シムーン第二章 ~乙女達の祈り~

▼ゴジラの子守歌

ゴジラの子守歌 第16夜

ゴジラ16

 ヒマラヤの造山運動によって内陸に押しやられたフーロンを待っていたのは、過酷な生存環境だった。
 そこには、虎の先祖であるスミロドンや、狼の先祖であるアンドリューサクルスなどの巨大化した哺乳類が待ち構えていた。
 たちまち大勢の仲間が肉食獣の餌食となった。いくら背中についた剣状のヒレを震わせて威嚇してもまったく効果はなかった。
 小さくて弱いフーロンは青海湖の支流を伝ってひたすら下流に逃げた。その川こそが後の揚子江だった。
 青海湖の畔からさらに数千万年…6千キロに及ぶ長い逃避行の末、彼らはやっとの事で揚子江の河口にたどり着いた。
 けれどもそこは、一面に葦が生い茂る湿地帯だった…陸上生物にはおよそ棲むのが困難な土地だっただろう。
 ただ幸いな事には、フーロンの天敵である肉食獣はそんな湿地帯には入ってはこれなかった。
 彼らは工夫して葦の間に巣を構え、食性を変えて巻貝や海老を食べながらこの湿原での生活を始めた。
 暮らしにくい環境を克服したフーロンは次第に数を増やし、揚子江の下流域はやがて彼らの天国になった。

 ところがある日それまで見た事もないような生き物が、ぬかるむ湿地をものともせずにこの地に入ってきた。
 フーロンと同じく器用な手を持つその生物は、彼らから卵を奪い、あまつさえ親を狩り出してその肉を食べた。
 揚子江の下流域を埋め立てて環境を変え、次々とフーロンの生息地を奪っていった。
 こうして殷の壺に描かれていたフーロンは、人間と言う生物の手によってこの地で絶滅してしまったのだろう。
 しかし、三畳紀にその姿をまとったフーロンは、なぜジュラ紀や白亜紀を越えて人間が現れる時代まで生存できたのだろうか?
 それは彼らが弱い生物だったからだろう…強い生物はある時代の環境に見事に適応している。だからその時代においては強い。
 けれども地球環境が変わった途端に絶滅する…これは恐竜や他の生物のみならず今の我々ホモサピエンスにも言える事だ。
 けれども、古世代から今日まで長く生きている生物は、あらゆる環境に対して柔軟に対応できる高い適応能力を持っている。
 きっとフーロンは様々な気候や棲息条件に合わせて、食性や生活を変えられる第四の種とでも言うべき生物だったのだろう。
 
 北京に帰ったチャン教授はフーロンに関する論文をまとめた。
 この小さな生物の様々な特徴から見て、これが爬虫類、恐竜、哺乳類のいずれにも属さない第四の種である可能性がある事。
 フーロンが、ジュラ紀、白亜紀、新世紀をまたぎ、人間が文明を開く頃まで揚子江下流域に生存していた可能性がある事。
 古生物学の権威でもあり、世界的に有名な老学者レイモンド・チャンの論文は学会の波紋を呼んだ。
 一見して小型恐竜のように見えるフーロンが第四の種であり、近年まで生きていたと言う説は余りにも衝撃的だった。
 早速、世界の各地域で古生物史を塗り替えるであろう第二のフーロン探しが行われる事となった。
 けれどもその頃チャン教授の癌は悪化し、手術のための入院を余儀なくされた。
 フーロンの研究を中断せざるを得ない事は、彼にとって死よりも辛いことだった。
 そんなある日、闘病生活を続けるチャン教授の元に、医師を名乗る一人の日本人から一枚のレントゲン写真が届けられた。
(日本にフーロンが生きていた!…まさか?)
 それはまさしくフーロンの背中の骨格のレントゲン写真だった。

~続く~

にほんブログ村 小説ブログへ
クリックをお願いします
 
関連記事
スポンサーサイト
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼シムーン第二章 ~乙女達の祈り~
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼未来戦艦大和
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼ビーストハンター
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼地球年代記 ~カルマ~
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼まぼろし
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼やさしい刑事
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼幻影の艦隊
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼その他の小説
もくじ  3kaku_s_L.png オリジナル詩集
もくじ  3kaku_s_L.png 随想/論文集
もくじ  3kaku_s_L.png 死とは何か?
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  ↑記事冒頭へ  
←人の矛盾    →ゴジラの子守歌 第15夜

~ Comment ~


ニンゲンも月や火星へ移住する計画を立てているようですが果たしてそううまくいくのか。
地球温暖化で住めなくなったら宇宙へというのも身勝手ですが
やはり地球以外では生息できないと思いますね(笑)。
地球と同じ環境の星が見つけられれば話は別ですが
そこに住む生物からは侵略者だと思われることでしょう。
#6293[2017/07/28 09:39]  西條すみれ  URL 

Re: すみれ様COありがとうございます^^

> 地球温暖化で住めなくなったら宇宙へというのも身勝手ですが
> やはり地球以外では生息できないと思いますね(笑)。
> 地球と同じ環境の星が見つけられれば話は別ですが

結論から言うと、人間が他の惑星に移住する事はほとんど絶望的です。
重力、大気組成、生態系など地球と同じ条件がそろった星など一つもない。
東京に住む人が、アフリカに行く…旅行なら可能だが長期に渡って住めるかどうか?
宇宙環境の差はそれどころではない…仮に移住するとしたら、人間自身を改造するしかない。
その星の環境に合わせて形を変える…何万年も掛かるし、もう人間ではなくなります。
つまり、誰が見ても宇宙人になる…幾ら元は人間だと言っても差別されるでしょうね(笑)
#6294[2017/07/28 11:47]  sado jo  URL 

こんにちは~♪
ゴジラの祖先がフーロンかな?
って連想させるような感じですね(*^^*ゞ
いま地球は人間の営みで悲鳴をあげていますが、あと何年もつかが最大の関心事です。
核抑止などで地球は守れないし、平和な社会どころか最悪の道を圧倒的少数の数カ国の核兵器のせいで脅かされるのは不条理そのものです。
そんなことより、南極大陸の氷河にひび割れが発生し大陸から離れたら海面の上昇は避けられず海に沈没する島々だけでなく、世界の海沿いの大都市もみな海水に浸ることになる危険に気づかない政治家連中こそ消えてほしいものですね。
#6295[2017/07/28 16:41]  まり姫  URL  [Edit]

Re: まり姫様COありがとうございます^^

> ゴジラの祖先がフーロンかな?って連想させるような感じですね(*^^*ゞ
> いま地球は人間の営みで悲鳴をあげていますが、あと何年もつかが最大の関心事です。

人間が絶滅に追いやった小さな生物「フーロン」と、巨大怪獣「ゴジラ」
その間に関連性があるとしたら、これまた人間が作った破壊兵器「原水爆」かな?
円谷英二のゴジラ物語を良く観ると「人間の横暴に対する自然の復讐」となります。
その象徴としてゴジラが存在す…ある意味ゴジラは「自然界を代表する怒れる神」なのです。
初期の作品をご覧下さい…「呉爾羅=ゴジラ」は小笠原の大戸島神社に祭られていた「自然界の荒ぶる神」なんです。それがゴジラの原点です^^
さて、人間が齎した自然破壊の影響で年々巨大化する災害の数々…実は日本人は、もう幾度となくゴジラのナマの姿を目撃しているんですよね(笑)
#6296[2017/07/28 17:36]  sado jo  URL 

>人間と言う生物の手によってこの地で絶滅してしまったのだろう

絶滅はしていません。
遥かな未来、この世界のプログラムを読み解く者が見つけるでしょう。
全てを読み解くことなど不可能に思えるプログラム群の中の一つの中に生きるフーロンを。
例えば、どこかの漫画家は見えていたのかもしれません。
アカシックレコード、セフィロトの樹、etc
と呼ばれるそれを。
そこから、のび太と竜の騎士のバンホーさんを作り出した。
未来のインターネットの片隅に生まれるフーロンも見ていたのかもしれません。
騎士王と呼ばれた小娘が今わの際に未来に生きる少年の夢を見たように。

セフィロトの樹において真理へ通じる道が樹の中にはないように。
樹から外れて全体像が見れるように。
プログラムの外側まで行けば、そこにはフーロンのプログラムも、人のプログラムも同じプログラムの中に同時に存在しているのが分かるのだと思います。
絶滅などしていない、と。
とてつもなくデカい本の中にフーロンの章と人間の章があるように。

そして一番目の猿は、二番目の猿のプログラムの挙動を見ながらこうつぶやく。
「いつまでその中に囚われる続けるんだ…もう皆待ってるのに…」

その部屋ではそれぞれの世界でそれぞれの形でプログラムの外側へ飛び出た者達が並ぶ。
火の鳥も、目玉おやじも、…末席にどこぞ魔法少女も
それぞれが思い入れのある者達のプログラムごとのモニターを見つめ…
「本当にいつまで何を」と漏らす。
その視線の先では、ゴジラもきゅうべぇも00ナンバーズもゲッターロボズも、もちろんドラえもんズも世界のために戦い続けていた…

彼らはいつになれば役目を終えれるのか…

ゴジラは復讐ではないと思います。
怒りの源泉である失ったもの、それの尊さだと思います。
その役目を与えた生みの親は先に逝き。
育ての親は鞭を振るばかり…

きっとその内ゴジラは逃げてしまうのではないでしょうかね笑
そして見かねた誰かがもう一度この世界にログインする。
そして一本だけ動画を制作しゴジラと共に姿を消す。
その動画は怪獣映画の製作を描いたもの。
その動画は一部の映画関係者と心霊現象研究家の間で話題となる。
内容は単に有名な怪獣映画の続編を作る現場だった。
その現場に初代の監督が現れこういうのだった。
「いつまでこんなもん作り続けるつもりだ?これじゃただの二次創作と変わんないじゃないか、自分達の物はないのか?お前らプロか」
しかし、問題はそのシーン。
プロだからこそわかる特撮じゃないものが映りこんでいた。
初代監督役の俳優の後ろに自分達の良く知り畏れた老人が映っていた。
そして音声はダブり、よく怒られた声に聞こえるのだった…
そして、体が半透明な老人が扉を出ていくときに壁に影が映る。
老人と初代ゴジラの影が…
そして、その動画の中の新作(続編でなく)怪獣映画の公開日とされていた日付に不思議なことが起きる。
各地でハッキングが起き公開目前のゴジラのデータが消されてしまうのだった…。
そして、予備の物まで火事で失うのであった…
っていう結末はどうでしょう?
こんなことになったら誰か首くくることになりそうなのがアレですが…
#6297[2017/07/28 22:12]  三番目の猿  URL  [Edit]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
#6298[2017/07/28 22:53]     

Re: 三番目の猿様COありがとうございます^^

アカシックレコードの中に全てがあるなら、我々人間こそが恐竜の子孫なのかも知れない。
まぁ、実際のところデボン紀辺りのどっかで哺乳類と恐竜は血が繋がってますからね(笑)
お互いに栄えた時代が違うだけで、恨みっこなしと言う事にしておけば復讐もなしかな?
地球に生きる者の栄枯盛衰を決めるのは環境ですからね。適合してるか、しないかだけで。
残念ながら、どの生物も完全万能ではないので、争う事もありゃぁ滅ぶ事もある訳ですよ。
なので生きてる限り、ゴジラもヒーローも戦い続けなければならない宿命を背負ってます(笑)
#6299[2017/07/28 23:50]  sado jo  URL 

Re: M様COありがとうございます^^

わざわざご連絡ありがとうございます^^
了解いたしました。新しいURLが決まりましたらお知らせ下さい^^
#6300[2017/07/28 23:57]  sado jo  URL 

こんにちは~♪
いつもありがとうございます(*^^)
今日は毎年恒例になっている全国でも有数の花火高いかが長良川で開催されるため場所取りに出かけます(゚∀゚ ;)タラー
新聞社の宣伝では今までにない趣向の花火も見られそうです(笑)
ということで私は早く出かけますが、楽しい週末をお過ごしくださいね(^_-)-☆
#6301[2017/07/29 16:35]  まり姫  URL  [Edit]

Re: まり姫様COありがとうございます^^

> 今日は毎年恒例になっている全国でも有数の花火高いかが長良川で開催され
> 新聞社の宣伝では今までにない趣向の花火も見られそうです(笑)

自民党議員の不倫花火も豪勢に打ち上がってますよ~(笑)
中川氏はバレても居座るそうだし、今井絵理子は「ホテルに入ったが一線は越えてない」そうです。
そんな言い訳が、相手の離婚調停裁判で通用するのか?法学者によると通用しないそうです(呆)
一昨年から自民党議員のゲス騒動続きで、うんざりしてますよ…いっそ議員は去勢したら(笑)
#6302[2017/07/29 17:22]  sado jo  URL 

もう、ニュースは見たくありません、情けなさ過ぎ

こんにちは!
いろいろありましたが、皮肉なことに、
新しくしたら、すんなり前のにもログイン出来るのでしは。(^-^;

ややこしくなるので、以前のはタイトルを変更しました。

今日も暑い一日でしたねー!
ウォーキングも買物も、出かけたくない毎日です。
#6303[2017/07/30 17:04]  窓  URL  [Edit]

Re: 窓様COありがとうございます^^

> もう、ニュースは見たくありません、情けなさ過ぎ

見ない方が精神衛生上いいと思います…政治家が精神病の病原菌をばら撒いてますから(笑)
このクソ暑い最中に、不倫の〇液と汚職の汗が塗れた服を着せさせられてる気分になります><
気持ち悪くて着替えたいが、夏服も冬服も着替え(政党)がなくて、無理やり我慢してる感じ。
国民にスカッ!と爽やかな新着の服を作ってくれるメーカー(政党)はないのかな~(笑)

Fc.2は時々、サーバーがおかしくなるので、慌てずしばらく時間を置いてアクセスして下さい^^
#6304[2017/07/30 17:42]  sado jo  URL 














管理者にだけ表示を許可する

~ Trackback ~


  ↑記事冒頭へ  
←人の矛盾    →ゴジラの子守歌 第15夜