シムーン第二章 ~乙女達の祈り~

「▼クロニクル ~カルマ~」
クロニクル ~カルマ~ 小説本編

クロニクル ~カルマ~ 第7話 「人魚姫」 (7)

人魚姫07
広島の原爆で負ったIII度熱傷。人体深く熱線が達するとこうなる。

「ふ~ん…そりゃぁ、見られたもんじゃなかっただろうな~」
「きっとサハリンでも同じ事が起きたんだろうな…で、これからどうする?ケンタ」
「とりあえず、野戦病院に連れて行くしかないだろう」
「野々村先生んとこか…だけど、女の子はとても動けそうもないぞ」
「塹壕の中に弾薬を運搬する猫車(一輪車)があったよな。マコト」
「それに乗せて運ぶ訳か?…そりゃ、いいアイディアだな」
「ってか、それしか他に方法がないだろ…取ってきてくれるか?マコト…後、毛布もな」
「あぁ、いいよ…それじゃ行ってくる」

 そう言って、マコトはケンタに小銃を預けて走り出していった。
 ケンタは改めてゴムボートで流れ着いた三人のロシア人を見た。
 赤ん坊を抱いた母親の顔や腕は、あちこちがケロイドで覆われていた。
 赤ん坊の皮膚は焼けただれて、赤い肉が無残にむき出しになり、泣く元気もなくぐったりしていた。
 ゴムボートにもたれ掛かっている少女は、顔から首にかけて大きな火傷を負い、息をするのも辛そうだった。
 きっとサハリンは劫火の中の地獄だったのだろう…少し前に日本でも同じ事が起きたのが容易に想像できた。
 人間は何と惨い事を仕出かすものか…ケンタは思わず人間を呪いたくなった。

「お~ぃ、持って来たぞ~…ケンタ」

 しばらくすると、マコトが猫車に毛布を積んで帰ってきた。
 ケンタとマコトは、母親に一枚手渡してやり、別の毛布で少女の身体を包もうとした。
 少女は身体に触れられるとひどく痛がったが、声も出さずにじっと我慢しているようだった。
 二人が自分を助けようとしているのを知ってか、或いは声を出す事ができないのかは分からなかった。
 ともかく二人は、何とか少女を毛布で包んで猫車に乗せた。

「さぁ、野戦病院まで行こうか」ケンタは言った。
「歩けるか?おばさん…って言っても、日本語通じないんだよな」マコトが母親を見て言った。
「様子を見た限りは大丈夫だと思うよ…俺たちが歩き出したら着いてくるだろう」
「そうだな…俺たちが助けようとしてるのは理解しているみたいだから」

 マコトが少女を乗せた猫車を押し出すと、母親は赤ん坊を抱いて二人の後から着いてきた。

~続く~

にほんブログ村 小説ブログへ
クリックをお願いします
 
関連記事
スポンサーサイト
 関連カテゴリ一覧 ▼ 
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼シムーン第二章 ~乙女達の祈り~
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼未来戦艦大和
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼ビーストハンター
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼クロニクル ~カルマ~
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼まぼろし
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼やさしい刑事
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼幻影の艦隊
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼その他の小説
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼シムーン第二章 ~乙女達の祈り~
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼未来戦艦大和
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼ビーストハンター
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼クロニクル ~カルマ~
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼まぼろし
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼やさしい刑事
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼幻影の艦隊
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼その他の小説
もくじ  3kaku_s_L.png オリジナル詩集
もくじ  3kaku_s_L.png 随想/論文集
もくじ  3kaku_s_L.png 死とは何か?
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  ↑記事冒頭へ  
←クロニクル ~カルマ~ 第7話 「人魚姫」 (8)    →この世界の片隅に ~封切3カ月後もヒット中の秘密~

~ Comment ~


日本人だからこそこうでありたいけど、果たして今の日本人にできるのか。
敵味方、人種、出身地など関係なく救える命は救うべきです。
中国人だ、韓国人だと毛嫌いしていては彼らを変えることはできません。
#5655[2017/03/18 07:19]  西條すみれ  URL 

おはようございます

この写真の赤い色を見るだけで悲惨さが伝わります。
戦争と核に対する嫌悪感が迫ります。
自分がこうなったら、自分の家族がこうなったら、と思えば、
こんなことはしたくないと思うのが人の常というものでしょう。
自分の権力の座を維持するために、
自分の国の力を誇示するために、
戦争を肯定する人の気持ちが分かりません。
人間の最大の悪は名誉欲か、と言いたくなります。
#5656[2017/03/18 09:35]  ☆バーソ☆  URL  [Edit]

Re: すみれ様COありがとうございます^^

> 日本人だからこそこうでありたいけど、果たして今の日本人にできるのか。
> 敵味方、人種、出身地など関係なく救える命は救うべきです。

今も戦禍が続くイスラムの地で、NPOとして活動しているアメリカ人はたくさんいます。
その一方で「イスラム教徒は叩き出せ!」とアメリカ人を扇動するトランプ大統領もいる。
同じ人間なのにどこが違うのか?…全ての人は「命」で出来ていると感覚が欠如している。
戦争屋やテロリストには命の感覚がない…相手を自分とは異なる別の何かだと思ってる。
人種や民族、国や宗教が違っても、そこにいるのは生物学的にあなたと同じ人間なのです。
#5657[2017/03/18 11:57]  sado jo  URL 

Re: パーソ様COありがとうございます^^

> 自分の権力の座を維持するために、自分の国の力を誇示するために、
> 戦争を肯定する人の気持ちが分かりません。
> 人間の最大の悪は名誉欲か、と言いたくなります。

根本的に誤っているのは「権力」「名声」「金」「思想」を自分の全てだと思ってる事です。
けれども、どんなに野心や野望を遂げても、命がなければ何も意味を為さないんですね。
そんなものを望んで闘争に明け暮れ、挙句の果ては戦争をして多くの人々を不幸にする。
その人は、失われる物の為に貴重な人生を無駄にし、自分はおろか誰の役にも立ってない。
誰一人幸せに出来ず、死に瀕した時、ただ「全てを失う喪失感」に苛まれる事になります。
#5658[2017/03/18 12:31]  sado jo  URL 

こんにちは~♪
核兵器の威力は怖ろしいです。
それなのにプルトニウムをどんどんため込んでいる日本ってまともでしょうか。
戦争で使用された唯一の被爆国なのに「核兵器禁止条約」制定にも反対するなんて、中国寄り劣りますね。
被爆直後に撮影された映像をCS放送で見ましたが、恐怖というより嫌悪感を感じました。
これが同じ人間のやることか、米国は民主国家どころか戦争犯罪国家間違いなしですね。
#5659[2017/03/18 17:27]  まり姫  URL  [Edit]

子供が堪えられる外傷ではないですね。
それを正義として行われる戦争はやはり不正義です。
#5660[2017/03/18 19:47]  マウントエレファント  URL  [Edit]

Re: まり姫様COありがとうございます^^

> 核兵器の威力は怖ろしいです。
> それなのにプルトニウムをどんどんため込んでいる日本ってまともでしょうか。

時折、核兵器の力を信じている核保有国や核の傘で守られいてる国民を疑います。
この人達は何を信じているんだろうか?…核兵器は自分達を守ってくれるとでも?
一度戦争が起きれば、助かるのは地下シェルターに避難する政府の要人だけです。
その彼らも運よく生き延びても、地上は放射能で汚染され、守る国民は一人もいない。
ならば、核兵器は何の為にあるのか?誰を守る為にあるのか?…答える者はいません><
#5661[2017/03/18 20:08]  sado jo  URL 

Re: マウントエレファント様COありがとうございます^^

> 子供が堪えられる外傷ではないですね。
> それを正義として行われる戦争はやはり不正義です。

原爆投下を命令したトルーマン大統領は「責任は自分が取る」と言いました。
彼は言葉通り責任を取ったのだろうか?それなら核兵器は今頃存在していないはずです。
「どれだけ犠牲が出ようがアメリカが戦争に勝てばよい」…それがアメリカの正義です。
勝つ事が正義の証明ならば、犠牲になった者に正義はないのか?…その論理がまかり通る限り、アメリカの正義も世界の平和も永遠に訪れる事はないでしょう。
#5662[2017/03/18 20:23]  sado jo  URL 

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
#5667[2017/03/20 17:05]     

Re: m様COありがとうございます^^

連休中に、アメリカでは不法移民の強制送還が開始された様です。
アメリカ生れの子供が、メキシコ人の母親と引き裂かれる事態も起ってるそうです。
日本でも移民の親子が離れ離れになる事例がありますが「人の幸せの為に作られた法が親子を引き裂く」ってどうなのか?…人間としてはなはだ疑問に思いますね。
#5668[2017/03/20 18:07]  sado jo  URL 














管理者にだけ表示を許可する

~ Trackback ~


  ↑記事冒頭へ  
←クロニクル ~カルマ~ 第7話 「人魚姫」 (8)    →この世界の片隅に ~封切3カ月後もヒット中の秘密~