シムーン第二章 ~乙女達の祈り~

オリジナル詩集

巫女の神託

巫女の神託

巫女の神託

神は大空を舞う鳥に姿を変えて 地上を見てまわられた

そこには一匹の 小さくて か弱い生き物のメスがいた
いつも強い生き物の影に怯え 物陰に隠れひそんで暮らしていた
せっかく卵を産んでも 強い者に奪われて 子供すら残せなかった
思い余った彼女は 自分のお腹の中で 子供を産み育てる事にした
仲間同士で助け合い 弱い者をかばいながら 生きていく事にした
長い時が流れ やがてメスの子孫は猿となり 人間へと進化した

人間となった者の中に 強い者が現れて 互いに争いはじめた
勝った者は 負けた者を支配し 弱者はしいたげられて泣いた
大勢の浅ましい者が 分け前に預かろうと 勝者の仲間に加わった
弱者は強者の影に怯え 先祖のメスのように物陰で暮らす事になった
弱い者を退けて 勝ち上がった強い者には 一つの認識が生れた

「オレたちは強い 誰よりも強い オレたちこそ世界の支配者だ」

だがその瞬間 勝者は…強い者たちは 滅亡への扉を開けていた

弱いと言う認識があったからこそ ここまで生きてこられたのだ
先祖のメスと同じく 女性には自らが弱い存在だという認識がある
だから弱い者をかばい 互いに助け合って 争わずに生きようとする
強者となった者は 一番大事な事を すっかり忘れてしまっていた

神殿に帰った神は 巫女に神の言葉を告げるように言われた
巫女は厳かに神殿の扉を開いて 人々に神からの神託を伝えた

「敗者は泣き 勝者は滅ぶ そして 自ら弱いと思う者だけが生き残る」

強くなってはいけない 自分は強者だと言う認識を持ってはいけない
弱いからこそ助け合い 弱いからこそかばい合って 生きてゆける
それを忘れた人間は 滅びの奈落へとまっしぐらに転がり落ちる


※ 過去に地球では五回の大量絶滅がありましたが、いずれもその時の頂点に立っていた生物は跡形もなく滅びました。
有史以来、幾つかの王国や帝国が人類の頂点に立ちましたが、王者になったものはいずれも遺跡を残して滅びました。
我々は強者だと言う認識を持っていないでしょうか?助け合い、かばい合う事を忘れた種や国には滅亡が待っています。



映画【トロイ】より 「Ameno Era」 歌と演奏:イーラ (サウンドトラック版)
敗者は泣き 勝者は滅ぶ…歴史に有名な「巫女の神託」はトロイ戦争の際に神の声を人々に伝えたと言われます。
戦争は巫女が下した通りになりました。今では争う者達を戒める 「普遍の神の声」 として人々によく知られています。
さて、日本やドイツを下し、冷戦に勝ち、中東戦争に勝った米国の場合「巫女の神託」はどうなっているでしょうか?
外からロシアと中国、テロの脅威に悩まされ、国民は分裂して争っている…普遍の神の神託は的中しています(笑)


にほんブログ村 ポエムブログへ
クリックをお願いします
 
関連記事
スポンサーサイト
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼シムーン第二章 ~乙女達の祈り~
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼未来戦艦大和
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼ビーストハンター
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼クロニクル ~カルマ~
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼まぼろし
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼やさしい刑事
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼幻影の艦隊
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼その他の小説
もくじ  3kaku_s_L.png オリジナル詩集
もくじ  3kaku_s_L.png 随想/論文集
もくじ  3kaku_s_L.png 死とは何か?
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  ↑記事冒頭へ  
←自由貿易の破壊は戦争を引き起こす    →トランプの企業恫喝は両刃の刃

~ Comment ~


おはようございます
いつの時代でも女性は強いんだなと思いました。
#5337[2017/01/13 08:35]  ネリム  URL  [Edit]

うーん、いい話です。

> 思い余った彼女は 自分のお腹の中で 子供を産み育てる事にした
なるほど。そういう見方がありましたか。
これが自然の摂理というものですか。
万物の霊長たる所以の“元”というべきものですか。

強い者たちは滅びへの階段を滑り落ちていく。
しかし上り詰める心地よさとは、じつに類稀なものなのでしょう。
優越感というのは恐ろしい自滅の思想です。
アメリカという世界大国が上っているようで、
じつは下り坂に向かっているようでもあります。
#5338[2017/01/13 09:17]  おはようございます。バーソです♪  URL  [Edit]

トラなんとかさんは選挙の時点でトラのように猛々しかったですね。
なんとかンプさんのトランプカードは表も裏も全部猛獣の絵柄なんでしょうか(笑)。
果たしてこのカミツキガメは各国の首脳と渡り合えるのか
それともカミツキガメ同様やっかいな外来種となるのか。カミツキガメがかわいそうか(笑)。
#5339[2017/01/13 09:24]  西條すみれ  URL 

Re: ネリム様COありがとうございます^^

> いつの時代でも女性は強いんだなと思いました。

女性は自分は弱い…と言う認識があるから心が強いのです。
だから、子供を守ろうと、必死になって強い者に立ち向かって行く。
「自分は強い!」と思ってしまったら、すでに敗北しています。
そこには驕りしかなく、それ以上精神的に向上しなくなります(笑)
#5340[2017/01/13 10:12]  sado jo  URL 

Re: パーソ様COありがとうございます^^

> 強い者たちは滅びへの階段を滑り落ちていく。
> しかし上り詰める心地よさとは、じつに類稀なものなのでしょう。
> 優越感というのは恐ろしい自滅の思想です。
> アメリカという世界大国が上っているようで、
> じつは下り坂に向かっているようでもあります。

トランプ氏を支持した米国の一部のプロテスタントは、完全に神の教えを違えています。
神は「お前に地上を任せた。神の如く人格を磨き、神の似姿であれ」とおっしゃっている。
優越感を持って驕れとは一言も言われていない。神の如き慈しみで人々を癒せ…なのです。
今のアメリカはローマ帝政末期によく似ています。なぜ、ゲルマン族やフン族に攻められているのか?…財産を握ったまま誰にも分けてやろうとしないからです。
アメリカが一番だと?…一番であるからこそ他人に施し、他人を豊かにしてやる義務がある。
この勘違いしたチャンピオンは、精神的に落日を迎えています。もう長くはないでしょうね。
#5341[2017/01/13 10:44]  sado jo  URL 

Re: すみれ様COありがとうございます^^

> トラなんとかさんは選挙の時点でトラのように猛々しかったですね。
> なんとかンプさんのトランプカードは表も裏も全部猛獣の絵柄なんでしょうか(笑)。
> 果たしてこのカミツキガメは各国の首脳と渡り合えるのか

「勇敢」と「蛮勇」はまったく異なるんですけどね。
勇敢な人は、弱い者を守る為に戦います。蛮勇=野蛮な人は弱い者をイジメ倒す(笑)
ほら、メキシコや日本などの弱い国や、自分より弱いジャーナリストをイジメ倒してる。
この時点でトランプはチャンピオンの資格を失ってます…ただの被害妄想の猛獣です(笑)
人の王の王たるゆえんは、自分より弱い者をかばい、弱い者に施してやる度量の広さを言う。
3億6千万のアメリカ人を守り、弱い国や72億の全人類を庇う責任を負えるから王なのです。
#5342[2017/01/13 11:01]  sado jo  URL 

今、に置き換えて想像しています

まさに、今のことを表されているように思います。
自らを強者と思う愚かな人々に、蟻のように群がる、
そんな人間にはなりたくないなと思います。

先日の、米、トランプ氏のあの演説を聴いて、ゾッとしたのです。
蟻もたくさん、蠢いておりましたし。
#5343[2017/01/13 13:40]  窓  URL  [Edit]

Re: 窓様COありがとうございます^^

> まさに、今のことを表されているように思います。
> 自らを強者と思う愚かな人々に、蟻のように群がる、
> そんな人間にはなりたくないなと思います。

ひたすら強い者にへつらい、弱い者は生きる価値がないと言わんばかりの人々に
逆に聞きたい…もし、アメリカ人が弱いインディアンを滅ぼし、リンカーン大統領が
弱い黒人奴隷を庇わなかったら、今の多様性に満ちた偉大なアメリカはあったのか?
アメリカをリードして来た指導者や、自由を支持する国民に寛容性があったからです。
トランプ大統領では世界の人々はアメリカを支持しなくなる!錆びれた国になります。
#5344[2017/01/13 14:03]  sado jo  URL 

筋力が強い者は、自らの筋力を過信しすぎる傾向がありますよね
なので、無謀と勇敢を勘違いして自滅していく

硬いものは攻撃を跳ね返すことはできますが、ヒビが入った時点で、崩れていきます

柔らかいものは攻撃を跳ね返すことはできないものの、弾力で緩和・無力化できるので、結果としてヒビが入らない

どちらが優れてるかは、言うまでもないですねw

これはそっくりそのまま、オトコとオナゴに置き換えられるかなとw
#5345[2017/01/14 18:23]  blackout  URL 

Re: blackout様COありがとうございます^^

> 筋力が強い者は、自らの筋力を過信しすぎる傾向がありますよね
> なので、無謀と勇敢を勘違いして自滅していく

飛行機事故や交通事故で、生存率が高いのは女性の方ですからね。
硬球と軟球の違いとでも言うのか、胎内で子供を保護する為に、構造が柔軟に出来ている。
骨は細くとも、男と違って外側が分厚い肉で覆われていて衝撃を吸収するんですよ(笑)
生物の中には、オスは飾り立てて目立つが、メスは保護色で周りの景色に溶け込むのもいる。
天然のステルスです…天敵のない人間の場合は、逆に化粧して本体を隠しますけどね(笑)
#5346[2017/01/14 20:24]  sado jo  URL 

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
#5347[2017/01/15 16:23]     

Re: m様COありがとうございます^^

正月早々でしたが、無事退院できて良かったですね^^
今年の正月は大規模なテロに見舞われず(とは言え、もう数百人が犠牲になってますが)
ホッとしてたら、北半球全体が大寒波に見舞われました…欧米では凍死者が続出とか。
生きてるだけでも奇跡の様な世情ですが…どうか養生してがんばって下さい^^
#5348[2017/01/15 19:07]  sado jo  URL 














管理者にだけ表示を許可する

~ Trackback ~


  ↑記事冒頭へ  
←自由貿易の破壊は戦争を引き起こす    →トランプの企業恫喝は両刃の刃