シムーン第二章 ~乙女達の祈り~

▼ゴジラの子守歌

ゴジラの子守歌 第1夜

ゴジラ幻想交響詩01
南洋の海に浮かぶインファント島にはもしや?…まさかね(笑)

 国際的な緊張状態が続く南沙諸島海域を抜けた船は、さらに南を目指していた。
 多くの国々が鼻先を突き合せて争っている南シナ海は、最終氷河期の頃までスンダランドと言う大きな陸地だった。
 それが氷河期が終わって海面が上昇したために海の中に沈み、後には、現在見られるような点在する大小の島々が残った。
 学説によると、今のアジア地域に暮らすすべてのモンゴロイドは、このスンダランドを発祥の起源としていると言われる。
 その証拠に、アジア各地の沿岸部からカヌーの製作に使った同じ型の石斧が発掘される。もちろん日本とて例外ではない。
 そうすると何の事はない…元は同じスンダランド人だった者たちの子孫が、各地に散ってから争い合っていると言う事になる。
 人間とは何と皮肉な生き物だろうか?昨日は同じ親から産まれて血を分けた兄弟同士で、今日は血を流して殺し合っている。
 ともあれ、真珠を散りばめたように大小様々な島が浮かんでいる南洋は、まるで楽園に迷い込んだかのように神秘的で美しい。
 小人の妖精がいると言われる伝説のインファント島もその一つだ。船はそんな神秘に満ちた南洋のある島を目指していた。

 安住吾郎は、CNNニュースの取材班がチャーターしたその船に、数人の学者とともに乗っていた。
「いい天気ですね~…蒼い海に、蒼い空」
 日本に駐在した経験のあるクルーが、流暢な日本語で話しかけてきた。
「浮かれてるといきなりドッ!とくるぞ~…スコールが」安住は笑って答えた。
「へぇ~…こんなに晴れてるのにですか?」
「急に来るんだよ…昔、漁船に乗ってた頃に経験したからな」
「あれっ、安住さんは元は漁師だったんですか?」
「地震が起きる前まではな」
「じゃぁ、東北に住んでいたんですね」
「あぁ、そうだ…あれで何もかも失っちまった」
「それはお気の毒に」
「昔の事だ」
 安住は水平線にやっていた目を空に移した。
 胸の内から何かが込み上げてきたからだった。
 そうして、彼は震災の後に遭遇した色々な出来事を思い出した。
 その始まりは、地震が起きてから一年と経っていなかった頃の事だった。

「お~ぃ、タイムリミットだ。引き上げようや」同僚の作業員だった佐藤が言った。
「おぉ、先に行っててくれや…何だかあっちの方で人影が動いたような気がするんだ」安住はそう答えた。
「大方、野犬か何かだろ…この辺りは地震で飼い主にはぐれたのがうろついてるらしいから」
「そうかも知れんがな…気になるからちょっくら見てくるわ」
「じゃ、先に行ってるぞ。あんまり長くいると被爆しちまうからな」
「あぁ」

~続く~

にほんブログ村 小説ブログへ
クリックをお願いします
 
関連記事
スポンサーサイト
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼シムーン第二章 ~乙女達の祈り~
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼未来戦艦大和
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼ビーストハンター
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼地球年代記 ~カルマ~
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼まぼろし
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼やさしい刑事
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼幻影の艦隊
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼その他の小説
もくじ  3kaku_s_L.png オリジナル詩集
もくじ  3kaku_s_L.png 随想/論文集
もくじ  3kaku_s_L.png 死とは何か?
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  ↑記事冒頭へ  
←ゴジラの子守歌 第2夜    →ヒトラーの助言 ~あの世から北朝鮮を巡る情勢について~

~ Comment ~


飼い主とはぐれたっきりのペットもまだいるのかな。
住処も食べ物もある中で育てられたから自力で自然を生き抜く術があるのやら。
我々だって計画停電などで電気が使えない生活を体験したし
便利になりすぎると依存度が高まるので、途絶えたときにかえってダメになりますね。
#5908[2017/05/08 10:00]  西條すみれ  URL 

おはようございます。^^ヾ

まぁ!あの、モスラの双子姉妹を彷彿させてくれますね!
そういえば、モスラにも何か歌を歌ってメッセージを送っていたような。

それにしても、我々の発祥の地だとは!
#5909[2017/05/08 10:34]  窓  URL  [Edit]

Re: すみれ様COありがとうございます^^

> 住処も食べ物もある中で育てられたから自力で自然を生き抜く術があるのやら。
> 便利になりすぎると依存度が高まるので、途絶えたときにかえってダメになりますね。

舞台は、東日本大震災からそんなに経ってない頃の福島原発付近の様です。
住民が慌てて避難した後に、取り残された家畜やペットが随分餓死したらしいですね。
人に頼って生きてきた者にとっては、放射能の中での死のサバイバルだったんでしょう。
予測では、人類が絶滅すると、周りにいた動物も全て絶滅するだろうと言われてます。
#5910[2017/05/08 11:09]  sado jo  URL 

Re: 窓様COありがとうございます^^

> まぁ!あの、モスラの双子姉妹を彷彿させてくれますね!
> それにしても、我々の発祥の地だとは!

現在は大陸棚になっている「スンダランド」は学術的に検証されています。
最終氷河までは、中国南部~フィリピン、インドネシア、ニューギニアまでが陸続きでした。
我々アジア人はそこからやって来て、一旦北に上がり、また南下して現在地に定住した。
そう言えば、あの近辺の人々は確かにアジア人の原型の様な顔をしてますね(笑)
今でも精霊信仰が盛んでモスラの様な精霊伝説もあります…日本や中国の神話の原型に当たる様な伝承も残っていたりして、南洋は我々アジア人の心の故郷ですね^^
#5911[2017/05/08 11:28]  sado jo  URL 

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
#5912[2017/05/08 16:56]     

Re: m様COありがとうございます^^

フランス人は連休ボケしてませんでしたね…まぁ、向こうにはG.Wはないですが(笑)
その昔、ファシストの洗礼を受けて蹂躙された記憶をキチンと選挙に生かしました。
アメリカ人に免疫がないのは仕方がないとしても、日本人は免疫を持ってるはずです。
なのに、再び国粋主義者や偽愛国者を台頭させてるのはどう言う事なのかな?(笑)
アジアや世界の善き友でいるか?嫌われ者になるか?いつか選択の時が来るでしょう。
#5913[2017/05/08 18:07]  sado jo  URL 

これは人影でもなければ、野犬でもない気がしますねぇ
もしや、ゴジラのような存在?

まぁ、それは読んでからの楽しみにした方がよさそうですねw

そういえば、計画停電といえば、実は東京都内は23区内は計画停電がありませんでした

逆に23区外のみでやってて、当時自分はその23区外に住んでたので、軽く差別された気分になりましたね

もちろん決まったものは仕方ないので、自分の住んでいる区域がどの時間帯に停電されるかは常にチェックしてました

停電になる時間帯は家にいないようにしてたせいか、鉢合わせしたことはありませんでしたが、その数ヶ月後に、その区域を見限るような感じで23区内へ引っ越しました

そのとき、国の考え方みたいなのが結構見えた気がしましたね
#5914[2017/05/09 17:01]  blackout  URL 

Re: blackout様COありがとうございます^^

> これは人影でもなければ、野犬でもない気がしますねぇ
> もしや、ゴジラのような存在?
> そういえば、計画停電といえば、実は東京都内は23区内は計画停電がありませんでした
> 当時自分はその23区外に住んでたので、軽く差別された気分になりましたね
> そのとき、国の考え方みたいなのが結構見えた気がしましたね

いきなりゴジラですか?…さすがに自分の小説ではそれはないと思います。
ゴジラに限らず、日本の映画やドラマ、アニメはスポンサーの圧力が強く働きます。
クリエイターが描いたプロットやコンテを無視して「ともかく客引きを優先しろ!」です。
特撮スタッフだった頃は随分泣かされました…自分は、やはり物語構成を大事にしたい。

ははは…どこの国も同じですよ。中央を守る為に周辺を斬り捨てるのが国家の方針です。
むしろ問答無用で、少数をバッサリ斬れるから政治家としてメシが食えてるのかも?(笑)
#5915[2017/05/09 17:36]  sado jo  URL  [Edit]

こんにちわ
原発も頼りすぎると怖いなと思いました。
#5916[2017/05/10 12:29]  ネリム  URL  [Edit]

Re: ネリム様COありがとうございます^^

> 原発も頼りすぎると怖いなと思いました。

本当の事を言うと、地震国の日本に原子力発電所はとても危険なんですけどね。
寧ろ地震=地下のマグマを逆利用する地熱発電の方がよい。技術開発が急がれます。
後、日本近海には腐るほどメタンが眠ってます…日本には原発を廃止しても、充分すぎるほどのエネルギー源がありますよ^^
#5917[2017/05/10 13:22]  sado jo  URL 














管理者にだけ表示を許可する

~ Trackback ~


  ↑記事冒頭へ  
←ゴジラの子守歌 第2夜    →ヒトラーの助言 ~あの世から北朝鮮を巡る情勢について~