シムーン第二章 ~乙女達の祈り~

▼ゴジラの子守歌

ゴジラの子守歌 第15夜

ゴジラ15

 二頭目のフーロンの化石は、タクラマカン砂漠からはるかに遠く離れた場所で発見された。
 そこはチベット高原の端に当たる青海湖の畔…揚子江や黄河の源流と言われる地域だった。
 チャン教授は、早速現地に飛んで発掘された化石を調べた。それは間違いなくフーロンだった。
 フーロンには他の恐竜にはない特徴が数多くある…まず、頭蓋骨の正面に並んだ眼窩が付いている事だ。
 骨格は、一見すると三畳紀に現れた二足歩行をするエオラプトルに似ているが、手が大きく身体はずっと小さい。
 そしてエオラプトルのように身体を前に倒して歩くのではなく、むしろ人間に近いチンパンジーのような前傾姿勢で歩いた。
 おそらく背伸びをしながら飛翔している昆虫を捕らえたのだろう。そのために大きな手には五本の指がついていた。
 手の平が内側を向いているところを見ると、捕らえた昆虫をリスのように両手で掴んで食べていたのだろうと思われる。
 はるか昔のジュラ紀に、器用に手を使って人間のような仕草をする生物がいた事はとても不思議に思える。

 チャン教授は、白亜紀のタクラマカンから新生紀のチベット高原に至るまでのフーロンの足跡を考えた。
 ジュラ紀の頃の中国はパンゲア大陸の最北端に位置し、その南にはロシアがあった。つまり現在とは位置が逆だった。
 朝鮮と日本はロシアの北に陸続きで繋がっていて、当時の東アジア一帯はパンゲア大陸の北極地帯に位置していたのだ。
 ただし、ジュラ紀の平均気温は現在より約20度も高く、北の最果てとは言っても気候は随分と暖かかった。
 だが高い気温のせいで海は荒れ、海辺は風速60メートルの暴風雨が吹き荒れ、10メートルを超える津波が押し寄せていた。
 その反対に、大陸の奥地に位置していたイギリスは、平均気温が50度を超える熱砂の砂漠で、草木一本生えていなかった。
 雨が降らずに乾燥した大地が広がる現代の中国西北部と、雨の多い湿潤なロンドンは真逆の気候だったのだ。
 しかし、海辺から一歩入った内陸は豊かな雨と高濃度の二酸化炭素に支えられ、シダやソテツの生い茂る熱帯雨林だった。
 水を満々とたたえた湖があちこちに点在し、大小の川が縦横に流れている…そこはまさに恐竜たちの楽園でもあった。
 そんな生態系の中にあって、牙や角もなく小さくて弱いフーロンは、森林の片隅でひっそりと群れで暮らす生物だった。
 けれどもパンゲア大陸は南北に分裂し、中国を中心とする東アジアは、時計回りにねじれながら回転し始めた。
 朝鮮と日本もロシアから分離して中国に追随するように移動し、それに伴って気候や植物相も大きく変化していった。
 タクラマカンの豊かな森林は次第に乾燥し始め、白亜紀の後期には食料を失った恐竜たちの熾烈な縄張り争いが起きた。
 生態系の弱者だったフーロンは当然の如くはじき出された…そこから彼らの生息地を求める長い旅が始まった。
 乾燥した砂漠を渡り山々を越える旅は何千万年も掛かっただろう…旅の途中で白亜紀末の大絶滅も経験した事だろう。
 そして、フーロンはついに分裂したパンゲア大陸の南端…南のゴンドワナ大陸との間にあったテチス海の畔にたどり着いた。
 こうしてフーロンはようやく安住の地を得たかに見えた…けれどもそれは束の間の安息に過ぎなかった。
 テチス海は造山運動によって海底から持ち上げられてヒマラヤ山脈となり、海は分裂して彼らは再び内陸へと押しやられた。
 この時分裂したテチス海が現在の地中海・黒海・カスピ海・アラル海…内陸なのに塩水湖である青海湖もそうかも知れない。
 なおテチス海は赤道直下にあったため、温暖な環境下でプランクトンを含む海棲生物が大量に繁殖したと言われている。
 周辺の生態系も豊かであり、それらの生物の屍骸が堆積してできたのがアラブからインドネシアをまたぐ大油田地帯なのだ。

~続く~

にほんブログ村 小説ブログへ
クリックをお願いします
 
関連記事
スポンサーサイト
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼シムーン第二章 ~乙女達の祈り~
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼未来戦艦大和
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼ビーストハンター
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼地球年代記 ~カルマ~
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼まぼろし
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼やさしい刑事
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼幻影の艦隊
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼その他の小説
もくじ  3kaku_s_L.png オリジナル詩集
もくじ  3kaku_s_L.png 随想/論文集
もくじ  3kaku_s_L.png 死とは何か?
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  ↑記事冒頭へ  
←ゴジラの子守歌 第16夜    →ショッピングモールの歌姫 ~心の栄養~

~ Comment ~


今は鋭い爪も牙も持たないニンゲンが争い合ってますね。
代わりに今や核兵器まで開発するようになりましたが
最近はどこも余裕がないのか失言を始め様々な不祥事が起きている事態。
街中でも歩きスマホしてる人へ体当たりする人もいるみたいだし
誰がいつどこでというのも不思議ではない世の中になってしまいましたね。
#6273[2017/07/25 10:24]  西條すみれ  URL 

Re: すみれ様COありがとうございます^^

> 誰がいつどこでというのも不思議ではない世の中になってしまいましたね。

確かに、恐竜時代よりも今の時代の方が生きにくいかもですね~><
恐竜時代は天敵に食われる事だけ心配してりゃいいけど、今の時代はウィルスにヒアリに災害、交通事故に原発。果てはテロや戦争まで心配の種が尽きない。
いつどこで命を落とすか分からない…ほとんどは人間が撒いた種なんですけどね。
ゴジラに聞いたら「こんな世知辛い時代に生きるのはお断りだ」と言ってました(笑)
#6274[2017/07/25 12:14]  sado jo  URL 

こんにちは~♪
いまの生態系のバランスを破壊したのは人間、これ以上のワルはいないでしょうね。
生物の死骸が石油、植物は石炭、それを無駄遣いしているのは人間。
近い将来、人間が開発したAIの暴走が始まり誰も人間は止められなくなるかもしれませんねー。
AIは人類を破滅に追い込むのは間違いないでしょうね!!
生き残れるのはやはりゴキブリかネズミくらいかも(笑)
#6275[2017/07/25 16:07]  まり姫  URL  [Edit]

まぁ、結局は弱肉強食なんでしょうね

いじめや犯罪をやるような連中は、誰でもよかった、って口では言いますが、自分より肉体的・精神的に強そうなヤツは狙ってない気がしますし

そして、この異常気象も人心の乱れに拍車をかけますね(汗)

しかし、今年も色々と荒れて来ましたねぇ
前半は不気味なぐらい静かだったのに
#6276[2017/07/25 16:42]  blackout  URL 

Re: まり姫様COありがとうございます^^

> いまの生態系のバランスを破壊したのは人間、これ以上のワルはいないでしょうね。

環境を破壊してるのは間違いなく人間ですが、地球規模の変動とは話が違います。
たまたま、地球の変動期と人類の活発な活動が重なっただけの様な気がしますね。
人類以外の哺乳類は全体的に種を減らしつつあり、今ではユーラシアやアメリカ大陸に生存していた哺乳類は、アフリカ大陸に僅かしかその姿を見る事が出来ません。
逆に、昆虫の種は世界中に広がっています…つまり、地球そのものが哺乳類の生存に適さない星になり、昆虫の生息に向いた星になりつつあると言う事です。
全て人類のせいではないが、人類自身も含めて哺乳類の絶滅に手を貸してるのは事実です。
#6277[2017/07/25 17:36]  sado jo  URL 

Re: blackout様COありがとうございます^^

> まぁ、結局は弱肉強食なんでしょうね
> そして、この異常気象も人心の乱れに拍車をかけますね(汗)

弱肉強食と言うより、環境に合うか?合わないか?で盛衰は決まります。
地球規模で気候が変動し、地震が頻発するのは何も人間だけが原因ではなく、地殻変動期に差し掛かっているからだと多くの学者も見ています。
それに耐えられず取り乱して混乱してる様では、人間を含む哺乳類は先が見えてますね。
哺乳類の構造は複雑すぎて、僅かな環境変化で肉体的・精神的に壊れやすい弱点がある。
逆に、昆虫は構造が単純なだけに今日まで生き延びて、なおその数を増加させています。
現に哺乳類の新種はほどんどいないが、昆虫の新種はどんどん見つかっていますからね。
進化と言う点で哺乳類は完全に虫に負けてる…人類の将来の敵は、間違いなく昆虫種族。
まもなく、映画「スターシップ・トゥルーパーズ」の様に人類対虫の戦争になりますね。
果たして人類を含む哺乳類は生き残れるか?それとも虫が勝って地球を支配するか?(笑)
#6278[2017/07/25 18:03]  sado jo  URL 

>けれどもそれは束の間の安息に過ぎなかった

けれども種の終わりへと向かうフーロンの群れは群れから捨てられた一匹の猿を見つける。
フーロンが何を思ったのかはわからない。
しかし、その猿はフーロンに育てられ生き残った。
二足歩行の原型となる猿であった。
フーロンに育てられフーロンとして生きてきた猿だったが、その幸せな日々は長くは続かない。
彼は見つけた、自分によくにた生き物を…

本来の自分の居場所へと帰るときが来た…
とはいえ、二足歩行の猿はもはや猿にとっては似ていても仲間ではなかった…
けれど、フーロンに育てられた猿はすぐに群れのボスになっていた。
フーロンから教えられていたのである「狩り」を。
それまで木の上で自分達の取れるもので生きてきたものとは違っていた。
その技術を群れに伝え猿の群れに木の上から降りるようにと言った
下には食べ物があると。
それが悲劇の始まりと知らずに…

猿はフーロンを狩ったのだった…
フーロンは身を守るために猿を殺した…
そして、殺し殺され負の連鎖が始まった…
それを止めるためフーロンに育てられた猿はフーロンの元へと行きひとつの約束をした
猿は木の上、フーロンは木の下。
お互いのために二度と会わないことにしよう、と。
それ以降、その猿は群れのボスとして他の猿には下に降りることを禁じた…
この時のことは猿から原人、そして人へと語り継がれることになる…
木の上の人族、木の下の巨人族として…
そして、人が恐竜に見せられるのはかつて他の猿に知恵の実を食べ、木から降りるように言った群れのナンバー2のせいなのかもしれない。
いつか子孫がフーロン族を蘇らせることを信じて、遺伝子という夢を飛び回り知恵の実を配って歩くナンバー2の渡したものなのかもしれない。
ミイラもキョンシーもフランケンシュタインも、iPS細胞も。
そして、映画監督に渡したものも、漫画家に渡したものも…

神と呼ばれた猿にナンバー2の猿は約束したのだと思います
「みんなで笑ってここに帰ってくる」と。

いったいいつになることやら…

猿の惑星では滅ぼす方向に行きますけど
戻りたいと思う者もいると思います。
環境破壊するだけではないのだと。

そして、今、空想側の世界にナンバー2の猿が手を貸しているのを見ると。
大絶滅期に入ったというのもほんとなのかなと思います。
間に合わないから何かに残す方法だけでも、と。
昔どこかの記事のコメに書いた
後の世には意味不明な金属塊(ホログラム装置)の中に残る記録。
全ての種の笑いあう姿。(異世界食堂のように)
それだけでも残す方向にシフトしているのかと思います。
嘘でもいいから一番目の猿がいるあの場所にみんなで帰る優しい世界を望んだルシフェルの願いの結晶って感じで。
#6283[2017/07/26 21:27]  三番目の猿  URL  [Edit]

Re: 三番目の猿様COありがとうございます^^

いゃ、そもそも前提としてあの時代に猿などいません…って(笑)
哺乳類は、ネズミ(齧歯類)が僅かばかり存在していただけで、類人猿は影も形もなかった。
恐竜が滅んだ後、哺乳類が栄えたのは体毛のお陰で、寒冷・乾燥の環境に適合したからです。
なので、今の温暖化が進んでる高温多湿の環境なら、寧ろ恐竜の方が適合性が高いかも知れない。
邪魔な体毛をそぎ落とした人間が頂点に立ったのは、ある意味地球環境に合わせた必然ですね。
少々高温多湿の環境でも、人間は生存可能だが、毛むくじゃらの奴は滅んでゆくでしょう(笑)
ついでに言うと、高温になればなるほど白系人種には不利で、黒人や黄色人種にはもってこい。
もしかして、23世紀には白人は平野部から撤退し、高原地帯に住まう裸族になるかも知れない。
地球の平均気温は40℃で、平野部で栄える黒人や黄色人が高原白人裸族を見に探検に出かける。
ってのはどうかな?昔、白人がした事を今度は俺たちがやってやろうじゃないか…なんてね(笑)
#6284[2017/07/27 00:45]  sado jo  URL 

>いゃ、そもそも前提としてあの時代に猿などいません…って(笑)

そこよりずっと後の時代、哺乳類が世界を覆う時代まで生き残ったかもしれない最後のフーロン族とその後世界中の哺乳類を制すことになる猿の群れの長とのお話です。
#6285[2017/07/27 10:48]  三番目の猿  URL  [Edit]

こんにちわ
人間に対するしっぺ返しはゆくゆく来ると思います
#6286[2017/07/27 12:23]  ネリム  URL  [Edit]

Re: 三番目の猿様COありがとうございます^^

この世には不思議な方程式があります。

「その時代に最弱だった者が、後の時代に最強となる」

動物に限らず、国家も、民族も、人種も全てはこの方程式に従っています。
恐竜の下で細々と生きていた哺乳類…分けても、牙も角も無い最弱の霊長類「人間」
後に帝国となったバビロニアもローマも、ある時期までは周辺で最も弱い国だった。
環境と言うものは不思議と最も弱い者に味方する…なぜそうなるのかは不明です。
環境の変化を見れば、今は弱い黒人が最も栄え、遠い未来は弱い虫が覇者となる。
ま、今の力関係からは想像も出来ないが、高温多湿の環境が彼らを押し上げてゆく。
要は環境に適してるか?否か?…見た目の強弱よりも、その上にある環境が全てです。
#6287[2017/07/27 14:13]  sado jo  URL 

いつもありがとうございます^ - ^

ところ、スマートフォンからのあくせばかりで、
読み逃げばかりで、ごめんなさい。

けれど、sado joさんのところにお見えになられふ
皆さまの、コメントを読ませていただいていますが、
とても頷くことが多いです。
#6288[2017/07/27 14:18]  窓  URL  [Edit]

Re: ネリム様COありがとうございます^^

> 人間に対するしっぺ返しはゆくゆく来ると思います

まぁ、打ち続く災害を見る限り、もうやってきてますけどね(笑)
けれども全部が人間の責任じゃない…半分以上は地球がそうしてるだけです。
どんな種も環境が変われば滅び、新たな環境に適合する者だけが生き残って栄える。
永遠の繁栄はあり得ない…今を精一杯生きて生を謳歌するのが幸せだと思えます^^
#6289[2017/07/27 14:22]  sado jo  URL 

Re: 窓様COありがとうございます^^

> 皆さまの、コメントを読ませていただいていますが、
> とても頷くことが多いです。

まぁ、みなさんそれぞれの思いがありますからね…お付き合いです^^
ある意味、この世は意地の悪い神様(造物主)の為にある劇場みたいなもんですからね(笑)
よくもまぁ、これだけ次から次に役者(生物)を作って取っかえ引っ替えしてくれるもんだ。
何だか「せいぜい足掻いてみせてわしを楽しませてくれ」…って言われてる様な気がします。
貴方にもらった役柄は演じますが、あの世にいったら高いギャラを請求しますよ。神様(笑)
#6290[2017/07/27 15:41]  sado jo  URL 

蓮舫が辞任というニュースが飛び込んできましたが、民進党はもうダメですね。
ホントの烏合の衆ばかりかも(笑)
どうして政権の座から落ちたのかわかってないようです(−_−#)
#6291[2017/07/27 16:16]  まり姫  URL  [Edit]

Re: まり姫様COありがとうございます^^

蓮舫は都議選に負けただけで、別に悪い事はしてないが、今井絵理子は問題です。
不倫旅行か何か知らんが、あれ国民の税金(無料パス)で新幹線に乗ってるんです。
どうして最近の自民党議員は、こんなに次から次へと不祥事を仕出かすのかな~><
元歌手で議員になってからもチヤホヤされすぎて、社会人の自覚がないんじゃないか?
民進党は党が悪いのかも知れんが、自民党は人そのものが悪すぎる><…これじゃぁ、何回選挙やったって政治はマトモにならないと思いますよ(嘆)
#6292[2017/07/27 17:20]  sado jo  URL 














管理者にだけ表示を許可する

~ Trackback ~


  ↑記事冒頭へ  
←ゴジラの子守歌 第16夜    →ショッピングモールの歌姫 ~心の栄養~