シムーン第二章 ~乙女達の祈り~

▼ゴジラの子守歌

ゴジラの子守歌 第10夜

ゴジラ10

「何だ、そこにいたのか~…こりゃぁ灯台下暗しだったな」
 探していたせむしの幼女は、車の陰に縮こまって小さくなっていた。
 けれども、安住が側に行こうとすると、何かに怯えるように後ずさりした。
「そうか。そうか…恐い思いをさせて済まなかったな~」
 安住はやさしく笑って幼女にそう言った。
「よし、よし、安心しろ…もうあんな頼りねぇお巡りの所なんざ連れて行ったりしねぇから」
 そう言うと、安住は車のドアを開けて幼女に中に入るように促した。
 安心したのか、幼女は安住に促されるままに車に乗り込んだ。

 作業員宿舎に向かって車を走らせる安住の頭には、もしやと言う思いがよぎった。
(あんなに怯えていたところをみると、こいつはカタワの身体のせいで親に虐待されてたのかも知れないな…随分ガリガリだし」
 安住は助手席のシートに丸まって座っているせむしの幼女に目をやった。
(もしかしたら、迷子になったんじゃなくて親に見捨てられたのかも知れん。放射能の中に放置しときゃ勝手に死ぬだろう…ってな。もしそうだとしたら、こいつの親はとんでもねぇ人でなしだな」
 そう考えると嫌な思いがして、余計に自分の隣にいるせむしの幼女が不憫に思えた。 
(まぁいい。今夜一晩俺んとこに泊めてやって、明日作業現場でこいつの親を探してみよう…子を捨てた親がいたら嫌と言うほど説教してやらにゃならんしな」
 安住は、つい東日本大震災で津波にさらわれて死んだ孫娘を思い出して目頭が熱くなった。

 途中のコンビニに寄って弁当と酒とお菓子を買った安住は、幼女を連れて作業員宿舎に帰った。
 そして、自分の部屋の小さなテーブルに弁当とお菓子を一杯に広げ、幼女を膝の上に乗せて食べさせた。
 幼女は驚くほどよく食べた。食うわ食うわ…むさぼるように弁当を食べ終え、お菓子までペロリと平らげた。
(可哀想に…よっぽど腹を空かせてたんだろうなぁ)
 呆気に取られた安住は、酒を呑むのも忘れて幼女を見ていた。
 テーブルの上に乗ってた食べ物を綺麗にさらえた幼女は、まだ物足りなさそうに安住の弁当を見つめた。
「そうか。まだ足りんか?…俺の分も食っていいぞ。俺は酒の肴だけありゃぁいいからな」
 差し出してやった安住の弁当も平らげた幼女は、眠くなったのか大きなあくびをし始めた。
「おぉ…腹が膨れたんで眠くなったのか」
 安住は空いていた隣のベッドに幼女を寝かせて布団を掛けてやると、自分のベッドに横になった。
(何だか今日は疲れる一日だったなぁ)そう思いながらいつしか寝付いたつもりだった。
 安住が奇妙な気配に気がついて目が覚めた時は、すでに深夜を回っていた。

~続く~

にほんブログ村 小説ブログへ
クリックをお願いします
 
関連記事
スポンサーサイト
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼シムーン第二章 ~乙女達の祈り~
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼未来戦艦大和
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼ビーストハンター
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼地球年代記 ~カルマ~
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼まぼろし
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼やさしい刑事
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼幻影の艦隊
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼その他の小説
もくじ  3kaku_s_L.png オリジナル詩集
もくじ  3kaku_s_L.png 随想/論文集
もくじ  3kaku_s_L.png 死とは何か?
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  ↑記事冒頭へ  
←祝福されし者    →ゴジラの子守歌 第9夜

~ Comment ~


うちの近所でも母親の怒鳴り声と泣き叫ぶ赤ん坊の声がよく聞こえます。
聞いていると父親も怒鳴られていて、一時期家を追い出されてました。
もっとひどい家は虐待や殺害でニュースになるし
最近は福岡で母子殺人事件がありましたし
家庭の事情はそれぞれなのでそこへ突っ込む気はありませんが
少なくとも自分の子供くらいは大切にしてほしいものですね。
#6090[2017/06/16 09:37]  西條すみれ  URL 

Re: すみれ様COありがとうございます^^

> もっとひどい家は虐待や殺害でニュースになるし
> 最近は福岡で母子殺人事件がありましたし

最近、自衛官が自宅に放火して妻子を焼き殺したり、警察官が家族を殺害したり、
PTA会長が児童を殺したり、命を守るべき立場にある人間が、逆に命を害している。
いつから日本人は命を尊重する気風を失ったか?…上に立つ者がこれでは下が真似する。
国会議員までが「土人」「シナ人」などの差別を容認し、命を尊重しようとしない有様。
古来より日本人は不殺生を守り、他の命を大切に生きてきました…情けない限りです><
#6091[2017/06/16 11:00]  sado jo  URL 

型形は違っていても命の大切さは同じはずですが、歴史を偽造してまで殺戮行為をなかったことにしようとしている狂暴性100%の人物が一国の政治を支配しているのは情けないですねー。
懲りずに原発まで輸出、武器輸出もОK、国民を黙らせるためには手段を選ばないとは妖怪祖父の教えでしょうかムカチュク(`‐ω‐´)
脊椎が変形した女の子、どうなるのでしょうね(^_-)-☆
#6092[2017/06/16 17:22]  まり姫  URL  [Edit]

Re: まり姫様COありがとうございます^^

自分も北朝鮮や中国の脅威を理由にして、強引な政治手法を取る首相には賛同できません。
現実の所、北朝鮮や中国が対日戦争に踏み切る可能性はゼロに等しく、脅威は感じません。
やればたちまち国家破綻をきたし、向こうの方が政権が倒れて、膨大な難民が流出します。
冗談ではない…日本は、何千万何億と言う亡国の難民を救済しなければならなくなります。
現代国際社会の現実はヨーロッパを見ての通り…一度戦争を行えば、双方とも危うくなる。
しかも、アジア難民に関して米国は助けてくれません…韓国と日本で引き取るハメになる。
国内政治もそうだが、最初っから対話を拒否する首相の独断は災いの元になると思います><
#6093[2017/06/16 20:26]  sado jo  URL 

こんにちわ
親の身勝手で捨てられる女の子が気の毒でした。
#6094[2017/06/17 12:27]  ネリム  URL  [Edit]

Re: ネリム様COありがとうございます^^

> 親の身勝手で捨てられる女の子が気の毒でした。

そうですね~…親に虐待されて死んだり、捨てられたりする子が多いですね~
獣の親でもそんな事はしない…いつから日本人は生まれた命を粗末に扱う様になったのか?
これでは少子化が加速し、人心が荒れて国が衰えてゆくばかり…情けないです><
#6095[2017/06/17 13:16]  sado jo  URL 

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
#6096[2017/06/17 16:31]     

Re: m様COありがとうございます^^

日中は日差しが強くて暑いですが、夜になると冷たい北風が吹いてます。
夏に北風が吹くのは珍しいし空梅雨ですから、やはり最近は気候が変ですね。
#6097[2017/06/17 20:12]  sado jo  URL 

人心の荒れは、ここ最近の事件もそうですが、普段の生活のちょっとしたところでも感じますね

キレる20代どころか、キレる老若男女って感じですね、もはや(汗)

そして、キレられないヤツは弱いものイジメ的な軽犯罪に走りますし

社会構造に色々と限界が来てて、ゆっくりと国が液状化してる気がしますが、一朝一夕でどうにかできることじゃないですしね

あと、自分は歩くときは、敢えて道の真ん中を歩くようにしてます

最近は、危なくてしょうがないんですよね
端っこ歩く連中が多いのと、そういうのに限って周り見ないで歩いてるんで、ぶつかられたら色々面倒ですし

全体をなんとなく視界に入れとかないと、何が起きるかわからないです、ホント

とりあえず、いろんな意味で自分の身は自分で守るっていうスタンスで過ごすしかないですな
#6098[2017/06/17 20:40]  blackout  URL 

Re: blackout様COありがとうございます^^

> キレる20代どころか、キレる老若男女って感じですね、もはや(汗)
> そして、キレられないヤツは弱いものイジメ的な軽犯罪に走りますし
> 社会構造に色々と限界が来てて、ゆっくりと国が液状化してる気がします

国家の液状化とは、ズバリ!上手い言い方です。
確かに地震の際の液状化に似てます…表面は被害がない様に見えるが土台がダメになってゆく。
人が怒りっぽくなったし、非常識な振る舞いが横行し、巷では小さな犯罪が日常的に起きてる。
昔は青少年を注意してたが、最近は逆ギレされても面倒だし、あえて見て見ぬ振りをしてます。
国の柱である国会が堂々と非常識をやるんだから、庶民が法を守っても無駄骨って感じですね。
自分でさえこれだから、人心が土台から液状化するのも無理はない…その内、日本はズブズブと泥沼の中にはまり込んで行くだろうと思ってます。もうどうにもならないですよ(笑)
#6099[2017/06/17 22:38]  sado jo  URL 














管理者にだけ表示を許可する

~ Trackback ~


  ↑記事冒頭へ  
←祝福されし者    →ゴジラの子守歌 第9夜