シムーン第二章 ~乙女達の祈り~

クロニクル ~カルマ~

クロニクル ~カルマ~ 第8話「海に還る日」(10)

海に還る日10

「ははは…それは仕方がないね。これから君たちが暮らしてゆくコロニーはすべて自然物で作ってあるから、子供らの成長に合わせて好きに改造したらいい…人間の肉体を持つ親の世代が水中で生活できるように、一通りの人工設備も整っているしね。ただ、電気とガスは使えないから食事だけは生食に慣れてもらうしかないが、食料になる海産物は至る所に豊富にあるはずだ… 後、君たちの身体も水中生活に適応できるように処置を施しておいた。水はさほど冷たく感じないし、水圧も苦にならないはずだ。多分、水中でも陸上と同じような感覚で動き回れると思うよ」
「色々とありがとうございます。先生には大変お世話になりました」
「これから君たちが住まうコロニーは、自然の海流の流れに乗って北へゆきまた折り返して南に戻る移動住居として機能する。その旅の中で子供らは君たちに知識を教わり、自ら冒険をしてたくましく成長するだろう…私の仲間たちがオーストラリアや南米でも同じプロジェクトを行っているから、やがて別のグループとも出会うと思うよ…大きくなった子供らは伴侶を見つけて結ばれ、また新しいコロニーが作られる。そうして海を回遊しながら子孫は増えてゆき、君たちは新人類のアダムとイブとして伝説に残るだろうな」
「僕たちは新時代のアダムとイブですか…子孫たちに創世記に書かれたら何だか恥ずかしいな」

「ただ、これだけは守って欲しい…陸で何が起ころうとも君たちは決して関ってはならない。すぐに地球温暖化は今よりもっとひどくなる。陸上は人が住めない地獄と化し、人類はわずかに残った生息地を争って奪い合うに違いない。自分のものにしたいがために最後には最終兵器を使った戦争になるだろう」
「どうしても生き方を変えられないんでしょうかね…このまま破滅に向かって突き進むしか道はないんでしょうか?」
「それが人間のサガだ…だが、慢心している割に人間の力などたかが知れている。放射線は海中には届かないし、放射能も地球の70%以上もある海を汚染するには至らない。けれども、君たちが苦しんでいる同族を憐れんで助けてやると、彼らはすぐに恩を忘れて牙をむき出してくる…君たちの子らを人間とは認めず、差別して迫害し、最後には殺してせっかくの人類の未来への希望を絶ってしまうだろう。そんな者たちにエデンの園に入る資格などないし、どうせ水中では生きられない…姿形は人間でも彼らこそ人の心を持たぬ異形の怪物であり、神に叛いて地上を破壊し、自らも歴史から消えてゆく種族だから滅びるに任せておきなさい。手を貸して助けてはならん」
 真砂は、いつまで経っても悔い改めようとしない人々を斬り捨てるように海人と黄泉を諭した。

 人が狂えば地球も狂う…日常的に吹きつける暴風雨のわずかな合間を縫って三人は海岸に出た。
「じゃぁ、これでお別れだ」真砂は二度と会えない海人と黄泉を抱きしめた。
「先生もどうかお達者で」二人は名残惜しそうに真砂の手を握った。
「あぁ、生きられるところまで生きてみるよ…人類が滅ぶまでの残り時間は少ないと思うが」
 そう言って真砂は海中にあるコロニーの場所を示したブイを指差した。
 ダイバースーツに身を包んだ海人は身重の黄泉をかばうようにゆっくりと海に入っていった。
 新しい人類の生みの親になるアダムとイブは、途中で振り返って何度も何度も手を振った。
 そして陸に別れを告げた二人は、生命が生まれた海へ…エデンの園へと帰っていった。

~続く~

にほんブログ村 小説ブログへ
クリックをお願いします
 
関連記事
スポンサーサイト
もくじ  3kaku_s_L.png ゴジラの子守歌
もくじ  3kaku_s_L.png 未来戦艦大和
もくじ  3kaku_s_L.png やさしい刑事
もくじ  3kaku_s_L.png まぼろし
総もくじ 3kaku_s_L.png その他の小説
もくじ  3kaku_s_L.png オリジナル詩集
もくじ  3kaku_s_L.png 随想/論文集
もくじ  3kaku_s_L.png 死とは何か?
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  ↑記事冒頭へ  
←クロニクル ~カルマ~ 第8話「海に還る日」(11)    →クロニクル ~カルマ~ 第8話「海に還る日」(9)

~ Comment ~


青森でリンゴの自然栽培をして成功した人の書いた『奇跡のリンゴ』の中に、
人間の使った農薬が土中に滲み込み、それがやがて海に流れ込み、
そうして海の生態を壊し、そのために地球の循環が狂い、自然災害が増えた。
このままでは地球で生きるのは難しい、というようなことが書かれていました。
この人は、その地球の滅びは人間が思っているよりも近いと言っています。
水爆や原発やオゾンで滅ぶ話とは違うところでも地球破壊が進んでいる。
もう海の中に逃げるか、地中に逃げるか、他の星に逃げるか。
いや、本当は逃げないでもいいはずなんですが。
#6793[2017/12/24 07:23]  ☆バーソ☆  URL  [Edit]

Re: パーソ様COありがとうございます^^

> このままでは地球で生きるのは難しい、というようなことが書かれていました。
> この人は、その地球の滅びは人間が思っているよりも近いと言っています。
> 水爆や原発やオゾンで滅ぶ話とは違うところでも地球破壊が進んでいる。

他より飛び抜けた生物の活動が、生態系を狂わせ、地球環境を破壊して大絶滅を招いた事実は、45億年の歴史の中で数多くあります。
今人類が依存している石油などの化石エネルギーを作ったのは「石炭紀」に躍進した昆虫でした。彼らの大繁殖が生態系を破壊し、多くの種を滅ぼして、その死骸が堆積して燃料になった。
また「巨大隕石が恐竜を絶滅させた」と言う説は間違いです…真実は、草食恐竜が肉食恐竜に食われない様に巨大化したのが原因です。
巨大な肉体を維持するには膨大な食料がいる…草食恐竜が際限なく植物を食べ尽くした為に、地球環境が変化し「白亜紀」の後期には種の数が激減してしまったのです。
当時、数10センチ~数メートルあった昆虫は小型化して今も生きています。同じく鳥に姿を変えた恐竜の一種も、小型化して無事に地球環境の激変を凌いで生きています。
他より突出した生物の活動は、生態系を含む地球環境に連鎖反応を齎します…それはCO2や原発や産業汚染だけの問題ではなく、突出した生物そのものの存在が原因です。
何事にも程…身の丈と言うものがあります。今後、人類が地球環境の変化に対応して生き残るなら、今の半分…1メートル以下の大きさの生物になる必要があるでしょうね。
なお陸上2.5と、海7.5を比較すると、陸上の激しい環境変化に比べて、大きさが巨大な海の環境変化は緩やかです…種の形態や大きさはジュラ紀の頃とさほど変わっていません。
#6794[2017/12/24 11:53]  sado jo  URL 

そうやって潰し合っても最終的に暮らしていける土地があるのかないのか。
人の歴史というのは、ほぼほぼ戦にあるようなもので
核兵器だのミサイルだのテロだの、過激さを増してその歴史を象徴していますね。
敵の敵は味方、敵の味方は敵。助け合いも悪いとまでは言わないけど
日本もアメリカを守るために加担したら必然的に巻き込まれてしまいますね。
それも我々の意思とは関係なく、我々国民は犠牲になっていく。
#6795[2017/12/24 12:21]  西條すみれ  URL 

Re: すみれ様COありがとうございます^^

> 人の歴史というのは、ほぼほぼ戦にあるようなもので
> 核兵器だのミサイルだのテロだの、過激さを増してその歴史を象徴していますね。
> それも我々の意思とは関係なく、我々国民は犠牲になっていく。

単刀直入に言います…世界を悪い状況にしている原因は政治(政治家)にあります。
人は食べて働き、愛し合って子を成し、次の世代を残して満足して世を去ってゆく存在。
人として基本を忘れ、地位、権力、財産、メンツ、保身に執着するから皆が不幸になる。
自分は映画界にいた頃、色んな国の人と付き合った。一緒に仕事をし、話をし、酒を飲んだり、旅をしたり…文化は違っても、人は基本的に何ら変わらない事を知りました。
金正恩とは友達になれないが、北朝鮮の人とは友達になれる。トランプと友達になれなくても、アメリカ人とは付き合える。習主席は嫌いでも、中国人の友人がいる日本人は多い。
要するに皆人間が嫌いなのではなく、その国の政治(政治家)が嫌いなのです…それをごちゃ混ぜにするから悪くなる。人として当たり前に考えたら分かる事でしょうが(笑)
#6796[2017/12/24 14:00]  sado jo  URL 

こんばんは

ブログ再開しました。
休止中も私のブログに何度も顔を出してくださって
嬉しかったです。
今後ともよろしく。
#6797[2017/12/24 20:17]  エリアンダー  URL 

こんばんわ
戦争はどの時代にもあるんだなと思いました。
#6798[2017/12/24 22:51]  ネリム  URL  [Edit]

Re: エリアンダー様COありがとうございます^^

> 休止中も私のブログに何度も顔を出してくださって嬉しかったです。

いぇいぇ、どういたしまして^^
エリアンダーさんの気の利いたジョーク…特にアメリカン・ブラックジョークは
人間の本質を鋭く突いてますからね♪…また楽しみに拝見させていただきます。
#6799[2017/12/25 14:00]  sado jo  URL 

Re: ネリム様COありがとうございます^^

> 戦争はどの時代にもあるんだなと思いました。

奇妙に思われるかも知れませんが、私は戦争そのものを否定してはいません。
戦争が「剣」と「槍」を奮って戦う男と男の力比べなら、何一つ反対しません。
だから騎士や武士の武勇伝は大好きです…そこにはロマンに満ちた詩や物語がある♪
だが、20世紀になって科学を戦争の道具に使い出して、民間人を巻き込む戦争になった。
戦う戦士より民間人…特に子供や女性、老人などの弱い犠牲者の方が増えてしまった><
そんな戦争は戦争ではない!…民間人を犠牲にせず、男と男が火花を散らして戦う本物の戦いをやれ!と言っている。男のプライドも無い奴らが「正義」をほざくのが気に入らない(笑)
#6800[2017/12/25 14:21]  sado jo  URL 

こんばんは~

年内はご挨拶できないかもしれませんので。
今年一年、URLが変わったりしてのお付き合いを、本当にありがとございました。♪(∩。∩;)ゞ・・・
またコメントなどで、いつも励ましていただけたことが多くありました。
今も、デスクトップパソコンにしてから、ずっと首の調子がいいのです。

本当にありがとございました。♪(∩。∩;)ゞ・・・
#6801[2017/12/25 17:55]  窓  URL  [Edit]

Re: 窓様COありがとうございます^^

> またコメントなどで、いつも励ましていただけたことが多くありました。
> 今も、デスクトップパソコンにしてから、ずっと首の調子がいいのです。
> 本当にありがとございました。♪(∩。∩;)ゞ・・・

それは良かった…デスクトップの方が首に負担が掛からないですから^^
それにしても、今年も「座間のアパートの9人殺し」や「あおり運転殺人」「幼児の虐待殺人」など、猟奇的な事件が多かったですね~
年々人心が荒れてゆくのが恐ろしい…(▼)いい歳こいてこんな事してるヤツもいます><

https://www.youtube.com/watch?v=XLIJ9sZPSwU
https://www.youtube.com/watch?v=TRdh4Asrxj4

まるでソドムとゴモラの罪人だ!…いつ人類に天罰が下るか?滅んでもおかしくない(嘆)
来年こそは穏やかな年になります様に願ってます…良いお年をお迎え下さい^^
#6802[2017/12/26 13:52]  sado jo  URL 

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
#6803[2017/12/28 15:51]     

Re: m様COありがとうございます^^

多分あなたと私は、路線は違えど平和を希求する理想主義者だろうと思います。
再入院となると「良いお年をお迎え下さい」とはなかなか言い辛いものもありますが
どうか、元気になって帰ってきていただきたいと願っています^^
#6805[2017/12/28 20:11]  sado jo  URL 














管理者にだけ表示を許可する

~ Trackback ~


  ↑記事冒頭へ  
←クロニクル ~カルマ~ 第8話「海に還る日」(11)    →クロニクル ~カルマ~ 第8話「海に還る日」(9)