シムーン第二章 ~乙女達の祈り~

▼ゴジラの子守歌

ゴジラの子守歌 第8夜

ゴジラ08

(もしかしたら これは人生最後の大仕事になるかも知れない)
 この時、癌を宣告されていたチャン教授はそう思った。
 教授の身を案じた家族や友人は、一線を退いて治療に専念するように促した。
 けれども学問に一生を捧げてきた教授にとって、探求をやめる事は死ぬよりも辛い事だった。
 『朝(あした)に道を聞かば 夕べに死すとも可なり』~孔子~
「もし真実を知る事ができるならば、死んでも構わない」教授はそんな本物の学究の徒だった。

 今から約3億6千万年前、魚類だっだものの一部が陸に上がって活動を始めた。
 そうして両生類が誕生した…過去から現在までのすべての陸上動物は、この両生類を祖先に持っている。
 その時代の地球は石炭紀と呼ばれ、大気や海の酸素濃度が現在の倍近くあって生物にはとても活動しやすい環境だった。
 特に昆虫が大繁殖して巨大化し、ゆうに3メートルにも達するムカデや、メガネウラと言う巨大なトンボがいたと言う。
 そんな時期に、爬虫類と恐竜と哺乳類は両生類から枝分かれし、それぞれの生存環境に合わせて進化していった。
 だが、そんな彼らに大きな試練が訪れた…濃い酸素のために山火事や火山噴火が頻発して、大気の酸素濃度が減少したのだ。
 爬虫類と哺乳類は身体を小さくし、酸素の消費量を極力押さえる事によってこの試練の時を凌ごうとした。
 ただ恐竜だけはまったく違う方法を編み出した。体内に空気をためて置く気嚢…言わば生体酸素ボンベを発達させたのだ。
 この進化が功を奏して、恐竜はその後二億年以上の長きに渡って地球の覇者となり、一部は巨大な身体を持つに至った。
 現代の恐竜の子孫と言われる鳥類が、空気の薄い高い空を飛べるのは、翼だけでなく体内に気嚢を備えているお陰なのだ。
 しかし、地球の環境は刻々と変化する…恐竜の楽園だったバンゲア大陸は分裂と衝突を繰り返しながら形を変えていった。
 それに伴って気候も変化し植物の様相も異なるものになった。草食恐竜の餌が失われれば、当然肉食恐竜も衰退を免れない。
 こうして白亜紀の終わる6500万年前、衰退してゆく恐竜たちの頭上にとどめを刺すかのように巨大隕石が落下したのだった。
 それでもすべての恐竜が滅んだ訳ではない。現に今栄えている多くの鳥類はかっての恐竜が姿形を変えた生物だと言われる。
 ただ問題なのはその証拠がどこにもない事だ。そこには恐竜が如何にして鳥になったかと言うミッシングリングがあるのだ。
 そこでこう考えてみる…仮に両生類から枝分かれした生物が、爬虫類と恐竜と哺乳類だけでないとしたらどうなるだろうか?
 それは第四の種とでも言うべき存在で、一見爬虫類に見えて爬虫類ではなく、恐竜であるかのように見えるが恐竜ではない。
 無論哺乳類も同様で、周囲の生物環境に合わせてそれらの生物に擬態し、巧みにその種の中に紛れ込んでいるのだとしたら。
 そう考えると、或いは人間もその第四の種なのかも知れない。他の哺乳類と比べて進化の過程が余りにも特異すぎるからだ。
 もしかすると、ホモサピエンス自身が哺乳類でない特殊な哺乳類で、次の地質時代のミッシングリングになるかも知れない。

 様々な特徴を持って両生類から分岐し、底知れない進化の可能性を秘めている第四の種。
 チャン教授は、自身がタクラマカン砂漠で見つけた小さな生物を「フーロン(壺の竜)」と命名した。
 わざと語尾に恐竜である事を表す「ザウルス」を付けなかった。

~続く~

にほんブログ村 小説ブログへ
クリックをお願いします
 
関連記事
スポンサーサイト
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼シムーン第二章 ~乙女達の祈り~
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼未来戦艦大和
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼ビーストハンター
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼地球年代記 ~カルマ~
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼まぼろし
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼やさしい刑事
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼幻影の艦隊
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼その他の小説
もくじ  3kaku_s_L.png オリジナル詩集
もくじ  3kaku_s_L.png 随想/論文集
もくじ  3kaku_s_L.png 死とは何か?
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  ↑記事冒頭へ  
←まぼろし 第8話 「テラフォーミング」    →ゴジラの子守歌 第7夜

~ Comment ~


そういえばサメとエイは同じ生き物から分岐したと言われているようで
確かにフカヒレもエイヒレも味は同じですね。
もし爬虫類と鳥類が恐竜から分岐したのなら味は同じはず(笑)。
それを言ったら人間と猿もそうですが
猿にもいろいろ種類があり、どの猿がこんな支配的で野蛮な種に進化したのか気になりますね。
#6051[2017/06/06 21:31]  西條すみれ  URL 

Re: すみれ様COありがとうございます^^

> そういえばサメとエイは同じ生き物から分岐したと言われているようで
> 確かにフカヒレもエイヒレも味は同じですね。

サメやエイは同じ種族で、正式には「軟骨魚綱板鰓亜綱」…つまり魚属になります。
ところがですよ…魚は卵生なのに、サメはちゃんと♂♀で交尾して子供を生むんです。
じゃぁ、哺乳類なのかと言うとちょっと違う…♀がお腹の中で子供を孵化させるだけです。従ってサメにはお乳はありません。巨乳のサメなんて聞いた事もないでしょ(笑)
まぁ、人間に進化した猿の祖先なんてロクなヤツじゃないと思います…他の猿を差別するわ。暴言は吐くわ。力ずくで縄張りを奪うわ…血は争えないもんで、お陰で人類は呪われた祖先を持ちました(笑)
#6053[2017/06/06 23:55]  sado jo  URL 

恐竜が気嚢を備えていたという説は初耳です。
むろん骨ではないので化石に残っていたわけではないでしょう。
鳥類の気嚢からの推論ですか。
面白いことを考えますね。
始祖鳥は、学校では恐竜が鳥類になる前の生物だと習ったのですが、
今ではそう断定はされてないようです。
私は、ミッシングリングというのは、
ナッシングリングだろうと思っているのですが。
こう言ってしまうと身も蓋もなく、夢もなく、
申し訳ありません。(^^;)
#6054[2017/06/07 11:14]  ☆バーソ☆  URL  [Edit]

Re: パーソ様COありがとうございます^^

> 恐竜が気嚢を備えていたという説は初耳です。
> むろん骨ではないので化石に残っていたわけではないでしょう。
> 鳥類の気嚢からの推論ですか。面白いことを考えますね。

化石は骨と考えますが、近年砂漠地帯からミイラ化した恐竜の化石が出ています。
一部内臓も残り皮膚には毛が生えていたので、考古学会の恐竜観が覆ったそうです。
当時の低酸素大気の中で生きる為に、ティラノサウルスは鳥同様気嚢を備えてました。
さらに寒さ避けに、熊みたいに毛むくじゃらだった…それじゃクマノサウルスです(笑)
生物は環境に適合する能力を持ってます…二酸化炭素が増えて環境が破壊された未来、人類はそれを利用して光合成を行うホモ・プランター(植物人間)に進化してゆく可能性もある。
そう言えば、未来を予知してか?植物人間の様な「草食系男子」が増えてますね(笑)
#6055[2017/06/07 13:34]  sado jo  URL 

こんばんは〜

sado joさん、こんばんは〜
いつもありがとうございます^_^

Wi-Fiはほんと、ストレスが溜まるくらい、繋がりません。
まるで、詐欺です。(・_・;
でも、贅沢は言えませんね。

今、猛烈に電車に乗りたいです。
#6056[2017/06/07 20:30]  窓  URL  [Edit]

Re: 窓様COありがとうございます^^

> Wi-Fiはほんと、ストレスが溜まるくらい、繋がりません。
> まるで、詐欺です。(・_・;

そうでしょ…Wi-Fi(ブースター付は可)ダメ!ワンセグ・フルセグもダメ!
これじゃぁ、まったく都会の中心部の方が田舎みたいです。電波事情が悪すぎです><
自分も電車の車窓から眺める風景がとても大好きです。海なんか最高ですね^^
#6058[2017/06/07 22:27]  sado jo  URL 

>ホモサピエンス自身が哺乳類でない特殊な哺乳類

ちょうどタイムリーにその話題が出来ましたね(笑)
人類の最古の化石が20万年前から30万年前に変わるみたいです。
そして、その化石は今の人類とそう変わらない顔をしているらしく、
現在、人類の祖先とされてる化石が祖先候補から除外されるかもしれないとのこと。

もっと早くから石器を作り始めていた。
アフリカ全土で同じ石器を利用するほどに。

そうなると、狩猟民族、農耕民族も関係なくなるのかなと思います。
アフリカ全土広がっていたとするなら
それはある種の文化(社会)をもつ10万年の歴史を有する国ともいえる。
その状態から世界に分かれていったのなら
全ての国の起源はその国にある。
もしかしたら、10万年の内のどこかの一万年に、その国は現在不可能とされているオーパーツ(本物)の数々を作れる技術があったのかもしれない。
各国の神話が類似する大元になった国が。

その国は幾つかの恐竜すら再現した。
それらは辺境に行き国を築く者達に与えられレリーフとして残された。
そして、国が滅んだ後その恐竜達は生き延び今も人の中に潜むことになった。
知恵を持つに至った竜たちのほとんどは人に手を貸す中で滅ぼされた…
もう既に、竜は知恵を与えることを止めた。
たとえ、原子力を御する術をしり、自身はそれ以上のエネルギー源を用いていたとしても…
もう人には関与しない
壺に描いた竜にすら見放された人類

そんな感じもありかなと思います。
#6060[2017/06/08 07:07]  野良猫  URL  [Edit]

Re: 野良猫様COありがとうございます^^

人間の起源を2足歩行とするなら、300万年前に東アフリカにいたルーシーまで遡れます。
しかし、その化石はどう見てもチンパンジーの出来損ないで、とても人間とは言えません。
人間らしい人間の登場は16万年前のミトコンドリアイブで、人間の範疇に入る化石です。
これが最も成功した人類の祖であり、現在の全ての人類は彼女の遺伝子を引き継いでます。
その後、アフリカを出た人類は世界各地で増えて、縄張り争いを繰り広げた痕跡があります。
その解決策として、集団ごとに境界線を設けて暮らし始めた…これが国家の起源になります。
つまり国家とは人工物に過ぎず、縄張り争いをしなければあってもなくてもよいものです。
もう国家単位で物事を考えずに、人類と言う種を基準に未来を見据える時がきてますよ。
#6061[2017/06/08 22:24]  sado jo  URL 

こんにちは~♪
いつもありがとうございます(*^^)
昨日夕方には帰宅できる予定でしたが、予定通りいかずに遅くなってしまい失礼をしてしまいました。
お邪魔できなくてゴメンナサイね(^_-)-☆
#6062[2017/06/09 17:08]  まり姫  URL  [Edit]

Re: まり姫様COありがとうございます^^

いぇいぇ、自分も体調不良や病院通いでコメントが出来ない日もあります。
どうぞお気になさらず…最近、昼と夜の寒暖の差が激しくて体が参ってますよ(苦笑)
#6063[2017/06/09 18:54]  sado jo  URL 














管理者にだけ表示を許可する

~ Trackback ~


  ↑記事冒頭へ  
←まぼろし 第8話 「テラフォーミング」    →ゴジラの子守歌 第7夜