FC2ブログ

シムーン第二章 ~乙女達の祈り~

アニメ /コミック

なぜゴジラは人を惹きつけるのか?

怪獣惑星

私が円谷プロのスタッフになったのは、当時ヒットした処女作「ウルトラQ」よりも、やはり「ゴジラ」に惹かれての事だった。
そのゴジラは映画化される遥か以前の1945年3月、東京を焼き尽くした米軍の東京大空襲の時に円谷英二の頭の中から誕生した。
防空壕の中で次第に近づいてくる爆撃音を聞きながら、圧倒的な力の前に、為す術もなく蹂躙される小さな自分がそこにあった。
その感情は恐怖であると同時に憧憬…人が神を崇める時の感情と同じだった。即座に「この感情を映像化したい」と思ったそうだ。
もうお気づきだと思うが「ゴジラ」と言う名前…God+zilla=神の如き怪物の由来は、人が畏怖しながら憧れる存在に起因する。

どうも生物にはその様な相反する感情遺伝子が内在しているらしい…中国の奥地に棲息していた小さな恐竜にも同じ事が起こった。
襲いくる巨大恐竜を見上げながら恐怖すると同時に「あの様になりたい」と憧れたのだろう…彼は後にティラノサウルスになった。
常に襲いくる自然や野獣に怯えながら暮らしていた弱い人類も、それらを恐れながら、それらに憧れたからこそ強くなっていった。
鉄を手に入れ、槍や弓を手にし、爆薬を手に入れて銃を作り、ついに核兵器を手に入れて、限りなく神に近い力を持つ様になった。

はて、神の如き力を手にした人類は、それに相応しい神の如き精神を持てただろうか?…否、古代より一歩たりとも進歩してない。
なので、人間自身がゴジラになってしまったとも言える…乏しい精神で神の如き力を奮うのであればゴジラと何ら変わらない訳だ。
確かに、力ずくで街を破壊し、放射能を吐くシーンに興奮を覚える所をみると、人間の精神は神よりゴジラの方に近かろうと思う。
先頃、核廃絶を念願するフランシスコ・ローマ法王が、原爆投下後の長崎で撮影された「死んだ弟を背負って焼き場に立つ少年」の
写真に自ら平和の願いを込めたメッセージを添えて信者に配布したと聞く…その聖職者らしい信念と行為はとても尊い事だと思う。
けれども、13億に昇るカトリック教徒が真剣に核廃絶の行動を起こした事は一度もない。彼らには信仰と生活は別物になっている。
左手に聖書を持ちながら、右手の指は引き金に手を掛けている…口で「アーメン」と唱えながら、心では敵を待ち構えているのだ。

何もキリスト教徒に限った事ではない…世界の人々は内心では核兵器は必要だと考えている。だから核兵器がなくなる事はない。
一旦手にした新たな力を人類が手放した例は歴史上一つもないからだ…ならばその力を持つに相応しい精神を磨く以外はなかろう。
なのでゴジラは、人間の力を超えてしまう圧倒的な存在でなければならない。そうでなければ人間精神を覚醒させる事はできない。
「力に頼るな!お前より強い者がここにいる」そう見せつけ、精神性に乏しい人類を叱りとばすGod+zillaでなければ意味がない。
力があると思ってる内は、人の精神は進化しない…人類の持つ力をへし折って、艱難辛苦を与えてこそ精神を玉と磨く事ができる。

同じ円谷プロ出身の虚淵玄氏が『GODZILLA-怪獣惑星』で、史上最強のゴジラを描き出して人類の精神を大いに鍛えてくれてます。
ならば私も、小説『ゴジラの子守歌』で、人類の持つあらゆる力を打ち拉ぐ、今までになかった最強のゴジラを描こうと思います。
すでにミサイルなどの最新兵器がゴジラに当る前に消滅する…と言う最強の証の伏線は張ってありますが、まだまだこれからです。
ゴジラと言う怪獣に秘められた絶大な能力を、魔術などと言うトリックを使わず、科学の裏付を基にして表してゆく予定でいます。
さて、どんな最強のGod+zillaができ上がるか?楽しみにしていて下さい♪…小説『ゴジラの子守歌』の連載をまもなく再開します。



虚淵玄原作 映画 『GODZILLA-怪獣惑星』 予告編

にほんブログ村 アニメブログへ
クリックをお願いします
 
関連記事
スポンサーサイト
もくじ  3kaku_s_L.png ゴジラの子守歌
もくじ  3kaku_s_L.png 未来戦艦大和
もくじ  3kaku_s_L.png やさしい刑事
もくじ  3kaku_s_L.png まぼろし
総もくじ 3kaku_s_L.png その他の小説
もくじ  3kaku_s_L.png オリジナル詩集
もくじ  3kaku_s_L.png 随想/論文集
もくじ  3kaku_s_L.png 死とは何か?
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  ↑記事冒頭へ  
←政治的悪意にさらされる文化    →(1) ウルトラマンはどこからやってきたのか?

~ Comment ~


日本なんか核兵器の被害者なのに今はその核兵器に守られてるのも何か変な話だね。
一度作られてしまった圧倒的な兵器は根絶しようと思っても無理な話だし
自衛力がないと亡ぼされてしまうから兵器が必要なのも事実。
昔から土地を侵略して繁栄してきた人類が招いてしまった結果としか言いようがない。
やっぱり人類の天敵らしい天敵が人類しかいないっていうのは神様の設計ミスだな。
#7505[2018/10/31 10:06]  西條すみれ  URL 

Re: すみれ様COありがとうございます^^

> 日本なんか核兵器の被害者なのに今はその核兵器に守られてるのも何か変な話だね。
> 昔から土地を侵略して繁栄してきた人類が招いてしまった結果としか言いようがない。

腎臓病の為に余りに身体がダルいので、再開宣言をすれば無理にでもやらざるを得まい。
そう思って宣言してみましたが、果たして小説が書けるやら…正直自信はないです(苦笑)

(核)兵器も過激な指導者も民衆が生んだものです…その悪意が怪獣になっただけの事。
ゴジラは勝手な民衆のエゴを映像化したもので、今ならトランプ&米国民かも知れません。
災いを作るのは怪獣ではなく人間であって、自身が作った災いの為に不幸を招いてます。
そんな民衆は、自分以外の人が家を焼かれようが、殺されようが、良い事だと思ってる。
愚かな民衆がいる限りゴジラは何度でも復活します…ゴジラは人の悪意の象徴なのです。
#7506[2018/10/31 14:23]  sado jo  URL 

こんばんは

ゴジラ、そうだったんですか。
私は「ゴリラ」+「クジラ」=ゴジラと思っていました。
ゴジラの記憶は、怖さと、進撃してくるときの音楽、
オキジェン・・・なんとかいう化学物質が頭に焼き付いています。
ゴジラが善人の時は、一抹の寂しさを感じたものです。
そう、ちょうど寅さんが「男はつらいよ」シリーズ終盤、年取って、
自分の恋じゃなく甥の恋にかかずりあう時のような。
怪獣・恐竜物は初期のコマ撮り(ストップモーション)→着ぐるみ
→CGと大変化を遂げてきました。CGは確かによくできていますが
作り物感が強くて映画に入り込めない気がします。
Sado joさんはゴジラのどのタイトルあたりから製作に参加されたんですか。
一度製作秘話の記事を読んでみたいです。
#7507[2018/10/31 17:06]  エリアンダー  URL 

核抑止論がまかり通るようではどうしようもありません。
日本が米軍の核兵器に守られているのもただの幻想にすぎず、現実に米軍の核兵器そのものがアジア諸国に脅威になっているのです。
人類は広島・長崎から何ら学ばなかったせいで、スリーマイル島の原発事故、チェルノブイリ、福島と過ちを繰り返しています。
ゴジラがいくら暴れても人類は武器を捨てない限り、教訓から何も学ぶことはないでしょうね。
#7508[2018/10/31 17:17]  まり姫  URL  [Edit]

Re: エリアンダー様COありがとうございます^^

> ゴジラが善人の時は、一抹の寂しさを感じたものです。
> Sado joさんはゴジラのどのタイトルあたりから製作に参加されたんですか。

私が円谷プロに在籍した頃は、おっしゃる様にゴジラが正義の味方に変身した時代でした(笑)
そしてゴジラ映画の版権は円谷ではなく東宝にあり、円谷社長が自ら出向して製作してました。
なので残念ながら私は参加できませんでしたが、円谷社長には面白いエピソードがあります。
社長は他社の作品である大映のガメラがお好きでした…ガメラが子供の味方だったからです。
円谷英二は無類の子煩悩で、特撮をやる前はオモチャ会社で子供のオモチャを作ってました。
なのでファンは違和感を感じたでしょうが、ゴジラが正義の味方に化けたのは彼の意思です。
ご自身は恐怖を売り物にした怪獣映画を作りながら、絵に描いたような善人だったんです(笑)
#7509[2018/10/31 18:54]  sado jo  URL 

Re: まり姫様COありがとうございます^^

> 核抑止論がまかり通るようではどうしようもありません。
> 日本が米軍の核兵器に守られているのもただの幻想にすぎず、現実に米軍の核兵器そのものがアジア諸国に脅威になっているのです。

元より「核兵器があれば敵国の核攻撃を免れる」核抑止論は虚しい幻想でしかありません。
仮にプーチンやトランプを破滅の淵に追い詰めたとする…その時、彼らが核のボタンを押さない保証はどこにもない。権力者なら死なばもろともになる。
なので国民は自分達が選んだはずの国家元首を、まるで腫れ物でも触る様に下出に出て扱う。
すると権力者は増長して好き放題振舞う様になる…国民は上目遣いに政府を見上げて恐れる。
核がある為に民主主義は死んで歪んだ独裁国家になる…分かり切ってるのに、アホナな民衆は過激な事を言う指導者に投票して権力の座につけてしまう><
民衆が右派や極右を排除しない限り、いつかは幻想に支えられた核抑止論が破綻する日がやってくる…世界の情勢を見ると今世紀は特にその可能性が高いです!
#7510[2018/10/31 20:28]  sado jo  URL 

畏怖なんですよね

人間の及ばない世界がこの世にはある。
そう思わせてくれるのですよね。

>もうお気づきだと思うが「ゴジラ」と言う名前…God+zilla=神の如き怪物の由来は、人が畏怖しながら憧れる存在に起因する。


いいえ、お気づきじゃなかったです!知りませんでした。
そうだったんですね。

わたしの祖母は、大阪大空襲のとき、泉州でも田舎のほうに疎開していたのですが。
市内の空襲が見えたそうです。
この世の終わりと思ったと、時折話してくれました。

その同じころに、円谷監督は、このようなことを考えておられたのですね。
#7511[2018/11/01 12:54]  窓  URL  [Edit]

こんにちは~♪
いつもありがとうございます(*^^)
今朝も冷え込みましたねー。
何か一気に晩秋の季節のように感じます。
風邪にはお気をつけ下さいね(^_-)-☆
応援ぽち
#7512[2018/11/01 16:15]  まり姫  URL  [Edit]

Re: 窓様COありがとうございます^^

> わたしの祖母は、大阪大空襲のとき、泉州でも田舎のほうに疎開していたのですが。
> 市内の空襲が見えたそうです。
> この世の終わりと思ったと、時折話してくれました。
> その同じころに、円谷監督は、このようなことを考えておられたのですね。

ゴジラの処女作では、日本の最南端・大戸島で崇められていた呉爾羅(ゴジラ)神がアメリカの核実験で変貌を遂げて巨大化した…そこからゴジラは「核の落し子」として人類に核の警鐘を鳴らす存在になりましたが、元々は住民が崇める太平洋の古代生物…つまり神と言う設定になっています。
その設定が生まれたのは1945年3月の東京大空襲の時…迫りくる爆弾の破裂音と土砂が降り注ぐ真っ暗な防空壕の中で、いつ直撃弾が落ちて死ぬかと言う中で、家族とともに為すすべもなく恐怖に怯えていた円谷英二の頭をよぎったイメージが元になっています。
人は到底抗えない圧倒的な力を目の当たりにすると、恐怖しながらそれを崇拝するものです。
アラブの人々も米軍の圧倒的な力(空爆)を見て「アッラー・アクバル!」と叫んだりします。
しかしその神の力は巨大な暴力であり、行為の背景には神ではなく悪魔の野蛮性があります。
ゴジラは人間自身であり、だからこそ人間の魔性・恐ろしさをこれ見よがしに見せつけます。
#7513[2018/11/01 18:15]  sado jo  URL 

Re: まり姫様COありがとうございます^^

> 今朝も冷え込みましたねー。
> 何か一気に晩秋の季節のように感じます。

月が明けたら急に冷えましたね。こちらも慌ててストーブを出しました(笑)
みんな寒くなると「これだけ寒いんだから温暖化はしてないだろう」と言います。
それは大きな間違いで、日本や欧米が寒気に見舞われるのは、温暖化で北極の氷床が溶けて寒気が緯度の低い地域まで流れ込んでいるからです。
トランプが温暖化国際協定を脱退してから、アメリカは工業が盛んで景気はいいですが、何の事はない「株価と引き換えに地球を破壊」しているのです。
中間選挙を前に欲深いアメリカ人に支えられて人気が上昇しているらしいが、ツケはアメリカ人だけでなく地球に住む全人類が被る事になるでしょう><
#7514[2018/11/01 18:37]  sado jo  URL 

ゴジラの名の由来がゴッド+ジラだったことに、ちょっと驚きました。
これは、アメリカ製ゴジラ映画が出来たときの後付けの注解じゃないのですかね。

丸谷才一が、ゴジラとかギドラ、モスラとか、他にもラの字の付く言葉を挙げて
語尾に「ラ」が付くのは皆・・・である、と面白いことを書いていましたが、
どういうコジツケの論理だったか、肝心なことを忘れました。(笑)
ゴジラ映画にそんな思想的な意図があったとは、思いもしなかったです。

子どもの頃に見た「ゴジラ」は東宝の映画館だったと思います。
東宝映画は、黒澤明映画の他は、
森繁の「駅前シリーズ」と岡本喜八の映画しか見てないような気がします。

#7515[2018/11/02 09:39]  ☆バーソ☆  URL  [Edit]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
#7517[2018/11/02 16:50]     

Re: パーソ様COありがとうございます^^

> ゴジラの名の由来がゴッド+ジラだったことに、ちょっと驚きました。
> これは、アメリカ製ゴジラ映画が出来たときの後付けの注解じゃないのですかね。
> ゴジラ映画にそんな思想的な意図があったとは、思いもしなかったです。

実はゴジラの名前の由来には架空と現実が入り混じっています。
元々が人々に畏怖される伝説の神であった事、作者の円谷英二が目の当たりにした圧倒的な米軍の力、巨大なクジラの如く海から上陸してきそうな米軍への恐怖、そして抗う事のできない戦後米国の核兵器の力…つまりゴジラの背景にあるのは、昔も今も変わらぬ日本人のアメリカへのコンプレックスであり、恐れと憧れなのです。
その思想が根本にあるから日本のゴジラ映画は、現実の日米関係とリンクして、巨大な力に踏み潰される小さな者の恐怖と悲哀が出てリアリティがあります。
ところが、アメリカでゴジラを製作すると派手なSFX(特殊効果)ばかりが目立って、まったくリアリティのない映画にしかならない…なぜならゴジラ自身がゴジラ映画を作ってるからです。自らが神の如きGod+zillaであるアメリカ人には、相手を見上げて畏怖しながら憧れる弱者の視点がないのですね(笑)
#7518[2018/11/02 23:40]  sado jo  URL 

Re: m様COありがとうございます^^

放射線治療は副作用がキツイから、身体に負担が掛かろうかと思います。
ブログの訪問や更新は、自分で調整しながら無理のないペースでして下さい^^
#7519[2018/11/02 23:47]  sado jo  URL 

こんにちわ
ゴジラの名前の由来深いですね
#7520[2018/11/03 16:48]  ネリム  URL  [Edit]

Re: ネリム様COありがとうございます^^

> ゴジラの名前の由来深いですね

ゴジラには様々な説がありますが、一番有力なのは原作者の円谷監督自身の体験です。
東京大空襲の最中、真っ暗な防空壕の中で圧倒的な神(God)の力を感じ、海から上陸して攻めてくるクジラの様な巨大な怪物=米軍をイメージした造語からきてます。
だからゴジラが海から上がってきて街を焼き払う姿は、戦時中の日本人が抱いていた米軍が齎す恐怖であり、戦後の度重なる米国の核実験は世の破滅と映ったのでしょう。
日本人にとってゴジラとは身近に感じる抗う事のできない怪物=米国なのですね。
今も金ピカ頭のゴジラが日本に火を噴いてます…「関税を払え」「米国製品を買え」(笑)
#7521[2018/11/03 19:20]  sado jo  URL 

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
#7522[2018/11/05 15:46]     

Re: m様COありがとうございます^^

病気の治療には大変な時間と体力がいりますね~
自分が病気療養中だから、特にその事実を実感する時があります。
病気になると、無駄な時間と体力がどんどん消費されてゆきますね。
健康な人はそんな事を考えもしないでしょうが…お互いにがんばるしかないです。
#7523[2018/11/06 11:43]  sado jo  URL 

こんにちは~♪
いつもありがとうございます(*^^)
今日は暖かい日になりました。
立冬なのに冬はまだのようですね^^
応援ぽち
#7524[2018/11/07 16:37]  まり姫  URL  [Edit]

Re: まり姫様COありがとうございます^^

> 今日は暖かい日になりました。>立冬なのに冬はまだのようですね^^

どうやら、今年の晩秋は例年よりも暖かくなりそうな予報が出てます。
アメリカ議会中間選挙の下院で、トランプ率いる共和党が負けたそうですね。
ライブ中継を見ていましたが、確かに今のアメリカ人は二つに分裂してしまってますね。
米国を倒すなら今がチャンスです(笑)…そう言えば、南米の移民キャラバンは銃撃されるか?
米軍が撃たなくても、熱狂的なトランプ支持者がやりそうで、アメリカは狂ってますね~(笑)
#7525[2018/11/08 00:38]  sado jo  URL 

銃乱射の犯人は熱烈なトランプ支持者なのに、どうも精神疾患のせいだということで幕引きをトランプ政権はしたいようです。
若者の街、しかも新しい民主社会主義者支持層が増えている安全な街だと言われていたところで銃乱射が起きたアメリカは病んでいますねー。
共和党の選挙不正でアリゾナ、ジョージア、フロリダの議席が決まらないだけでなく、再集計や再選挙の可能性まで出てきたのでトランプはピンチですね(笑)
#7526[2018/11/09 16:33]  まり姫  URL  [Edit]

Re: まり姫様COありがとうございます^^

> 銃乱射の犯人は熱烈なトランプ支持者なのに、どうも精神疾患のせいだということで幕引きをトランプ政権はしたいようです。

最近は右翼主義者による目に余る差別・憎悪の方がテロよりも社会の脅威になってます。
ところが、政府は憎悪を煽って人々を分断し「被害に遭いたくなかったら自分達も銃を持て」と余計に犯罪を助長して右翼主義者の活動を取り締まろうともしない><
政府にとって右翼は政治的な味方だし、社会が脅威にさらされてる方が国民に頼られる。銃を買う者が増えたらライフル協会が儲かって、自分達への懐に献金が入ってくる。
国民を犠牲にして栄える発想しかないこんなトランプ共和党は完全なメンヘラ(病的)です。
右翼・差別主義者を野放し状態のアメリカは、世界の犯罪率ランキングで先進国最下位(笑)
#7527[2018/11/10 13:19]  sado jo  URL 

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
#7528[2018/11/11 16:29]     

Re: m様COありがとうございます^^

物本体の値段をどう思うか?には個人差がありますから何とも言えませんが、
日常生活を営む為に必要な物を買う度に、10%消費税が掛かるのは明らかに高いです。
富裕層はどうだか知りませんが、庶民は朝起きてから寝るまで何をやっても、何を買っても、税金がついて回る生活をさせられる事になる><
#7529[2018/11/12 13:31]  sado jo  URL 

こんにちは~♪
いつもありがとうございます(*^^)
今日は晴れていいお天気だと思いましたが、午後になり西風が強くなり冷え込んできました。
秋が短くいよいよ冬到来のようです☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆
#7530[2018/11/13 16:20]  まり姫  URL  [Edit]

Re: まり姫様COありがとうございます^^

> 秋が短くいよいよ冬到来のようです☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

北海道でようやく降雪が確認されたと聞きました…観測史上2番目の遅さだとか。
エルニーニョ現象が起きた為か、今年の冬の到来はずいぶん遅れている様ですね。
#7531[2018/11/14 11:08]  sado jo  URL 

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
#7532[2018/11/14 16:19]     

Re: m様COありがとうございます^^

晩秋ともなればもっと木枯らしが吹いて寒いですが、今年は随分暖かいと思います。
治療の為に度々入院するのも大変ですね~…そう言ってる自分も今日は病院です(苦笑)
#7533[2018/11/15 10:55]  sado jo  URL 














管理者にだけ表示を許可する

~ Trackback ~


  ↑記事冒頭へ  
←政治的悪意にさらされる文化    →(1) ウルトラマンはどこからやってきたのか?