シムーン第二章 ~乙女達の祈り~

随想/論文集

ゴジラを書く!

ゴジラを書く

円谷プロダクションのスタッフだった私にとって「ゴジラ」は長い間のあこがれであり、タブーでもあった。
怪獣映画が全盛期だった頃の特撮は、多分に朝鮮戦争やベトナム戦争の報道資料を参考にして製作されていたと記憶している。
しかし、急速に進化してゆく兵器の性能や破壊力は次第に怪獣を凌駕し、怪獣を主人公にした特撮の映像描写は困難になった。
如何なゴジラでも、近代兵器で固めた軍隊には歯が立たずに木っ端微塵となり、映像としてもリアル感を失って映画にならない。
かって米軍は、十数本もの魚雷を打ち込んで「戦艦大和」の分厚い鋼板を破った。今なら巡航ミサイル一本で大和を沈められる。
それどころか、アメリカ・ロシア・中国が持ってる核ミサイルを放てば、地球丸ごと全生物を20回、木っ端微塵にする事が可能だ。
これでは、人類を救う「ウルトラマン」も出る幕はない…つまり、人類そのものがゴジラを超える最強の怪獣と化してしまったのだ。
もはや怪獣ゴジラは脅威ではなくなり、代わりにいつ暴れだすか分からない権力者や狂信者の方が人類にとっての脅威となった。

だが、小さい頃に怪獣映画を観て育った新世代のアニメアーティスト達は、ゴジラの原点を全く別の視点で捉えていた様だった。
無理にこじつけてはいるが「シンゴジラ」の舞台は現代の日本ではない…これは異世界の日本であり、ファンタジー物語なのだ。
するとこれは「エヴァンゲリオン」や「魔法少女」の世界であり、そこでリアルに拘る必要はなく、魔術を使っても全然差し支えない。
いゃ、寧ろその方が強いメッセージを発信出来る…異世界の出来事を通して現世の人々に訴えかける新世代の発想がそこにあった。
元々、円谷英二監督がゴジラを作ったのは人々に何かを訴えたいが為だった。アニメ出身の監督達はその意思に沿ってる様に思う。
そう考えた時何かが吹っ切れた…今秋には、同じ円谷プロに在籍した虚淵玄氏が、アニメ版のゴジラを発表する話も出ている様だ。
ならば、旧世代の元円谷プロのスタッフだった私も、拙いながらも私なりのゴジラ像を描き表さねばならない様な気がして来た。
もちろん、まったく格の違う庵野さんや虚淵さんに対抗するつもりは毛頭ないし、私には私なりに現場で見てきたゴジラ観がある。
ただ描く事によって、お世話になった円谷英二社長や金城哲夫先生への僅かばかりの恩返しにでもなれば…と思っているだけす。
そして、何よりも誕生してから63年間…老体に鞭打って我々人類にメッセージを送り続けてくれているゴジラの献身に報いたい。

はて、63年の間人類は何をして来たのだろう?ゴジラが何かを訴え続けなければならないほど我々は進歩していないのだろうか?
もしゴジラが人間だったなら、我々をどの様に見るだろうか?そんなゴジラの視点に立って、書くからには真剣に書くつもりです
ゴジラであってゴジラでないゴジラ…今まで誰もその目線で捉えた事のなかったゴジラ…それでいて円谷監督の原点にあるゴジラ。
脈絡のないバラバラな話を書き、それらが次第に収斂して最期には人間に行き着く…そんなゴジラを描いてみたいと思っています。
円谷プロの元スタッフだからと怪獣物を期待する読者には期待外れになるかも知れませんが、商売を目的としていないので(笑)

特撮の神様と謳われる「円谷英二監督」は、あの原発事故のあった福島県のご出身で、事故現場からそう遠くない町で生まれました。
もしご存命だったなら、あの大地震と原発事故をどう捉えられたのだろう?奇抜で天才的な発想をされるのが円谷監督の真骨頂です。
批判や政治を超越して、我々が思いもよらぬ形で映画に表されるのではないかな?…その底には命と言うものが描かれてるはずです。




ギャレス・エドワーズ監督 「GODZILLA 2」 2018年 公開予定
核とゴジラとの破壊の恐怖に晒される人々にとって、なぜか双子姉妹の歌う懐かしい「モスラの唄」が唯一の救いに聞こえます。
せいぜいバカ仕出かしといて、今更モスラに助けを求めるなんて虫が良すぎますよ…まったく、愚かな人類は救いようがない><
まぁ、あの大統領だったら、遠慮なく核巡航ミサイルを発射して余計に事態を悪化させるのがオチでしょうが(笑)

ちなみに「♪モスラ~ゃ モスラ~」で始まるモスラの唄はインドネシアの古代原語に、日本の造語を混ぜ合わせたものです。
訳すと「偉大な霊力を持つ精霊よ 目を覚まして僕たる我らを守り賜え その力を示し賜え」と言う祈りの歌になるそうです。
何とモスラは精霊だった!…やはり怪獣映画はSFではなく、魔法ファンタジーの世界だと考えてもらった方が良いでしょう。


にほんブログ村 小説ブログへ
クリックをお願いします
 
関連記事
スポンサーサイト
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼シムーン第二章 ~乙女達の祈り~
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼未来戦艦大和
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼ビーストハンター
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼地球年代記 ~カルマ~
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼まぼろし
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼やさしい刑事
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼幻影の艦隊
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼その他の小説
もくじ  3kaku_s_L.png オリジナル詩集
もくじ  3kaku_s_L.png 随想/論文集
もくじ  3kaku_s_L.png 死とは何か?
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  ↑記事冒頭へ  
←地球年代記 ~カルマ~ 第7話 「人魚姫」 (15)    →地球年代記 ~カルマ~ 第7話 「人魚姫」 (14)

~ Comment ~


面白いゴジラを書いてください

ゴジラ、何作目だったか、襲い来る怪獣から人類を
守るために闘ったことがありました。
いま、怪獣ブラサガリ…じゃなかった、プルガサリが
世界を席巻しています。
今こそゴジラ君の出番です。
#5828[2017/04/23 08:16]  エリアンダー  URL 

原発もある意味眠っている怪獣のようなものですね。
目が覚めると周囲一帯に大きな被害を及ぼし
核ミサイルを使わなくともそこを破壊するだけでそれに近い被害が。
一撃で沈めるよりは少し規模を減らしてじっくり責められるとかなりこたえますし
不謹慎かもしれませんが、描写としてはそのほうが恐怖や絶望を演出できますしね。
#5829[2017/04/23 08:39]  西條すみれ  URL 

おはようございます

まあ、いろいろと発想が多彩に湧いてくるものですね。
よく違うテーマのシリーズものが並行して書けるものです。

この文章はジョーゴリラ映画の宣伝チラシのコピーのようです。
心に訴えたいものがあるので、それが自然に出てくるのでしょう。
その意欲、情熱はたいしたものです。

> 人類そのものがゴジラを超える最強の怪獣と化してしまった
あるいは、人類の国家の中のある首脳たちが野獣と化してしまったのか。
しかしあのヒトラーを熱狂して選んだのはドイツ国民であったように、
いま自国ファーストの大統領や首相を選んでいるのは、その国民です。

国家の代表には、国民の集団意識が表れているわけであり、
現代のゴジラは、人々の心が野獣化している象徴なのでしょうか。
とすれば、ゴジラ映画は結末が悲しいほうが良さそうですが、
ゴジラの視点とはどんなものか、面白そうです。

それにしても、なぜ人類は野獣化の方向に歩んでいるのか。
やはり人は生きていくのが難しいときに防御本能が働くせいか。
どうも世界のきな臭い出来事の裏には、いろいろ大義名分は言われてますが、
戦争で儲けたい人たちの陰の力が働いているように思えてなりません。

つまり米国トップの思惑は、必ずしも相手を叩き潰すことが目的ではなく、
戦争の不安を煽り、軍事費を消費し、軍備費を増強し、その結果として
巨大軍需産業が潤い、米国が経済最強になるのが狙いのように思えます。
#5830[2017/04/23 10:08]  ☆バーソ☆  URL  [Edit]

Re: エリアンダー様COありがとうございます^^

> ゴジラ、何作目だったか、襲い来る怪獣から人類を
> 守るために闘ったことがありました。

円谷=東宝のゴジラって、世相が騒然としてる時は恐い顔や姿で描かれますね。
世の中が平和な時は、顔が緩んで漫才師みたいなアクションをやったりもします。
昨年のシンゴジラの出だし「お前達は勝手にやっとけ!俺も好きにやる」の台詞。
これは、互いの協調・共存を捨てて、分断・敵対してゆく世界の様相を表してます。
シンゴジラが暴れる時に「Who will know/悲劇」と言う悲しいテーマ音楽が流れます。
今の世界の人々のどうしようもない絶望と怒りを背負って、シンゴジラは現れたのです。
そこを見てやって下さい…庵野監督はちゃんと円谷英二の意思に沿って描いてるんです。
#5831[2017/04/23 10:52]  sado jo  URL 

Re: すみれ様COありがとうございます^^

> 原発もある意味眠っている怪獣のようなものですね。

人類は原子力を制御出来る!アインシュタインやオッペンハイマーは自信たっぷりでした。
ところが、実際にやってみると物理学者達の計算を超えて暴走してしまう事態が起きた。
彼らは、広島・長崎であれほど犠牲が出ると思わず、発電所の事故も予測出来なかった。
机上の計算と現実との大きな落差…彼らがゴジラを見たら「何と物理学者とは無力なのか。いっそ作らなきゃ良かった」そう思うかも知れませんね(笑)
#5832[2017/04/23 11:13]  sado jo  URL 

Re: パーソ様COありがとうございます^^

> まあ、いろいろと発想が多彩に湧いてくるものですね。
> 心に訴えたいものがあるので、それが自然に出てくるのでしょう。
> いま自国ファーストの大統領や首相を選んでいるのは、その国民です。
> 国家の代表には、国民の集団意識が表れているわけであり、
> 現代のゴジラは、人々の心が野獣化している象徴なのでしょうか。

いぇ、逆に発想が湧きすぎて書くのが追いつかず、何一つ完結しないのが欠点です(苦笑)
そう!ゴジラは人間の集団意識が怪獣の姿を纏った存在で…実はあれは人々の姿なのです。
ITの普及は、確かにかってない規模で世界を繋いだが、逆に人々の精神を分断してしまった。
人間は比較(見比べ)する動物です…他国の人や他人の生活が瞬時に分かる様になった結果、
格差や違い(差別)を意識し、僻みや劣等感が生まれて内なる自己意識が暴走し始めました。
ITの産みの親「ビル・ゲイツ」や「スティーブ・ジョブス」に今の状況が予測できただろうか?
ITがあるが故に、世界各国の人々は自分自身を制御出来なくなった…そうして、他国・他人よりも自分を世界の中心に置く様になりました。それが今の世界の(ITの負の)様相です。
#5833[2017/04/23 11:41]  sado jo  URL 

>もしゴジラが人間だったなら

盾の勇者の成り上がり
という作品を読んだ後なのでこんなEDが思い浮かんでしまいました。

兵器の発達で生きる場所を失ったゴジラは人に変身し生きることにしていた。
生まれた世界すら忘れるほど色んな世界を渡って永い時間を生きたゴジラは夏の日差しにあてられて公園のベンチで休んだいた。
そこに一人の老人が現れ声をかける。
その声はとてもとても懐かしい声で…
ゴジラは声の主に言う。
「今度こそ一緒についていくからね」と
老人は「ああ、いっしょにいこう」と返す
そして、どこかへと歩いていく二人の後ろ姿はまるで親子のようで、手をつながれ老人を見上げるゴジラの顔はとても嬉しそうで…

みたいなのもありかなとか思いました。

>まったく格の違う庵野さんや虚淵さんに対抗するつもりは毛頭ないし

でもこの文章だと
お前らにはお前らのゴジラがいるだろう。
無理にゴジラにする必要はないんだよ。
って言ってる気がします。
#5834[2017/04/23 14:30]  野良猫  URL  [Edit]

Re: 野良猫様COありがとうございます^^

進化した超軍事兵器に追われたゴジラ。片やコンピューターに職場を追われた人間。
居場所を失った。或いは失いつつある…と言うのはゴジラと人間の共通の視点かも知れない。
まぁ、ゴジラが人間の言葉を話し、互いに心が理解できたら友情を結べるかも知れませんが、
でも、蟻と巨人の差がある人間とゴジラでは、そうたやすくいくかどうか?…ですね(笑)

いぇいぇ、意地を張って突っ張ってる訳ではないんです。自分は無名の元スタッフだし(笑)
今の監督達は、私の特撮現役時代に私達が作った作品の観客で、私は製作者の端くれだった。
なので、現場から見た視点と、観客から見た視点の違いは当然ある…と言うだけの事です(笑)
#5835[2017/04/23 15:24]  sado jo  URL 

度々すみません

個人的には
迎えに来るのは円谷英二本人って感じです。
ゴジラにとって生みの親であり、自分を他の人に任せて先にいってしまった人。

役目を終えるゴジラを迎えに来るのはそんな感じがいいかなと思います。

きっと親であれば蟻と怪獣とは思わないはず。
そう祈りたい想いも込めて
#5836[2017/04/23 16:17]  野良猫  URL  [Edit]

Re: 野良猫様COありがとうございます^^

> 迎えに来るのは円谷英二本人って感じです。
> 役目を終えるゴジラを迎えに来るのはそんな感じがいいかなと思います。

あ、そう言えば円谷英二社長はキリスト教徒でした。洗礼名を「ペテロ」と言います。
仕事の時は鬼だったけど、普段はやさしい「聖ペテロお爺さん」って感じでしたね~
「迷える子羊のゴジラよ。もう役目は終わった。わしと一緒に天国へ行こう」ですか?
いぇいぇ、ゴジラは迷ってなんかいませんよ…神に逆らって迷ってるのは人類の方です。
ただいま、世界のあちこちで爆弾や核兵器を抱えて迷走の真っ最中…天国に行って神に会うのが恥ずかしくて、地獄に墜ちたい気分なのかな?(皮肉)
#5837[2017/04/23 17:09]  sado jo  URL 

是非是非是非!

こんにちは〜〜

sadさんの視点で描かれる、
ニューゴジラ、sad joバージョン、愉しみです!

私は、ゴジラがやっぱり好きです。
ゴジラには、畏怖ではない髪を感じるのです。
アニメなどに登場する時代毎のヒーローは、その時の、人々の心が求めているのでは、
そう思います。


#5838[2017/04/24 12:23]  窓sad jo  URL  [Edit]

Re: 窓様COありがとうございます^^

> sadさんの視点で描かれる、ニューゴジラ、sad joバージョン、愉しみです!
> アニメなどに登場する時代毎のヒーローは、その時の、人々の心が求めているのでは、
> そう思います。

応援していただきありがとうございます^^
時代毎に人々が求めるヒーローは異なりますが、そこには人間の理想があると思います。
円谷監督の空襲体験から生まれたゴジラの原点に立ち返り、そこから見えてくる人間と時代。
さらに、特撮現場で共に働いたスタッフの方々の思いを乗せた、まったく新しいゴジラ。
命とは何か?人間とは何か?時代とは何か?…ゴジラヒストリーの集大成として描きたい。
そして、その先に見えてくる人類の未来を暗示する…力のこもった小説にしたいと思います^^
#5839[2017/04/24 13:19]  sado jo  URL 

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
#5840[2017/04/24 16:59]     

Re: m様COありがとうございます^^

最近はインターネット回線が混雑してるせいなのか?不具合がよく発生します。
特にWi-Fi無線などを使う場合は、混線したり、突然遮断したりする事もあります。
PCが原因の場合もありますが、少し妙な動作をすると思ったら、チェックして下さい^^
#5841[2017/04/24 18:33]  sado jo  URL 

おはようございます
円谷監督の作品を見ると実に惜しい方を亡くしたと感じます。
#5842[2017/04/25 08:59]  ネリム  URL  [Edit]

Re: ネリム様COありがとうございます^^

> 円谷監督の作品を見ると実に惜しい方を亡くしたと感じます。

知らない日本人はいない「ゴジラ」や「モスラ」や「キングギドラ」などの数々の怪獣。
子供達に夢を与えた「ウルトラマン」や「ウルトラセブン」を産み出した人ですからね~
日本の特撮を世界に知らしめた天才であり、本当の意味で「神掛かった映画監督」でした。
短い間だったけど、そんな人の下で働けた事は自分の人生の金字塔でしたね^^
#5843[2017/04/25 09:25]  sado jo  URL  [Edit]

自分もそろそろ続きを書きます
近日中にアップできるかと思われます

2週間ぐらい前に飛ばしすぎた影響と他に色々と考えることもあったせいか、なかなか書く気が起きなかったんですよね(汗)

まぁ、でもいい感じに充電できましたけどねw
#5850[2017/04/26 19:27]  blackout  URL 

Re: blackout様COありがとうございます^^

> 自分もそろそろ続きを書きます。近日中にアップできるかと思われます

自分にとっては、小説を書く時間はとても貴重なものです。
今長編を三つ手掛けてますが、病院通いと一人暮しの雑用に追われて全然時間がない><
この分だといつになったら書き上がるのか?皆目見当が付かない有様です(苦笑)
なのに、頭の中では次から次に発想が湧いて来て、20~30くらいの小説ネタがある。
近々「ゴジラ」を書きますが、これも長編になりそうな感じで悩んでいますよ(笑)
#5851[2017/04/26 20:23]  sado jo  URL 














管理者にだけ表示を許可する

~ Trackback ~


  ↑記事冒頭へ  
←地球年代記 ~カルマ~ 第7話 「人魚姫」 (15)    →地球年代記 ~カルマ~ 第7話 「人魚姫」 (14)