シムーン第二章 ~乙女達の祈り~

オリジナル詩集

封印されし黙示録

封印されし黙示録

封印されし黙示録

私の中には 不思議な魂が宿っている

父は 日の丸の旗に書かれた 寄せ書きを
いつも肌身離さず 大事そうに持っていた
酒に酔うと それを手にして 一人一人が
どんな風に 死んだのかを 語り出した
そのたびに 戦地の塹壕の中で死んだ
父の戦友の魂が 私の中に入って来た

それらの魂は 父から受け継いだ狩人の血を 騒がせた

「復讐せよ 我らをこんな目に遭わせた者たちに報復せよ」と

我らは好きで戦地に赴いたのではない 命令されて仕方なく行った
お国のためと言う大義は欺瞞で 本当は特権階級を守るためだった
愛する家族と泣く泣く別れ 背嚢を背負わされて 銃を持たされて
そうして 戦地で戦った我らは死に 命令した者たちは生き残った
命じた者たちに復讐せよ! 我らは彼らの子孫を 末代まで許さぬ

無残に散った魂たちは 祖国への 日本人への復讐を望んだ
余りの禍々しさに 私はその魂とともに 狩人の血を封印した
狩人の血を封印してしまった私は 猟師の後を継げなくなった
大きくなった私は 父と口論した挙句に 実家を飛び出した
血の匂いのする家を出てから 私は随分と心穏やかになった

けれども 黙示録の呪いを背負ったのは 私一人だけではなかった
外に出て気がつくと 大勢の人たちが 呪いを封印して生きていた
だが 解いてはならない呪いの封印を 今解こうとする者たちがいる
解けば無数の人が死に 彼らの復讐が成し遂げられる事も知らずに
その黙示録の封印を解いてはならない! 解けば地獄が待っている

 <2017年6月23日 多くの犠牲者を出した「沖縄戦終結の日」に寄せて>


太平洋戦争で唯一日本の戦場となり、日米両軍兵士、民間人合せて30万人の犠牲者を出して沖縄が陥落した6月23日。
その地獄の沖縄の戦場を描いた、メル・ギブソン監督の実録映画 『ハクソー・リッジ』 が全国の映画館で封切られました。
私が円谷プロで出会った脚本家の「金城哲夫先生(ウルトラマンの作者)」は、幼い頃その戦場の只中に投げ込まれました。
当時、先生の生まれ故郷だった「南風原(ヒューバル)」には、旧日本陸軍が野戦病院用の地下外科壕を設置していました
米軍の侵攻が始まると、地元の人々は壕の中へ避難しましたが、先生の母上は攻撃にさらされ、両足を吹き飛ばされました。
さらに、命からがら壕の中に避難したのも束の間、住民達は米軍に投降する事を嫌う軍人から自決する様に強制されました。
あちこちの壕の中で、手榴弾が炸裂してたくさんの人々が自殺し、先生は親族や同級生を始め、大勢の仲間を失われました。
ちなみに、傷病兵の看護に配属されていた有名な「ひめゆり学徒隊」の半数が南風原病院壕で亡くなったと伝えられています。
その悲惨な記憶は先生の頭から離れず、後に映画界でヒット作を生んで名声を博してからも、深い心の傷として残りました。
よく先生は酒好きだったと言われますが、あれは嘘です…心の傷を紛らわす為につい深酒になってしまったのだと思います。
酒が原因して、僅か37歳の若さで死んだ仲間の後を追うように他界されました…先生もまた沖縄の悲劇の犠牲者だったのです。
血の匂いのする家が嫌で飛び出した私でしたが、因果は斬っても切れぬもので地獄の黙示録はどこまでもついて来る様です。
日本人の中には血を見るのが好きな者がたくさんいるらしく、幾ら悲惨なものを見ても性懲りもなくまた血を流したいらしい(嘲笑)
太平洋戦争の犠牲者は内外合わせて2200万人…沖縄は勿論の事、日本人は未だ犠牲者の魂に贖罪を果たしてはいません。



映画「ハクソー・リッジ」予告 (これは、戦場で一人でも多くの命を救おうとしたある衛生兵の奇跡の物語です)

にほんブログ村 ポエムブログへ
クリックをお願いします
 
関連記事
スポンサーサイト
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼シムーン第二章 ~乙女達の祈り~
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼未来戦艦大和
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼ビーストハンター
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼クロニクル ~カルマ~
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼まぼろし
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼やさしい刑事
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼幻影の艦隊
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼その他の小説
もくじ  3kaku_s_L.png オリジナル詩集
もくじ  3kaku_s_L.png 随想/論文集
もくじ  3kaku_s_L.png 死とは何か?
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  ↑記事冒頭へ  
←普通の会社員が議員になれない民主主義の怪異    →ゴジラの子守歌 第12夜

~ Comment ~


ヒトラーが政権をとったとき老若男女のほとんどすべての
人が彼を熱狂的に支持しました。
毛沢東の紅衛兵騒動の時も反対するものはいなかった。
日本でも軍部の独走もありましたが新聞をはじめとする世論は
戦争に反対したのはごく一部でした。
結局国民は施政者の都合の良いように盲従するのです。

もう一度チャーチルの言葉を、
「人間が歴史から学んだことは、歴史から何も学んでいないということだ」
#6136[2017/06/27 22:32]  エリアンダー  URL 

Re: エリアンダー様COありがとうございます^^

> ヒトラーが政権をとったとき老若男女のほとんどすべての
> 人が彼を熱狂的に支持しました。
> 結局国民は施政者の都合の良いように盲従するのです。

権力者と言う者は巧みに時流を掴み、民衆を自分のマリオネットにします。
「外にも内にもお前達の敵がいる。だからお前達は一致団結して敵を排除せねばならん!」
ヒトラーも東条英機も、毛沢東もスターリンも同じ手口で政権を握り、国民を操りました。
安部総理やトランプ大統領が、国民を操り人形にせぬ様祈ります…もう人形化してる者もいる!
権力の操り人形化を防ぐには、国民が以前の悲劇を忘れない事…それを代々伝えて行く事です。
#6137[2017/06/27 22:58]  sado jo  URL 

おはようございます
戦争は百害あって一利なしだなとつくづく思います。
#6138[2017/06/28 08:13]  ネリム  URL  [Edit]

強行採決を繰り返す安倍政権がこのまま続けばいずれ戦争になっても不思議ではないですね。
そもそも集団的自衛権を行使することになったら避けられない気がしますが
なんていうのかな、自分の考えを持たない人が多い気がするんですよね。
まあ、彼らはそんな自覚もないんですが、だからこそ操り人形になってしまう。
例えそうでなくとも立場が人を恐れさせる世界になっているのも問題です。
#6139[2017/06/28 09:37]  西條すみれ  URL 

Re: ネリム様COありがとうございます^^

> 戦争は百害あって一利なしだなとつくづく思います。

なぜ権力者は「鬼畜米英」と敵を蔑んで兵隊達に敵を憎ませようとしたのか?
人は面識のない人間を憎む事はできない…だから戦場で殺意を抱く様に教育した。
だが、戦場で殺し合った兵隊が死の間際に憎んだのは、自分をそう教育した者達。
「こんな自分に誰がした!お前らのせいで俺は死ぬ。なにが天皇陛下バンザイだ」
これが、妻を、子を、恋人を、愛する家族に未練を残して死んだ兵隊の本心です。
#6140[2017/06/28 10:18]  sado jo  URL 

Re: すみれ様COありがとうございます^^

> まあ、彼らはそんな自覚もないんですが、だからこそ操り人形になってしまう。
> 例えそうでなくとも立場が人を恐れさせる世界になっているのも問題です。

稲田防衛相が「自衛隊があって国民がある」的な発言をして批判を浴びてます(笑)
彼女も本質を見誤ってる…国民がいて産業があり、働いてくれるから自衛隊が食えるんです。
我々は御国の為、安部総理の為、お友達の森友さんや、加計さんの為に働いてるんじゃない!
権力を奮うな!自衛隊や警察を利用するな!国民を操り人形にするな!…ただその幸せを祈れ!
自衛隊が、或いは警察が、前に出て目立つ様になったら日本は終わりです…ニッポンオワタ(笑)
#6141[2017/06/28 10:36]  sado jo  URL 

わずか数万人の日本会議という組織があらゆるメディアや極右組織を動かし国会議員まで日本会議にひれ伏させているいまの現状を見抜けないと歴史は繰り返すことになってしまうでしょうね。
彼らの思想の根底にあるのは靖国史観そのものであり、歴史修正主義そのものです。
あったものをなかったことにする志向も安倍政権に蔓延していることを見れば理解できます。
赤紙一枚で無理やり戦場に駆り出された兵士と、国民の命などなんとも思っていなかった戦争指導者を同列視し、全部戦争犠牲者だとしたい連中こそ日本のガンでしょう。
彼らは長期にわたって学校教育や言論・出版、メディア対策を右傾化の方向に引っ張ろうと画策し続け、うまくはまったのがウルトラ右翼の安倍晋三という人物だったのが国民には最悪でした。
国家主義者と違い、安倍晋三の思考はあくまで親米ウルトラ右翼そのもの、過去にこんな人物が現れたのは戦犯逃れをした岸信介だけです。
ヒトラーなど可愛いものですよ(彼は超独裁者だったけど自身の信念を持っていた狂気の人)。
安倍晋三には信念も何もなく、ただ気に入った人物の言いなり(言っていることは全部受け売り)になっているだけだから怖いのです。
#6142[2017/06/28 16:01]  まり姫  URL  [Edit]

Re: まり姫様COありがとうございます^^

> あったものをなかったことにする志向も安倍政権に蔓延していることを見れば理解できます。
> 赤紙一枚で無理やり戦場に駆り出された兵士と、国民の命などなんとも思っていなかった戦争指導者を同列視し、全部戦争犠牲者だとしたい連中こそ日本のガンでしょう。

相変わらず手厳しいですね…確かに戦争を指導した権力者と、戦争に駆り出された一般兵を同一視する事は出来ません。前者は加害者であり、後者は被害者ですから。
だが、時の権力の操り人形と化して、戦争に賛同した多くの国民も罪を免れる事は出来ない。
(現在もそうだが)過去に沖縄で起きた事は、日本国民全体で責任を負わなければならない。
他人に何かを押し付けておいて、自分達は関係ない…蚊帳の外ではまったく道理が通らない。
各都道府県で米軍基地を引き受けるなり何なり、贖罪を果たす義務があると思います。
#6144[2017/06/28 18:51]  sado jo  URL 

自分たちの特権や名誉心や妙な信念を守るために、大義名分をこしらえて、
不必要な戦いをするよう命じるなら、これ以上の暗愚頓馬はありません。
戦艦大和が沈められるのを分かっていて沖縄に死の出航を命じた軍部。
みんなで自決しようとか、本土で竹槍で戦おうと言った軍部。
権威を持った、頭の悪い、利己的な特権階級ほど怖いものはないです。
大衆は、だれもが歴史の教訓を学んでいるはずなんですが、
教育、マスコミ、印象操作のボディブローでやられてしまうのでしょうかね。
#6146[2017/06/29 09:54]  ☆バーソ☆  URL  [Edit]

Re: パーソ様COありがとうございます^^

> 大衆は、だれもが歴史の教訓を学んでいるはずなんですが、
> 教育、マスコミ、印象操作のボディブローでやられてしまうのでしょうかね。

戦艦大和の兵士に死の特攻を命じた豊田長官に面白い逸話が残っています。
ある士官が「長官は行かれないのですか?」と聞いた。すると「わしは本土で陛下をお守りせねばならん。わしの代りはいないからな」と言う返事が返ってきた。
解りますか?…上の人間にとって兵士は消耗品であり、その傲慢さが現れた答えです。
そこまで馬鹿にされて、特権階級の大義名分に従う右寄りの国民は頭がおかしい(笑)
首相や大臣の代りは山ほどもいるが、子供の父親の代りはどこにもいないのだ!
自分は特別な人間だ!と思ってる首相や大臣は傲慢な思い上がりをしてるだけです。
庶民には庶民の意地がある!…国民はそれくらいの気概を持って上に臨んで欲しい。
#6147[2017/06/29 13:37]  sado jo  URL 

米軍基地は沖縄だけでなく日本全国に展開されています。
米軍基地が日本にある限り国民の安全は脅かされ続けるでしょう。
従って日本領土から米軍基地そのものを完全に撤去させるべきです。
贖罪は侵略戦争を引き起こし、反対する国民の声を封殺した国家権力自身が被害者全員にすべきものです。
一億総懺悔というのは陥りやすい責任転嫁そのものだと思いますね。
戦争責任者とその協力者として、何も知らずに賛成させられた一般庶民まで非難するべきではないでしょう。
何故なら、その人たちは敗戦後の日本を発展させるためにこき使われたのですからね。
彼らのおかげで私たちは日本国憲法を得られ、国民主権を勝ち取れたのであり、米国のおかげでも何でもありません。
#6148[2017/06/29 15:18]  まり姫  URL  [Edit]

Re: まり姫様COありがとうございます^^

> 米軍基地が日本にある限り国民の安全は脅かされ続けるでしょう。
> 従って日本領土から米軍基地そのものを完全に撤去させるべきです。

幾ら阿部首相が「敗戦レジームからの脱却」を唱えた所で、戦勝国の軍隊が駐屯している以上、敗戦レジームからの脱却は叶いません。
かと言って、米軍を排して強力な日本軍を作られても、国民も国際社会も迷惑するだけです。
当面は米軍の抑止力に頼りながら、基地を全国分散して沖縄の負担を軽くするしかないです。
永世中立は理想ですが、まず世界から核兵器を根絶しなければ、永久平和などあり得ません。
国家が戦争するのは、国民の意志が弱く、すぐ権力者におもねるだらしなさがあるからです。
命を尊重する。人種・民族差別をしない。操り人形にならない。大義名分に釣られて国家に命を捧げない…しっかりした人間教育をしてゆく事が必要だろうと思います。
#6149[2017/06/29 16:05]  sado jo  URL 

米国のすぐ近くにあるコスタリカは軍隊を持っていません。
軍隊がない国を多胡君゛攻撃できるという妄想そのものをまず捨てるべきでしょうね。
仮に日本が非武装永世中立国を宣言したら世界中から称賛されることはあっても他国から侵略されることなどあり得ません。
今の日本より格段に安全になり日本自身が世界中から尊敬の念をもたれて、世界で一番安全な国だと言われるようになるでしょう。
米国の核の傘に頼っているなどという幻想は捨てるべきでしょうね。
かえって危険です。
日本からすべての軍事力がなくなれば日本国民は将来にわたって安心して暮らせるでしょう。
北東アジアのどこもたとえ国の指導者が狂っていても、国際社会からの避難を恐れ、非軍事の日本を攻撃しようなどと思いませんよ。
#6150[2017/06/30 15:44]  まり姫  URL  [Edit]

Re: まり姫様COありがとうございます^^

> 米国のすぐ近くにあるコスタリカは軍隊を持っていません。
> 仮に日本が非武装永世中立国を宣言したら世界中から称賛されることはあっても他国から侵略されることなどあり得ません。

コスタリカは過去に武力を奮った事がないから非武装中立が可能です。
過去に侵略行為を行った日本は、スイスと同様、武装中立の道しか選べません。
日本が中立して自国軍を持つ事が、果たして国内・国外の賛同を得られるでしょうか?
日本が今の状態にあるのは、数世代前の日本人が歴史の選択を誤ったからであり、それを抜きにして将来の日本のあり方を考える事はできないのです。
ユダヤはローマとの戦争に敗れて属国となり、その後反乱を起こした為に国が滅亡しました。
日本はアメリカ総督もいないし、傀儡政権とは言っても阿部首相はヘロデ王ではありません。
まだユダヤよりマシです(笑)…うかつに事を焦って日本人を離散させる事は避けたいです。
#6151[2017/06/30 18:06]  sado jo  URL 














管理者にだけ表示を許可する

~ Trackback ~


  ↑記事冒頭へ  
←普通の会社員が議員になれない民主主義の怪異    →ゴジラの子守歌 第12夜