FC2ブログ

シムーン第二章 ~乙女達の祈り~

オリジナル詩集

スズメバチ

スズメバチ

スズメバチ

ふいに愛する人を失い 心に深い傷を負う
いやでも 背負いきれない悲しみと向き合い
戦って 戦って 悲しみを乗り越えてゆく

その人は いつしか戦士の魂を宿すようになる
生半可に生きてきた人より はるかに強くなる
その心は 猛きスズメバチのようになっている

「この理不尽な状況は いつどこから来たのだ」
「この不条理は なぜいつまでも解消されない」
心の巣を壊された 猛きスズメバチがそう叫ぶ

絶望の淵から立ち上がった 被災者は弱くない
死の灰を跳ね返して 生きてきた被爆者は強い
戦禍の死線をくぐりぬけた 沖縄の人々は強い

彼らは 同情を求めて戦っているのではない
自分たちが受けた 不条理の解消を求めている
その身の針は 痛みを共有する事を求めている

シブイ栃の実を味わってきた スズメバチは
甘い蜜を吸って育った 養蜂場の蜜蜂とは違う
そのスズメバチは 息絶えるまで 刺し続ける

※ 災害や事件・事故。戦争の辛酸を乗り越えて立ち上がった全ての人々に贈ります。


不条理は悪である…だが、この世には人にそれを理不尽に押し付けてくる者がいる。
不条理を正義だと思い込み、それに賛同し、それを応援し、人の不幸を見て見ぬ振りをする者がいる。
それがまかり通る以上、被害に遭った者は悲しみを乗り越え、猛きスズメバチにならねば生きられぬ。
相手が武器を持つならば、武器のない弱い者は、なおさら揺るぎない強い心で立ち向かわねばならぬ。
心の針を研ぎ澄まし、声を挙げ、ペンを取り、群れを成して、理不尽な不条理と戦ってゆかねばならぬ。
この世には二種類の戦いがある。人を殺す(不幸にする)為の戦いと、人を生かす(幸福にする)戦いだ。
人を殺す為の戦いは簡単だ。ただ武器を取って相手を殺せばよい…だが、人を生かす為の戦いは難しい。
怒りに身を任せて相手を殺しては負けだ…その心を折り、武器を捨てさせ、不条理を解消せねばならぬ。
時に「戦闘的だ」と誹謗する者もいる…戦闘的で当然だ。目的は異なれど戦いである事に変わりはない。
思えば、沖縄戦で愛する人を失い、悲しみを乗り越えて、人を生かす戦いに挑まれた円谷プロの元恩師
「金城哲夫」「上原正三」両先生は強い人であったと今更ながら思う…数々の作品に強い心が表れていた。
東日本大震災 他多くの災害被災者も、今不条理の中で生きている人達も負けない強い心を持って欲しい。
人生は不条理や理不尽な者との戦い。そして己自身との戦いだ…みんな負けるなっ!自分も負けないから。



希望の桜 歌:半崎美子

にほんブログ村 ポエムブログへ
クリックをお願いします
 
関連記事
スポンサーサイト
もくじ  3kaku_s_L.png ゴジラの子守歌
もくじ  3kaku_s_L.png 未来戦艦大和
もくじ  3kaku_s_L.png やさしい刑事
もくじ  3kaku_s_L.png まぼろし
総もくじ 3kaku_s_L.png その他の小説
もくじ  3kaku_s_L.png オリジナル詩集
もくじ  3kaku_s_L.png 随想/論文集
もくじ  3kaku_s_L.png 死とは何か?
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  ↑記事冒頭へ  
←温暖化してるのになぜ極寒なのか? ~寒さの雑学~    →亡き妻を弔う詩

~ Comment ~


昔よりいじめ対策が充実しているとはいえ、まだまだ減らないみたいですね。
人は自分より下の人間を見つけるか作るかしないと安心しないのか、理不尽なものです。
逆にいじめられる側もいじめだと人に言いたくないという自尊心から相談できないのかも。
猫をわざと轢いたと発言してその写真をアップしたスズメなんとかさんなら当然だけど
福島は原発もあり、マスコミの影響で作物だけでなく人間にも風評被害でしたね。
一方で募金やボランティアなどで復興を願う人がいることも忘れないでほしいです。
#6892[2018/01/23 09:49]  西條すみれ  URL 

こんにちは

「まま いきてるといいね。お元気ですか」の少女の手紙は
トラウマになるほどの衝撃でした。今は8、9歳でしょうか。
彼女も今、強く生きています。

#6893[2018/01/23 12:03]  エリアンダー  URL 

Re: すみれ様COありがとうございます^^

> 人は自分より下の人間を見つけるか作るかしないと安心しないのか、理不尽なものです。
> 福島は原発もあり、マスコミの影響で作物だけでなく人間にも風評被害でしたね。
> 一方で募金やボランティアなどで復興を願う人がいることも忘れないでほしいです。

人の不幸を喜び、弱い立場にいる人を虐める輩は、自身の心の弱さを露にしてます。
他人の痛みに共感し、手を差し伸べるやさしい人は、自身がそれだけ苦労してきたか、よく人間性を培ってきた心の強さを表しています。
貧困家庭に黒人として生まれ、数々の苦労を乗り越えたオバマ大統領は芯の強い人でした。
逆に富裕層に生まれながら、立場の弱い人々を鞭打つトランプ大統領はとても弱い人です。
弱い…と言う潜在的コンプレックスがあるから、人を疑い、人を貶める行動に出ます(笑)
人の強さや弱さは必ず言動に表れます…尊敬されるか?軽蔑されるか?はその人次第です。
#6894[2018/01/23 14:15]  sado jo  URL 

Re: エリアンダー様COありがとうございます^^

> 「まま いきてるといいね。お元気ですか」の少女の手紙は
> トラウマになるほどの衝撃でした。今は8、9歳でしょうか。
> 彼女も今、強く生きています。

確か、東日本大震災で行方不明になった母に宛てた少女の手紙でしたね。
幼くして母を亡くした悲しみを乗り越えた時、彼女は誰よりも強い人間になるでしょう。
「艱難辛苦汝を玉にす」…敢てそれを背負う必要はないが、万が一背負ってしまった場合は、
それと戦って芯の強い人間になるしか道はないです…彼女のこれからの幸せを祈ります。
#6895[2018/01/23 14:17]  sado jo  URL 

人を幸せにすること

>彼らは 同情を求めて戦っているのではない
自分たちが受けた 不条理の解消を求めている

12年前、娘と二人、沖縄までの旅をしました。
娘が修学旅行で見て、心に残ったというひめゆりの塔に行くのが目的でした。

まことに仰る通り、その通りのことを沖縄の方々が言っておられました。
#6896[2018/01/23 18:28]  窓  URL  [Edit]

そうですね
自分が小説を書き続けたり、写真をやるようになったのは、確かに不条理の解消だと思います

ただ困ったことに、書き続ければ書き続けるほど、撮り続ければ撮り続けるほど、新たな不条理が見えてしまう(汗)

そして、また書き続け、撮り続ける…
加えて、最近は自分にそれができるだけの健康体が備わってきてます

※昨日東京に降った雪は、明らかに10cmではないと思います
今日地元の自然公園で、積もりに積もった雪を踏んだら、長靴の3分2が埋まったので、おそらく20〜30cmレベルだと思います

ええ、自分も息絶えるそのときまで刺し続ける使命を背負ってる
そして、今後は志半ばで息絶えた人の分まで引き継ぐ可能性もある

そんな気がします
#6898[2018/01/23 21:41]  blackout  URL 

Re: 窓様COありがとうございます^^

> 12年前、娘と二人、沖縄までの旅をしました。
> 娘が修学旅行で見て、心に残ったというひめゆりの塔に行くのが目的でした。
> まことに仰る通り、その通りのことを沖縄の方々が言っておられました。

震災の後、天皇・皇后両陛下が来られて、被災して傷ついた老婆をそっと抱かれました。
2016年5月に広島を訪問したオバマ大統領は、被爆者の老人を抱きしめていたわりました。
陛下も大統領も特別な事をした訳ではなく、心に傷を負った人を見た時、人間として当然の事をしたのです…けれども、それだけで相手は心の痛みから解放されました。
分かります?…心の傷や悲しみは、それを共有し共に泣いてあげる事で初めて癒されます。
沖縄の問題も従軍慰安婦の件も政治では解決できない…それは人の心の傷の問題なのです。
人として当たり前の事もできないで、政治で捉えるから、余計に傷に塩を塗る事態になる><
日本人はカッカする前に、人としてどうすべきか?政治を除外してその事を先に考えろ!
政治的謝罪などで人の心は癒せない…事件を起こした犯人の親族が、大金を持ってきて「これでゆるしてくれ」と言っても被害者の遺族は、犯人を許せるはずはなかろう。
オバマ大統領は特に原爆の謝罪はしなかったのに、なぜ被爆者の心の傷を癒せたのか?…人として心の痛みを共有し、労わったからに他なりません。
陛下やオバマ氏と言う人としてのお手本を目にしながら、真似すらできない日本人はどこに目をつけてるのか?…もしや、心の痛みを何とも思わないほど落ちぶれたか?(笑)
#6899[2018/01/23 23:25]  sado jo  URL 

Re: blackout様COありがとうございます^^

> 自分が小説を書き続けたり、写真をやるようになったのは、確かに不条理の解消だと思います
> ええ、自分も息絶えるそのときまで刺し続ける使命を背負ってる
> そして、今後は志半ばで息絶えた人の分まで引き継ぐ可能性もある。そんな気がします

いつも思うのは「神はなぜこんなに不条理な世界を作ったのか?」と言う事です。
人間はいつも次から次へと湧いて出る不条理と戦わされる…余りにも理不尽です。
けれども、不条理を「神が出してくる宿題だ」と考えるなら意味の無い事ではない。
全問正解とはいかないが、せめて及第点を取れるまで堕ちこぼれない様に努力する。
ところが、自分は努力してるのに堕ちこぼれたヤツらが足を引っ張ってくるんです。
不条理と戦い、不条理に呑まれた堕ちこぼれとも戦わなきゃならんから大変ですよ。
お陰で針が磨かれ、毒気も強くなってしまいました…えぇ、死ぬまで刺し続けます(笑)
#6901[2018/01/24 00:00]  sado jo  URL 

生まれてくる前に自分が自分のためにすべてを設定しているという考えもあります。
これは神が、そのようにこの世界を造っているのだ、という考えでもあります。
悲惨な目に遭った人は、おまえは何を言ってるんだと不快になるかもしれませんし、
なかなか受け入れ難い考えであることは承知していますが。

ともあれ、人間は時には苦しみながら正解を出していくようになっているのでしょう。
その際は、当然のように、他の人間が障害物競走のハードルになり、邪魔してきます。
そういう、足を引っ張ってくる人間は、どの世の中にも、どの時代にもいます。
しかしそういう時にこそ、恨まず、憎まず、殺さず、で対処できれば最高でしょう。
自分の意識を変えるきっかけにできれば、不幸の中にも一筋の光が見えてきます。

むろん「針」とか「毒」とは物理的なものではなく、精神的な意欲意識を言うのであり、
いつも世の中を良くしよう良くしようと考えるのは非常にいいことだと思いますが。^^)
#6902[2018/01/24 09:50]  ☆バーソ☆  URL  [Edit]

Re: パーソ様COありがとうございます^^

> ともあれ、人間は時には苦しみながら正解を出していくようになっているのでしょう。
> その際は、当然のように、他の人間が障害物競走のハードルになり、邪魔してきます。

今、大寒気に見舞われている日本人はみんなが同じ苦難(痛み)を共有しています。
ところが、ある場所で起こる局地的な苦難の場合は、人の痛みが分からなくなります。
「他人事」「自分は関係ない」「自分でなくて良かった」「ざまぁ見ろ」と笑う者もいる。
こうした人の態度が不条理に拍車をかけます…だから、災難に遭った人は強くなります。
事件・事故。災害から戦争に至るまで、傷を負った者は、人々に痛みの共有を求めます。
だが、人のエゴは共有を拒否して諍いを呼び、已むに已まれぬ復讐へと発展させてしまう。
政治や金で不条理を解決しようとすると、余計にひどくなり傷に塩を塗る結果になります。
自分がその立場に置かれたら…と言う想像力と共感力を持つ事が唯一の解決策なのです。
#6903[2018/01/24 14:36]  sado jo  URL 

こんにちわ
人の痛みを理解するのは大切だなと思いました
#6904[2018/01/26 12:21]  ネリム  URL  [Edit]

Re: ネリム様COありがとうございます^^

> 人の痛みを理解するのは大切だなと思いました

自分は被災した震災で、来訪された天皇陛下ご夫妻の振る舞いを見てから、天皇と言うより、人として陛下ご夫妻を尊敬し、憧れる様になりました。
国内であろうと、国外であろうと、いつも傷ついた人や悲しむ人と痛みを共有し、心を寄せて抱きしめ、人をいたわり励ましておられるんですね。
考えて見れば、その振る舞いは人間なら普通の事なのです…ところが日本人の多くは、陛下の様に人としての普通の振る舞いができていません。
人が傷つき悲しんでいるのに、思想・信条や政治を優先ですか?…先に人としての振る舞いができなくて、どうして陛下を戴く日ノ本の民だと言えるのか?
陛下の振る舞いは人として普通なのです…その普通が光って見えるのはなぜですか?普通以下の振る舞いしかしない日本人は陛下を見習ったらよろしいのです。
#6905[2018/01/26 14:52]  sado jo  URL 

いつもご心配をいただきありがとうございます。
雑用に追われなかなかお邪魔できず申し訳ございません。
お陰さまで姪は抜糸が済み、自力歩行ができるようになりました。
とりあえずご報告まで!!
#6906[2018/01/26 17:41]  まり姫の叔父  URL  [Edit]

Re: まり姫の叔父様COありがとうございます^^

どういたしまして^^
そうですか…自分で歩ける様になりましたか。それは喜ばしい限りです。
色んな苦難を乗り越えてきた芯の強い人だと思いますので、病魔に打ち勝つ事を信じてます。
#6907[2018/01/26 20:05]  sado jo  URL 














管理者にだけ表示を許可する

~ Trackback ~


  ↑記事冒頭へ  
←温暖化してるのになぜ極寒なのか? ~寒さの雑学~    →亡き妻を弔う詩