シムーン第二章 ~乙女達の祈り~

▼ゴジラの子守歌

ゴジラの子守歌 第9夜

ゴジラ09

「お前ら若いもんは何でもかんでもマニュアル通り、上の指示通りかぃ。ちったぁ状況を考えろっ!相手は子供で、しかも身障者なんだぞっ…お前らにゃぁ、人情とか人間味はないのかぃ。えぇっ!」
「邪魔するんなら公務執行妨害で逮捕しますよ」
「おぅっ!逮捕するならしてみろぃ」
 こうなったら安住は一歩たりとも引かない。例え相手が誰だろうが道理に合わない事をするヤツは許せない。
 とうとう若い巡査とすったもんだの口論になってしまった。

 ところがふと気がつくと、肝心のせむしの幼女がどこにもいなくなっていた。
「あぁっ!いない」巡査は、鳩が豆鉄砲を食らったような顔をして言った。
「ほらみろっ!…お前が脅すから逃げちまったじゃねぇか」
「どうしよう。もう本署に報告したのに~…あなたのせいですよ」
「今度は俺に責任転嫁かぃ…あの子を連れて来てやったのはこの俺なんだぞっ」
「そう言われりゃぁ、そうですが」
「ともかく交番の周りを探そう。俺も手伝ってやる」
「そうですね。お願いします」
 安住と若い巡査は、二人で交番の周囲を探し回った。

「お~ぃ…いたか~」安住は反対側を探している巡査に声を掛けた。
「いぇ、どこにも姿が見当たりません」
「弱ったなぁ…そんなに遠くには行ってねぇと思うんだがなぁ~」
「もしや、町の裏手にある山の方にでも行ったんでしょうか?」
「山の中にでも迷い込まれたら大変な事になるぞ~」
 安住がそう言って若い巡査を脅すと、巡査の顔が見る見る青ざめてきた。
「本官が探しに行ってきます」
「あぁ、そうしてやってくれ…俺は道路沿いを探してみる」
「はいっ!お願いします」
「もし見つけても無茶すんじゃねぇぞ…あの子に何かあったらお前の責任だかんな」
「言われなくても分かってますよ~…これでも警察官ですから」
 そう言って敬礼すると、若い巡査は急いで山の方に駆け出していった。
(まったく、減らず口だけは一人前だなぁ…にしても、あんな無茶な指示を出す方もどうかしてるぞ)
 そう思いながら、安住は道路沿いを探そうと更地に停めておいた車まで戻った。

~続く~

にほんブログ村 小説ブログへ
クリックをお願いします
 
関連記事
スポンサーサイト
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼シムーン第二章 ~乙女達の祈り~
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼未来戦艦大和
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼ビーストハンター
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼地球年代記 ~カルマ~
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼まぼろし
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼やさしい刑事
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼幻影の艦隊
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼その他の小説
もくじ  3kaku_s_L.png オリジナル詩集
もくじ  3kaku_s_L.png 随想/論文集
もくじ  3kaku_s_L.png 死とは何か?
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  ↑記事冒頭へ  
←ゴジラの子守歌 第10夜    →まぼろし 第8話 「テラフォーミング」

~ Comment ~


テロに関して日本も安全とは言い切れませんね。
東京オリンピックを控えていますし、テロ対策をどのようにするつもりなのやら。
もしかしたら本当に自爆テロをする家族も現れるかもしれませんね。
果たしてそれが本当に神のためになるのやら。
#6079[2017/06/13 10:19]  西條すみれ  URL 

Re: すみれ様COありがとうございます^^

> テロに関して日本も安全とは言い切れませんね。

オリンピックが日本人だけの大会ならテロは起きない…と断言できます。
日本人はアラブを侵略(植民地化)していないし、昔西洋人と戦った時期もありました。
なのでイスラム教徒の大半は、西洋人は憎んでいても日本人にはとても好意的なんです。
事実、日本国内でイスラムテロは一度も起きてない…彼らを警戒する必要はありません。
要は日本は、米・欧・露のイスラム差別政策に協力しない事…金を出すのもダメ!自衛隊の派遣もダメ!イスラム教徒の好意を裏切らない事が重要です。
もし西洋に加担して彼らを裏切ると、日本人も西洋人の仲間と見なされてテロに遭います。
#6081[2017/06/13 11:54]  sado jo  URL 

こんにちは!

sadoさんのコメントに、心から賛同いたします。
せめて、日本だけでもイスラム系への差別を、
国としてしないことを、祈りたいです。

#6082[2017/06/13 12:57]  窓  URL  [Edit]

Re: 窓様COありがとうございます^^

> せめて、日本だけでもイスラム系への差別を、
> 国としてしないことを、祈りたいです。

なぜ、日本人はイスラム教徒に好かれるのか?…それには理由があります。
イスラム地域は古来より貧しかった…そこで生まれたイスラム教は何よりも謙虚を尊びます。
西洋人は贅沢をする為に他国を侵略しますが、日本人は慎ましやかな生活を大事にしてきた。
しかも数十年前、米・英・仏などの富の為に侵略を行うキリスト教徒の軍勢と勇敢に戦った。
彼らは、日本人にその昔アラブの地に侵略してきた十字軍と戦った先祖の面影を見たのです。
一神教と多神教の違いはあれ、日本人とアラブ人の精神には共鳴する要素がとても多いです。
#6083[2017/06/13 14:04]  sado jo  URL 

安倍晋三のせいで二人の日本人がすでに殺害されています。
イスラム圏から敵視されないためにはサウジアラビアやエジプト、クエート、ヨルダンなどと国交以外に付き合わないことですね。
スンニ派寄りになっては絶対にいけません。
シーア派よりになってもいけない、対等平等関係を築いてきた過去の日本に戻すことが最高のテロ対策です。
アベゾウリの「200億円拠出する」発言以来日本人も決して安全とは言えないですよ(--〆)
#6084[2017/06/13 17:32]  まり姫  URL  [Edit]

Re: まり姫様COありがとうございます^^

> 安倍晋三のせいで二人の日本人がすでに殺害されています。
> イスラム圏から敵視されないためにはサウジアラビアやエジプト、クエート、ヨルダンなどと国交以外に付き合わないことですね。

ISによる後藤さん殺害は阿部首相の失態でした…アメリカにいい顔をしようとして、アラブ諸国援助の目的を「イスラム国と戦う為」と言ってしまった><
アラブ人が日本人に好意的である事をよく知る小池都知事ならあんな言い方はしなかった。
「日本はアラブにエネルギーでお世話になっています。アラブの方々を少しでも助けたい」
そう言って援助金を出したはず…阿部首相は、アラブの歴史や心情を学んでおくべきでした。
多くのアラブ人は、日本をアメリカの同盟国だと思っていない…アラブの友人だと思ってる。
アラブ人の心情を裏切る様な言い方は彼らの心象を害します…首相と言えども慎むべきです。
#6085[2017/06/13 20:33]  sado jo  URL 

こんにちは~♪
東京裁判というとすぐに東条英機だけに罪を負わせたという誤解がありますが、起訴されたのは28名で死刑になったのが7名です。
起訴されなかった人たちの中には戦犯逃れをした石井四郎軍医中将や岸信介、正力松太郎、鮎川義介(日産創始者)などがいます。
非戦論を唱えていた陸軍幹部のほとんどが東条英機首相時代に最前線に追放され、ほとんどが戦死あるいは自決する結果を招いています。
旧関東軍の陸軍関係者が陸軍参謀本部の実権を握ったため、このような結果を招いたと言ってもいいでしょう。
海軍関係者は戦犯逃れをするために、事前に綿密な打ち合わせをし、山本五十六元帥が戦死していたこともあり、すべて陸軍の暴走だったということにしています。
宣戦布告もしないうちに国際法違反の真珠湾攻撃をしたのは大本営海軍の暗号によるものですからその点では戦犯逃れをしたことについてはうまくやったものですね(−_−#)
#6086[2017/06/14 17:28]  まり姫  URL  [Edit]

Re: まり姫様COありがとうございます^^

自分はこう考えます…当時の世界恐慌で、苦境に陥っていた日本の財界は市場を欲しがっていた。そこで論客や官僚を金で買って日本経済の進出を邪魔する欧米列強を叩かせた。
徳富蘇峰などの論客は「日本が貧乏してるのは米・英のせいだ。なのになぜ皇軍は米・英を叩こうとしない。臆病風にでも吹かれたか」と国民を好戦的に煽った。
軍は我彼の戦力や実力の差を熟知し「米・英と戦わば必ず負ける」事を知っていた。だが、論客達に乗せられた国民は軍が行動しないのを許さなかった。
陸・海軍の将官の多くは海外軍人と交流があり、米・英の強力な軍隊と演習した経験もある…現に、あの山本五十六元帥さえ開戦には反対だったのです。
東条にしろ山本にしろ、彼らの決断は破れかぶれの末であり、そこまで彼らを追い込んだ論客に煽られた国民…なかんずく背後で利益誘導をした上記の財界首脳に責任があります。
ちなみに、宣戦布告の打電は財界に金で買われた外務省の官僚がわざと遅らせた…とアメリカの公文書には記載されてます。欲ボケ連中が仕組んだとんだ猿芝居ですよ(笑)
無理やり踊らされて死んだ山本五十六元帥以下、軍人達が可哀そうに思えます…国民は威勢のいい政治家や論客に騙されてはならない!幾ら綺麗事を言おうが、その発言は穢い利益追求から出ている!
#6087[2017/06/14 18:45]  sado jo  URL 

本当はこの続きの妄想としてMIBな感じの、
車に戻った安住は、気が付くと宿舎の前にいてあたりは暗くなっていた。
車を運転した記憶もない、しかし時計は数時間経過していて…
そして、もう一度交番に行くと若い警官ではない警官がいて、
「そういう奴はいないんだが…若いというなら」
と呼ばれて奥から出てきた若い警官は別人で…
何が起きたのかもわからない恐怖と混乱が混じったまま停めてある車に戻ると
その隣に先ほどまでなかった車が止まっていてそこには
黒服を着て、黒サングラスをかけた若い警官だったはずの男が
警官の時とは別人と言って過言ではない威圧感と言ってもいい雰囲気を纏って立っていた。
的なの書こうと思ったのですが…

ゴジラの子守歌、この回答をサクラクエスト11話の中に見たのでそちらの紹介にします。
その話の中に出てくる竜への鎮魂歌の歌詞と出来た経緯を見た時にこの話と完全リンクしているように感じたので…
俺としては完全敗北です。

その話の一部を書くと
かつて竜の娘がいました。
村人達は竜の知恵を得るために竜の娘と仲良くなろうとしました。
火を焚き、踊り、賑やかな祭りに誘った。
けれど竜はその光景に驚き怖れて逃げてしまいました。
そして村人たちが自分たちの過ちに気づいた時には
竜の娘は一人寂しく死んでいました。
それを哀れんだ村人達はその魂を鎮める歌を残した。
眠れ、永久に…と。

ここからは俺の解釈ですが
きっと竜の娘には祭りのために焚いた火が争いの火に見えたのでしょう。
だから、村人たちは歌に残した。

人は決して交(争)わらず、生きて認め合って
この歌(眠る君)と共に生きていく
だから静かにおやすみ

作品のタイトルとしてはレクイエムという扱いですが曲は間違いなく「子守歌」です。

特に、ゴジラの子守歌を読んだ後に見ると…
何百年前のトランスフォーマーじゃないですが何百年前のゴジラ(竜の娘)の姿と自分達の過ちをどうか許してくれと歌い竜が静かに眠れる村を誓う村人が見える一話です。
ぜひ見てみてください。

#6088[2017/06/15 16:03]  野良猫  URL  [Edit]

Re: 野良猫様COありがとうございます^^

円谷ゴジラはハリウッドのキングコング同様、古典SFの世界観なので、残念ながら今時のアニメみたいな神話的世界観にはそぐわないですね~
ゴジラと竜は似ていても棲む世界が違う…むしろ神話的物語ならモスラの方が合いそうです。
その意味では「ゲート 自衛隊 彼の地にて…」はかなり無理な設定が目立ってた様に思います。
魔法が通用する世界では、相手が結界を張り、空間支配魔法を使ったら如何な自衛隊でも勝てません…ゴジラならまだしも、近代兵器がまったく役に立ちませんから(笑)
とは言え、自分は神話的世界観が嫌いな訳ではなく「神撃のバハムート」に出てくる竜の娘ニーナなんか結構好きです…それぞれの世界で楽しめたら、無理に合体させる必要もないと思います。
何かの運命を背負ってると言う点で言えば、せむしの幼女は確かに運命を背負っています(笑)
#6089[2017/06/15 18:57]  sado jo  URL 














管理者にだけ表示を許可する

~ Trackback ~


  ↑記事冒頭へ  
←ゴジラの子守歌 第10夜    →まぼろし 第8話 「テラフォーミング」