シムーン第二章 ~乙女達の祈り~

「▼地球年代記 ~カルマ~」
地球年代記 ~カルマ~ 小説本編

地球年代記 ~カルマ~ 第7話 「人魚姫」 (3)

人魚姫03

「で、中東で米軍を支援していた陸上自衛隊や、南沙諸島の哨戒任務に着いていた海上自衛隊も巻き込まれちまった」
「日本中がパニックになってたよな~」
「日本どころか世界中がパニくってたよ」
「ホント…俺たち以外はみんな終わったんだよな~」
「あぁ、その俺たちも遠からずに終わりだけどな」
「なぁ、ケンタ…いくつぐらいまで生きていられると思う?」
「さぁな~…パーチンが来なかったとしても30くらいがギリギリじゃね」
「だよな~…汚染された空気吸って、放射能まみれの水飲んでるんじゃな~」
「ま、生まれた時代が悪かったってぇ~事だな」
「こんな塹壕の中で海をにらんでるより、したい事がたくさんあったのにな~」
「仕方がねぇだろ…そんな状況に巡り合ってしまたんだから」

 そう言って、ケンタは再び双眼鏡を目に当てて見張りを始めた。
 マコトの目の前に広がるオホーツクの海と空は、霞が掛かったようにどんよりとして暗かった。
(オホーツクには本当の空がない…と千恵子は言った <「千恵子抄」~高村光太郎 ~>)
 マコトは有名な詩の一節を思い起こした
 信州で生れ育った彼は、失われてしまった故郷が懐かしかった。

「う~ん…アレちょっとマズい状況じゃね」

 双眼鏡をのぞいていたケンタがポツリと言った。

「どうした?ケンタ…ロシア人がきたのか?」
「まぁ…ロシア人がきたのには違いないが」

 ケンタがそう言ったので、マコトはあわてて土嚢に立て掛けていた小銃を手に取った。

「あわてるなって!違げぇよ…お前もちょっとのぞいてみ」

 そう言ってケンタは浜の方を指差しながら、マコトに双眼鏡を渡した。
 ケンタに言われるままに双眼鏡をのぞくと、浜辺に打ち上げられたゴムボートが見えた。
 中には怪我をしたロシア人が乗っているらしく、地元の漁師たちが周りを取り囲んでいた。
 ヤスやモリを手にした猟師達は、怒りをあらわに出して口々に何かを叫んでいた。

~続く~

にほんブログ村 小説ブログへ
クリックをお願いします
 
関連記事
スポンサーサイト
 関連カテゴリ一覧 ▼ 
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼シムーン第二章 ~乙女達の祈り~
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼未来戦艦大和
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼ビーストハンター
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼地球年代記 ~カルマ~
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼まぼろし
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼やさしい刑事
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼幻影の艦隊
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼その他の小説
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼シムーン第二章 ~乙女達の祈り~
もくじ  3kaku_s_L.png ▼ゴジラ奇譚
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼未来戦艦大和
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼ビーストハンター
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼地球年代記 ~カルマ~
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼まぼろし
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼やさしい刑事
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼幻影の艦隊
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼その他の小説
もくじ  3kaku_s_L.png オリジナル詩集
もくじ  3kaku_s_L.png 随想/論文集
もくじ  3kaku_s_L.png 死とは何か?
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  ↑記事冒頭へ  
←地球年代記 ~カルマ~ 第7話 「人魚姫」 (4)    →恐竜の王者「ティラノサウルス」滅亡の謎を解き明かす

~ Comment ~


1つの命には敵も味方もない。だから医者は誰であっても治療をする。
それとは逆に差別や偏見は憎しみや争いしか呼ばない。
状況が状況だけに気持ちはわからなくもありませんが
助けることによって相手の何かが変わることを期待したほうがいいですね。
壁なんて作ったって何にもなりはしない。ただ邪魔なだけ(笑)。
#5567[2017/02/28 09:14]  西條すみれ  URL 

Re: すみれ様COありがとうございます^^

> それとは逆に差別や偏見は憎しみや争いしか呼ばない。
> 助けることによって相手の何かが変わることを期待したほうがいいですね。

人は考え方や生き方の違いで殺し合いをする事はないです。
却って住み分けが効くから都合がいいです。市場の八百屋と魚屋みたいなもんです。
けれども、そこに偏見や差別の感情があって、憎悪や怒りが湧くと戦争になります。
特に最近の人々は「強い者が弱い者を虐げる」原始的な弱肉強食の感情に支配されてます。
人間が退化して猿と一緒になったんでは、住み分けが効かなくなるんですけどね(笑)
#5568[2017/02/28 11:40]  sado jo  URL 

こんばんは~♪
今日は病院行きで帰宅が遅くなりました(*・ω・)*_ _))ペコリ
旅行疲れもあり訪問と応援だけで今日は失礼させていただきます(^_-)-☆
#5571[2017/02/28 21:51]  まり姫  URL  [Edit]

おはようございます。^^ヾ

ケンタとマコトのセリフを想像しながら読んいると、この状況、
そっくりのまま、今の日本、渋谷の道玄坂あたりに似ているなあって、思いました。(;^_^
今、この国で戦争が起きてしまい、徴兵制度が導入されると、
果たして、どうなることやら。
マコトのように、国さえをも想ったり、することもないような。(;^_^

#5572[2017/03/01 10:02]  窓  URL  [Edit]

Re: まり姫様COありがとうございます^^

> 今日は病院行きで帰宅が遅くなりました(*・ω・)*_ _))ペコリ
> 旅行疲れもあり訪問と応援だけで今日は失礼させていただきます(^_-)-☆

自分も季節の変わり目は体調が悪くて医者通いが続いています。
ブログの更新やコメントのレスは、気任せでやってますので悪しからず(笑)
#5573[2017/03/01 13:15]  sado jo  URL 

Re: 窓様COありがとうございます^^

> 今、この国で戦争が起きてしまい、徴兵制度が導入されると、
> 果たして、どうなることやら。

江戸時代は、周囲を海に囲まれた日本人にとって極めて安定した平和な時代でした。
周辺が騒がしくなり、明治維新で統一政府が生まれてから平和が崩れた様に思います。
国民皆兵の徴兵制は巨大な軍事力を生み、それを利用して侵略戦争に走る政治家が現れた。
武士だけが武装する世の方が平和です…自衛隊だけが武装し、国民は非武装を貫き続ける。
戦後の日本は江戸時代に似てます…憲法9条を基にした徴兵制なき専守防衛は日本の要です。
#5574[2017/03/01 13:37]  sado jo  URL 

こんにちは~♪
いつもありがとうございます(*^^)
3月になりいよいよ卒業シーズンになりましたね。
桜とともに花粉も飛んでくる季節ですが、花粉症の人には辛い季節ですね(笑)
今月もよろしくお願いします(^_-)-☆
#5575[2017/03/01 16:55]  まり姫  URL  [Edit]

Re: まり姫様COありがとうございます^^

> 3月になりいよいよ卒業シーズンになりましたね。
> 桜とともに花粉も飛んでくる季節ですが、花粉症の人には辛い季節ですね(笑)

3月になって日差しは幾分柔らかくなりましたが、まだまだ寒い日が続いています。
まるで世界の政治状況みたいで、いつになったら春が来るのか?お寒い限りですよ。
花粉どころか、小説の如く核ミサイルが飛んでくるかも知れませんね(笑)
#5576[2017/03/02 11:22]  sado jo  URL 

ミサイルが飛び交う世の中だけは絶対にダメですね。
米国が軍拡に舵をきり、またぞろ地球最後の日の時計の針が進みそうです。
米中露・日本の軍事費が突出しているのも危険です。
もっとも米国の軍事費は日本の国家予算の6割にものぼるから桁違いですがネー(−_−#)
ロシアとの競争になったら地球破滅の危機は間違いなく早くなるでしょう。
オバマ前大統領の「核なき世界」が遠くなりつつあります。
#5577[2017/03/02 16:08]  まり姫  URL  [Edit]

Re: まり姫様COありがとうございます^^

> ミサイルが飛び交う世の中だけは絶対にダメですね。
> 米国が軍拡に舵をきり、またぞろ地球最後の日の時計の針が進みそうです。
> ロシアとの競争になったら地球破滅の危機は間違いなく早くなるでしょう。

核戦争を含めて戦争は、ダイナマイトの如く突然に爆発して起きるものではありません。
政治家のエゴ、或いは民衆が危険を顧みずに自らのエゴに走る状態になった時に起きます。
なので、そこには魚や動物によくある集団自殺と同様の心理が働くと思った方がいいです。
一匹が自分に有利な方向に動くと、我も我もと先を争って後に続き、結果全員が死にます。
核戦争などない…とタカを括ってる人は非常に甘い。人類も動物であり集団自殺をします。
自分が見た所、今の人類はフェーズ4くらいの症状です…精神科医の監察を必要とします(笑)
#5578[2017/03/02 20:01]  sado jo  URL 














管理者にだけ表示を許可する

~ Trackback ~


  ↑記事冒頭へ  
←地球年代記 ~カルマ~ 第7話 「人魚姫」 (4)    →恐竜の王者「ティラノサウルス」滅亡の謎を解き明かす