シムーン第二章 ~乙女達の祈り~

随想/論文集

荒れている教育現場 シリーズ③

シリーズ③

今、善き国民を育てるはずの日米の教育現場がかってなかったほど荒れている。
米国では17人の生徒が犠牲になった「フロリダ高校乱射事件」を受けて、トランプ大統領が教師達に銃武装を奨励したそうだ。
思い付きでものを言うトランプ氏にも困ったもので、もし、教師が校内で銃を所持する事になれば何が起きるか?まったく未来の
予測ができていない…教師とて人間である。生徒や父兄との感情のもつれから銃を抜く事だってあり得る。そうなれば生徒の方も
身を守る為に学校に銃を持ち込む様になる…乱射を防ぐ為に講じた処置が、余計に事態を悪化させて教育現場の崩壊を齎すだろう。
第一、自動小銃を所持する乱射犯相手に、どうやって教師が拳銃で対抗できるのか?最期には学校に軍隊を置かなければならない。
そもそも幾ら憲法で保障されてるからと言って、何故に狩猟免許も持たない一般市民に軍用自動小銃を所持させる必要があるのか。
コヨーテや熊が出没するロッキーの山中ならライフルは必要だろう。しかし、都市部には猛獣も、狩るべきヘラ鹿もいないはずである。
西部開拓時代ではないのだから、アメリカ人は銃と社会のあり方を根本的に見直さなければ、災禍はまだまだ繰り返されると思う。

日本の教育現場もひどく、毎月の様にイジメによる生徒の自殺者が出て、その度に学校や教育委員会の謝罪会見が開かれる。
そして、最悪の結果になってしまった後で「学校は何もしてくれなかった」と被害に遭った人達がニュースで訴えているのである。
イジメの内容をよく見れば、被害者も学校も問題の解決方法を間違えている様に思えてならない…まず、執拗に個人を誹謗中傷し、
罵倒する事は人権侵害である。さらに金品を強要すれば恐喝である。暴力を奮えば暴行傷害であり、その結果死に至らしめれば
殺人である。この様にイジメ行為は非常に犯罪性が高い…しかし、教師も学校もそれを処罰する権限を付与されていないのである。
余談だが、昔の教師は権限がなくとも犯罪性の高い行いをした生徒を、時には鉄拳制裁をもって処罰し、父兄も躾けの一環として
それを承認していた。だが、現在の教師が体罰に類する行為を行えば、逆に越権行為として父兄や教育委員会から訴えられるのだ。
ならば、その様な違法行為を取り締まる機関は警察しかない…イジメに遭ったら学校ではなく警察に届け出る。これが筋であろう。
なのに、学校も父兄も体面やメンツから、また対象が未成年である事から、なかなか警察に問題解決の協力を要請しようとしない。

犯罪やそれに類する行為を取り締まるのは警察の仕事である…学校も父兄も自分達で解決しようとするから最悪の結果を招くのだ。
警察は真実を明らかにする捜査技能を持っている…誰も傷つけまいとしてうやむやの内に死者を出すより警察に任せるべきだろう。
イジメは命に関る問題である。事の重大性を認識してもらいたい…同級生が取調べを受けただけでも充分なイジメの抑止力になる。
尤も、成人と違って処罰を主眼とする訳ではない…犯罪性の可否を明確にし、未成年の内に将来の犯罪の芽を摘むのが目的である。
しかし教育的指導とは言え、訴えた被害者に復讐を企んだりすると二度目はない…慣例に従って少年鑑別所に送致する事になろう。
尤も悪いのは、学校や父兄が生徒をかばう余りイジメをうやむやにしてしまう事だ…もし、悪事を働いても捕まられなければ生徒
は罪悪感を持たなくなる。その結果、犯罪を犯すハードルが低くなり、相模原障害者施設大量殺人の「植松聖」や、座間大量殺害
事件の「白石隆浩」、最近では、千葉放火殺人事件の4人組の様な社会を揺るがす凶悪な若者を出現させる事になってしまっている。
イジメを見逃し、曖昧にしてしまう学校や父兄の姿勢が未来の犯罪者を作っているのである…大いに反省するべきであろうと思う。

※学校に警察を導引する事に反対する父兄は多かろうと思う…だが、生徒に「イジメは犯罪」である事を明確に教える必要がある。
それによって、前述した差別や人権侵害など社会秩序を乱す行為を防止し、青少年による凶悪犯罪を未然に防ぐ事ができるだろう。
勿論、恐喝や傷害などの実害があった場合は父兄が責任を取らなければならないが、少なくとも生徒本人への厳しい処罰は避ける。
要は、犯罪を犯す事に対する社会の厳しさと罪悪感を未成年の内に植え付けて、社会秩序を守れる人間を育てる事を目的とします。



女子高校生コンクリート詰め殺人事件 (1989年)
この頃から青少年犯罪は凶悪の一途を辿っていた。警察に届けずにみて見ぬふりをする学校や父兄、周囲の大人にも責任があろう。

にほんブログ村 小説ブログへ
クリックをお願いします
 


<パーソ様へ>
まず、教育現場のイジメに国家公安権(警察)を導入して対処に当らせるのは、行きすぎではなくしかるべき理由があります。
第一に、イジメが集団リンチその他の反社会的犯罪行為を含んでおり、これを放置すれば将来の社会の治安が危うくなるからです。
何となれば、イジメに遭った生徒のほとんどが泣き寝入りしており、イジメた側の生徒が「やった者勝ち」「見つからなければ逃げ得」
となって犯罪を犯すハードルが低くなり、将来において法律を遵守せずに反社会的犯罪を犯す危険性が高くなってしまうからです。
第二には、学校や父兄が体面や保身で事実を隠蔽してしまい、死傷者を出す最悪の事態に至るまで明るみに出ない事にあります。
この隠蔽体質が相次ぐ企業のデータ改竄(まさか新幹線まで)等の不祥事に繋がっており、日本の信用を貶める事態となってます。
従って、生徒には将来の犯罪を未然に防ぐ教育であり、大人にはその様な隠蔽体質を改めさせる指導の意味をも含んでいます。
勿論、警察の捜査によってイジメの事実が発覚した場合は(イジメた生徒の)停学・退学、強制転校などの処置は已むを得ませんし、
恐喝や暴行などの実害があった場合は、父兄は慰謝料や実害の弁済・罰金等が課せられますが、殊更重い処罰を目的としません。
仮に裁判で争った場合は、父兄だけでなくイジメた子供も公に晒される事になり、社会制裁を受ける危険性がありますので、ほとん
ど示談で片付くと思いますしそう願っています…イジメの事実を明らかにする事により、学校教育に資すればそれで充分なのです。
なお「イジメを警察に届けて捜査してもらう」事は現行法の範囲であり被害者の自由です…できれば慣習としてもらいたく思います。
 
関連記事
スポンサーサイト
もくじ  3kaku_s_L.png ゴジラの子守歌
もくじ  3kaku_s_L.png 未来戦艦大和
もくじ  3kaku_s_L.png やさしい刑事
もくじ  3kaku_s_L.png まぼろし
総もくじ 3kaku_s_L.png その他の小説
もくじ  3kaku_s_L.png オリジナル詩集
もくじ  3kaku_s_L.png 随想/論文集
もくじ  3kaku_s_L.png 死とは何か?
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  ↑記事冒頭へ  
←人種(民族)差別の根源はどこにあるのか? シリーズ④    →誰が日本人をダメにしたのか? シリーズ②

~ Comment ~


管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
#6978[2018/03/01 02:54]     

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
#6979[2018/03/01 03:05]     

被害者だけが泣きを見る、やった者勝ちになってるところがありますね。
その対策に武装して脅しをかけるなんて今のアメリカと変わらないよ、トランプ君。
誰だって力で頭ごなしにされたら不満が溜まる。
学校に警察がいるのもなんだか重苦しい感じはするけど
このまま年々自殺者を増やすだけなら抑止力としてはいじめ相談所よりいいかも。
#6980[2018/03/01 09:55]  西條すみれ  URL 

おはようございます🎶

先日、田舎に帰り思ったことですが、
朝早くから、野菜や魚など、食材が行ったり来たりの交流があるんですね。
こうした人と人とを結びつけるモノがあるのは、
高齢になっても生きる喜びを感じられるようです。

都会の無機質?な生活とは違うなと感じました。

忙しさの中で、家族ともすれ違い、ゆとりがないですね。
娘家族をみていると、思いやりより闘うことが先に来るようです。
どうしようもない・・・。

#6981[2018/03/01 09:58]  kanmo  URL  [Edit]

Re: M様COありがとうございます^^

「うちの子が…」「うちの生徒が…」と言う身びいきが事態を悪化させているのです。
だから悪の芽を未然に摘む為に、公正な第三者である警察がチェックする必要があります。
子供は嘘をつきます…ところが教師や父兄は可愛いのが先に立って生徒の嘘を見破れない。
警察なら嘘の矛盾点をすぐに見破ります…そこが悪や犯罪捜査の専門家の公正な所です。

「女子高生コンクリート詰め事件」に関った少年達がその後どうなったか自分は知っています。
当時は未成年であり罪は軽かったのですが、成人してから全員が何らかの犯罪を犯しています。
つまり更生していなかった…一度犯罪癖が付いてしまうと、容易な事で元には戻らないんです。
早い内に犯罪に至る芽を摘み取り、罪悪感を植えつける事が教師や父兄の責任だと思います。
#6982[2018/03/01 13:31]  sado jo  URL 

Re: すみれ様COありがとうございます^^

> 被害者だけが泣きを見る、やった者勝ちになってるところがありますね。

イジメも差別も「やったもん勝ち」にしてしまうから社会秩序が乱れ、犯罪が横行するのです。
処罰されるべきやった者の人権が守られて、被害者の人権が守られていない社会は異常です。
昔は、やった者の親兄弟に至るまでが社会制裁を受けていました…それで当たり前なのです。
みんなでイジメや差別・誹謗中傷を防いで正義を守っていってこそ初めて社会は維持される。
やった者を見逃し加害者の人権を保護すべきではない…キチンと社会制裁を加えるべきです。
#6983[2018/03/01 13:54]  sado jo  URL 

Re: kanmo様COありがとうございます^^

> 忙しさの中で、家族ともすれ違い、ゆとりがないですね。
> 娘家族をみていると、思いやりより闘うことが先に来るようです。
> どうしようもない・・・。

「仕事で忙しいから」は、子供の躾ができない理由にはなりません。
便利な電化製品も何もない昔の親は、手仕事で家事をこなしながら子供をキチンと躾けました。
親が自分のしたい事を優先させるから、子供の躾ができていない…のが真実ではないですか?

未成年の内はまだ刑務所に入らずに済みますが、成人して前科が付いたら人生茨の道です。
偏差値を気にし進学に血道を上げるより、基本的な人間教育をしてやるのが先ではないかな。
#6984[2018/03/01 14:17]  sado jo  URL 

こんばんは

いじめを受けて自殺を考えるほど苦しむ子供たちに
してやれることは少ないです。
PTAや先生や教育委員会がいかに無力だったかは
歴史が証明しています。
もし自分の子供がいじめや暴力を受けたら躊躇なく
警察に行くべきです。
いじめをする子供たちやその両親や先生たちに、
ことの重大さを知らしめるためです。
#6985[2018/03/01 17:22]  エリアンダー  URL 

Re: エリアンダー様COありがとうございます^^

> PTAや先生や教育委員会がいかに無力だったかは歴史が証明しています。
> もし自分の子供がいじめや暴力を受けたら躊躇なく警察に行くべきです。

ご賛同いただきありがとうございます^^
学校や父兄が「警察沙汰にして事を荒立てたくない」…と言うのは責任逃れの詭弁です。
実は、イジメの事実が明らかになって、自分達の身に責任が及ぶ事を恐れる保身からです。
果たして人権侵害や恐喝による金品強奪、怪我をさせる暴行傷害が一般社会で通用するか?
「学校だから」では済まされない…尤も、警察はイジメがあったか?なかったか?を捜査して取り調べ、明らかにするだけで充分です。それだけで効果はあります。
本人や父兄の処罰は、児童相談所を含め家庭裁判所で行うべきもので、警察の仕事ではない。
学校や父兄ぐるみでイジメの事実を隠蔽し、うやむやにするから惨事が後を絶たないのです。
#6986[2018/03/01 18:08]  sado jo  URL 

まず、弱い者をイジメる奴は人間のクズ。多数でイジメるなら最低。
自分がイジメられるからといってイジメに参加する人間も悪い。
しかしイジメをしない人間は非常に立派。
この教えを徹底的に子供に叩き込むべきです。
親と教師は、子供が幼少の頃から耳にタコができるほど熱心に教えるべきです。

ひどくイジメられた場合、学校の教師や校長はすぐ保身を考えるので、当てになりません。
警察、場合によっては野党議員、マスコミなどにも相談したほうがいいかもしれません。
そうしないと相撲の暴力事件と同じで、ナイナイにされるか、言ったほうが潰されます。
とにかくイジメで自殺するまでになったような場合は、相手の親と学校に、
監督不行き届きということで、重い処罰を課すほうがいいと思いますね。
そうしないと、いつまでたってもイジメは相変わらず続きます。

今の子供は昔の子供とは、成熟度と社会環境がまるで違います。
小学生で、普通に男女交際をし、なかには援助交際をする子も中にはいます。
なので、少年法を変えて、もっと年齢を引き下げ、罰則を強化すべきです。

古代イスラエルでは、少年であっても故意に犯罪を犯せば大人と同等の扱いをされました。
目には目を、歯には歯を、の公正の原則が適用されます。
むろん、無知や過ちゆえの軽い犯罪と、故意による悪質な犯罪は分けるべきですし、
年齢や状況、家庭環境に応じた適切な情状酌量はされるべきだとは思いますが。

※追伸:少し加筆をし、文章の順序を入れ替えました。(3/2)

#6987[2018/03/01 19:48]  ☆バーソ☆  URL  [Edit]

Re: パーソ様COありがとうございます^^

イジメを警察に届けるのは行きすぎ…と思う人もいるだろうと思います。
しかし日本は法治国家であり、無法が放置され隠蔽されて、死者が出る事態は見逃せません。
下に教育現場に警察を導入して、イジメの対処に当らせる理由と意義を記載しておきました^^
#6988[2018/03/01 23:33]  sado jo  URL 

ええ、自分もsado joさんの考えに賛同します
コトが起こってからでは遅すぎですしね

しかし、いろいろな部分で崩壊と荒廃が進む一方ですね(汗)
それも加速度的にではなく、ゆっくりと確実になので、気づいたときには底に沈んでいるっていうパターンになりそうな気がします(汗)

そうですね
アメリカも最近はやたらと銃に関する事件が多い気がします(汗)

このまま目には目を、的な流れで行くと、最終的には「そして誰もいなくなった」っていう社会になりそうですな(汗)

とりあえず、自分は目下花粉症への対処に四苦八苦してますがw
#6989[2018/03/02 20:30]  blackout  URL 

Re: blackout様COありがとうございます^^

> しかし、いろいろな部分で崩壊と荒廃が進む一方ですね(汗)
> アメリカも最近はやたらと銃に関する事件が多い気がします(汗)

言った先から、アメリカで銃を持った教師が学校に立てこもる事件が起きた様です。
だから言わんこっちゃない…考えもせず軽々しくものを言うトランプ氏はアテにならん><

えぇ…学校での悲劇をなくすには、インターネットによる在宅授業をやれば済む事です。
但しその場合は生徒が集団適応性を失い、将来の社会はサイコパスで溢れる事になります。
犯罪が増え社会が危機に陥りますね…人間の社会性は、集団生活でしか培えないのですよ。
なので、子羊(生徒)の群れの中で化けている狼(不良)を牧羊犬(警察)を使って、地道に狩り出して矯正するしか打つ手はないですね。
人間誰しも内に狼を飼ってますが、大暴れする前に如何に飼い慣らすか…が課題です(笑)
#6990[2018/03/02 22:38]  sado jo  URL 

こんにちわ
被害者が泣き寝入りする世の中は可笑しいと思います
#6991[2018/03/04 11:52]  ネリム  URL  [Edit]

Re: ネリム様COありがとうございます^^

> 被害者が泣き寝入りする世の中は可笑しいと思います

有名な「水戸黄門」を例に出すまでもなく世に名君と謳われる人には皆共通点があります。
それは「泣き寝入り」させない事…信賞必罰を明確にし、勧善懲悪を人々に勧める事です。
善い事をした者には褒美を、悪い事をした者には罰を…それだけで誰でも名君になれます。
ところが、トランプ氏の様に自分に都合が悪いとフェイクにし、支持者なら悪い事をしても庇いますと、法を軽視する者が増え、乱射事件などの犯罪が頻発して世が乱れます。
味方だからと言って庇ってはならない!…信賞必罰を明確にして政治に臨む事です。そうしたら貴方も後の世で名君と謳われますよ。阿部総理殿(笑)
#6992[2018/03/04 13:58]  sado jo  URL 

同じ想いでいます

>被害者も学校も問題の解決方法を間違えている様に思えてならない

この一文には、書きたいことがたくさんあり過ぎて、困るくらいです。
うちの娘が長い入院生活から退院し、初めて学校という場に行くことができたとき。
酷い苛めに遭いました。
娘の病気が感染する、といううわさやデマが流れました。
何事も、はじめの芽、第一歩があると思います。

それに親がどの段階で対処できるか、にかかっていると思うのです。
「学校は安全、先生は絶対」あり得ませんから。
#6993[2018/03/04 21:03]  窓  URL  [Edit]

Re: 窓様COありがとうございます^^

> うちの娘が長い入院生活から退院し、初めて学校という場に行くことができたとき。
> 酷い苛めに遭いました。何事も、はじめの芽、第一歩があると思います。
> 「学校は安全、先生は絶対」ではあり得ませんから。

「人を不幸にして喜ぶ」「人の不幸を見て喜ぶ」人間は、本当はとっても弱いのです。
自分に自信が持てず、強い相手には弱い…だから一番は強い立場の教師が盾になる事です。
ところが、教師や学校が父兄に遠慮して盾になってくれない…そこが大きな問題なのです。
生徒を死に追いやる前に、誰かがその子を守らなくてはならない…それは警察しかないです。
教師や学校がキチンとしてくれないなら、本人や親が警察に届け出るべきだと思いますね。
イジメる子もその親も正体はとても弱虫なのです…警察が乗り出したらシュンとして萎えるのがオチです。警察に食って掛かる様な度胸はありませんよ。万事解決します(笑)
#6994[2018/03/05 01:07]  sado jo  URL 














管理者にだけ表示を許可する

~ Trackback ~


  ↑記事冒頭へ  
←人種(民族)差別の根源はどこにあるのか? シリーズ④    →誰が日本人をダメにしたのか? シリーズ②