シムーン第二章 ~乙女達の祈り~

随想/論文集

人種(民族)差別の根源はどこにあるのか? シリーズ④

シリーズ④

日本人を含む多くのアジア人は「白系人種は人種(民族)差別をする」…と言う先入観を抱いてはいないだろうか?
現にそんなニュースが毎日の様に流れてそう思うのも無理からぬ事だが、実の所、彼らの差別に至る根源はまったく違うのである。
白系人種の顔をよく見てみるがいい…髪の色や目の色はバラバラ、皮膚も純白に近いのから桃色掛かった、或いは、浅黒いのまで
雑多である事が分かる…そんな違いを理由に差別したなら、社会は混乱して、白系人種は現在の高度な文明を築けなかっただろう。
白系人種が多種多様なのは、ヨーロッパ~アラブに至るまでの地域性にある…紀元前の時代、そこは民族の十字路で世界各地から
様々な人々が流れ込んだ。征服し、征服され、血が流れ、また血が混じり合った結果、現在の様な雑種の白系人種が生まれたのだ。

紀元前、バルカン半島に辿り着いたある民族が、西洋文化の基礎となる高度な社会構造を持つギリシャ文明を発達させるに至った。
政治のみならず、科学・医学・芸術・哲学…全ての分野で優れていた彼らは自らを文明人と呼び、彼らに劣る他地域に住む人々を
バルバロイ=蛮族と呼んだ。そして捕らえたバルバロイを市場で売り買いした…これが西洋における差別と奴隷制度の起源だった。
つまり、白人の差別の根源は肌の色ではなく文化の差だったのである。その慣習はローマ帝国を経てヨーロッパ人に受け継がれた。
但し、それには一定の決まりがあった…まず、文明人=自由人を奴隷にしてはならない。次に奴隷にした者が学習して文明に馴染
んだ場合は、解放奴隷にして自由人と同様労働対価を支払わなければならない…何と西洋の奴隷は生涯奴隷の身分ではなかった。
我々はその証拠を西洋の騎士物語やシェークスピアの戯曲に見る事ができる。ローマにもヨーロッパにも、アラブ人の騎士や黒人の
将軍がいたのである…どころか、街の至る所に商工業に従事するアフリカ人やインド人など多くの異民族の自由人がいたのだった。

なぜ西洋人は金で買った奴隷をわざわざ解放したのだろうか?…それはギリシャ・ローマ人の文明に対する基本的な考え方による。
「文明社会はみんなで共有して支えるものである」「文明は進歩し発展して拡大してゆかなければならない」「その為には多くの教育
された自由人の力がいる」…奴隷ではなく商人・職人、知識人から政治家まで文明は様々な分野に携わる人々がいてこそ成り立つ。
だから彼らは奴隷にも教育を与えて解放し、文明に参加させたのだ…古来より西洋の白人ほど教育に熱心な人種は他に類を見ない。
その甲斐あってか当時のギリシャ・ローマ文明は、北はイギリス、南はアフリカ、西はスペインから、東はパキスタンにまで広がった。
しかも、その遠い植民地に住んでいたのはギリシャ・ローマ人ではなく現地の人々だった…文明の様式は西洋式でも、神殿に祭られ
ていた神はミトラ神やバール神と言った当地の神々だったのだ…してみると、西洋式のビルが立ち並び西洋の衣服を着て歩いている
人々がいるのに神社やお寺がある日本も西洋の植民地と言えるだろう…だが、日本人は何の違和感もなくそれに馴染んでいる(笑)
しかし尤も驚きなのは、西洋文明がその発祥からみんなが参加する「民主主義」や、進歩・拡大を促す右肩上がりの「資本主義」や
「人材育成教育」など、現代に当てはまる進んだ概念を孕んでいた点である。その発想こそが、西洋文明が世界中に拡大した原動
力となったのだろう…ところが近年、全世界を覆った優れた西洋文明が軋み始めている。永遠の右肩上がりの発想は環境を破壊し
て地球温暖化を招き、みんなが参加したはずの民主主義は格差を生み、その不満から人々は人種・民族で人を差別する様になった。

~続く~

にほんブログ村 小説ブログへ
クリックをお願いします
 
関連記事
スポンサーサイト
もくじ  3kaku_s_L.png ゴジラの子守歌
もくじ  3kaku_s_L.png 未来戦艦大和
もくじ  3kaku_s_L.png やさしい刑事
もくじ  3kaku_s_L.png まぼろし
総もくじ 3kaku_s_L.png その他の小説
もくじ  3kaku_s_L.png オリジナル詩集
もくじ  3kaku_s_L.png 随想/論文集
もくじ  3kaku_s_L.png 死とは何か?
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  ↑記事冒頭へ  
←文明人であるか?バルバロイ=蛮族か? シリーズ⑤    →荒れている教育現場 シリーズ③

~ Comment ~


こんばんは🎶

sado jo さん、白人黒人の差別の意味、教えて頂きました。
ありがとうございます。

人は差別(人の上に立つ)が好きなようですね。
大臣方の態度を見ても思います。

私自身、差別してないと思ってはいても、
無意識の中に差別している部分があるかもしれません。

上京した際、
父方の叔母は、田舎育ちを全く意識していませんでしたが、
母方の叔母には、「八丈出身と言ってはいけない。」と言われました。
叔母には叔母なりに何か原因があったのでしょう。
流人の島関連もあるのかな?と思います。

でも、私は平気。田舎生まれ、育ちは自慢です(笑)。

#6995[2018/03/05 22:35]  kanmo  URL  [Edit]

Re: kanmo様COありがとうございます^^

> 人は差別(人の上に立つ)が好きなようですね
> 私自身、差別してないと思ってはいても、
> 無意識の中に差別している部分があるかもしれません。

人は優れた者になりたいと言う欲求を持っています…だから人一倍努力できます。
その向上心が進歩に繋がる訳で、ポジティブな意味での差別意識は誰にも必要です。
しかし、それが他人を見下し、貶める差別意識に変るとネガティブにしかなりません。
ましてや、肌の色や民族だけで自分より劣ると差別する事は、意味の無い傲慢です。
逆に、人は同じ仲間と何かを作ったり行ったりする集合意識や帰属意識を持ってます。
西洋文明は、それを利用して人種・民族に関係なく一つの文明を築いた事にあります。
我々は西洋文明の成功例を科学や企業活動…身近な例ではスポーツに見る事ができます。
野球やサッカーを見ても、多種多様な人種や民族が集まって、一つのチームとして仲間意識を持ってやってるでしょ…それこそが西洋文明の優れた本質なんですね。
#6996[2018/03/06 01:08]  sado jo  URL 

昔はそれでも権利があったみたいだけど、今はそんなことなさそうに見えるね
特にどっかの大統領が変わってしまってからまた特定の宗教が差別されたわけだし。
敵対関係にあるからわからなくもないけどさ、敵対してるの一部の過激派だけだよね。
一部を見て全体がそうであるかのように言ってしまう。
これが一番の問題の気がしますね。
#6997[2018/03/06 11:33]  西條すみれ  URL 

Re: すみれ様COありがとうございます^^

> 一部を見て全体がそうであるかのように言ってしまう。
> これが一番の問題の気がしますね。

能力の差によって差別するのは人間の本能で、男性は昔から女性を差別してきました。
しかし、実は女性にできて男性にできない事は数多くあり、男女共同参画社会になった今になって、家事や育児で男共は慌てふためいています(笑)
同様に能力や文化において、アメリカ人が黒人やアラブ人に負けてる面はたくさんあり、日本人が中国人や韓国人に負けてる事もあります…現にオリンピックで負けてる(笑)
してみると差別とは、劣る面を覆い隠してある部分だけを誇張した妄想であり、進歩に付いていけない一部の人間のひがみ根性から来るものだと言えます。
だが、本物の文明人は相手から学びます。差別より学習を優先するのが西洋文明の本質です…だから文明が進歩する。現に日本の文化を学んでいる白人は数多くいます。
#6998[2018/03/06 13:59]  sado jo  URL 

こんにちは

そんな高邁な理由から人種差別されることが
あるんですね。
ヨーロッパ旅行中はレストランでも電車の中でも
露骨な差別を受けました、ただ単にアジア系というだけで。
オーケストラで日々陰湿な差別を受けて帰国した友人も
二人いましたね。
#6999[2018/03/06 14:51]  エリアンダー  URL 

古代ギリシアのポリス文明、たとえば彫刻像は、ずっと後代の中国や日本の
同様のものと比べてみるとよく分かりますが、次元が違うほど高度なものです。
演劇や詩文にしても、基本的な様式はギリシア時代にすでに出来ていたのだとか。
有名な学者はギリシア人が多いですし、オリンピック発祥の地でもあります。
芸術やスポーツが盛んになるのは、国家や個人が経済的に豊かだからでしょう。
それは軍事力が他国より強いために得たものなのでしょうが。

ギリシア文明が発展したのは、経済に余裕があったゆえに、精神に余裕があり、
精神に余裕があると”自由”を重んじる傾向が強くなるのかと思っていましたが、
「古来より西洋の白人ほど教育に熱心な人種は他に類を見ない」とは、そうなんですか。

昔の隋・唐の頃の中国は、当時の西洋人よりも一般人の教養は高かったように思いますし、
江戸の町人は、当時の世界よりかなり識字率が優れていたという話を思い出しますが。

バルバロイとは、バル バルという、どもり、片言、あるいは理解不能な話し方という意です。
非ギリシア人は理解できない言葉を話すので、バルバロイ、すなわち野蛮人と蔑みました。
言葉というのは、詩文や文学の芸術作品にもなり、哲学の思想をも表現できます。
ギリシア語は当時の異邦人の言語より優れた言語体系であったという要素もありそうです。

自分たちは文化的に優れているという考えは、他者蔑視から他者排撃につながり、
逆に、自分たちは文化的に劣っているという劣等感が心にあると、他者攻撃になり、
どちらにしても人間として低品質であることを証明しているようで、困ったことです。
#7000[2018/03/06 14:52]  ☆バーソ☆  URL  [Edit]

Re: エリアンダー様COありがとうございます^^

> ヨーロッパ旅行中はレストランでも電車の中でも
> 露骨な差別を受けました、ただ単にアジア系というだけで。
> オーケストラで日々陰湿な差別を受けて帰国した友人も二人いましたね。

欧米でアジア人が差別されるのは、人種よりマナーを知らぬ無知さから来てると思います。
特に日本人の場合は、古くからスペイン人、オランダ人との付き合いがありながら、戦時中に中国大陸や東南アジアで蛮行をやってしまった事にあります。
ドイツ人が驚いた位だから…ナチスでもユダヤ人以外の民間人には手を付けなかったのに、日本軍は現地にいた欧米の民間人を迫害してしまいました><
それで欧米に「日本人はバルバロイ=蛮族だった」と言う印象を植え付けてしまった様です。
特にオランダ、ベルギー、フランス、イギリスなどヨーロッパ諸国では差別感情が根強いです。
その為か、アメリカの原爆投下を「文明人の蛮族への懲罰」と捉える向きもあって、ヨーロッパでは未だに同情してくれない人々も多いと聞きます。
まぁ、科学や芸術、スポーツなど海外で活躍する日本人が増えてゆけば、誤解も解けるだろうと思います…信用を得るのは難しく、一度失えば元に戻すのはなお難しいと言う事です。
#7001[2018/03/06 17:19]  sado jo  URL 

Re: パーソ様COありがとうございます^^

> 古代ギリシアのポリス文明、たとえば彫刻像は、ずっと後代の中国や日本の
> 同様のものと比べてみるとよく分かりますが、次元が違うほど高度なものです。
> 昔の隋・唐の頃の中国は、当時の西洋人よりも一般人の教養は高かったように思いますし、
> 江戸の町人は、当時の世界よりかなり識字率が優れていたという話を思い出しますが。

古代中国の文明は、ギリシャ・ローマに負けず劣らずの優れた文明だったと思います。
それがなぜ世界に拡大しなかったかと言うと、アレクサンダーやシーザーの様な冒険者がいなかった…「世界の果てまで行こう」とか「ここまで来たらブリテン(英国)に渡ろう」とか。
動乱の時代は必ず冒険者が出るものですが、中国人は内向きに終始してしまいました。
もし、同じ3世紀の漢末に北に遠征した曹操と南に遠征した孔明が組んでいたら、二人とも冒険者の資質があるので、遊牧騎馬民族を駆逐しつつインド北部に達していただろうと思います。
そこで中国文明はヘレニズム文明に出会い、双方の文明は融合して歴史の歯車は急速に加速し、西洋・中華入り混じったまったく違う形の文明ができていたはずです。
その場合、若い信長がオックスフォード大学を卒業して帰国し、洋服を着て騎士の鎧で身を固め、マスケット銃を持って軍馬に跨って戦う姿が見られたかも知れません。
尤も、そうなると「本能寺の変」は両軍が大砲を撃ち合う壮絶なものになっていたはずで、街を壊される日本人にとっては堪ったものではありませんが(笑)
少なくとも、現代に見られる様な人種・民族差別はなく、世界は早い段階で統合されており、今頃、人類は太陽系に植民地を築いていたでしょうね。
#7002[2018/03/06 18:07]  sado jo  URL 

こんにちは~♪
ご無沙汰しておりましたが無事に退院しました。
何度もご心配をいただきありがとうございます(*^^)
復活しましたのでまたお付き合いのほどよろしくお願いしますね(^_-)-☆
#7003[2018/03/08 10:49]  まり姫  URL  [Edit]

Re: まり姫様COありがとうございます^^

> ご無沙汰しておりましたが無事に退院しました。
> 何度もご心配をいただきありがとうございます(*^^)

お帰りなさい…無事に復帰できた事が何よりの喜びです^^
養生を第一にして、ブログの方は焦らずにゆっくりと取り組んで下さい。
まり姫さんの入院中も、日米の政治家達は相変わらずの愚行を繰り返して、
人々を混乱させてます…ま、怒りを抑えてじっくりと行きましょう(笑)
#7004[2018/03/08 13:46]  sado jo  URL 

コメントありがとうございました。
仰る通りだと思います(*^^)
もはや日本政府は信用を失っていますね。
外交能力の欠如もひどすぎます。
対米追随だけしていれば世界が認めてくれるなど幻想に過ぎないのにわかっていないのがお粗末すぎますね。
#7005[2018/03/09 17:08]  まり姫  URL  [Edit]

Re: まり姫様COありがとうございます^^

> 外交能力の欠如もひどすぎます。
> 対米追随だけしていれば世界が認めてくれるなど幻想に過ぎないのにわかっていないのがお粗末すぎますね。

強い者に尻尾を振るだけなら犬にでもできます。
アメリカが優位に立つのは軍事力と富だけで、その他は全てヨーロッパに劣ります。
しかもアメリカの各分野を支えている人材の大半は、米国籍を持つヨーロッパ人です。
ヨーロッパがなければアメリカは生まれず、今も多くのヨーロッパ人に支えられています。
アメリカだけに目を向けて、世界をなおざりにすれば日本はやがて孤立してしまいますね。
#7006[2018/03/09 17:47]  sado jo  URL 

ええ、自分もヨーロッパ諸国にはある種の畏敬の念を持ってます
とはいえ、必要以上に恐れてはいませんが

特に自分のinstaのあのテイストは、ほぼ確実に向こうの影響が強いと思います

そういえば、最近は「東京もこんな緑の多い場所あるんだぜ?」「雪も降るんだぜ?」「隠れた桜の名所があるんだぜ?」っていう思いで投稿することも多いですねw

そして、そういう場所は、なぜか日本人よりもヨーロッパ諸国から移り住んできたと思われる人たちの方が多かったりします
#7007[2018/03/10 16:28]  blackout  URL 

Re: blackout様COありがとうございます^^

> ええ、自分もヨーロッパ諸国にはある種の畏敬の念を持ってます

ヨーロッパは世界全体から見れば小さな地域です…しかし、そこで生まれた文明が世界に広がった事実を見れば、ヨーロッパ人の能力の高さは敬服するに値します。
長い歴史を持つ彼らは文明を知り尽くしています。彼らには敬意を払うべきでしょう。
と、同時に日本人は政治事情を抜きにして中国に敬意を払う必要もあります…日本が文明を開花する事ができたのは、古代中国人のお陰なのですから。
アジアには中華・西洋の両文明が融合してできた国が他にもあります。シンガポールと韓国ですが、両国とも人口比での犯罪率が非常に低いのが特徴です。
日本も含めたこれらの国民をビザなしで受け入れてくれる国が多いのは驚きです…きっと、どの文明にも対応できる安全な人達だと思われているんでしょうね。
#7008[2018/03/10 17:38]  sado jo  URL 














管理者にだけ表示を許可する

~ Trackback ~


  ↑記事冒頭へ  
←文明人であるか?バルバロイ=蛮族か? シリーズ⑤    →荒れている教育現場 シリーズ③