シムーン第二章 ~乙女達の祈り~

「▼地球年代記 ~カルマ~」
地球年代記 ~カルマ~ 小説本編

地球年代記 ~カルマ~ 第7話 「人魚姫」 (16)

人魚姫16

「人魚姫か~」

「深い海からやってきた幼い人魚姫は、溺れかけていた男の子を助けた。仲良くなった二人はよく海で一緒に遊んだ。そして、大きくなっても友達でいようと約束した。でも、大人になった男の子は、人間社会で暮らす内に人魚姫の事などすっかり忘れてしまった。
ある日、彼の所に一人の少女がやってきた。けれども少女の海のような蒼い髪は、彼が憎んでいる敵の民族の印だった。勘違いした男は少女に銃を向けて「お前の国に帰れっ!」と言った。彼女は、なぜ幼い頃に一緒に遊んだ男の子がそんな事をするのか分からなかった。海には国もなく国境もない。姿形は違っていても人魚はみんな人魚だった。人魚姫の少女は泣きながら海に帰っていった。
それからしばらく経って何やら陸地が騒がしくなった。気になった人魚が陸に上がってみると、あちこちの町や村が燃えていて男の姿はどこにもなかった。人魚姫は戦火の中で傷付きながらも懸命に男を捜し回った。そしてついにある戦場で変わり果てた男の亡骸を見つけた。人魚姫は男の亡骸を抱きしめて泣いた。そうして深い傷を負った人魚姫も死んでしまった」

「お前って詩人なんだな~…マコト」
「なぁ、ケンタ」
「何だよ?」
「僕が死んだらお前が埋めてくれるか?」
「あぁ、その時生きてたらな」
「でも、墓に名前を書く時に『山下真』はやめて欲しい」
「じゃぁ、何て書いたらいいんだ」
「『アンデルセン』って書いてくれ」
「あぁ、分かったよ」

 もうすぐ、オホーツクの海に漂う流氷が宗谷岬に接岸する季節になる。
 ただ、今年の流氷はいつもと違って、死を齎す放射能をたっぷり含んでやってくるだろう。
 その前にロシア軍が上陸してきて、互いに生き残りを賭けた激しい殺し合いが始まるかも知れない。
 でも、戦いに勝って生き残った所で、放射能で汚染された世界でいつまで生きていられるのか分からない。
 最後の一人になった人間は何を思うだろうか…独りぼっちになって誰かに逢いたくなるんじゃなかろうか?
 例えそれが敵であっても、なじられても、罵られても無性に誰かに逢いたい…そう思うんじゃないだろうか?
 遠からず、ただでさえ寒い宗谷岬にも、すべての生き物が死に絶える「核の冬」が訪れるのだろう。
 まもなく世界は終わろうとしていた。

それは、人間に陸を追われて仕方なく海で生きるようになった種族の末裔である人魚姫が見た人間世界の夢だったのか? 
それとも、戦場でたくさんの敵を殺した兵士がついに倒れ、最期に息を引き取る間際に見たはかない夢だったのだろうか?

 地球年代記 ~カルマ~ 第7話 「人魚姫」 (完)

にほんブログ村 小説ブログへ
クリックをお願いします
 
関連記事
スポンサーサイト
 関連カテゴリ一覧 ▼ 
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼シムーン第二章 ~乙女達の祈り~
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼未来戦艦大和
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼ビーストハンター
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼地球年代記 ~カルマ~
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼まぼろし
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼やさしい刑事
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼幻影の艦隊
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼その他の小説
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼シムーン第二章 ~乙女達の祈り~
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼未来戦艦大和
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼ビーストハンター
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼地球年代記 ~カルマ~
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼まぼろし
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼やさしい刑事
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼幻影の艦隊
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼その他の小説
もくじ  3kaku_s_L.png オリジナル詩集
もくじ  3kaku_s_L.png 随想/論文集
もくじ  3kaku_s_L.png 死とは何か?
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  ↑記事冒頭へ  
←新小説 「ゴジラの子守歌」 (予告編)    →地球年代記 ~カルマ~ 第7話 「人魚姫」 (15)

~ Comment ~


人がいなくなった世界ではイカが新たな知的生命体へ進化すると学者達は説を立てていますが
イカかどうか、現れるかどうかは別として、陸で暮らせなきゃ海しかないですしね。
チェルノブイリだって今は動物の楽園になってますし
不謹慎かもしれないけど、人類滅亡後の世界を見るには一番それらしいところかな。
#5856[2017/04/29 08:32]  西條すみれ  URL 

おはようございます

地球空洞説だったかの本に、アトランティス大陸だかの沈没以来、
地底に隠れて住む人種が現在でもいると書いてありました。
海に住む人種の末裔が人魚姫の伝説になった。なるほど。
なじかは知らねど心わびて~はローレライの妖精だか水の精でした。
水の中に住む彼女たちは哀しい人生を過ごしているようですね。
陸に住む男たちはアダムのときから顔に汗してつらい人生を歩んでいます。
最近の日本の株価は全然変動してないそうですが、
狂った男の命令一つで日本列島沈没もあり得ます。
げに怖ろしきは人間の野心ですね~。
#5857[2017/04/29 09:02]  ☆バーソ☆  URL  [Edit]

Re: すみれ様COありがとうございます^^

> チェルノブイリだって今は動物の楽園になってますし
> 不謹慎かもしれないけど、人類滅亡後の世界を見るには一番それらしいところかな。

チェルノブイリもですが、今度の「ゴジラ小説」の舞台になるビキニ環礁もそうですね。
戦後まもなくアメリカの度重なる核実験の結果、生物が存在しない死の海が広がってます。
放射能濃度が高くて、強制退避させられた住民は、70年経った今も元の故郷に帰れません。
核戦争が終わった後の地球は、月と同じく生物のいない死の惑星になるのは確実です(笑)
#5858[2017/04/29 11:03]  sado jo  URL 

Re: パーソ様COありがとうございます^^

> 地球空洞説だったかの本に、アトランティス大陸だかの沈没以来、
> 地底に隠れて住む人種が現在でもいると書いてありました。
> 海に住む人種の末裔が人魚姫の伝説になった。なるほど。

若い頃、私が創作して脚本化されたウルトラセブンシリーズ「ノンマルトの使者」は、
人間に陸地を追われた別の種族が…一応、ネアンデールタール人を想定していましたが、
海の中に逃げて、半魚人の様な海棲生物になった…と言うストーリーでした。
陸地を征服した人類は、やりたい放題、好き放題、核兵器を弄ぶ狂った独裁者もいたりして。
まぁ、滅亡は時間の問題かな?(笑)…いつか、誰もいない地球の物語も書いてみたいです。
#5859[2017/04/29 11:23]  sado jo  URL 

終末の風景は寂しいですね。
人魚姫を謳った詩人な彼と、墓標を託された彼。
先に逝くものより残される方がきっと辛いでしょう。
それも誤差の範囲なのでしょうか……

何にせよこんな風景を見るのは創作の中だけがいいですね。
#5860[2017/04/29 14:58]  椿  URL 

Re: 椿様COありがとうございます^^

> 終末の風景は寂しいですね。
> 何にせよこんな風景を見るのは創作の中だけがいいですね。

人間はいずれは死ぬ生き物…とは言え、安らかに逝く権利はあるはずです。
一部の者の、欲や野心や憎しみの為に強制シャットダウンされるのは御免被りたい><
人類最期の一人になった人は何を思うのでしょうね?…誰一人いない静寂の中でね。
生きてても仕方ないから、首を吊る為のロープでも探しますか?私ならそうします(笑)
#5861[2017/04/29 15:24]  sado jo  URL 

人類が滅んだあとに残るのは哺乳類ではモグラかネズミくらいでしょうか(笑)
昆虫ならさしずめゴキブリかな。
一部の人間の我欲で巻き添えになるのはゴメンだけど、核兵器のボタンを握っているのが全部狂気の人物ばかりでは想像するのもイヤですね(--〆)
#5862[2017/04/29 17:35]  まり姫  URL  [Edit]

Re: まり姫様COありがとうございます^^

> 人類が滅んだあとに残るのは哺乳類ではモグラかネズミくらいでしょうか(笑)
> 昆虫ならさしずめゴキブリかな。

アメリカが度重なる核実験を行ったビキニ環礁は、未だに生物の姿が見当たりません。
核保有国が、この時とばかり在庫一掃バーゲンセールをやったら生物は全て死に絶えます。
パソコンで言うなら、地球を20回完全フォーマットするだけの核兵器がありますからね。
但し、放射能は残るし人もいなくなるので、生命の再インストールは二度と出来ません。
地球は赤茶けた砂漠の大地に、核爆発のクレーターだけが残る死の惑星となります(笑)
#5863[2017/04/29 18:16]  sado jo  URL 

そういえば、最近火星じゃなくて土星の衛星が注目されてるようです
どうも、生命が存在するんじゃないかってね

核戦争で大半の人類が死滅して、地下シェルターに残っていた人類たちが移住する星はその土星の衛星になるかもですね

問題は、ろくに訓練してない人類たちをどうやって移動するか、かなと

現在、より詳細な調査を急ピッチでやってるようですが、色々と準備が整う前に核で人類が滅亡しそうな気がしてならないですね(汗)
#5864[2017/04/29 20:47]  blackout  URL 

Re: blackout様COありがとうございます^^

> 核戦争で大半の人類が死滅して、地下シェルターに残っていた人類たちが移住する星はその土星の衛星になるかもですね
> 問題は、ろくに訓練してない人類たちをどうやって移動するか、かなと

まぁ、核戦争で地下シェルターに避難できるのは、欲の深いお偉方だけでしょうが(笑)
そんな贅沢な連中が、重力や大気組成や環境の違う他の星で生きられるかどうか疑問です。
場合によっては、原始人に等しい生き残りを賭けたサバイバルが要求されますからね~
最も困難なのは太陽です。火星でさえ太陽光は地球の1/3…北極や南極よりも遥かに少ない。
永住するには、遺伝子レベルで人体を改造して適応させるしかないがほぼ不可能です(笑)
#5865[2017/04/29 23:31]  sado jo  URL 

こんにちは~♪
反核平和団体の人から教えてもらった情報ですが、自衛隊の基地には核シェルターが設置されているそうです。
国民に知らせないでひそかに建設した戦前の松代大本営のような空恐ろしさを感じます。
国民がみんな死んでも戦争をたきつける一部の人間だけが助かろうなんて昔も今もひとつも変わっていないようですね(--〆)
#5866[2017/04/30 16:56]  まり姫  URL  [Edit]

Re: まり姫様COありがとうございます^^

> 反核平和団体の人から教えてもらった情報ですが、自衛隊の基地には核シェルターが設置されているそうです。
> 国民がみんな死んでも戦争をたきつける一部の人間だけが助かろうなんて昔も今もひとつも変わっていないようですね(--〆)

いぇ、それは秘密ではなく公然の情報ですよ。
緊急時に自衛隊の幹部が指揮を執る司令部は、地下シェルターに設置されています。
それどころか、首相や閣僚や官僚のTOPは内閣府の地下シェルターに避難する事になってます。
まぁどの国でも要人の避難を優先するのは常識ですが、仮に助かっても国民は誰もいなくなる。
そうなると野望もへったくれもなくなりますね…なにせ操れる国民はとっくに死んでます(笑)
#5867[2017/04/30 17:19]  sado jo  URL 

こんばんは
人魚姫可哀想です。
#5868[2017/04/30 20:37]  ネリム  URL  [Edit]

Re: ネリム様COありがとうございます^^

> 人魚姫可哀想です。

そうですね…人間社会で暮す間に、別人の様に人が変ってしまった幼馴染の少年。
何を人間達に教わったんでしょうね~?…それでも一途に彼を思う人魚姫の少女。
もしや、初恋だったのかも知れませんね^^
#5869[2017/04/30 22:10]  sado jo  URL 

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
#5870[2017/05/01 18:06]     

Re: m様COありがとうございます^^

子供の日までは晴れていて、いいゴールデンウィークになりそうですね^^
週末頃から天気が崩れそうですが、却って行楽疲れの骨休めになるんじゃないかな(笑)
こちらの小説は「人魚姫」が終わって、そろそろ「ゴジラ」が日本に上陸しそうな気配です。
自衛隊は米艦防護より北朝鮮よりも恐い「ゴジラの襲来」に備えた方がいいと思います(笑)
#5871[2017/05/01 19:06]  sado jo  URL 














管理者にだけ表示を許可する

~ Trackback ~


  ↑記事冒頭へ  
←新小説 「ゴジラの子守歌」 (予告編)    →地球年代記 ~カルマ~ 第7話 「人魚姫」 (15)