シムーン第二章 ~乙女達の祈り~

「▼まぼろし」
まぼろし 小説本編

まぼろし 第8話 「テラフォーミング」

テラフォーミング

<オリジナル/ショートショート/SFファンタジー>

「何だこれは…何かの間違いではないのか?」コラット元帥はわが目を疑った。
「いぇ、間違いありません…確かに量子知能ミーアの出したテラフォーミングプランです」
 艦長のラムキンは、自信満々に答えた。
「に、したってこれは支離滅裂だぞ…とてもフォーミングプランとは言えん」
「そう言われてみれば、何をやったらいいのかさっぱり意味不明ですな…おぃ、キムリック先遣総督を呼んできてくれ」
 ラムキン艦長は、副官のバーミーズにそう命じた。

 惑星打撃群を率いる戦艦マンダレイのデッキで、コラット元帥とラムキン艦長は首…いゃ耳をかしげた。
 銀河系で最強を誇るプロキシマ恒星艦隊は、地球と呼ばれる太陽系第三惑星の自転軌道上にあった。
「何だね…どうかしたのか?」
 眠そうな目を丸めた手首でこすりながらやってきたキムリック総督は、身体を弓なりにそらせてストレッチをした。
「これをご覧下さい総督。意味不明のジェノサイドパターンが表示されています」
「これでは我々は何をしたらいいのか?さっぱり見当がつきません」
 コラット元帥とラムキン艦長は、そう言いながらフォログラムに表示されたイメージを示した。

「どれどれ…二酸化炭素濃度が後10%上がると温室効果で海水温が上昇する。そうすると海水中の酸素が蒸発し、海に棲む魚などの海洋生物が呼吸困難になって死滅する訳か」
「いゃ、総督…我々は何も海洋生物を滅ぼすためにやってきたのではありませんぞ。標的が違う!」
 コラット元帥は不満気に言った。
「待て待て…海洋生物の屍骸で腐敗した海の中では大量のバクテリアが繁殖し、そいつらが硫化水素を放出する…ふむ、面白い」
「バクテリアが硫化水素を放出すると何が面白いんですか?」ラムキン艦長が怪訝そうな顔をした。
「いゃね…ただでさえ気温の上昇によって、氷河や凍土が溶け出した惑星の陸地は泥沼状態になる。つまり陸上生物には最悪の生存環境だな…そこへ硫化水素が流れ込んだらどうなると思う?」
「そりゃぁ、細菌やウィルスが大繁殖し、衛生状態が悪くて弱ってる所に毒ガスを投げ込むようなもんですからね…あっ!」
「そう、ドミノ効果だよ…ミーアはその事を言っているんだ。何もするなとね」
「では、我々の仕事は?」コラット元帥は困惑して言った。
「仕事しなくていいんだ…彼ら自身が自らテラフォーミングしてくれている」
「自ら好んで自滅の道を歩んでいる…と言う事ですか?」ラムキン艦長は呆れた顔をした。
「そういう事になるね。きっと彼らは気づいていないだろうが…考えてみた事があるかね?」
「はぁ…何をですか?」
「皮膚もペラッペラで牙も角もなく、ましてや、我々みたいな俊敏な運動能力もない…華奢でひ弱い彼らがなぜ地球の支配者などになれたのか?」
「そりゃぁ、知性があったからでしょう」コラット元帥は当たり前のような顔をした。
「いゃ違うね…本物の知的生命体は同属同士で滅ぼしあったりしない。現に我々には多種多様な種族がいるが、互いにこうして協力し合ってるじゃないか…だが、彼らはやれ国家だ、民族だ、宗教だのといがみ合っている」
「では、何が理由なんでしょうか?」ラムキン艦長は尋ねた。
「環境を作り変えたからだよ。唯一彼らが長けていたのはその能力だけだ…けれどもそれが諸刃の刃となって争い合い、奪い合いに夢中になって、肝心の環境の方は放ったらかしにしている」
「利便性ばかり追い求めて、自分たちに都合のいいように環境を作り変えた結果が却って災いになったと?」
「そうかも知れないね…念のために秘書のジェネッタに彼らの様子を見に行かせたんだけどね」
「あぁ、あのキムリック総督の美人で可愛い秘書さんですね」ラムキン艦長は彼女に気がある様子だった。
「それがね~…短足胴長のマンチカンの牡に追い回されて、助けを求めても知らん顔されるし、カチカチのフードを食べさせられるしで、プライドを傷つけられて怒ってたよ。彼女…自分の事しか考えない利己的な奴らだって」
「そうでしたか~…そんな奴らじゃぁ滅びるのも時間の問題ですな」
「そう言う事だ…彼らの暦で22世紀を待たずに争い合って自滅するか。放っといても悪くなる一方の環境悪化で滅びるかだ」
「では、待つとしますか…艦隊は完全ステルスだから彼らには見えないし、我々の方が圧倒的に寿命は長いですからな」
「あぁ、そうしたまえ…デッキの日当たりのいい所で寝そべって待つといい。わしもこれから展望台に上がって爪とぎをしながら肉球のネイルでもするよ」
 そう言ってキムリック先遣総督は、尻尾のないぬいぐるみのような丸い身体を揺らしながらデッキから出て行った。
 コラット元帥とラムキン艦長は、絨毯の上に寝そべって、地球が人間の手によってフォーミングされてゆくのを眺める事にした。

まぼろし 第8話 「テラフォーミング」 (完)

にほんブログ村 小説ブログへ
クリックをお願いします
 
関連記事
スポンサーサイト
 関連カテゴリ一覧 ▼ 
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼シムーン第二章 ~乙女達の祈り~
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼未来戦艦大和
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼ビーストハンター
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼地球年代記 ~カルマ~
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼まぼろし
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼やさしい刑事
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼幻影の艦隊
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼その他の小説
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼シムーン第二章 ~乙女達の祈り~
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼未来戦艦大和
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼ビーストハンター
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼地球年代記 ~カルマ~
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼まぼろし
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼やさしい刑事
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼幻影の艦隊
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼その他の小説
もくじ  3kaku_s_L.png オリジナル詩集
もくじ  3kaku_s_L.png 随想/論文集
もくじ  3kaku_s_L.png 死とは何か?
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  ↑記事冒頭へ  
←ゴジラの子守歌 第9夜    →ゴジラの子守歌 第8夜

~ Comment ~


こんばんは〜

いつもありがとうございます。

耐震補強をしようと思ったのは、sadoさんの体験を聞かせていただいたことも、大きく影響しました。

私の、過去記事で初めて、阪神淡路のことをお話しくださいました。
私は、我が身に置き換えて考えたのです。
ですから、sadoさんは少なくとも、わが家に関して、【 死なせないように 】してくださったわけです。
お辛いことをお話しくださいまして、感謝しています。
#6064[2017/06/09 22:20]  窓  URL  [Edit]

Re: 窓様COありがとうございます^^

> 耐震補強をしようと思ったのは、sadoさんの体験を聞かせていただいたことも、大きく影響しました。
> 私は、我が身に置き換えて考えたのです。
> ですから、sadoさんは少なくとも、わが家に関して、【 死なせないように 】してくださったわけです。

私の震災体験談がお役に立って幸いに思います^^
イザと言う時は、本当に数秒の差が生死を分けます…備えるに越した事はありません。
その時は高くついたと思えても、自身や家族の大切な命を守る為に必ず役に立ちます。
自然災害にせよ、人が起こす戦争など人災にせよ「人が死なないですむ」これが一番です^^
#6065[2017/06/09 23:15]  sado jo  URL 

争い合うか環境汚染かで自滅しなくても、電気がなくなるだけで死にそうな気がしますね(笑)。
まあ、さすがに個体数が減るくらいで滅びはしないかな。
でもそんな状況でどこかで電気かそれに代わるものが作り出されたり発見されたりすると
今度はそれを巡って争い始める。結局どこまでも欲深く好戦的な種族なんですよ。
#6066[2017/06/10 10:41]  西條すみれ  URL 

Re: すみれ様COありがとうございます^^

> まあ、さすがに個体数が減るくらいで滅びはしないかな。
> 今度はそれを巡って争い始める。結局どこまでも欲深く好戦的な種族なんですよ。

実は、人類は十数万年前の最大氷河期の時に、すでに絶滅し掛かっていたのです。
極端な食糧不足で個体数は僅か千人ほど…この危機の中から四つの家系が生まれました。
そして、たった一つの家系が他の家系を滅ぼして現在の人類に繋がる種が出来たのです。
この家系の主をミトコンドリアイブと言います…全ての人間は彼女の血を引く直系です。
その遺伝子の特徴は食性が多彩な事…生き残る為なら手当たり次第何でも食べる血筋(笑)
言い換えるなら非常に貪欲な血筋…その為に彼女の血を引く人類は今でも貪欲極まりない><
この話は、また後ほどエッセイに纏めてブログに掲載いたします^^
#6067[2017/06/10 13:50]  sado jo  URL 

>銀河系で最強を誇るプロキシマ恒星艦隊は、地球と呼ばれる太陽系第三惑星の自転軌道上にあった

本物の最強とは思えません。
きっと、置いてかれた種なんでしょう。
そして、自ら道を開くこともできなかった種。

ヒロイックエイジという作品があります。
その中に、他の種から全知全能のようにされる黄金の種族という種が出てきます。
その種族は、他の種族に「出でよ」とメッセージを送りました。
そのメッセージに応え自分達の元にたどり着いた者達に、種の名を与え、宇宙を任せ旅立っていきました。
黄金の種族は自分達の道を閉ざして行きました。

未来を知る力で知っていたからです。
その道を自ら開いて自分達と同じ道を追ってくる種族がいることを。

でも、その力は誰もが持つものだと思います。
追いつく奴は何をしなくても追いついてくるし、潰れる奴はどんだけ手を貸しても潰れる。
わざわざ見ていてやる必要すらない。

待つことなくただ先に進んでいればいい。
いずれ追いついてくることは知っているのだから。

それが理解できず寿命を無駄遣いしているから長い寿命としか言えないのだと思います。
永いといえるほどの種になりえていない。

もし、この星を監視する連中がいたとして会えるのなら俺はきっとこういうでしょう。
「お前らなんか端から相手にしてないから帰って先に進め俺を失望させるな。俺が相手にしてるのは遥か先にいるあいつらだ、お前らなんて精々俺たちの一歩先程度じゃないか。」

きっと傲慢と言われるでしょう。
でも傲慢でなければ辿り着けない場所もある。
そう思います。
#6068[2017/06/10 13:55]  野良猫  URL  [Edit]

しかし、太陽の活性度は落ちる一方なのに、今年は暑いですね(汗)
関東は、8月はおそらく40℃近く気温が上がる気がします
そして、上空と地表の気温差で台風級のゲリラ豪雨が発生する率も高くなる(汗)

増える一方の二酸化炭素がドームのように地球を覆ってることが一因ですかね

そういえば、南極の大きめの氷河に亀裂が入ってて、近いうちに分離する恐れがあるらしいです

そして、1〜2ヶ月ぐらい前に関東のとある海の浅瀬で大規模な赤潮が発生しました

また、去年か一昨年ぐらいから日本の温泉の温度が1℃下がったっていう話もあるみたいです

なんだか、人為的な温暖化・環境汚染、自然な寒冷化が同時に起こってる気がしますね

やはり終末が近づいてるんですかねぇ(汗)
#6069[2017/06/10 20:27]  blackout  URL 

Re: 野良猫様COありがとうございます^^

このショートショートは、あんまりまじめに考える必要はありません(笑)
試しに星真一風に書いた幕あいのジョークで、登場する名前も全て猫の種類です。
まぁ、環境破壊と、人種や国家・民族や宗教間の抗争を皮肉ったと考えればいいです。
確かに猫は環境破壊をしないし、多種多様な種類があっても殺し合いはしません(笑)
#6070[2017/06/10 23:19]  sado jo  URL 

Re: blackout様COありがとうございます^^

> しかし、太陽の活性度は落ちる一方なのに、今年は暑いですね(汗)
> 増える一方の二酸化炭素がドームのように地球を覆ってることが一因ですかね
> なんだか、人為的な温暖化・環境汚染、自然な寒冷化が同時に起こってる気がしますね

地質学者の見解によると、現在の地球の気候は氷閑期の状態にあるそうです。
何と!世界は今氷河期の最中で、ほんの少しばかり氷河が緩んだ束の間の暖かい季節だとか?
なので、数百年後~数千年後には、再び地球全体が氷河に閉ざされる事が確定済みだそうです。
太陽の動きを見ると、ジュラ紀の頃より随分活動が弱っていて、これは数億年周期で続くとか。
なのに暑いのは、太陽の活動周期と人間の産業・生活活動が気候にアンバランスを与えている。
地球がそのバランスを取り戻そうと、異常気象や地殻変動を起こしていると考えればいいです。
なぁに、すぐに本格的な氷河期がやってくる…1万年先には日本海でスケートができますよ(笑)
#6071[2017/06/10 23:39]  sado jo  URL 

おはようございます

深海の熱水噴出孔周辺に生きる不思議な生物がいるそうです。
硫化水素を餌とするバクテリアがいて、それを餌として生きている。
地上とは違う原理の下で生きているようですが、
人間は単一条件でしか生きられない。
なのにその貴重な自然環境を破壊している。
まあ、愚かしいのひと言です。
太古の昔、文明が進み過ぎたがゆえに自滅した巨大文明が幾つかあった
という話も伝説的にあるようです。
塀の中の懲りない奴らという本がありましたが、塀の外にもいますね。
#6072[2017/06/11 10:25]  ☆バーソ☆  URL  [Edit]

Re: パーソ様COありがとうございます^^

> 深海の熱水噴出孔周辺に生きる不思議な生物がいるそうです。
> 硫化水素を餌とするバクテリアがいて、それを餌として生きている。
> 人間は単一条件でしか生きられない。

日本の工業地帯の側にある海には、いわゆる「嫌気性生物」のたまり場があるそうです。
ウィルス、細菌、バクテリア、海棲虫などの嫌気性生物は、最近どんどん増えていて、地球全体での総重量は人類の数兆倍にも及んでいるのが実態です。
これらは工業や生活で出る毒物を餌にして増殖し、酸素の少ない海の中や、動植物の体内に住み着くので、厄介な感染症を引き起こします。
最近、世界で様々な感染症が拡大し続けているのは人間自身の活動が原因しているんです。
ちなみに嫌気性生物は数十億年前から地球に存在し、土壌や海の成分、増えすぎると大気の組成を変化させ、しばしば生物の大量絶滅を引き起こしたりします。
人間は大気の成分が+-10%変化しただけで絶滅します…財界には辛いだろうけど、工業活動を抑制して嫌気性生物を増やさない方が安全だと思いますね。
#6073[2017/06/11 13:33]  sado jo  URL 

地球の平均気温が現状より五℃も上がれば人類は生きるすべをすべてなくすでしょうね。
いくらAIが発達しても自然の力には及びませんものね(笑)
地球外生命体がどの程度存在するかはわかりませんが、銀河系の一つにすぎない太陽を恒星とする惑星など塵にもならないでしょう。
賢い地球外生命体が存在するなら地球など見向きもしないでしょうね。
太陽の寿命は限られているのですから(*^^)
アホでマヌケなアメリカ人の典型のトランプが出てきたり、安倍亡国首相が出るようでは末期症状です(--〆)
#6074[2017/06/11 17:31]  まり姫  URL  [Edit]

Re: まり姫様COありがとうございます^^

> 地球の平均気温が現状より五℃も上がれば人類は生きるすべをすべてなくすでしょうね。
> いくらAIが発達しても自然の力には及びませんものね(笑)

立っている足元が悲鳴を挙げてるのに、なお自国第一で拡大政策を続ける米・中・露や日本・ヨーロッパ各国の各政権は、頭がおかしいとしか思えないです><
このまま露骨な軍事・経済の拡大を続ければ、100年も待たずして同士討ち(共倒れ)するか、大気の組成そのものが人間の生存に適さなくなるのは確実です。
多少経済的な不便を忍んでも、人間の生存が可能な持続性のある政策に転換する必要がある。
後の子孫の歴史家に「20世紀~21世紀に生きていた人間が地球を破壊した」と書かれるのは真っ平御免です…まぁ、人類が存続してたらの話ですが(笑)
#6075[2017/06/11 18:25]  sado jo  URL 

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
#6076[2017/06/12 17:16]     

Re: m様COありがとうございます^^

上野動物園のパンダのシンシン、5年振りの出産だそうでめでたい話です♪
色んな命が、いついつまでも生き続けられる世界である事を心より祈ります。
その為には、環境を破壊し戦争を齎す様な指導者は、もはや世界にはいりません。
我々は、何よりも未来の為に命を大切にする指導者を選ばなくてはなりませんね^^
#6077[2017/06/12 18:01]  sado jo  URL 

こんばんは
環境は大切にしないといけないなと思いました。
#6078[2017/06/12 20:19]  ネリム  URL  [Edit]

Re: ネリム様COありがとうございます^^

> 環境は大切にしないといけないなと思いました。

安定した環境があってこそ人は生きてゆけます…なので環境を守る事はとても大事です。
それがジュラ紀の高濃度二酸化炭素や、石炭紀の高い酸素濃度では生きてはゆけません。
植物や昆虫、爬虫類には都合がいいでしょうが、人間は呼吸困難になりますからね(笑)
#6080[2017/06/13 11:35]  sado jo  URL 














管理者にだけ表示を許可する

~ Trackback ~


  ↑記事冒頭へ  
←ゴジラの子守歌 第9夜    →ゴジラの子守歌 第8夜