シムーン第二章 ~乙女達の祈り~

随想/論文集

ハザートランプ

ハザードランプ

アメリカ合衆国が、非常に危険な状態に陥っている。
先日、イスラム7ヵ国からの「入国停止」と言うトランプ大統領令の法的根拠に疑問を呈したイェーツ司法長官代行を強引に罷免し、
次いで、国務省の職員900人が大統領令に異議を唱える書類に署名して提出したとして、退職を勧告すると言う暴挙に出て来た。
(米国国務省は、日本の総務省と違い、国内・国外の政務に携わる各省庁を管轄し、監督する権限を持つ連邦政府の中枢である)
米国では、政庁の職員が意見を述べる権利は法によって保証されており、もし、職員を解雇すれば大統領自らが法を破る事になる。
28日には、すでに合意済みのイスラム難民受入れを巡って、オーストラリアのターンブル首相を、電話で怒鳴りつける有様だった。
およそ宣戦布告以外では、他国の元首を下に見て頭ごなしに怒鳴りつけるなど、国際常識ではあり得ない傍若無人振りなのである。

人の意見に耳を貸さない。自分に反対する者は粛清する…トランプ大統領は、まるで旧ソビエト連邦の独裁者の如く振舞っている。
民主主義国の国家元首として完全に常軌を逸しており、気分を害すると怒鳴りつけるなどは、頭が狂っているとしか考えられない。
企業のトップなら、自分のやり方に反対する者をクビにしたり、会社の方針に従わない社員を解雇する権限を持ってはいるだろう。
だが、アメリカ合衆国は会社ではなく国家である。国家である以上法があり、大統領と言えど法に従って物事を行なう義務がある。
大統領自らが法を逸脱すれば、国民は誰も法に従わなくなり、法治国家としての信用を失うばかりか、無政府状態を招きかねない。
強制的に従わせようとすると、国務省や司法省、その他省庁の職員の職務ボイコットやストライキに発展する事にもなってしまう。
連邦行政府が機能不全に陥れば、それこそ国内外のあらゆる事態に対応出来なくなり、アメリカ人の生活や安全に支障を来たす。
困った事に、トランプ大統領は戒厳令や戦争権など物騒な権限を握っている…あの性格でカ~ッ!となるとやりかねないから恐い。
アメリカがハザートランプになる前に…もうなってるかも知れないが、早々に弾劾裁判の場に引きずり出して下ろす方がよかろう。

昨年、ブロードウェイミュージカルの観劇を終え、退席しようとしたマイク・ペンス副大統領に出演者が声を掛ける一幕があった。
「多様性を持つアメリカ人の権利を守って下さい」と言われた彼は、立ち止まって振り向き「了解した」と手を振ったそうである。
トランプは、早速ツイッターに「我々は侮辱された。謝れ!」と書いたが、ペンスは「彼らには発言する権利がある」といなした。
人の持つ美徳で…特に政治家などの公職にある者は、例え意見が違っても「人の言葉に耳を貸す」事が最も信頼される資質である。
あの姿勢を見る限り、マイク・ペンスは、仮に強硬右派であったとしても、立派な米国大統領としての資質を備えている様に思える。
彼は、必ず人の意見を聞くいい大統領になれる…少なくとも、トランプの様な人物の為にアメリカ合衆国が崩壊するよりはマシだ。

ちなみに、12月18日のトランプ 安部会談に同席した娘のイヴァンカ・トランプは、父にこう忠告したそうである。
「貴方はちゃんとMr.アベの言う事を聞きなさい。彼はクレバーな人よ」娘は美人なだけでなく、人を見抜く資質を備えている様だ。
クレバーと言う言葉を「賢い」と額面通り受け取ってはいけない。クレバーには「巧妙」「ずるい」と言う意味も含まれてるからです。
さて、彼女は阿部首相のどの性質を見抜いたのだろうか?…確かに日本国民から見れば、賢く、巧みで、ずるい人に見えますが。
お陰様で国民はしょちゅう彼に振り回されています。イヴァンカさんには分かりましたか?…いっそ貴女が大統領をやっては(笑)



ミラ・ジョモヴィッチ主演:映画【バイオハザード】の名シーン
こんな終り方も相応しいんじゃないですか?大統領閣下…今度の主演女優は、ぜひ娘のイヴァンカ・トランプと言う事で(笑)

にほんブログ村 小説ブログへ
クリックをお願いします 


<トランプ&安部会談におけるイヴァンカの心理>
昨年11月、トランプ氏の大統領当選早々に行われたトランプ&安部会談に同席した娘 イヴァンカの心理は容易に推測出来る。
この時トランプ氏は、日米貿易不均衡や米軍駐留経費の件で、決して阿部首相を快くは思っていなかったはずなのである。
ところがこの娘は、父とやり取りする安部と言う男が理路整然と話し、受け答えする際にも答弁に隙がない事を見て取った。
論理的で手強い敵は味方に付けて置いた方がよい…だから父に「彼はクレバーな人物だから、話を聞いた方がいい」と促した。
世間知らずの令嬢にそんなものの見方を教えたのは、ユダヤ商人の実業家で、彼女の夫であるジャレッド・クシュナーだろう。
敵味方の先入観念に捉われず、使える人物や物は味方にする功利主義。近代の…特にITなどの先端産業で成功した人々の理念。
彼女はそれを身に付けていた…トランプ氏の側近、スティーブ・バノンやピーター・ナバロなどの右翼バカにはこれが出来ない。
ただ、思想に拘って突っ掛かるだけ…「魚心あれば水心あり」と言う諺通り、敵もまた戦略上の味方であると言う視点に欠ける。
バノンやナバロ程度の敵なら問題ないが、日本人はこの夫婦を敵に回すのは避けた方がいい…キレるだけに手強い相手になる。
 
関連記事
スポンサーサイト
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼シムーン第二章 ~乙女達の祈り~
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼未来戦艦大和
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼ビーストハンター
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼クロニクル ~カルマ~
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼まぼろし
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼やさしい刑事
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼幻影の艦隊
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼その他の小説
もくじ  3kaku_s_L.png オリジナル詩集
もくじ  3kaku_s_L.png 随想/論文集
もくじ  3kaku_s_L.png 死とは何か?
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  ↑記事冒頭へ  
←アメリカンスピリッツ ~その偉大なる精神~    →事実は小説より奇なり 第10話「飲んべぇの父娘」

~ Comment ~


社長の感覚でいるからダメなんですよね、あんな社長も嫌ですが(笑)。
日本経済にもいちゃもんつけてるから安倍君にも聞く耳持たなそうだし
このままではアメリカどころか世界全体が危険に晒されるでしょう。
自由の国アメリカ。決して大統領が自由な国ではありません。
#5469[2017/02/06 10:01]  西條すみれ  URL 

こんにちは~。バーソです♪

あの人は頭の良さで、つまり商業的な戦略で、まずは他者を脅しているのか
と思っていましたが、元々かなりの虚言癖がありそうです。
こんな情報がありました。
 1991年にアメリカで製作されたものの、トランプから訴訟を起こすと脅されて
お蔵入りになっていたテレビドキュメンタリーが先日、NHK-BSで放送された。
 長年使われずにいたニューヨーク市のスケートリンクを再生する事業をトランプが
請け負った。だが下請け業者には、これはボランティア事業だからとウソをつき、
工事代金を一切支払わず、タダ働きをさせた。工事費用はトランプが独り占め。
 トランプタワーの建設工事には、ポーランドなどからの不法移民を使っていたが、
正規の賃金の3分の1の賃金等々。

他の情報では、アメリカに雇用を生み出すために日本政府が多額な金を使う施策を
提示する話もあるようですが、それが本当なら一体どうなっているのかと思います。
#5470[2017/02/06 10:04]  ☆バーソ☆  URL  [Edit]

Re: すみれ様COありがとうございます^^

> 社長の感覚でいるからダメなんですよね、あんな社長も嫌ですが(笑)。
> 自由の国アメリカ。決して大統領が自由な国ではありません。
> 自由の国アメリカ。決して大統領が自由な国ではありません。

アメリカ企業はトップダウン方式が一般的なので、CEOは強い独裁権を持ってます。
社長に異議がある者は転職する…だからアメリカは転職社会で当たり前なんですね。
底辺には移民社会の自由思想があって、人も物も自由に行き来し、望む所へ移動する。
それを制限し、禁止する事はアメリカ社会を否定し、自由と民主主義を損ないます。
トランプはアメリカ社会の概念を根本から破壊しようとしてるんですね><
#5471[2017/02/06 11:31]  sado jo  URL 

Re: バーソ様COありがとうございます^^

> あの人は頭の良さで、つまり商業的な戦略で、まずは他者を脅しているのか
> と思っていましたが、元々かなりの虚言癖がありそうです。
> 他の情報では、アメリカに雇用を生み出すために日本政府が多額な金を使う施策を
> 提示する話もあるようですが、それが本当なら一体どうなっているのかと思います。

アメリカで成功するには、法の抜け道を巧みに利用する詐欺まがい商法(トランプ式)
まったく法の概念から外れた思わぬ新商品の開発(ゲイツやジョブスなどの天才方式)
時に嘘も脅しも有り、ハッタリも有りだから訴訟が多くなる裁判社会になってます(笑)
人を騙し、安い賃金の移民をこき使い、安い中国製の鋼材で事業を広げて成功しながら
今日は移民を排除し、中国製品を締め出すなんて矛盾も当たり前…勝てば官軍です(笑)
アメリカ人がルール(法)にうるさいのは、多分、不誠実な人が多いからなんでしょうね。
#5472[2017/02/06 11:52]  sado jo  URL 

でき得るのなら、副大統領が大統領に

こんにちは~~~♪
トランプ氏のお嬢様は、『狡賢い』方に感じられたのではないでしょうか。
日本国民として、現政権与党を云々というよりも、
もし、私の推測通りなら、単純頭脳のお父様より、ご令嬢の方が、もっと役者が上手。
のような気がいたします。(;^_^

#5473[2017/02/06 14:24]  窓  URL  [Edit]

Re: 窓様COありがとうございます^^

> トランプ氏のお嬢様は、『狡賢い』方に感じられたのではないでしょうか
> もし、私の推測通りなら、単純頭脳のお父様より、ご令嬢の方が、もっと役者が上手。
> のような気がいたします。(;^_^

見た所マイク・ペンス副大統領は、生粋のアメリカンW.A.S.P(白人支配層)ですね。
だけに支配者として、弱い者の意見を聞く度量を持ってます。頑固な保守派の人間ですが(笑)
一方、イヴァンカ=クシュナーの娘夫婦は、思想に拘らず人物を見るなかなかのキレ者です。
ビル・ゲイツやジョブス、ザッカーバーグらと同じ、新世代の経営思考の持ち主に見えます。
逆にトランプの側近であるスティーブ・バノンやピーター・ナバロの様な右翼バカより恐いです。
親族は閣僚に出来ない法律があって表には出ないが、近代的功利主義者である娘夫婦が陰から支えると、案外トランプ政権は長続きするかも知れない。それ位頭のキレるブレーンです。
その場合、トランプ政権の体質は実情に合わせて変化し、より実務的・効率的になりますね。
もし、私が大統領ならキレ者のイヴァンカ=クシュナー夫婦を文句なく閣僚にしますよ♪
#5475[2017/02/06 15:34]  sado jo  URL 

こんにちは~♪
トランプが大統領の椅子をかすめ取ったのはスティーブ・バノンの戦略のおかげですからスティーブ・バノンの言いなりをトランプはこれからも続けるでしょう。
超大国米国の大統領の重責を担えるような資格はまるでないから、極右白人至上主義のスティーブ・バノンの影響を排除できる家族や親族はいないと思います。
ただの極右なら対処の仕方もあるでしょうが、完全なナチ礼賛者だから始末に負えないですね。
トランプと安倍晋三やフランスのルペン、ロシアのプーチンとウマが合うのは自然かもしれません。
米国を救う道は米国民が大統領弾劾をするよう上・下院議員に圧力をかけ続けるしかないでしょうね。
安倍晋三と同じようになんでもできると勘違いしていますし、三権分立の基本原則も知らないゲスでは米国民は救われませんね。
今のままだと自由の女神像も破壊する大統領令を発しても不思議ではないでしょう。
#5476[2017/02/06 16:42]  まり姫  URL  [Edit]

Re: まり姫様COありがとうございます^^

> トランプが大統領の椅子をかすめ取ったのはスティーブ・バノンの戦略のおかげですからスティーブ・バノンの言いなりをトランプはこれからも続けるでしょう。
> 極右白人至上主義のスティーブ・バノンの影響を排除できる家族や親族はいないと思います。

「イスラム教徒入国禁止令」などと言う前近代的な大統領令をトランプに書かせたバノンは、大のイスラム人嫌いであると同時にユダヤ人嫌いでもあります。
今、イスラエルのアメリカ大使館をエルサレムに移して、イスラム教徒とユダヤ教徒を争わせ、共倒れを狙ってる最中ですが、娘婿であるユダヤ人のクシュナー氏がそれを許すだろうか?
いずれ、バノン+ナバロの側近達と、トランプ家の骨肉の争いに発展しそうな気配を感じます。
やれやれ、日本が対岸の火事の火の粉を被らなきゃいいが…こんな政権は早く下ろして欲しい(笑)
#5477[2017/02/06 18:07]  sado jo  URL 

こんにちは~♪
トランプが入国禁止とした国々はひとつもテロを画策した国が入っていませんね。
全部いてラム教シーア派が多数を占めている国ばかりです。
同時多発テロを起こしたのは、サウジアラビアの大金持ちの息がかかったスンニ派の連中ばかりだし、欧州でテロを繰り返しているのもスンニ派ばかりなのにトランプ政権はバカですね(笑)
#5478[2017/02/07 17:19]  まり姫  URL  [Edit]

Re: まり姫様COありがとうございます^^

そもそも、センセーショナルなニュースや風評だけで政策を決定してますからね。
トンチンカンもいい所です…IT産業やメディア産業は大勢のイスラム技術者や駐在員を抱えてます。彼らが入国禁止になると仕事が出来ません。仕事が出来なくて大混乱に陥ってるそうです。
まったく、トランプと側近のバノンやナバロは、アメリカの産業を破壊するつもりでしょうか?
ノルウェーの元首相が、会議に出席する為にイランのビザを持っていただけで逮捕したらしい。
前代未聞の出来事です…これでは国連の重要な議会も開催できない。米国の恥もいいとこ(笑)
#5479[2017/02/07 17:53]  sado jo  URL 

こんばんは
トランプ政権は長く持たない気がします
#5486[2017/02/08 17:32]  ネリム  URL  [Edit]

Re: ネリム様COありがとうございます^^

> トランプ政権は長く持たない気がします

そうですね…物事には道理と言うものがあり、人には礼儀と言うものがあります。
それを外したら人間社会は失われ、獣の世界になる…それが今のアメリカの政治。
共和党は完全に人選に失敗しましたね…トランプと共倒れしそうな気配です(笑)
今後10年は政権を失うでしょう…避けたければ、自らトランプを下ろすしかないです。
#5487[2017/02/08 18:38]  sado jo  URL 

にわかに騒がしくなってきましたねぇw
Divided States of Americaがwww

まぁ、トランプの発言は半分ぐらい聞き流しといていいかもしれませんねw
思ったことをそのまま口にしてる感があるので

もしくは、国内に目を向けさせたくないから、ああいった発言をして、皆の意識を外に向けさせてるのかもしれませんが

個人的に気になるのは、それよりもイランが核実験とミサイル発射実験をしたってことですね

そして、イスラエルのネタニヤフの動きが活発化していること
Dividedに等しいイギリスへ行って、色々メイと話したみたいで、その中には例の6カ国合意を辞めてくれ、的なことも含まれてた気がします

ネタニヤフは来週アメリカにも行くみたいなので、きっとイランのことや、大使館のことも話すでしょう
もちろん、例の娘婿とも接触があるでしょうね

あと、不気味なぐらい静かな北朝鮮

いずれにしても、不穏な気配をひしひしと感じますね
何も起きなきゃいいですが(汗)
#5488[2017/02/08 18:55]  blackout  URL 

Re: blackout様COありがとうございます^^

> いずれにしても、不穏な気配をひしひしと感じますね
> 何も起きなきゃいいですが(汗)

右翼を政権幹部にしたのはマズかったな~…自己主張するだけで対話する気がまったくない><
オバマ政権とは大違いです…ま、右翼は他人や他国の意見なんか全然気にしないですから(笑)
米国は世界の信頼を失う…って、もう失ってる。先進国でアメリカ嫌いの人が急増してますね。
筋違いの戦争は避けられそうもないです…イスラム教国が敵じゃなくてテロリストが敵なのに。
アメリカ中心観でアジアの地元情勢も全然分かってない…頼むから中国や北朝鮮と戦争やらないで欲しいです。日本人はモロに火の粉を被る事になります><
#5489[2017/02/08 20:22]  sado jo  URL 














管理者にだけ表示を許可する

~ Trackback ~


  ↑記事冒頭へ  
←アメリカンスピリッツ ~その偉大なる精神~    →事実は小説より奇なり 第10話「飲んべぇの父娘」