シムーン第二章 ~乙女達の祈り~

▼ゴジラの子守歌

ゴジラの子守歌 第5夜

ゴジラ05

「ゴロさん。その子はどうしたぃ?」
 作業車の中で待っていた佐藤は、幼い子供を抱えて帰ってきた安住を見るなり言った。
「汚染廃棄物の傍で見つけたんだ…どうも迷子になっちまったらしい」
「日本人じゃねぇな。白人の子供に見えるけどちょっと色が黒い…アラブ人かな?中南米人かな?」
「さぁな、俺にゃぁ分からん」
「大方、外国人作業員の子だろう…人手が足りねぇもんだから、結構外国人を雇ってるらしいからな」
「うん、俺もそう思うけど、それにしても無責任な親だなぁ~…こんな危ねぇ作業場に子供を連れてくるなんて」
「まぁ、あいつらは日本人とは感覚が違うからな…で、どうするぃ?その子」
「親を探すより何より、身体を洗ってやるのが先だろう…放射能がついてたら大変だからな」
「そうだな。急いで戻ろうか」
「あぁ、そうしてやってくれ」

 会社の施設に帰った安住は、大急ぎで女の子を連れて放射能除染室に入った。
 そこで服を脱がせてみて、それまで気が動転していて気づかなかった幼女の異様さに初めて気づいた。
(あっ!この子はまさか?)
 そう…幼女は奇形児だった。生まれつき背中が大きく曲がったせむしだったのだ。
 痩せこけた背中には、ゴツゴツと隆起した瘤のある背骨が歪んだように並んでいた。
 その上、お尻にある尾てい骨までまるで尻尾のように飛び出していた。
 安住はそれを見て愕然とした…そうして、震災で亡くした可愛い孫娘と同い年に見える幼女をしみじみと眺めた。 
(こんなにガリガリに痩せて…カタワに生まれたせいで満足にメシをもらってないのか?いったい親は何をやってるんだ!)
 胸の中に怒りが込み上げてくると同時に、余りにも不憫な境遇のせむしの幼女を哀れに思った。
 安住は思わず幼女を抱きしめた。それから、ランドリーに入れた服が乾く間ていねいに身体を洗ってやった。
 暖かいお湯が気持ちいいのか?安住がやさしくしてくれるのがうれしいのか?幼女はされるがままになっていた。

 安住が幼女の除染を済ませ、乾いた服を着せて施設を出ようとすると佐藤が声を掛けてきた。
「お~ぃ、ゴロさん…どこの作業現場も終って引き揚げたみてぇで誰もいないぞ」
「そりゃ困ったなぁ…そんじゃぁ、この子の親を探しようがねぇじゃねぇか」
「いっそ、作業員宿舎の近くにある交番で預かってもらったらどうだ」
「そうだな。交番に連れていくしかないな…迷子は警察に任せるのが常識だしな」
「ここからは少し遠いけどそうしなよ。こんな危ない所まではお巡りも来てくれねぇしよ」
「うん。そうするわ」

 安住は施設の駐車場に停めてあった自分の車にせむしの幼女を乗せた。


~続く~

にほんブログ村 小説ブログへ
クリックをお願いします
 
関連記事
スポンサーサイト
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼シムーン第二章 ~乙女達の祈り~
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼未来戦艦大和
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼ビーストハンター
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼地球年代記 ~カルマ~
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼まぼろし
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼やさしい刑事
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼幻影の艦隊
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼その他の小説
もくじ  3kaku_s_L.png オリジナル詩集
もくじ  3kaku_s_L.png 随想/論文集
もくじ  3kaku_s_L.png 死とは何か?
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  ↑記事冒頭へ  
←ゴジラの子守歌 第6夜    →遠き道

~ Comment ~


なんとなくゴジラのような特徴をした少女ですね。
奇形で生まれても1つの命だから大切に育ててほしいし
普通とは違うからこそ虐められてしまうものですが
これはこれで健常者にはない個性や感性があるはずなので個人的には興味深いです。
#5987[2017/05/25 21:53]  西條すみれ  URL 

Re: すみれ様COありがとうございます^^

> なんとなくゴジラのような特徴をした少女ですね。
> これはこれで健常者にはない個性や感性があるはずなので個人的には興味深いです。

ゴジラは基本的に卵生なので、人間の子供=哺乳類を産む事はないと思います(笑)
しかし人と猿の祖先が共通の生物だった様に、ゴジラと人の間に共通の祖先がいて、数億数千万年掛けて枝分かれした可能性はなくもないです。
身障者は時に特異な能力を持ってたりします…つまり、人の進化系を試した結果失敗したとも考えられます。であれば、新人類に成り損ねただけかも知れません。
進化は、数千万数億の失敗作の上に、たった一つだけ成功する者が現れるのが通例です。
生命は有史以来五回も滅びの危機に瀕しました…なので、例え失敗しても次の危機を乗り越える道を模索する必要があります。身障者だとバカにしてはならない。彼らは果敢な挑戦者かも知れないのです^^
#5989[2017/05/25 22:49]  sado jo  URL 

素晴らしい記事をありがとございました。

sadoさん、こんにちは~~~♪

過去記事のご紹介、本当にありがとうございます!

涙涙です、今。
ガラスのように透明で、傷付きやすい心から、こんなに愛の言葉が編まれるなんて。
驚愕です、そのひとことしかないような気がします。

けど、魂の震えを叫びを声にする、そこで救われていたのでしょうか。
#5990[2017/05/26 11:41]  窓  URL  [Edit]

こんにちは~♪
放射能汚染による奇形児も私みたいな先天性免疫不全も奇形としては変わりはないと思いますが、健常者から見ると異常に見えるのでしょうね。
生存権はすべてのものにあるはずなのにね(*^^*ゞ
#5991[2017/05/26 17:34]  まり姫  URL  [Edit]

Re: 素晴らしい記事をありがとございました。

> 過去記事のご紹介、本当にありがとうございます!涙涙です、今。
> ガラスのように透明で、傷付きやすい心から、こんなに愛の言葉が編まれるなんて。

窓様、喜んでいただきありがとうございます^^
円谷プロのスタッフだった自分が、長い間ゴジラを書かなかったのには訳があります。
それが「シンゴジラ」を観て吹っ切れた…あの映画には隠された重要なファクターがあります。
居場所を奪われた者の叫び…それが冒頭の宮沢賢治の「春と修羅」「折鶴」に表されてました。
ゴジラは死に場所を探す居場所の無い者の化身でした…庵野監督はそれを神話的に表現した。
ゴジラの咆哮は、今の日本…いゃ「世界中の居場所の無い魂の震えの叫び声」だったのです。
なぜこんな世界=社会になってしまったのか?…人々はあの映画から学ばなければなりません。

http://simoun2.blog.fc2.com/blog-entry-484.html…皆さんにも彼女の和歌を読んでもらいたいと思います。
#5992[2017/05/26 18:28]  sado jo  URL  [Edit]

Re: まり姫様COありがとうございます^^

> 放射能汚染による奇形児も私みたいな先天性免疫不全も奇形としては変わりはないと思いますが、健常者から見ると異常に見えるのでしょうね。

米国は否定するが、湾岸・イラク戦争で使われた劣化ウラン弾で大勢の奇形児が生まれました。
ロシアのチェルノブイリ原発事故も、周辺で産まれた子に奇形や血液異常が認められてます。
小説のアラブ風の奇形幼女は、もしや親がイラクで劣化ウラン弾を浴びたのかも知れません。
放射能は人体深く入り込み細胞組織を破壊する…どんな病気より後遺症を残す恐ろしさがある。
原発推進派だった小泉元首相が実態を見て泣いたとか…現実に起きてからでは遅いんです><
#5993[2017/05/26 20:23]  sado jo  URL 

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
#5994[2017/05/27 17:12]     

Re: m様COありがとうございます^^

最近、体調が思わしくなく病院通いが続いています(苦笑)
なので「ゴジラの子守歌」が思う様に書けてないのが悔しいです。
そんな状態なので、誤字や誤謬が目立っても勘弁してやって下さい。
#5995[2017/05/27 20:22]  sado jo  URL 

生きるってことは、程度の差こそあれ、徐々に締め付けがきつくなる茨の冠を被せられ、徐々に重さが増してくる十字架を背負わされてる
もしくは、いつ爆発するかわからない時限爆弾を抱えている

そう思えてならないですね
#5996[2017/05/27 20:50]  blackout  URL 

Re: blackout様COありがとうございます^^

「生きる事は、重き荷を背負うて遠き道をゆくが如し」徳川家康の悟りですな(笑)
おまけに身体には自爆用の爆弾が巻かれている…まるでイスラム過激派の様です。
まぁ、突発的な事故などで死ぬか?時限爆弾が破裂するまで何も知らずに生きるか?
悲観的に見れば、人生とはそんなものかも知れませんね(笑)
#5997[2017/05/27 22:29]  sado jo  URL 

こんばんは
小さな女の子が気の毒に思えました。
#5998[2017/05/27 23:21]  ネリム  URL  [Edit]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
#5999[2017/05/28 01:47]     

Re: ネリム様COありがとうございます^^

> 小さな女の子が気の毒に思えました

震災で家族を亡くした除染作業員の安住吾郎が、放射能廃棄物の中で見つけた幼女。
もしや迷子になったのではなく、障害児なので親に捨てられたのかも知れませんね~?
この後の展開がすごく数奇なストーリーになりますよ。続きをお楽しみに^^
#6000[2017/05/28 08:38]  sado jo  URL 

Re: M様COありがとうございます^^

いぇいぇどういたしまして…こちらこそありがとうございました^^

そうですね…悲しい事ですが、日本人はとても体面を気にする民族です。
幼い頃、隣のお兄さんが小児麻痺を患ってて、蔵の中に閉じ込められてました。
遊びに行くととっても嬉しそうにして、一緒にトランプなんかした思い出があります。
昔は障害を持つ子は親に粗末に扱われたりしてて、お兄さんも若くして亡くなりました。
今なら児童虐待です…でも、世間の見る目は今も昔も変わらないのが悲しいですね。
#6001[2017/05/28 09:19]  sado jo  URL 














管理者にだけ表示を許可する

~ Trackback ~


  ↑記事冒頭へ  
←ゴジラの子守歌 第6夜    →遠き道