シムーン第二章 ~乙女達の祈り~

オリジナル詩集

アメリカンスピリッツ ~その偉大なる精神~

入国禁止デモ
もしやトランプは、アメリカ大統領でありながら、アメリカ自身と喧嘩してるのでは?

負けたっ!…私はあなた方の姿を見た時 初めて敗戦を実感した

何と言う事か この国の人々は 一人一人が国家そのものだった
これでは勝てるはずもなく 戦いは最初っから勝敗が決まっていた
あろう事か 70数年前の日本人は こんな人々に戦いを挑んだのだ
日本人のちっぽけな大和魂とは 信念の桁が余りにも違いすぎる

誰しも 人は法の下にある その法は自由と民主主義の下にある
自由と民主主義は 神が人に下した 神の普遍の法に他ならない
よって 人が定めた法に誤りがあるなら 神の名を穢す事になる
故に 法を糾さんとする者は 人にして神の意志を表す者である

神が指し示し賜える原理原則を この人達は見事に体現していた
立場の如何を問わず 弾圧を恐れず 高給の官職を捨ててでも
この人達はみな 自由と民主主義に殉ずる覚悟を持っていた

諸君 これが真のアメリカ人だ! 
国家が偉大なのではない 人が偉大であるが故に国家が偉大なのだ 
国家の偉大さは 決して国家の大きさや 強大な武力の賜物ではない
ただただ 国家を構成する人々の 高い精神の力があってこそのもの
故に アテネやフィレンチェなどの 小さな都市国家でも歴史に残った

負けました 素直に敗戦を認めます
大国に 理不尽な法を押し付けられても 唯々諾々と従う日本の首脳
政府にどんな不条理を押し付けられても 仕方がないと従う日本国民
これでは到底 一人一人が国家たるあなた方には 勝てるはずもない

日本人が あなた方の如きレベルに達するのは いつの日になるだろう
しかし 待っていて下さい 神の法を表す偉大なアメリカ合衆国の皆様
我々も努力を重ねて いつの日か 必ずやあなた方に追いつきます
それまで 敗戦の下駄は あなた方に預けておきましょう



O, AMERICA 歌:ケルティックウーマン(Celtic Woman)

にほんブログ村 ポエムブログへ
クリックをお願いします
 


トランプの政治圧力によって中国人民元が随分値下がりしている…資産価値が下がる事は、中国にとって一見不利な様に見える。
だが、元の値打ちが下がれば、それだけ中国製品が輸出しやすくなり、海外の投資家は中国の資産を安く買える事にもなる訳だ。
米ドルで貿易を行なっている国は、何もアメリカだけとは限らず、日本を含めた世界の多くの国々が米ドルを貿易通貨としている。
そこで、せっかく安くなったアップルの中国製iPhoneを米国に輸入する際に、トランプが公約通り35%の国境税を掛けたとします。
するとアメリカ人は、日本で6万円で買えるiPhoneを8万円で買わなければならなくなる。他の中国製品も米国で買うと割高になる。
万事が同様で、同じ物を買うのに他国の国民は得をするが、アメリカ人は損をする事になる…こんな馬鹿げた話があるだろうか?
アメリカ人労働者の人件費で、中国製より安い商品が作れるのか?同等の性能を持つ商品なら、誰でも安くなった中国製品を買う。
この馬鹿げた大統領は世界経済の仕組みを知らなさ過ぎる…挙句の果て、円高を適正レートに修正した日本まで槍玉に挙げる始末。
1ドル=90円では輸出産業は苦しい。1ドル=120円だと輸入産業が苦しい…両方に適正な為替レートに導くのが政府の腕の見せ所。
お前のする事は何もかもがデタラメではないか?えぇっ!トランプっ!…一刻も早くアメリカが正常な状態に戻る事を祈ります。
 
 
関連記事
スポンサーサイト
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼シムーン第二章 ~乙女達の祈り~
もくじ  3kaku_s_L.png ▼ゴジラ奇譚
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼未来戦艦大和
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼ビーストハンター
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼地球年代記 ~カルマ~
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼まぼろし
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼やさしい刑事
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼幻影の艦隊
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼その他の小説
もくじ  3kaku_s_L.png オリジナル詩集
もくじ  3kaku_s_L.png 随想/論文集
もくじ  3kaku_s_L.png 死とは何か?
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  ↑記事冒頭へ  
←希望の国 「日本の物語」    →ハザートランプ
*Edit TB(0) | CO(8)

~ Comment ~


日本人は「我慢は美徳」という考えがあるのか言いたいことは言わないし、建前が存在する。
そういう下地と縦社会があるから実は我慢の使い方がわかっていないんじゃないかな。
間違いを指摘されるとすぐ怒鳴るし、逆に指摘したほうの立場を危うくする。
だから怯えて何も言えない。これじゃあ何も改善されるわけがありませんね。
偉い人はみんな怒鳴る奴トランプなんでしょうか、この日本社会は(笑)。
#5480[2017/02/08 09:46]  西條すみれ  URL 

Re: すみれ様COありがとうございます^^

先日ロシア議会が「平手打ち法=男性の女性に対する教育的暴力」を合法化しました。
イスラム社会もですが、世界は未だ男の野蛮がまかり通る国が数多く存在しています。
実はアメリカは、男女の平等。性の形の平等。教育の平等。信教の自由。選択の自由。
人々が固執する古い観念を最初に書き換えた国家です…理念と現実がまだ伴わないが、
人類の目指す指標を確かに照らしてる…実に近代の偉人の50%はアメリカ人なんです。
建国して200年ほどで早人類をリードしてます…だからこんな所で挫折しないで欲しい。
#5481[2017/02/08 12:45]  sado jo  URL 

こんにちは~~~♪

10日でしたか、米と日のゴルフ談義がきがかりです。
とはいえ、彼らがすることに、ちっぽけな国民一人が気に病んでもしょうがないのでしけどね。(;^_^

米はいったい、どこへ向かおうとしているのでしょうね。
#5482[2017/02/08 13:00]  窓  URL  [Edit]

Re: 窓様COありがとうございます^^

> 米はいったい、どこへ向かおうとしているのでしょうね。

USA=アメリカ合衆国の様な国家は歴史的に存在した事がないし、誰にも作れません。
全ての人種・民族を包含し、自由と民主主義の理念に則って動く国など他にないのです。
どの国家も、古い伝統や概念に縛られて脱皮出来ないでいる…唯一アメリカだけが「新しい皮袋に、新しい酒を入れた(聖書)」国家になったのです。
だからどの国家もアメリカを超える事は出来ない…身の回りの文化や品々を見て下さい。
どれもこれもアメリカ発…つまり、大声で怒鳴らなくとも世界はアメリカNo.1を認めてる。
今、この皮袋に腐った酒(古い伝統や価値観)を入れようと図る輩が暴れまわっています。
彼らは本物のアメリカ人ではない!偽物です…障害があっても、失敗しても、勇気を持って格闘しながら乗り越えて進歩してゆくのが本物のアメリカ人です^^
#5483[2017/02/08 15:08]  sado jo  URL 

アメリカに自由と民主主義が存在するというのは事実を見ない妄想にすぎないと思いますね。
ネイティブ・アメリカンを強制移住させ、我が物顔で移民がのし歩いている国のどこが自由と民主主義の国でしょうか。
偽りの自由とエセ民主主義にほかなりません。
大統領就任式で聖書を手に宣誓するなど民主国家ではあり得ないことで、いずれ自ら瓦解するでしょう。
仮に仏教徒が大統領に当選したら途端に宣誓式もできなくなります。
こんないい加減な国は欧州には一つもありません。
こと民主主義を尊重する国は欧州の方が数段進んでいます。
アメリカは経済的には超大国でしょうが、識字率と貧困率はアフリカ並みの後進国ですよ。
#5484[2017/02/08 16:40]  まり姫  URL  [Edit]

Re: まり姫様COありがとうございます^^

ははは…相変わらずアメリカには手厳しいですね(笑)
大統領宣誓に使う聖書は人の理想の象徴で、自由の女神が手にする聖書と同様宗教的な意味はない…だからリンカーンの聖書が使われる…仏教徒でもイスラム教徒でも問題ありません。
民主主義はヨーロッパで生まれ、アメリカに渡った理念ですが、一つだけ大きな違いがある。
アメリカ人は多くの間違いを犯し、虐殺も行なった…けれども、失敗を悔い改めて購います。
故に進歩する…ここが英国やドイツなどの伝統や価値観に捉われた欧州列強国と違う所です。
人は誰しも誤ちを犯す…過ちを悔い改めて贖罪する。それがアメリカ民主主義のいい所です。
言葉だけでなく、行動が出来てこそ本物の民主主義です…日本人にそれが出来るかな?(笑)
#5485[2017/02/08 17:19]  sado jo  URL 

アメリカは国として失敗を犯したことを絶対に認めようとはしません。
ベトナムに謝罪したでしょうか。
中南米諸国への不当な干渉、何よりも一番尊重されるべき自国の先住民をないがしろにしている国など民主国家とは程遠い国です。
まさに悪の枢軸そのものであり害悪を国際社会に垂れ流しているだけでしょう。
すべて歴史的事実のことです。
ついでにホロコーストで杉原千畝が救ったユダヤ難民の受け入れを米国は拒否し、やむなく上海に逃れた人たちは最終的にはイスラエルに入国できたもののアメリカの仕打ちを決して忘れていませんよ。
#5490[2017/02/09 17:17]  まり姫  URL  [Edit]

Re: まり姫様COありがとうございます^^

> アメリカは国として失敗を犯したことを絶対に認めようとはしません。

そう怒らずに(笑)…米国としての公式謝罪はクリントン、オバマ両大統領が随分してます。
何よりも自らが迫害した人々を受け入れ、保護する姿勢が見られるので大目に見ましょうよ。
英国やドイツなど、他国の住民を迫害して虐殺したヨーロッパ列強は何もしてませんからね。
ちなみに、同じ事をやった日本人も未だ正当性を主張してるので、米国を悪く言えない(笑)
白人の傲慢は米国人も欧州人もたいして変わらないが、米国の人道的行動は一応評価します。
謝罪こそしてないが、原爆投下後の米国の行動には「悪い事をした」と言う贖罪が見られます。
他国だったら「負けたのだから当然」だったはずです。人は誤ちを犯す生き物…国のメンツで謝罪は避けてるが、内心は反省して行動するだけマシなヤツらです(笑)
だけに、頭ごなしに他国民を下に見て傲慢な態度を取るトランプが、余計にゲス男に見える><
#5491[2017/02/09 18:06]  sado jo  URL 














管理者にだけ表示を許可する

~ Trackback ~


  ↑記事冒頭へ  
←希望の国 「日本の物語」    →ハザートランプ