シムーン第二章 ~乙女達の祈り~

オリジナル詩集

この世の不思議

野々村号泣会見
なぜ議員と言う種族はこうも過ちを犯すのだろうか?(笑)

この世の不思議

この世には 不思議な事実がある
それは 過ちを犯しても 天罰がないと言う不思議だ

人は過ちを咎めるが 神は誤った人を罰しはしない
人は誰でも この世に生まれてまもなく 過ちを犯す
両親を困らせ 煩わせては その人生を奪ってしまう
そして 大人になっても なお過ちを重ねながら生きる

もし神が 過ちを犯した一人一人を 咎めていたならば
その内 人類すべてを 罰しなければならなくなるだろう
神は 人間たちが過ちを犯す事を あらかじめ知っている
だから神は 人の過ちをいちいち 咎め立てたりはしない

だが 過ちを改めようとしない者には 神は罰を与える
神は人の過ちには寛容だが 向上心のない者には手厳しい
己の過ちに気付いて それを改める事を進歩(進化)と言う
神が過ちを許すのは 人間に進歩を期待しているからだ

間違えてもよい 誤ってもよい 失敗しても構わない
過ちに気付き 悔い改めて前に進む人は 神に祝福される
過ちを犯したまま 悔い改めない者は 神に罰せられる

過ちは 進歩する為のバネであり 大きなチャンスなのだ 
だから 人はいつまでも過ちに 留まっていてはならない
過ちを悔い改めて 進歩する者にだけ 未来は約束される


しっかし最近は、三菱に東芝、森友学園から、果ては自衛隊、その上日本政府から、アメリカ政府まで><
幾ら何でも過ちが多すぎやしないか?進歩の為と言うより、わざと過ちを犯している様な気もするが(笑)
本気で進歩する気があるのだろうか?…つい、疑ってみたくなる今日この頃です。



Love is over 歌:歐陽菲菲
若い男なら誰でも一度は経験してみたい年上の女性との恋…若い男の恋の過ちを気遣う女のやさしさが心に染みる名曲です。

にほんブログ村 ポエムブログへ
クリックをお願いします
 
関連記事
スポンサーサイト
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼シムーン第二章 ~乙女達の祈り~
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼未来戦艦大和
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼ビーストハンター
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼地球年代記 ~カルマ~
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼まぼろし
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼やさしい刑事
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼幻影の艦隊
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼その他の小説
もくじ  3kaku_s_L.png オリジナル詩集
もくじ  3kaku_s_L.png 随想/論文集
もくじ  3kaku_s_L.png 死とは何か?
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  ↑記事冒頭へ  
←地球年代記 ~カルマ~ 第7話 「人魚姫」 (9)    →地球年代記 ~カルマ~ 第7話 「人魚姫」 (8)

~ Comment ~


失敗があるからこそ成功するために考えて努力をし、初めて成功する。
ただ「失敗」と聞くと悪いイメージ、「努力」と聞くと地味なイメージがあるせいか
結果主義で向上心のない人間が増えているのかな。
それか努力以前にそれが失敗や過ちと気づけないほど愚かな人間が増えているのか。
最近はキレる若者よりキレる高齢者のほうがよく聞くし、70にもなった爺さんがねえ……。
#5683[2017/03/24 09:25]  西條すみれ  URL 

Re: すみれ様COありがとうございます^^

> 失敗があるからこそ成功するために考えて努力をし、初めて成功する。
> 結果主義で向上心のない人間が増えているのかな。

「結果」は単に一時的な成果であって、その先に何が待っているかは誰にも分からない。
むしろ、過ちに気付いてそれを改めようと「努力」するプロセスにこそ進化の鍵がある。
向上心に支えられた止む事のない進化の方が、一時の成功よりも遥かに価値があります。
(成功して)時を止めようとする者は滅びるが、時を推し進めようとする者は生き残る。
#5684[2017/03/24 11:29]  sado jo  URL 

>人は過ちを咎めるが 神は誤った人を罰しはしない

それに対する一つの回答を描いた漫画がありました。

その世界には神が不在です。
その世界で神は人を何度となく作り直していたそうです。
過ちを犯すのは作り方を間違えたからだ、と。
何度も何度も作り直したそうです。
それに疲れ切った神はある仕組みを残して失踪してしまいました。
その仕組みは転生。
作り直すことを諦めた神は、人を何度となく再生するようにしたのです。
私は疲れた、何ども罪と罰を繰り返せ、と。
そして、その代わりに私も同じ世界を生き、同じように罰を受けよう、と。
その後、世界には必ず誰よりも不幸になる人間が一人生まれるようになった。

そのラストに作中で死んだ天使が転生したと思われる少女の描く絵本が出てきます。
転生の中で聞いたメッセージが。
前半は前述の転生させることにしたの経緯
そして最後を締める言葉は
思い出してほしい、あなたの足元の草や虫が、銃を向けている相手があなたの大切な誰かであるかもしれないことを、と。

その作品ではその絵本を読んだどこかの大国の大統領がどこかの国に電話を掛ける形でひとまず終了する形になっています。

この作品は連載当初はエロ漫画でした。
でも3.11以降に作風が変わり人気急落連載終了した漫画です。

その後、成年コミックばかりしか描いてないのでただの気の迷いで描かれただけのものかもしれません。
もしくはただ一度きりの本気だったのかもしれません。

ただの漫画の一節。

しかし、俺はこの回答の方がしっくりきます。
神も悪魔も天使も王も英雄も、全てが例外なく転生し今を生きている。
そんな世界の方がいい、と。

そして、今の自分達は責任とって自分から世界一の不幸を背負うことを決めた奴以上なれたのか、とそんな風に思います。

#5685[2017/03/24 12:49]  野良猫  URL  [Edit]

Re: 野良猫様COありがとうございます^^

確かに、世界に神や天使や悪魔は実在しません。
それは、人がある法則を頭の中でイメージ化して描写したものだからです。
そして、完全な法則を分解して現した為に、どれもこれも不完全で的を射ていないのです。
人(生き物)に寿命があるのは、取り巻く環境が刻々と変化して行くからです。
なので、変化する環境に合わせる為に、次の世代を残して王も英雄も人々も寿命を終える。
その次の世代へ手渡すバトンの中に、新しい環境に適応できる種が仕込まれています。
環境が変化する以上、何者も現状を維持できない…編み出した唯一の転生方法なのかな?
今の人々が生き辛さを感じるのは、それだけ環境が激しく変化しているからです。
ところが、その生き辛さの中にこそ、次なる環境に適応する為のヒントが隠されている。
それを手渡してやるのが今生きてる人の役目…受け取った者が次の環境に適応して生きる。
人は転生を繰り返すバトンランナーです…但し、もっと環境が変れば人は人の形のままではいられない。どんな生物になって環境に適合しながら生きるのかは誰にも分かりません(笑)
#5686[2017/03/24 15:52]  sado jo  URL 

こんにちは~

《罪を犯しても天罰は無い》理由について、有神論者の意見です。
それは第一に、悪い者がのさばるのがこの世の慣わしのようなものだからです。
世の中は大昔からそうなっています。強い者、悪い者がおおむね勝ちます。
第二の理由は、神は罰することをしないからです。
そのわけは、神が愛であり、許す神であるからということもありますが、
神は《自由意志》を持っている倫理的に自由な人間を造ったからです。

この公園ではどこで遊んでもいいよと許可を与えておきながら、
芝生に入ったら罰するというのでは、自由を与えたとは言えません。
神が人間に自由意志を与えたからこそ、人間は何でも自由にできるのです。

なので世界には悪があり、社会には大きく分けて二種類の人がいます。
・良心や規範、愛や親切を大事にし、他の人のことも考慮し、気遣う人。
・弱肉強食・適者生存が当然なのだと考え、自分の益を第一に考える人。
人がどちらのタイプになるかは、当人の意志次第です。
つまり地球がこれからどうなるかは、人間の意志に掛かっています。

議員という種族が犯罪あるいは過ちを犯しやすいのは、
特権や高い立場が与えられ、金や地位を動かしやすいからでしょう。
だから首相と名が付く人の妻も利用されるのでしょう。

しかしながら、
> 過ちは 進歩する為のバネであり 大きなチャンスなのだ 
> 過ちを悔い改めて 進歩する者にだけ 未来は約束される
この考えは非常にいい考えであると思います。
#5687[2017/03/24 15:56]  ☆バーソ☆  URL  [Edit]

こんにちは~♪
「我あり ゆえにわれ思う」か「我おもう ゆえに我あり」のどちらをとるかでその人の思考力がわかるでしょうね。
科学の目で見れば、現代社会も歴史的事実も理解できるでしょう。
#5688[2017/03/24 17:32]  まり姫  URL  [Edit]

Re: パーソ様COありがとうございます^^

神学的に言えば、神の「自由」と「愛」は人のみならず万物に行き渡ってますね。
世界はこれだけ多様性に満ちていて、それぞれが自由に生かされているのですから。
なのに力を得て突出した者は、なぜか多様性を壊し、自分色に世界を染めようとする。
権力者や財閥が犯すそんな過ちは、多くの人々を泣かせるが、でも天罰が下る事はない。
けれども物理学的に言うと、壊した(殺した)ものは「E=mc2」に変化したのですね。
やっと邪魔者を排除したと思ったのも束の間、自らが放出したEの濁流に飲み込まれる。
反乱、革命、倒産…形は様々ですが、罰に見えるのは自らが招いたEの逆流によるもの。
温暖化や一部の自然災害、戦争も「神の法則」に逆らった人間が受ける罰かも知れない。
我を張らずに「神の自由(多様性)」を尊重して生きれば、過ちを犯す事もないんですが、
ま、犯してしまった場合は、素直に悔い改めて進歩すればいいんじゃないでしょうか^^
#5689[2017/03/24 17:41]  sado jo  URL 

Re: まり姫様COありがとうございます^^

言い換えれば「我あり、故に世界あり」か「世界あり、故に我あり」の違いかな?(笑)
観測者がいて初めて世界は確定される。では、観測者のいない世界は存在しないのか?
量子論的に言うと、一個人が死ねば(その人にとって)世界は消滅します。でも(他の人には)世界は、変らずに存在し続けます。
どっちが主体なのか?
もし、個のない汎意識とでも呼べるものが存在するなら、それが科学で言う神になるのかも…人間は完全客観AIの神を作るかも知れませんよ。その時、答えが出るでしょう(笑)
#5690[2017/03/24 18:07]  sado jo  URL 

訂正します

作風が変わったのは3.11でなく9.11後でした。

そのため最後が大国(アメリカ?)が停戦の電話をする形でした。

作者には土下座ものの最悪の間違いでした。
#5691[2017/03/25 04:40]  野良猫  URL  [Edit]

こんにちわ
写真吹きました。
過ちを認めるのは大切だと思います
#5692[2017/03/25 12:37]  ネリム  URL  [Edit]

Re: 野良猫様COありがとうございます^^

> 作風が変わったのは3.11でなく9.11後でした。
> そのため最後が大国(アメリカ?)が停戦の電話をする形でした。

何かの事件や現象を切っ掛けに、作風が変るのはままあることです。
作者は人間を疑いながら、それでも「生善」を信じたかったのではないのかな?
その方向性が読者離れを起したのは、いかにも現代にありがちな事だと思います。
#5693[2017/03/25 15:13]  sado jo  URL 

Re: ネリム様COありがとうございます^^

> 写真吹きました。
> 過ちを認めるのは大切だと思います

ははは…一時、ニュースで有名になった某議員の謝罪記者会見の画像です(笑)
今も国会で籠池元理事長の証人喚問をしてます…誰かさんの謝罪記者会見はあるのかな?
まぁ、過ちを過ちだと認めない人ですからね~…議員と言う種族はこんなのが多い><
#5694[2017/03/25 15:22]  sado jo  URL 

トランプがとうとう共和党にも見限られ立ち往生しています(ザマアミロ)
極右のスティーブン・バノンの言うことなんか聞いているから大恥をかくことになりましたが、安倍君も同類ですね(〃^∇^)o_彡☆あははははっ
#5695[2017/03/25 17:05]  まり姫  URL  [Edit]

Re: まり姫様COありがとうございます^^

> トランプがとうとう共和党にも見限られ立ち往生しています(ザマアミロ)

無理を通せば、道理に合わなくなってボロボロになる…当たり前ですけどね。
阿部首相も人の事は言えませんよ…すでに足元が崩れかかってますからね><
卑しくも国政に携わる者は、特定の思想集団や団体に肩入れすべきではない。
と、あなたの大先輩にあたる議員さんに教わった事がありました(笑)
#5696[2017/03/25 18:47]  sado jo  URL 

過ちを犯しては、自己嫌悪に苛まれることが少なくない私です。
少しずつ進歩していればいいのですが、根は直りにくいのが、凡人の悲しさですね。
だから他人のことを言えず、寛容にもなれるのかな、とも思います。
#5697[2017/03/25 19:39]  マウントエレファント  URL  [Edit]

>人の過ちには寛容だが 向上心のない者には手厳しい

自分は神ではないですが、このスタンスは自分の価値観でもありますね

なお、相手が過ちを仕出かしたとき、そのときの対応であらかじめ相手の人間性を推し量ったりします

これ、いい意味で裏切られることほぼなく、推して知るべしってことがほとんどです

※まだ続きが書けていません(汗)
 近日中に更新できると思うので、もう少々お待ちを(汗)
#5698[2017/03/25 20:32]  blackout  URL 

私たちは誤っても、過ってもまた同じ過ちを繰り返すんです。
チャーチルが言うように、
「人間が歴史から学んだことは、歴史から何も学んでいないということだ」
私、昨日も大きな過ちを・・・、大事に至らなかったですけど。(笑)
#5699[2017/03/25 21:08]  エリアンダー  URL 

Re: マウントエレファント様COありがとうございます^^

> 過ちを犯しては、自己嫌悪に苛まれることが少なくない私です。
> 少しずつ進歩していればいいのですが、根は直りにくいのが、凡人の悲しさですね。

過ちに気付く事がまず大事だと思います。それすら気付かない人の方が多い。
例えば、安部総理の場合…本人は直接は悪事に加担していないとは思いますよ。
しかし、夫人が名誉校長をしていた「森友学園」から国有地購入の話があった。
関係省庁の誰もが「これは安部総理の意向なんだ」と思うのが当たり前でしょ。
だから割安で売却する便宜を図ったのです…誰のせいでもない、あなたのせい。
周囲に誤解を招いた事がすでに過ちなんです…総理の地位には暗黙の圧力がある。
本人は意味が分かってない。特定の思想集団や団体法人に関るから間違いを犯す。
総理と言えども凡人です…誤解させた事を反省して、少しでも進歩願います^^
#5700[2017/03/25 22:34]  sado jo  URL 

Re: blackout様COありがとうございます^^

> >人の過ちには寛容だが 向上心のない者には手厳しい
> 自分は神ではないですが、このスタンスは自分の価値観でもありますね

「しまった!」と過ちに気付く事には価値があります。その後どうするか…ですね。
「しまった!」に気付かないヤツにはガツン!と行きます。或いは見放します(笑)
昔の大工さんなどは、二度は失敗を許して、見所があるかどうか様子を見たそうです。
過ちを糧に努力するヤツは、進歩するから拾い上げ、努力しないヤツは追放したとか。
そこから「仏の顔も三度まで」と言う諺が生まれたそうですよ(笑)
上手、下手は持って生まれた才能もあるが、努力するしないは本人次第ですからね^^
#5701[2017/03/25 22:51]  sado jo  URL 

Re: エリアンダー様COありがとうございます^^

> 私たちは誤っても、過ってもまた同じ過ちを繰り返すんです。
> チャーチルが言うように、
> 「人間が歴史から学んだことは、歴史から何も学んでいないということだ」

危なかった様ですね…「ヒヤリ」と言う感覚を忘れなければ大丈夫だと思います。
何事もなかったからと「結果オーライ」で済ませるのが一番先が危ないですね^^
歴史的な人類の過ちも、チャーチルの時代が限界だと人々は知る必要がありますね。
第二次大戦で失われた生命は1億2千万と言いますが、兵器の性能・破壊力が飛躍的に進歩した今ならその10倍近い数が失われます。例え核を使わない戦争でも。
近代戦争は、数百キロ~数千キロ離れて撃ち合う視界外(目視外)戦で、敵のミサイルを見た瞬間に死んでます…B29が飛んで来たから防空壕に逃げるなんて暇はありませんね(笑)
#5702[2017/03/25 23:13]  sado jo  URL 














管理者にだけ表示を許可する

~ Trackback ~


  ↑記事冒頭へ  
←地球年代記 ~カルマ~ 第7話 「人魚姫」 (9)    →地球年代記 ~カルマ~ 第7話 「人魚姫」 (8)