シムーン第二章 ~乙女達の祈り~

随想/論文集

自由って何だろう?

鯛二匹

昨年の暮れに少し面白い事に出くわして、自由と言うものについて改めて考えさせられました。
その日、正月を過ごす為の食料を市場に買出しに行きました。すると、若い中国人が出店を出して魚を売っていたのです。
中国人の魚屋と言う風情が面白くて、ちょっと覗いて見ると(多分解凍物)養殖鯛を一匹500円の破格値で売っていました。
よく見ると、小振りながら色艶も悪くなく傷物でもないのですが、何やら中年女性の客があれこれとクレームを付けてました。
どうやら女性客は、鱗やはらわたを取ってないのが気に入らないらしいのですが、中国人はそのまま売るのが流儀らしいのです。
今時、原型のままの魚にお目に掛かるのも珍しく、自分は魚の裁き方を知っているので、騙されたと思って二匹買って帰りました。
そうして台所のまな板の上に乗せて、手際よく鱗を取りはらわたを出しながら、どうしたら一番美味しく食べられるかを考えました。
その時、ふと昔懐かしい自由の香りが甦って来たのです…えぇ、子供の頃に感じた何でも選べてどうにでも出来る選択の自由です。

とかく日本人は、中国には政治的な自由がなく、中国人は不自由で、窮屈な生活を強いられているに違いないと考えがちです。
しかし、どうでしょう?…そう言って中国人を見下している日本人には、果たして選択の自由や生活の自由があるのでしょうか?
スーパーで調理目的別に切り分けられた魚や肉を買い、規格化された家屋に住み、これまたシステム化された会社で仕事をする。
その暮らしのどこに生活の自由があるのでしょうか?…いゃ、それでも民主主義であり、政治的発言の自由があると思ってる人々。
嫌でも日常で政治のニュースを目にし、聞かされてしまう日本人…政治に関らねばならないのは逆に不自由だとは思いませんか?
ところが(何人か知っている)在日の中国人は、政治などどこ吹く風で、生活そのものの自由を楽しんでいる人が多い様なのです。
勿論、政治に手が届かない彼らが諦め半分に生活を楽しんでいると言う見方も出来ます…が、どうも本質はそうではないらしい。

「あなたに生のままの魚を売ります。後はご自分で自由にして下さい」…その発想の中に生活を楽しむ自由がある様に思えます。
思えば子供の頃、人工的な規格が施されてない野山で遊び、栗の木に上って実を取り、野いちごを摘んでいた自分は自由でした。
それが今は白壁に囲まれたアパートに住み、これまた見事に区画整理された街を歩き、システム化された交通機関に乗っています。
はて?あの頃感じていた自由はどこへいったのだろう…高度に規格化された社会システムの中で暮らして、それを自由だと思う?
政治を意識できる民主主義だから自由だと思う…それは少し人間の本来の自由とは違うんじゃないかな?そんな思いがいたします。
本当の自由とは、政治ではなく身の回りにたくさんの可能性があり、色々選べてそれを楽しめる自由なのではないかな?と思います。
手が掛かるから、面倒臭いからと全てを規格化・システム化した挙句、既製品や既成政党しか選べない日本人は逆に不自由です(笑)

あ、買って来た二匹の鯛は、頭とアラを裁いて一匹は塩焼きに、一匹は煮付けて、アラの方は鯛鍋にして美味しくいただきました。
お陰で、正月は僅か千円で豪勢な鯛料理を楽しめました。考えて工夫して楽しむ…本当の自由はそこにある様な気がいたします。



替え歌:進撃の巨人主題歌「自由の翼」…ではなく「不自由な社畜」 (ま、これが日本人の自由の現実でしょうか?笑)

にほんブログ村 小説ブログへ
クリックをお願いします
 
関連記事
スポンサーサイト
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼シムーン第二章 ~乙女達の祈り~
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼未来戦艦大和
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼ビーストハンター
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼地球年代記 ~カルマ~
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼まぼろし
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼やさしい刑事
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼幻影の艦隊
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼その他の小説
もくじ  3kaku_s_L.png オリジナル詩集
もくじ  3kaku_s_L.png 随想/論文集
もくじ  3kaku_s_L.png 死とは何か?
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  ↑記事冒頭へ  
←希望の光    →事実は小説より奇なり 第九話 「冬のドナタ」
*Edit TB(0) | CO(8)

~ Comment ~


我が家だけかもしれませんが、いくら最初から切り分けた肉の形で売られているとはいえ
硬くて味がない、焼いただけの焼き魚を食卓に出されても困るんだけどな。
確かに最初から調理用の形に売られているのは楽だけど、原型からが本来の調理だと思うし
それを安く提供してくれてるのにクレームを付けるのは人としてどうかな。素通りすればいいのに。
暮らしは楽になった一方、利便性を求めすぎて人々の心はすさんでしまった。
それじゃダメじゃん、春〇亭すみれです(笑)。
#5406[2017/01/25 09:26]  西條すみれ  URL 

Re: すみれ様COありがとうございます^^

> 我が家だけかもしれませんが、いくら最初から切り分けた肉の形で売られているとはいえ
> 硬くて味がない、焼いただけの焼き魚を食卓に出されても困るんだけどな。
> 暮らしは楽になった一方、利便性を求めすぎて人々の心はすさんでしまった。

肉も魚も切り身にした時点で、空気に触れて味が落ちるんですよ。野菜も同じです。
人は楽する為に利便性を求めて、却ってまずい物を食べさせられてるんですね(笑)
面倒臭がらずに生から捌くのが一番…父が猟師だった自分は本物の肉の味を知ってます。
都会に生きる現代人は檻の中のライオンと一緒…自由もなくまずいメシを食わされてる。
そりゃぁ、心が荒れるのも無理はないです…今更、サバンナには戻れないけどね(笑)
#5407[2017/01/25 11:40]  sado jo  URL 

こんにちは~♪
自由と民主主義は切っても切れない相関関係にあると思います。
日本が自由?
完全にウソですね。
民主主義もない世界でもいびつな国だと市民は気づくべきでしょう。
安倍君が隷属している米国も自由どころか民主主義とはおよそかけ離れた差別国家でしょう。
ネイティブ・アメリカンを強制移住させ、欧州から移住してきた白人たちだけが自由・勝手をし尽くした結果が現在の米国の本当の姿でしょう。
日本も全く同様でほんの一握りの富裕層のみが自由を謳歌し、庶民は奴隷のような扱いを受けていても気がつかないように仕組まれていることも理解していない人々が多いと思いますね。
#5408[2017/01/25 17:01]  まり姫  URL  [Edit]

ええ、もろもろその通りだと思いますです

とはいえ、自分は都市部での生活の方が性に合うようなので、田舎に引っ込むみたいなことはしないと思います

昔、実家から出るために、地方に本社がある会社に就職して、その土地で暮らしたことがあるんですが、1年ぐらいで発狂しそうになりました(汗)

なので、自分は田舎で暮らせないヤツだと思います

自分としては、利便性に支配されなければいいかなと思ってます
自分に合ったものを取捨選択するっていう感じですかね
#5409[2017/01/25 17:46]  blackout  URL 

Re: まり姫様COありがとうございます^^

> 安倍君が隷属している米国も自由どころか民主主義とはおよそかけ離れた差別国家でしょう。
> ネイティブ・アメリカンを強制移住させ、欧州から移住してきた白人たちだけが自由・勝手をし尽くした結果が現在の米国の本当の姿でしょう。

おっしゃる通り…最近のアメリカは、インディアンや黒人にやった仕打ちと同じ事を、諸外国の国民に押し付けようとしていますからね。
トランプを担ぎ上げて「アメリカ製品を買え!買わなきゃ国境税を掛ける」と…諸外国の消費者の自由を奪おうとしてます。我々には選ぶ自由もないのか?これが民主主義国とは聞いて呆れる。
白人だけが自由を謳歌する民主主義などクソ喰らえ!こんな偽民主主義国に追従する安部総理もどうかしてる。日本を取り戻すより、トランプと喧嘩して自由を取り戻せ…です。
#5410[2017/01/25 17:55]  sado jo  URL 

Re: blackout様COありがとうございます^^

> 自分としては、利便性に支配されなければいいかなと思ってます
> 自分に合ったものを取捨選択するっていう感じですかね

えぇ、その通り!…どこに行って暮らしても、選ぶ自由と生活の自由が一番だと思います。
出来てしまった文明社会システムは、もうどうにもならないが、個人的な自由があればね。
文明の利便性に埋没しさえしなければ、己を磨く自由は充分に確保出来ると思いますよ^^
要は自分を見失って自堕落にさえならなければ、身も心も自由でいられるんですよね。
#5411[2017/01/25 18:07]  sado jo  URL 

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
#5412[2017/01/26 16:46]     

Re: m様COありがとうございます^^

まぁ、冬だから寒くて当たり前と言えば当たり前なんですけどね(笑)
ただ、どうも何年か前から、昔の寒さと異なる違和感を感じてるのは確かです。
同じ寒さでも、昔の様な柔らかさがなくて、どこかギスギスしてるんですよね><
何も天気まで今時の人々に合わせなくてもよい様に思うんですが(笑)
#5413[2017/01/26 17:44]  sado jo  URL 














管理者にだけ表示を許可する

~ Trackback ~


  ↑記事冒頭へ  
←希望の光    →事実は小説より奇なり 第九話 「冬のドナタ」