シムーン第二章 ~乙女達の祈り~

「▼地球年代記 ~カルマ~」
地球年代記 ~カルマ~ 小説本編

地球年代記 ~カルマ~ 第7話 「人魚姫」 (12)

人魚姫12
戦場では兵士よりも民間人の犠牲者の方が多い

「聞こえやしねぇよ。怒鳴っても無駄だって…マコト」
「でも、やる事が無茶苦茶すぎやしねぇか?あいつら」
「無茶苦茶も何も…動くものは撃つのが兵隊だからな」
「俺はあんな兵隊にはなりたかねぇよ」
「やつらもよっぽど焦ってんだろうな…それより車だ」
「あぁ、見に行こう。ケンタ」

※ 戦闘地域では、何よりもまず相手の目となるものを潰す事が優先される。
なので、自分達を見ている者が敵に位置を教えたり、誘導したり、弾着を観測していると誤解する。
戦闘地域にいる民間人は、行き交う軍隊を見るだけで、大変な危険にさらされる事になるのだ。

 ケンタとマコトは、救急車の歪んだドアを開いて外に出た。
 路壁にぶつかって停止した車の後部車輪辺りからは白い煙が出ていた。

「ヒャ~ッ!タイヤがやられたと思ったけど、車輪丸ごとか~」
「30ミリ(機関砲)を喰らったんじゃ、何もかも吹っ飛ぶわな~」
「車体直撃だったら、今頃全員死んでたよな」
「あぁ、運が良かったのか悪かったのか…5キロも来てねぇのにな~」
「これからどうするよ?」
「とりあえず、引き返すしかないんじゃね」
「歩いてか?…病人がいるんだぞ」
「抱えて行くしかないよ…他に方法があるか?」
「ないな」マコトはガックリと肩を落とした。

 ケンタとマコトは、全員を壊れた救急車から降ろした。
 小此木はさっきの銃撃で足を怪我してしまっていて、無理はできそうになかった。
 被爆して火傷を負っている母親も、これ以上赤ん坊を抱いて歩くのは困難に見えた。
 ケンタは大火傷を負っている赤ん坊を背中におんぶして歩き出した。
 マコトも首に火傷を負って口の利けない少女を背負いながら歩いた。
 背中に温かみを感じながらも、彼は少女の苦しそうな息づかいがやたら気になった。
 小此木と赤ん坊の母親が支え合いながら後から続いた。
 とぼとぼと歩く彼らを夜の闇が包んでいた。

~続く~

にほんブログ村 小説ブログへ
クリックをお願いします
 
関連記事
スポンサーサイト
 関連カテゴリ一覧 ▼ 
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼シムーン第二章 ~乙女達の祈り~
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼未来戦艦大和
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼ビーストハンター
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼地球年代記 ~カルマ~
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼まぼろし
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼やさしい刑事
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼幻影の艦隊
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼その他の小説
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼シムーン第二章 ~乙女達の祈り~
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼未来戦艦大和
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼ビーストハンター
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼地球年代記 ~カルマ~
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼まぼろし
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼やさしい刑事
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼幻影の艦隊
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼その他の小説
もくじ  3kaku_s_L.png オリジナル詩集
もくじ  3kaku_s_L.png 随想/論文集
もくじ  3kaku_s_L.png 死とは何か?
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  ↑記事冒頭へ  
←ゴジラと戦争(核)と日本人    →地球年代記 ~カルマ~ 第7話 「人魚姫」 (11)

~ Comment ~


国のために戦ってもその国が壊滅状態では、もはや生き残るためでしょうか。
神のためにとか言ってる連中もどこまで神を信じていることやら。
人間は歴史が証明するようにどれだけ争っても凝りませんね。
#5771[2017/04/11 09:56]  西條すみれ  URL 

Re: すみれ様COありがとうございます^^

> 国のために戦ってもその国が壊滅状態では、もはや生き残るためでしょうか。
> 神のためにとか言ってる連中もどこまで神を信じていることやら。

神の為?お国の為?天の陛下の為?正義の為?…みんな支配層のこじつけですよ。
本音は自分達の野心と復讐心を満たす為にでっち上げた偽の大義名分に過ぎない。
戦場になった国がどうなったか?家族や友人を失い、土地は荒廃し、住む場所もない。
一人が兵役を拒否したら非国民と罵られるが、みんなが兵役を拒否したらどうか?
当然、支配層は戦争出来ません…口先だけで、自分達で戦う勇気のない連中だから。
なら、みんなでそうすればいい…口車に乗せられるから不幸になるんです(笑)
#5772[2017/04/11 10:38]  sado jo  URL 

犠牲になるのは、民間人
そのなかには子供も含まれる。
そういう者を傷つけるのは、正義でなく殺人です。
でも責任をとらないお偉い方々。やるせないですね。
#5773[2017/04/11 20:15]  マウントエレファント  URL  [Edit]

Re: マウントエレファント様COありがとうございます^^

> 犠牲になるのは、民間人 そのなかには子供も含まれる。
> そういう者を傷つけるのは、正義でなく殺人です。
> でも責任をとらないお偉い方々。やるせないですね。

どこかの国の大臣ではないが、偉いさんに言わせれば「自己責任」なんです。
「事前に警告したからこちらに責任はない」や「軍事基地などの近くにいる方が悪い」
家族がいて家や畑がそこにある。動けない年寄りだっている…そんな事情は完全無視。
或いは上の小説の様に、自軍を見張ったり観測したと疑われて殺られる場合もあります。
勝つ事しか頭にない政治家や軍人(司令官)に、人道や責任を求める方が無理ですね。
#5774[2017/04/11 22:23]  sado jo  URL 

こんばんは🎶

先日戦場カメラマンの講演を思い出します。
日常生活の中に戦争があると…。
兵士も職業とはいえ、人ですよね…。
#5775[2017/04/11 22:44]  kanmo  URL  [Edit]

Re: kanmo様COありがとうございます^^

> 先日戦場カメラマンの講演を思い出します。
> 日常生活の中に戦争があると…。兵士も職業とはいえ、人ですよね…。

そうですよ…誰かが自分達を偵察していないか?
戦場にいる兵士は、生きるか死ぬかで切羽詰って怯えています。
うかつに写真を撮ると撃たれますよ…戦場カメラマンの沢田さんも撃たれました。
長井健司さん。山本美香さん。他、大勢のジャーナリストが撃たれて亡くなってます
#5776[2017/04/11 23:55]  sado jo  URL 

こんにちは~♪
いつもありがとうございます(*^^)
昨日は病院からの帰宅が遅くなりお邪魔できませんでしたm(o´・ω・`o)mペコリン
昨日と比べると暖かくなりましたねー(^_-)-☆
またよろしくお願いします(*^^*ゞ

戦争に駆り出された兵士は正常な精神を病んでしまいます。
ひとりなら殺人で刑罰を受けるだけですが、廻りが全員武器を持っていたら殺人でなく戦争だという思考そのものが狂気ですね。
戦争は人間の尊厳も破壊してしまう悪そのもの!!
狂人ドナルド・トランプが核戦争を引き起こさないことだけを願っています。
#5777[2017/04/12 16:18]  まり姫  URL  [Edit]

Re: まり姫様COありがとうございます^^

> 戦争に駆り出された兵士は正常な精神を病んでしまいます。
> 戦争は人間の尊厳も破壊してしまう悪そのもの!!

戦場にいる兵士は「自分は死ぬかも知れない」と言う死の恐怖に常に苛まれてます。
人はそんな緊張状態に長く耐えられません…だから精神異常になってしまうのです。
無事帰還して一見正常に見えても、その人は心のどこかを病んでしまっています。
母の話によると、私の父は戦地から復員して結婚してからしばらく、3時間ほどしか寝なかった。それも目を開きながら寝てたそうです…「気持ち悪かった」と母は言ってました(笑)
戦地で「寝たら死ぬ(殺される)」と言う切迫感が身に着いてしまっていた様です。
#5778[2017/04/12 19:23]  sado jo  URL 

こんにちわ
民間人が犠牲になる戦争はむごいと思います
#5779[2017/04/13 12:23]  ネリム  URL  [Edit]

Re: ネリム様COありがとうございます^^

> 民間人が犠牲になる戦争はむごいと思います

弱い者から順に死んでゆく…それが戦争です。
子供。女性。老人…力のない者を踏み潰して、強い者だけが生き残る。
まさに野獣の論理…戦争を行う政治家や軍人は人間の皮を被ったケダモノです><
#5780[2017/04/13 13:26]  sado jo  URL 














管理者にだけ表示を許可する

~ Trackback ~


  ↑記事冒頭へ  
←ゴジラと戦争(核)と日本人    →地球年代記 ~カルマ~ 第7話 「人魚姫」 (11)