シムーン第二章 ~乙女達の祈り~

実話「事実は小説より奇なり」

事実は小説より奇なり 第九話 「冬のドナタ」

冬のソナタ

これは世藻末茶(源氏名)が酒場を経営してた頃の、お店にまつわるエピソードです。

ちょうどその頃は「韓流ブーム」の真っ最中で、韓国映画が次々とヒットして、テレビドラマも韓流一色でした。
そうして、なぜか若者の間で失恋が流行ってました。原因はどうやら大ヒットした悲恋ドラマ「冬のソナタ」にあった様です。
どうも若者達は、愛し合いながらも結ばれぬ「カン・ジュンサン」と「チョン・ユジン」の悲恋物語に影響されたらしいのです。
私は、店で首にマフラーを巻いて、韓流スター「ペ・ヨンジュン」の真似をしながら、失恋に黄昏てる若者をからかいました。

およそこの世に「男と女の恋」ほど悲しくもあり、はかないものはございません。
雪の降りしきる冬の並木道、寄り添う二人は、最後の別れの口づけを交わします。
「僕は三年後の冬に、必ず君に逢いに行く。待っていてくれ」
そう約束を交わして、二人はひとまずは離れ離れになったのでございます。

さて、それから三年が過ぎ、また愛し合った冬が巡ってまいりました。
ジュンサンは胸を躍らせながら、ユジンに逢いに行ったのでございます。
コンコン!コンコン!とドアをノックしますと、中から愛しいユジンが出て参りました。
「僕だよ。約束通り君に逢いに来た」とジュンサンは言いました。
「はぁ…あなたどなた?」と怪訝そうな顔をして、ユジンが言います。
「僕だよ。僕」ジュンサンは再び言いました。
「お~ぃ、誰か来たのか~?」家の中から旦那さんの声がいたしました。
バタンとドアが閉まり、寒い冬空の下、ジュンサンはただ呆然と立ち尽くすばかりでした。
歳月は流れ、結婚した彼女に、彼はすっかり忘れられてしまっていたのでございます。

身も心も凍りついたジュンサン。その時の寒さがよほど身にしみたのでございましょう。
それからは、いつもトレードマークのマフラーを、首に巻くようになったそうでございます。

いにしえより「歳月は人を待たず」と申します。
最近の日本は「嫌韓ブーム」なるもので盛り上がってる様ですが、人の心ほどアテにならないものはないのでございます。
もしや、日本人も熱い恋に敗れたのでしょうか?…まさしく、悲しくもはかない恋の物語「冬のドナタ」でございました(笑)



ドラマ【冬のソナタ】主題歌 「最初から今まで」 日本語 歌:崔勲(Ryu)

それにしても、今年の冬は寒ぅございますなぁ~
「恋」に効く薬はないと申しますが、「世相」も恋同様に悲しくておかしなものでございます。
世は嫌韓と言いながら、なぜかブログランキングの上位は、韓流ドラマと韓流二次小説ばかりが並んでます。
50倍以上もアクセス数に差があるんでは、幾ら「嫌韓ネトウヨ」が声を張り上げても無駄な様な気もしますが(笑)
くれぐれも身に染みるような寒さには、首にマフラーを巻いて、風邪などひかない様にお過ごし下さいませ^^


にほんブログ村 小説ブログへ
クリックをお願いします
 


「本当に病気?」とよく聞かれます。えぇ、真面目に病気療養してますよ。
病気してるからこそ、冗談(本心は空元気かな?)を言うんです。
私は22年前に避け様の無い災害に襲われ、精神が崩壊し、ヤケになって荒れ、親兄弟からも見放されました。
その時、思ったんです。周りまで暗くしてはいけない…と。それからは、苦しい時ほど冗談を言う様になりました。
その方が明るくていいじゃないですか…時折、冗談が過ぎて嫌われたりもしますが、まぁ、それもご愛嬌です。
世の中にそんなバカが一人くらい居てもいいだろうと思います。えぇ、死ぬまで冗談を言おうと思ってます(笑)
 
関連記事
スポンサーサイト
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼シムーン第二章 ~乙女達の祈り~
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼未来戦艦大和
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼ビーストハンター
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼地球年代記 ~カルマ~
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼まぼろし
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼やさしい刑事
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼幻影の艦隊
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼その他の小説
もくじ  3kaku_s_L.png オリジナル詩集
もくじ  3kaku_s_L.png 随想/論文集
もくじ  3kaku_s_L.png 死とは何か?
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  ↑記事冒頭へ  
←自由って何だろう?    →シュレディンガーの猫 ~Schrodinger's cat~

~ Comment ~


そういえば、自分も10年ぐらい前は、ネズミ講やってたというのもありますが、空元気しまくりでしたw

でも、すごく不自然だったと思います
自分で気づくぐらい(汗)

そして、何よりも自分自身が1番しんどかったので、辞めてからは闇の住人wになって今に至ります

ええ、自分にはこのスタンスが合うみたいですし、意外と精神的にも肉体的にも元気だったりします

まぁ、この辺は人それぞれでしょうね

自分に何が合うのか、っていうのを自分でわかることが1番いいと思う今日この頃です
#5385[2017/01/22 21:54]  blackout  URL 

Re: blackout様COありがとうございます^^

> そういえば、自分も10年ぐらい前は、ネズミ講やってたというのもありますが、空元気しまくりでしたw
> でも、すごく不自然だったと思います
> 自分に何が合うのか、っていうのを自分でわかることが1番いいと思う今日この頃です

不自然な空元気も、板に着けばいつしか自然になりますよ…カマボコみたいにね(笑)
苦しかったら辞めればいいし、性に合ったならば続ければよいと気楽に考えてます。
どうしてもこうじゃなきゃならない…と自分を追い詰めるのは生に反逆する様なものです。
人も国家も同じ道理で、勝ち負けや思想に拘るより、まず生を第一に考えた方がいいです。
ほら昔の日本人は戦争に負けたが、負けてもちゃんとみんなを産んでくれた訳でしょ(笑)
#5387[2017/01/23 01:14]  sado jo  URL 

私も傍から見ると本当にうつ病患者なのかと聞かれそうな感じですが
現在進行形で「これまでの自分」を演じて生きている感じですね。
ゲームやパソコンなどで気を紛らわせないとやっていけないのはもちろんですが
例え毎朝起きるのが非常に憂鬱でも演じ始めればそんな気分も忘れてしまいます。
なんだか役者になった気分の空元気です(笑)。
#5388[2017/01/23 10:18]  西條すみれ  URL 

おはようございます。^^ヾ

残念ながら私は、韓流ブームにも乗らず、嫌韓もございませんが。(;^_^
娘がこのころ、子どもというのに、【宮廷料理人、チャングム】だったか、
韓流ドラマに嵌ってしまい、私にも観て!と。^^

観ました。
主人公のチャングムがあまりに美しくて、ため息がでるほどでした。
本当に絶世の美女という形容が相応しい。
日本人にはあのような顔の女優さんはいない、やはり外国人だなって思った次第です。

けど、私は二話で、観るのをやめました。
いつも、いつも、次話を期待させるところで、ドラマが終わるのです。
フラストレーションが溜まりまして。(;^_^

やはり、私は、勧善懲悪、一話完結型が、精神衛生はいいなと思ったのです。

#5389[2017/01/23 11:00]  窓  URL  [Edit]

Re: すみれ様COありがとうございます^^

> 私も傍から見ると本当にうつ病患者なのかと聞かれそうな感じですが
> 現在進行形で「これまでの自分」を演じて生きている感じですね。

まぁ、人間なんて幼い頃から人の模倣をし、人に教わって自分を作り上げる訳でして、
本当の自分なんてどこにもないのかも知れません…その証拠にすぐ周りに影響される。
流行にかぶれてあぁだ、こぅだと言った挙句、明日になったら言う事がコロッと変る(笑)
だから普遍な真理以外は、人の言う事はアテにならない…振り回されるだけ損ですね。
#5390[2017/01/23 11:28]  sado jo  URL 

Re: 窓様COありがとうございます^^

元映画のプロの目で見ると、日本の実写映画はC.Gに頼り過ぎて、韓国映画に劣ってます。
総じて日本の若手俳優は演技力がない…タレント上がりを使うから演技の基礎が出来てない。
次にカメラワークが劣る…安全に配慮する余り、昔の黒澤映画の様な真に迫る迫力に欠ける。
構成や編集に工夫が見られない…アニメ映画は熱いのに、実写映画は冷めてるのが問題です。
日本の映画技術は優れてるのだから、それを生かす製作スタッフのパッションが欲しいです。
映画作りは労働ではありません。芸術創作です…労働基準などクソ喰らえ!ブラックで結構!
私が円谷プロにいた頃の映画界は、スタッフに煮えたぎる様な情熱がありましたけどね^^
#5391[2017/01/23 13:32]  sado jo  URL 

こんにちは~♪
いつもありがとうございます(*^^)
寒い週明けになりました。
こちらは氷点下で雪もどっさり積もっています(^^ゞ
またこの次の寒波が来ているようですからお気をつけくださいね(^_-)-☆

へこむ話はやめましょう(笑)
反中嫌韓は安倍君と極右の専売特許、自分たちで祖先を侮辱しているようなものです。
古代史をまともに学んだ人なら嫌韓などとはいえませんからね。
無知は嫌ですね。
人類みな兄弟です\(-o-)/
#5392[2017/01/23 16:56]  まり姫  URL  [Edit]

Re: まり姫様COありがとうございます^^

> こちらは氷点下で雪もどっさり積もっています(^^ゞ
> 古代史をまともに学んだ人なら嫌韓などとはいえませんからね。無知は嫌ですね。

寒いですね~…こちらも雪が降っています(笑)
確かに、中国の正史である後漢書には、現在の韓国と日本には同じ文化を持ち、同一の言語を話す「倭=ヤマト」と言う民族が暮らしていたと記されています。
当時の行政府は、後の百済=楽浪郡にあり、皇帝の名代である「公孫家」が治めていました。
もし、漢末の戦乱を避ける為に、公孫家の一族が日本本土に避難して王朝を建てたとしたら、
天皇家の祖先は、三国志にある蜀の皇帝「劉備玄徳」を助けた公孫讃と同族になる訳です。
これは大変名誉な事で、三国志と日本が繋がり「親魏倭王」の称号を得てもしかるべきかと。
#5393[2017/01/23 18:18]  sado jo  URL 

こんばんは~。バーソです♪

ニッポンの明治の頃は、
来年の今月今夜どころか
一生、今月今夜を忘れやしない
忘れるもんか、死んでも忘れない。
と言って蹴っ飛ばすのが普通だったようですが、
昨今は恋愛感情も薄いのでしょうか。
アナタと呼ばれるのは現在の夫。
昔の彼氏だった男なんぞは、
ソナタなど知らんわい
と言われるのですね~。
世界では、アメリカ初の「そなたなんぞ知らんぷ」
旋風が吹き荒れそうでコワいです~。
#5394[2017/01/23 18:29]  ☆バーソ☆  URL  [Edit]

Re: バーソ様COありがとうございます^^

う~ん…「金色夜叉」の明治の頃は、まだ男が男でいられた時代でした。
今や女を蹴とばすどころか、うかつな事を言うと反対に蹴とばされるのがオチです(笑)
海の向こうでも、うかつな事を言った爺さんが女に嫌われて、ババ抜きならぬジジ抜き状態。
明治は遠くなりにけりか?…すっかりお客様は神様ならぬ、女性は神様の時代になりました。
嫌われたが最期、地獄に墜ちて一生童貞…悲惨なやもめ暮らしの生き地獄が待っています。
最も今時の女は金に惚れてくれるので、あんな口の悪い爺さんでも、女を取っ替え引っ換え。
但し、金の切れ目が縁の切れ目となりTHE ENDになります…嫌な渡世だな~(座頭市)笑
#5395[2017/01/23 19:15]  sado jo  URL 

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
#5396[2017/01/24 01:47]     

Re: M様COありがとうございます^^

まぁ、人生好んだ訳じゃないのに波乱万丈で、挙句の果てに倒れましたからね(笑)
色々な人生経験をして、色んな時代を見て来ると、人はあくまでも人なんだなと思います。
韓流が流行ったり、嫌韓だったり、日中友好だったり、反中だったり、人の心は定まらない。
昨日まで愛した人を嫌いになって別れたり、昨日まの親友が、今日から敵になったりします。
人は流れる川の様なもの…荒れたかと思えば穏やかになり、淀んだかと思えば清らかになる。
人の世は変転極まりないもの…自分を見失わない様に生きて行くだけでも大変ですよね(笑)
#5398[2017/01/24 15:46]  sado jo  URL 

こんにちは~♪
いつもありがとうございます(*^^)
今日はメチャクチャ寒い日になりましたねε-(´ω`●)ハァ・・
こんな日は暖かいものを食べて外出は控えた方がよさそうですが、そうもいかない人もあるでしょうね(*^_^*)
風邪やインフルエンザが恐いですね(^_-)-☆

トランプと安倍君、よく似ていると思いませんか?
ウソ・偽りで共通してるんですけど(笑)
#5400[2017/01/24 16:40]  まり姫  URL  [Edit]

Re: まり姫様COありがとうございます^^

> トランプと安倍君、よく似ていると思いませんか?
> ウソ・偽りで共通してるんですけど(笑)

うむ…確かに被害妄想グセと、誇大妄想グセと言う点では似てなくもないです。
トランプはメキシコ人は麻薬密売人だと言い、イスラム教徒はみんなテロリストだと言う。
片や安倍君は中国に占領されると言う…あのぅ、もう街に中国の女の子が溢れてますけど。
これ、もしやすでに占領されてませんか?…ついでに、モテない草食男子の心も占領してやって欲しい。日本の少子化を救ってくれるなら占領政策大歓迎です。中国女子万歳!(笑)
#5402[2017/01/24 17:13]  sado jo  URL 














管理者にだけ表示を許可する

~ Trackback ~


  ↑記事冒頭へ  
←自由って何だろう?    →シュレディンガーの猫 ~Schrodinger's cat~