シムーン第二章 ~乙女達の祈り~

▼その他の小説

今風西部開拓史

モヒカン族

<オリジナル/ショートショート/歴史評論>

モヒカン族の独白

さて、みなの衆…今日アメリカ合衆国と呼ばれる広大な土地は、我々インディアンのものだった。
その昔、我らモヒカン族(モホーク族とも言う)は、アメリカ東海岸一帯の地域で平和に暮らしていた。
諸君も写真で見た事があるだろう…頭を縦に剃り上げた先祖の独特の髪形は、どこか日本のチョンマゲに似ている。
ところが、大挙して押し寄せてきた白人達が、土地を寄こせだの、何だのと我らの先祖に無理難題を吹っ掛けて来た。
先祖は激しく抵抗して勇敢に戦ったが、白人の近代兵器と圧倒的な物量の前に敗れて小さな居留地に閉じ込められた。
白人は「お前達にこの土地をやる」と言うが、元々は我らモヒカン族の土地だ…インディアン嘘つかないが、白人嘘つく。
けれど、仕方ないので白人に従う事にした…それから、白人は幌馬車隊を仕立ててアメリカの開拓に乗り出していった。

そして、中西部で暮らしていた最も数の多いスー族インディアンと戦争をおっ始めた。我々はハラハラしながら見ていた。
けれども、長い歴史を持つスー族は簡単にやられはしなかった。逆に白人達の武器を利用して彼らを窮地に追い詰めた。
リトルビッグホーンの戦いでは、カスター将軍率いる第七騎兵隊を全滅させて、白人達に甚大な損害を与えたりもした。
これで少しは懲りただろうと思ったら、金に目がくらんだ白人達は「砂金の取れるもっと西の方に行く」と言いだす始末だ。
「西は勇猛なアパッチ族の土地だからやめておけ!」とトントは忠告したが、ローンレンジャーは言う事を聞かなかった。
案の定、ジェロニモ酋長率いるアパッチ族のゲリラ戦法に翻弄され、大勢の犠牲を出しながらやっと西海岸にたどり着いた。
さすがの白人ももうこれで開拓をやめるだろうと思ったら、何と彼らは幌馬車を船に乗り換えて海を渡り出したではないか。
おいっ!お前ら白人は地の果てまでも開拓して回るつもりか?…しかし、彼らには先祖の杞憂などどこ吹く風だった。

海を越えて西の島国にたどり着いた白人は、そこに住むモヒカン族に似たチョンマゲの祖先を持つヤマト族と戦争を始めた。
インディアンもびっくりの果敢な特攻に遭って、ひどい犠牲を出しながらもようやくヤマト族を小さな島の居留地に閉じ込めた。
えっ?そこは元々ヤマト族の土地だって?…いゃ、白人に与えられた居留地だ。アメリカも元々はインディアンの土地だった。
やっと一段落付いたのも束の間、白人達はその先にある大陸に目を付けた。だがそこはもの凄い数のチャイナ族が住んでいた。
人海戦術で攻めて来るスー族を破った白人もさすがに上陸をためらった。そこで脅したり賺したりして懐柔しようとしたのだが。
如何せんチャイナ族の習酋長は、ヤマト族の安部酋長と違ってなかなか手ごわかった…未だすったもんだと揉めている有様だ。
なのに、さらに西の土地に砂金…いや、オイルが出ると聞いた白人達は「もっと西に行ってオイルを掘る」とまで言いだした。
おいっ!チャイナ族だけでも手を焼いてるのにもっと西か?そっちは勇猛なアラビアン・イスラム族の土地だ。やめておけっ!
忠告したにも拘らず行ってしまったもんだから、イスラム族のテロ戦法に遭って本国やヨーロッパまで戦火が広がってしまった。

やれやれ、いつになったら白人達は開拓をやめて満足するのだろうか?かくして「アメリカ開拓史」は今もなお続いている。
最初にアメリカに上陸してきた白人に親切にしてやったインディアンの娘ポカホンタスは彼らの本性を知っていたのだろうか?
どうも白人は世界中を開拓し終えるまで満足しない様な気がする…白人とは何と欲の深い連中なのだろうか(笑)




西部劇映画「帰らざる川」~River of No Return~ 歌:マリリン・モンロー
トントも大好きな美人の白人「マリリン・モンロー」…いっその事、女だけやって来れば良かったのにな~
そしたらアメリカは平和だった。インディアン浮気しない。嘘つかない…クリントン浮気する。トランプ嘘ばっかりつく(笑)


にほんブログ村 小説ブログへ
クリックをお願いします
 
関連記事
スポンサーサイト
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼シムーン第二章 ~乙女達の祈り~
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼未来戦艦大和
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼ビーストハンター
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼地球年代記 ~カルマ~
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼まぼろし
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼やさしい刑事
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼幻影の艦隊
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼その他の小説
もくじ  3kaku_s_L.png オリジナル詩集
もくじ  3kaku_s_L.png 随想/論文集
もくじ  3kaku_s_L.png 死とは何か?
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  ↑記事冒頭へ  
←ゴジラの子守歌 第7夜    →ゴジラの子守歌 第6夜

~ Comment ~


あはは、うまいっ、おもしろいっ。
なるほど。白人は開拓精神があるゆえでしたか。
ひとの土地を買いたく精神。乗っ取るダム精神でしょう。
ヤマト族ウソつけない。大和族「和」を大事にする。
悪貨は良貨を駆逐する。
子供の頃、映画館で、砦に騎兵隊が到着すると
拍手して喜ぶ人々がいました。
事実より教育のほうがこわいですね。
#6018[2017/06/01 07:55]  ☆バーソ☆  URL  [Edit]

Re: パーソ様COありがとうございます^^

> なるほど。白人は開拓精神があるゆえでしたか。
> ひとの土地を買いたく精神。乗っ取るダム精神でしょう。
> 事実より教育のほうがこわいですね。

白人は人の土地をドルで開拓=買い叩く。銃で脅してノートルダム=乗っ取るです(笑)
最近はヤマト族も白人に教育されたせいか、安部酋長自ら誠実さの伝統を失いましたね><
「森友は妻がやった事だ。加計学園?そんなのわしゃ知らん」それ青少年が真似する(笑)
かくして、日本人も白人に似てきて嘘つきになるのでした。で、嘘がバレたら武力に訴える。
権力の情報操作って恐いですよ…祖父達は騙されてうっかり本気にして戦争しました(笑)
#6019[2017/06/01 10:01]  sado jo  URL 

まあ、トランプはもともと不動産屋だし、開拓したいのは仕方ないでしょう(笑)。
それにしてもトランプなのにハートがないですね。
都合の悪いことは切って捨てるし、FBI長官まで切り捨て。
やはりオバマさんにはまだまだ続けてもらいたかった。
#6020[2017/06/01 10:07]  西條すみれ  URL 

Re: すみれ様COありがとうございます^^

> まあ、トランプはもともと不動産屋だし、開拓したいのは仕方ないでしょう(笑)。
> それにしてもトランプなのにハートがないですね。

最近は熱心に北朝鮮の土地開発に乗り出してますけどね。
「習君も出資した事だし、阿部君も一口乗れや。加計学園より儲かるぞ」ってね(笑)
元々は成金ダイヤのキングだった。ハートのキングなんかにはなれる訳がないです><
ババを引いたアメリカ人は気の毒…株や雇用は上がってるが、賃金は全然上がってない。
寧ろ非正規社員が増えて賃金下がってるらしい…最初っからそれが狙いだったのかもね。
妻のメラニアは賢い…娘を生贄に捧げといて必要以外では公式に出てこない。嘘つきジョーカーの巻き添えになるのが嫌だから。あんた、ヤツの正体を知ってるんだろう(笑)
#6021[2017/06/01 10:51]  sado jo  URL 

壮大な寓話ですね。
白人が衰退してチャイナが隆盛になり周囲を睥睨・侵略する。
白人も黒人も黄色人も皆同じで強欲で残酷な生物です。
世界は少しずつ、少しずつはよくなっていると信じますが、
人類の滅亡に間に合うでしょうか。

ディズニーの「ポカホンタス」を見て、伝記を渉猟したり、
しばらく追っかけをやっていました。(笑)
#6022[2017/06/01 12:32]  エリアンダー  URL 

Re: エリアンダー様COありがとうございます^^

> 白人も黒人も黄色人も皆同じで強欲で残酷な生物です。
> 世界は少しずつ、少しずつはよくなっていると信じますが、
> 人類の滅亡に間に合うでしょうか。

華民族は根が日本人と同じ農耕系ですから、余り侵略・覇権と言う発想はないんですね。
中国が侵略をやるのは蒙古など外国系王朝の時だけです…今の習王朝は外国系なのかな?(笑)
対して白人の祖はほとんどが遊牧・騎馬民族で…つまり蒙古と同じく常に侵略覇権主義です。
「モンゴルの残光」と言う豊田有恒のSF小説では、ヨーロッパを征服したモンゴル王朝が世界帝国を作り人類を支配する設定でした…但し、モンゴル人も騎馬民族なので白人と同じく弱い者は奴隷にする。
お陰で世界中で白人の反乱が起きて、その鎮圧に付合わされる日本人やアジア人が「これじゃ落ち着いて農作業が出来ん。平和が欲しい」と嘆いてましたね(笑))
#6023[2017/06/01 13:34]  sado jo  URL 

こんにちは~♪
あと20年もするとアメリカの白人は少数派に落ち込みますから、南アフリカの二の舞になるでしょうね。
威張っていられるのも今のうちです。
トランプの会社の従業員には不法就労者がいっぱいいるのにウソばかりついているのって白人(赤いわ)みんなじゃないですよねー。
少数派に落ち込むことがわかっている白人は白人至上主義を毛嫌いしてますけどね(笑)
アベノゾウリも国民の嘆きが聞こえていないようで妖怪祖父の声だけ聞こえているのかも(--〆)
#6024[2017/06/01 17:22]  まり姫  URL  [Edit]

こんばんは
モヒカン族凄いですね
#6025[2017/06/01 18:41]  ネリム  URL  [Edit]

Re: まり姫様COありがとうございます^^

> あと20年もするとアメリカの白人は少数派に落ち込みますから、南アフリカの二の舞になるでしょうね。
> 威張っていられるのも今のうちです。

20年前アメリカの遺伝学者グループの研究によって、人類の共通の祖先が16万年前にアフリカで生きていた一人の女性だった事が判明しました。
何と聖書に出るイブは黒人だった!…科学を認めないキリスト教狂信者=白人が人種差別を煽ってますが、彼らこそ時代遅れの原始人ですね(笑)
ちなみにアジア人が現れたのが約10万年前…白人はずっと後の時代になってから現れました。
黒人とアジア人の遺伝子には多様性があるのに、白人の遺伝子には多様性がないそうです。
言うなれば、白人は近親交配の末に生まれた絶滅危惧種=R.D.Bと言う事になります…それで大きな顔をして威張ってるんだから、もう先が見えてます(笑)
#6026[2017/06/01 20:31]  sado jo  URL 

Re: ネリム様COありがとうございます^^

> モヒカン族凄いですね

えぇ、日本でも時折馬をオートバイに乗り換えたモヒカン族が現れます(笑)
君達が勇猛な戦士である事はよく知ってるから、頼むから暴走行為はやめて欲しい><
#6027[2017/06/01 20:36]  sado jo  URL 

>最初にアメリカに上陸してきた白人に親切にしてやったインディアンの娘ポカホンタスは彼らの本性を知っていたのだろうか?

初めに上陸した人とその後の上陸者は別だと思います。
道標なく歩く人間は、わらしべを掴んで離さなかった人と同じ。
追い詰められている人間は何だって掴みます。
でも、約束された航路を辿ってきた連中は違います。

とあるアニメの感想に、
問題が起きてもポンポン解決されすぎ
みたいなことが書かれていました。

多分、その人にとっては問題解決のきっかけはそんな簡単に現れてくれなかったのでしょう。
でも、そのアニメを作った人たちにとっては違うのでしょう。
そのアニメを作った会社は別のアニメにこんなシーンを入れてました。
仕事が決まるときは一瞬で決まる。
絵コンテが止まった監督が脚本家と話しているうちにラストが降りてくる。

求めている人間にはきっかけは何でもいいのだと思います。
むしろ、きっかけを掴むためにセンサーがビンビンで何でもきっかけになってしまう。

今期でいうなら
冴えない彼女の育て方 7話
ヒロインと仲直りを望む主人公が自分たちの作ったゲームを再プレイして演出の中に少女の想いをしる
サクラクエスト 9話
高校の卒業の時に日曜日に駅で会って告白するはずだった二人が会えずにいた原因が違う年のカレンダーを見ていた

というように当事者が望むならきっかけはどうだっていい、例えそれが真実かはわからなくても…

今のアメリカは望んでいるんです。
生き残る道を。
だからどんな餌にでも食いつく。

逆に言えばこの国は生き残ることに必要を感じていないということです。
親切も好意も気づくことなく生きていく。
どこかの議員がこういったそうです。
この国では失敗すると潰される。この国を挑戦する人を評価できる国にしたい。
と。
でも、間違いです。
潰そうとしている連中は評価しようとしている。
今のままが得か、この若いのに賭けるのも一興か。
きちんと損得を考えられないのなら生き残ってはいない、それを分かっていない。

国や人種を比べても意味のないことなのだと思います。
比べるのならわらしべを掴む前に諦めた連中と、天辺に上るまで諦めることない連中だと思います。
多分、今トランプ大統領や安倍首相を批判している連中よりも彼らの方が親切も好意も知っていると思います。汚いことをしたのと同じだけ。
#6028[2017/06/02 17:06]  野良猫  URL  [Edit]

Re: 野良猫様COありがとうございます^^

今回はあえて悪魔的な回答をします…読者のみなさんには嫌われそうだけど(笑)

「あなたがたの中に、100匹の羊を持っている人がいて、その1匹を見失ったとすれば、99匹を荒野に残して、見失った1匹を助けようとするのではないだろうか」

聖書の一説の群れから逸れた子羊を「神の教えから外れた者」と解釈してみましょう。
ところが神はそんな出来の悪い子羊=わが子が可愛い…なので懸命に助けようとするのです。
で、こいつの世話を焼いて助力した挙句、出世させて暴君にしてしまう…それが神なのです。
ネロ。秦始皇帝。ジョン王。ヒトラー。スターリン。フセイン。カダフィ。金正恩。トランプ。
神はとても親切でやさしく、かつ不条理な存在です…お陰で荒野に残された99匹の子羊=民衆は、いつもひどい目に遭ってます(笑…事ではない)
なので断言しておきます。真の英雄などこの世にはいない…私は英雄否定論者です(笑)
#6029[2017/06/02 18:17]  sado jo  URL 

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
#6030[2017/06/03 17:12]     

トランプ氏、実利主義なのはわかりますが、いかんせん敵が多すぎですねw
あることあることリークされすぎですわw

ファッショになるなら、相手に応じて、懐柔したり、優遇したり、公開処刑したり、弾圧したり、統制したり、を使い分けないと、すぐに自分が処刑されますね

少しはプーチンやエルドアンを見習ってほしいw

北朝鮮情勢は長期化しそうですね
バックにロシアがいますし、中国も優柔不断ですし、それに南が北に肩入れし始めるでしょうし

国民の意識を外に向けさせるための芝居な気もしますが、相手が思った以上に悪かった気がしますね

まぁ、大きな動きがあるとしたら秋ぐらいになりそうですが、それまでにトランプ氏が持つか、ですなw

ついにEUが、アメリカ村八分作戦を水面下で実行に移すみたいですしw
#6031[2017/06/03 19:43]  blackout  URL 

Re: m様COありがとうございます^^

春先から気候の様子がおかしかったですが、どうやら今年は冷夏みたいですね。
家電やファッションの需要が減ると、景気が悪くなって阿部首相も困るでしょうに。
産業界は異常気候対策に前向きですが、サミット後を見ても分る通り、全然理解できてないバカが一人パリ協定から脱退しました。地球環境を切り捨てたトランプ政権に世界の非難が集中してます。
#6032[2017/06/03 20:17]  sado jo  URL 

Re: blackout様COありがとうございます^^

> トランプ氏、実利主義なのはわかりますが、いかんせん敵が多すぎですねw
> あることあることリークされすぎですわw

実利主義ではなく、自分だけが得をすれば満足する利己主義ですよね。
だから、功利主義を旨とする肝心の産業界にも嫌われてしまう…全然ダメダメですね。
賢い権力者なら飴と鞭を巧みに使い分けますよ…押しの一手だけで能がなさ過ぎです><
金正恩もダメですね…脅したり賺したりして相手を揺さぶる戦術をまるで知らない。
二人ともファシストの成り損ね…ヒトラーやスターリンの方がずっと上手かった(笑)
#6033[2017/06/03 20:32]  sado jo  URL 














管理者にだけ表示を許可する

~ Trackback ~


  ↑記事冒頭へ  
←ゴジラの子守歌 第7夜    →ゴジラの子守歌 第6夜