもう五人もやられています」
「政府に関る重要機密を握ったままでうろつかれるのはマズイな…父も随分気に病んでいた」
「もはや内密での捜査は限界かと…いっそ、警察と警備会社に依頼して公開捜査に踏み切った方がよろしいのではないでしょうか」
「しかし公開捜査となると、蘇我神父と接触した者に公安局が隠している秘密が漏洩しかねんからな~」
「それに関しては、私に一つ提案があります」
「ほぅ…どんな提案だ?」
「まず、蘇我神父を今までにないレベルのビーストに指定します…そうすれば、警察や警備会社はポイント欲しさに血まなこになってヤツを探すでしょう」
「なるほど、今まで存在しなかったレベル6のビーストにか…だが、罪状はどうするつもりだ?」
「『国家特定機密保護法違反』と言う事でいかがでしょう…それならレベル6に値する重罪になります」
「それでは、却ってこちらの秘密を公にさらしているようなもんではないのか?」
「いぇ、ご心配なく…重度の精神異常者と言う事にしておけば、誰も蘇我神父の言う事は本気にしないでしょう」
「ふ~む…なかなかの策士だな、安部局次長。見直したよ」
「恐れ入ります」
「よしっ!蘇我神父の件は君に任せる…上手く事が運んで藤原の天下になったら、君には総理の椅子が待っているだろう」
「はっ!ありがとうございます…では早速そのように手配いたします」
 ニンマリと薄笑いを浮かべた安部局次長は、段取りを手配するためにその場を離れていった。

 年も明けてからしばらく経ったある日の事…非番のジョーが沙羅のデスクへやってきた。
「沙羅さん、ちょっと武装サイドカーを貸して欲しいんだが」
「いいけど…いったい何に使うの?」
「東京疎開まで親父の墓参りに行きたいんだ…命日なんでな」
「あぁ、また玄さんの命日がきたのね…はい、キー」
 沙羅は、机の引き出しから武装サイドカーのキーを取り出してジョーに渡した。
「ありがとう。お~ぃウィル…そいじゃぁ出掛けるぞ~」ジョーは階段の下にいるウィルを呼んだ。
「あら…ウィルちゃんも一緒に連れていくの?」
「うん、こっちに来てから一辺も疎開に里帰りしてないからな…連れてってやろうと思って」
「そっか~…じゃ、二人とも気を付けていってらっしゃい」
 そう言って、沙羅は東京疎開に出掛けていく二人を見送った。

~続く~

にほんブログ村 小説ブログへ
クリックをお願いします
 
関連記事
スポンサーサイト
 関連カテゴリ一覧 ▼ 
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼シムーン第二章 ~乙女達の祈り~
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼未来戦艦大和
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼ビーストハンター
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼地球年代記 ~カルマ~
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼まぼろし
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼やさしい刑事
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼幻影の艦隊
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼その他の小説
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼シムーン第二章 ~乙女達の祈り~
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼未来戦艦大和
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼ビーストハンター
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼地球年代記 ~カルマ~
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼まぼろし
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼やさしい刑事
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼幻影の艦隊
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼その他の小説
もくじ  3kaku_s_L.png オリジナル詩集
もくじ  3kaku_s_L.png 随想/論文集
もくじ  3kaku_s_L.png 死とは何か?
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  ↑記事冒頭へ  
←ビーストハンター 第5話 「手折られし花に捧ぐ鎮魂歌」(9)    →礼節をわきまえぬ者たち

~ Comment ~


機密を取り戻す(笑)。
この道を真っ直ぐにといっても正す意味ではなく、隠し通す意味なんでしょうね。
こちらの名前が同じ総理は強行採決で押し通してますし
某国の言いなりになっていて、本当に自国を取り戻したいのか取り戻したくないのか(笑)。
本当に取り戻したければカジノなんて海外的なものは必要ないでしょう。
#5225[2016/12/26 09:22]  西條すみれ  URL 

Re: すみれ様COありがとうございます^^

> 機密を取り戻す(笑)。
> この道を真っ直ぐにといっても正す意味ではなく、隠し通す意味なんでしょうね。
> こちらの名前が同じ総理は強行採決で押し通してますし

どうやら行方不明になった蘇我神父は、政府の裏の機密を握っている様ですね。
蘇我家は聖徳太子を生んだ家系ですが…日本の闇が徐々に暴かれて行きますよ♪

総じて欧米の政府は「政府は裏の仕事もやっています」と堂々と言いますね。
だから怪しく見えないです…日本の政府は「政府は何も隠し事をしていません」
なんてごまかすから余計に怪しく見えてしまいます…下手なやり方ですね(笑)
最初から自白しときゃぁ、国民は「まぁ、それも必要悪だから」と納得しますよ。
確かに、強行採決した法案はどれもこれも怪しく見える…と言うか実際怪しい(笑)
#5226[2016/12/26 11:41]  sado jo  URL 

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
#5229[2016/12/26 16:38]     

Re: m様COありがとうございます^^

師走…読んで字の如くみんなが走り回って慌しくしていますね(笑)
自分も12月に飛ばし過ぎたのか?疲れが出て新しい小説のアイディアが湧いて来ません><
なので、来年からはゆっくり目の更新にしようと思っています。
やれやれ、歳には勝てんわ~…歳のクリスマスプレゼントとかお年玉ってないのかな~?(笑)
#5230[2016/12/26 17:26]  sado jo  URL 

こんにちは~♪
いつもありがとうございます(*^^)
今年も残り4日になりましたね。
仕事納めの人もだんだん増えてきているようです。
ブログをお休みされた方も出始めましたが、私は例年通り年間年始も更新を続ける予定です(〃^∇^)o_彡☆あははははっ
#5231[2016/12/27 16:54]  まり姫  URL  [Edit]

Re: まり姫様COありがとうございます^^

> 仕事納めの人もだんだん増えてきているようです。
> ブログをお休みされた方も出始めましたが、私は例年通り年間年始も更新を続ける予定です(〃^∇^)o_彡☆あははははっ

女性は総じて元気ですね~…対して男は一年の疲れがドッと出て年末はヘロヘロ><
小説が書けそうもないです…あと少しがんばってからバタン!キューしますよ(笑)
それから先は「勝手に野となれ、山となれ」…の心境です(大笑)
#5232[2016/12/27 17:23]  sado jo  URL 

おや、ジョーが墓参りですか…
しかも武装サイドカーでウィルとともにって…

これ、普通の墓参りじゃないですよね?
さしずめ、赤毛の魔女誕生の伏線になるような展開になる気が(汗)

話は変わりますが、近日中に、ようやく新作の出だしを書こうと思います

前作の英語版が、色々あって公開に手こずってるのと、その間を持たすために公開していた旧作がそれなりにボリュームがあったので、珍しく遅れてます(汗)
#5233[2016/12/27 18:51]  blackout  URL 

Re: blackout様COありがとうございます^^

> これ、普通の墓参りじゃないですよね?
> さしずめ、赤毛の魔女誕生の伏線になるような展開になる気が(汗)
> 話は変わりますが、近日中に、ようやく新作の出だしを書こうと思います

いぇいぇ、ジョーはウィルを「無敵の魔女」に育てるつもりはないと思いますよ。
でも、普通の女の子にしたくても因果は巡ります…まぁ、それはずっと先の事で(笑)
新作がんばって下さい…真綿で首を絞める如く徐々に死に絶える人類がモチーフかな?
こちらは長編でバテてまして、少し短編を挟んでから改めて巻き直す予定でいます^^
#5234[2016/12/27 19:15]  sado jo  URL 

>真綿で首を絞める如く徐々に死に絶える人類がモチーフかな?

ええ、そんな感じですw
つい数時間ぐらい前に出だしを公開しました

今回は、これまでの世界観重視の展開に加え、sado joさんを見習って、人物描写にもより力を入れていきたいと思ってます

確かに長編は体力を消耗しますよね
自分も初期のものは結構長めだったので、よく分かります(汗)
#5239[2016/12/28 19:05]  blackout  URL 

Re: blackout様COありがとうございます^^

> >真綿で首を絞める如く徐々に死に絶える人類がモチーフかな?
> ええ、そんな感じですw つい数時間ぐらい前に出だしを公開しました
> 確かに長編は体力を消耗しますよね

自分は人間ながら、人類の絶滅にはまったく同情いたしません(笑)
神の目線で見れば、滅んでも仕方ない事を随分やってますから…因果応報です。
明日、核戦争が起きても、隕石が落ちて来ても「あぁ、やっぱりな」と納得します。
新作、早速読みに行かせていただきます…確かに長編は体力を使いますね~(笑)
#5241[2016/12/28 20:13]  sado jo  URL 














管理者にだけ表示を許可する

~ Trackback ~


  ↑記事冒頭へ  
←ビーストハンター 第5話 「手折られし花に捧ぐ鎮魂歌」(9)    →礼節をわきまえぬ者たち