FC2ブログ

シムーン第二章 ~乙女達の祈り~

随想/論文集

我々はどこへ向かうべきか? シリーズ⑥

シリーズ⑥

ほんの数百年前まで、世界には西洋文明以外にイスラム文明や中国文明、南米文明など幾つかの別の形の文明が存在していた。
だがそれらの文明は全て西洋文明に塗り替えられていった。それは単に西洋文明の武力が勝っていたからだけではなかろうと思う。
西洋文明は各地の人々が優れて魅力的に感じるものであり、利便性や合理性など人々の欲求を充分に満たすものだったからである。
例えば我々日本人は、間違いなく東洋の辺境にある西洋文明の植民地に住んでいるが、誰もその事を意識せず西洋風の暮らしに満
足している…今更スマホやパソコン、ガスや電気、果ては自動車から電車・航空機に至るまでの西洋文明の産物を手放したいと思う
者はいないはずである…だが、地球上にただ一つの文明しか存在しない事が、大変な危険を孕んでいる事実に誰も気づいていない。
世界の片隅で小さな蝶が羽ばたけば、やがて世界全体が大嵐に見舞われる「バタフライ・エフェクト現象」が起きると言う事を…だ。

そして、実際にそれが起こってしまった…ほんの小さな出来事が世界を巻き込んだ第一次世界大戦と、それに次ぐ第二次世界大戦。
世界は20世紀初頭からすでに西洋文明一色にグローバル化されていたのだ…なのに誰も政治的な事に気を取られて真相を見逃した。
核拡散、人口爆発、環境破壊、人種・民族差別、人権問題、貧富の格差…これら世界規模の問題は、早くから起きていたのだった。
それは資本主義だの共産主義だの独裁、又は王政だのの政治的な問題ではなく、世界全体が西洋文明一色に染まった為だったのだ。
ところが人類は、21世紀になった今日さえ西洋文明の発祥地である古代ギリシャ世界そのままの国家群に分かれて組織されている。
有力国家が覇を競い合い、牽制合い潰し合う…他の国家は顔色を窺いながら、どちらに着くか自国の利益のみを図っている有様だ。
地球規模で起きている問題と、国家ごとに組織された人々のギャップが、問題解決を遅らせ人類全体を危機に陥れてしまっている。

「国家ブランド指数」を用いて各国の総合的な力(日本は欧米諸国に混じってベスト10に入っている)を計ったサイモン・アンホルト
教授が、国別人口によらずに各国を公平に判定した「Good Country Index=善い国」と言う指数がある。一位はアイルランド、二位
以下は北欧勢が続き、アメリカ21位、日本は25位となっている…日本の順位に不満の方もいるだろうが、如何にその国の国民一人
一人が高い意識を持って文明を支えているか?を考えれば日本はよく健闘していると言える。米国の順位が意外と低いのは、人種
差別とトランプ政権の独善的な態度によるのだろう…以前も話したが、日本人は日本人であると同時に西洋文明の一員なのである。
現在の世界にはたった一つの西洋文明しかないのである。もう少し、世界を疲弊させている諸問題への意識を高めた方がよかろう。
各国がつばぜり合いに明け暮れている内に、世界の諸問題はどんどん深刻化し、最期には解決不能に陥って文明は崩壊してしまう。
きっと、西洋文明の黄昏は夕日の様に美しくはなかろう…それは暴力と無秩序と、混沌に満ちた暗黒の世界を作り出すに違いない。

(▼)我々はどこへ向かうべきか?何をするべきか?サイモン・アンホルト博士の講演動画(日本語訳付:17分)をお聞き下さい。

サイモン・アンホルト「どの国が世界にとって最も善良な国なのか?」 (ヤフーニュースのリンク)


不治の病と闘いながら新分野を開拓し、先日亡くなった天才科学者「スティーブン・ホーキング博士」がこんな遺言を残している。
「人類が後200年生き永らえたら未来はあるだろう」…地球の崩壊が先か。それを克服する科学の発達が先か?博士なりの数式を
用いて算出した200年と言う歳月はとても現実味がある…但し、どこかの国の指導者が引き金を引いたら後100年も持たないだろう。
世界の状況を見る限り、指導者に引き金を引かせそうな国民がうじゃうじゃいるのも確かだ…各国で右派(右翼)と言う精神病患者
が増殖して集団発作を起こせば地球はそれで終わる。それほど右寄り思想は人類にとって危険な存在である…かと言って、穏健派
の成人病患者がマトモだとは限らない。彼らもまた死に至る病気を放置しながら、ジリジリと地球を侵蝕している事に変りはない。
せいぜい、怒りに任せて対立を繰り返した挙句、発作を起こして突然死するか?徐々に弱っていって衰弱死するか?の違いだけだ。
自分は、寿命が残り少ないので人類の最期を見る事はなかろう…だから、ホーキング博士が提示したのは、今生きている中年から
下の世代の問題になる。人類を滅ぼすも、存続させるも、残り時間の後200年をどう使うかも、全てあなた方の考え次第となろう。


にほんブログ村 小説ブログへ
クリックをお願いします
 
関連記事
スポンサーサイト
もくじ  3kaku_s_L.png ゴジラの子守歌
もくじ  3kaku_s_L.png 未来戦艦大和
もくじ  3kaku_s_L.png やさしい刑事
もくじ  3kaku_s_L.png まぼろし
総もくじ 3kaku_s_L.png その他の小説
もくじ  3kaku_s_L.png オリジナル詩集
もくじ  3kaku_s_L.png 随想/論文集
もくじ  3kaku_s_L.png 死とは何か?
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  ↑記事冒頭へ  
←スティーヴン・ホーキング博士追悼① 「米軍機が撮影した未確認飛行物体」    →文明人であるか?バルバロイ=蛮族か? シリーズ⑤

~ Comment ~


文明は同じでもその水準に貧富の差はありますからね。
それがかえって争いの原因になることもある。
最近はグローバル化を目指して英語を世界共通語にしようとしていることもあり
それもまた西洋文明一色の象徴と言うべきか、その在り方は疑問ですね。
確かにそのほうが効率的かもしれないけど、その国独自の言語文化が失われることで
例えば日本語の「わびさび」など独特な表現も失われるのではないかと。
個人的には郷に入っては郷に従え派です。
外国人でも日本に来るなら多少は日本語を勉強するべきでしょう。
#7025[2018/03/16 09:24]  西條すみれ  URL 

Re: すみれ様COありがとうございます^^

> 文明は同じでもその水準に貧富の差はありますからね。
> それがかえって争いの原因になることもある。

例えば、山間部に一軒の家があって、数人の子供が親と暮らしていたとします。
裏山は崩れ掛かり、前の川は溢れそうになってる。家の屋根は傾き、柱は倒れかけている。
ところが子供達は「あれを買ってくれなきゃヤダ」「あいつより俺が先だ」「うまい物を食わせろ」と、家の危機はそっちのけで好き勝手勝手にものを言う。
これが今の地球(家)に住む人間(子供)の状態です…科学の発達してない100年前には、地球がどんな状態なのか?誰にも分からなかった。だが今は全体像が分かっている。
分かっていて個々の我を押し通すなら、やがて家を失って共倒れするしかないですね><
#7026[2018/03/16 12:37]  sado jo  URL 

世界の今を見ると欧米とイスラム、欧米と独裁国
欧米とロシア・・・、と争いが尽きませんね。
宗教対立、領土紛争、独裁の強行、覇権の維持・・・など常に
なんらかの火種が燻っています。
近い将来、地球が破壊されてしまう戦争に対し、これを阻止する
人類の叡智の登場(あるとすれば)は間に合うでしょうか。
#7027[2018/03/16 20:02]  エリアンダー  URL 

Re: エリアンダー様COありがとうございます^^

> 世界の今を見ると欧米とイスラム、欧米と独裁国
> 欧米とロシア・・・、と争いが尽きませんね。
> 宗教対立、領土紛争、独裁の強行、覇権の維持・・・など常に
> なんらかの火種が燻っています。

国家・民族・宗教の抗争も人が原因してる点では、他の地球の諸問題と同類です。
それが元で様々な問題が解決できないでいますしね…最近の世界を見ると、政党や政治集団よりグローバル企業の方が物事を世界的視点から正確に捉えてますね。
人材も政治家より優秀な人が多い…解任されたモービルCEO出身のティラーソン氏は、トランプ政権の中で最も頭の良い信頼できる国務長官でした。残念です><
いっそ、世界をグローバル企業のCEO達に任せたい位です…きっと、経営的観点に立って国境を取り払い、関税障壁をなくして貿易を完全に自由化するでしょう。
科学者の言葉に耳を貸して地球環境の保全に努力してますし、色んな人種・民族を雇用してるので差別もしません…時間は掛かっても世界を経済的に平均化するでしょう。
要は、アフリカ人もアラブ人も同じになれば(どうせ同じスマホ使ってるんだし)企業にとっても消費者にとっても得する訳でしょ…彼らはそれを知ってます。
他より優位でいたいから国益に拘り、勢力争いをし、差別する訳です…グローバル企業が人類を経済的に同じにすれば、そんな妄想は何の意味もなくなります。
彼らが人より突出した富豪になっても私は妬みません。それだけ人類に有益な仕事をしてますから…どうぞ、たまには頭を休めてカリブ海で盛大なバカンスを楽しんで下さい(笑)
#7028[2018/03/16 22:51]  sado jo  URL 

昨日はおじゅまできず申し訳ありませんでしたm(o´・ω・`o)mペコリン
病院玄関の寒い所で待っていたので風邪気味です(。_゚)〃ドテッ!

ミャンマーの救世主とまでもてはやされたアウンサン・スーチー女史、権力を握ったら民主化どころかロヒンギャ弾圧夢中になりました。
ノーベル平和賞が泣いてます。
#7029[2018/03/17 16:54]  まり姫  URL  [Edit]

Re: まり姫様COありがとうございます^^

> ミャンマーの救世主とまでもてはやされたアウンサン・スーチー女史、権力を握ったら民主化どころかロヒンギャ弾圧夢中になりました。

あらあら…無理せずにお大事にして下さい^^
ミャンマー民主化運動の指導者アウンサン・スーチーの様に堕ちた偶像はよくある事です。
彼女の様な人は、民衆を解放した時点で、全てを後輩達に任せて潔く引退すべきなのです。
政権に首を突っ込むと、嫌でも自分を支持してくれた仏教徒を立てなくてはならなくなる。
それが間違いの元…寧ろ、国民の精神的支柱でいた方が後に神格化される存在になれます。
#7030[2018/03/17 17:41]  sado jo  URL 

こんにちは〜♪
いつもありがとうございます(*^^)
今日も気温がぐんぐん上がって暑いくらいです。
三寒四温というより完全に春ですね(^_-)-☆
#7031[2018/03/18 16:44]  まり姫  URL  [Edit]

Re: まり姫様COありがとうございます^^

今日は雨が降って若干肌寒いですが、これも季節の移り変わり現象でしょう。
昨日と今日で気候が異なるのが春先の特徴です…病後の身体にお気をつけ下さい^^
何やら国会の方は土砂降りみたいですが…総理は傘をお持ちなのかな?(笑)
#7032[2018/03/19 12:12]  sado jo  URL 

こんにちは!いつも、ありがとうございます。

善い国ランキングに想うことがあります。

今、読み聞かせ会で使う資料を整理しているのですが、
1900年代の初めのお話しをしようと考えているからなんです。

そのころの文学、特に児童文学を読んでいると、
北欧も、アメリカも、アジアも、遜色なく人々の暮らしの様も変わらないのです。

ただ、北極圏を領土に持つ国は、広大なアジアの温暖な土地に比べ、豊かではない、
永久凍土に近いような国土を耕すような暮らしが頻繁に登場するのです。

わずか100年少し前の北欧の国々(特に北極圏に属する)から、今日の国の在り様を窺い知れます。
なるほど、こうして大地に生きてきたから、今が在るのだなって思うのです。


#7033[2018/03/19 13:27]  窓  URL  [Edit]

Re: 窓様COありがとうございます^^

> ただ、北極圏を領土に持つ国は、広大なアジアの温暖な土地に比べ、豊かではない、
> 永久凍土に近いような国土を耕すような暮らしが頻繁に登場するのです。

同じ白人でも、比較的暮らしやすい欧米と極寒の北欧に暮す人々では思考の仕方が違います。
欧米人はまず自分が居て、村や町があり、国や宗教があって世界は成り立っていると考える。
ところが、農業・産業が育たない極寒の地に暮す北欧人は、バイキングシップで世界の人々と交易しなければ生きる事すら困難だった。
なので彼らは、まず世界があって、国や宗教があり、村や町があるから自分は生きている…と逆向きの思考で人々が住む世界を考えるのです。
個人を基点とする世界各地の神話と、世界樹=ユグドラシルを基点とする北欧神話は真逆の世界観であり、世界が倒れれば自分も生きていないのです。
彼らが我が身を惜しまず、世界中でボランティア活動をして人類や文明に貢献しようとする姿勢は、彼らの先祖から受け継いだ尊い財産なのですね^^
#7034[2018/03/19 14:15]  sado jo  URL 

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
#7035[2018/03/19 17:45]     

Re: m様COありがとうございます^^

週明け早々、外は土砂降りの雨が降っています。
森友問題に関して、外国人記者クラブから上がっているホンネの声を紹介します。
「どの国でも政治家は悪いのが通り相場になっている。だから政治家が被る分にはショックは小さかろう…だが、官僚が被るとなると、国民にとっても世界にとってもショックが大きく、日本は信用を失う」
言い得て妙です…どうやら今週は、国会も荒れ模様の豪雨となりそうです(笑)
#7036[2018/03/19 23:55]  sado jo  URL 

なんと日本が善い国の25位ですか…
個人的には出来過ぎな気がしますねw

あと、どこかで見かけたのは国民の幸福度ランキングが54位っていうのも、目を疑いましたねw
以前は100位台だった気がしたので

まぁ、思っているよりも捨てたもんじゃないって思うことにしますw

森友問題は、一体誰があの文書改竄のいきさつをリークしたのか?っていうのが気になりますね
現政権がつぶれることで得する連中だとは思いますが

それにしても、日本といい、アメリカといい、内側に爆弾というか火種が多い国が多いですね(汗)
中国やロシアもだと思いますが

どの国も国民の意識をほかへ向けようと、あの手この手を尽くしてる感がすごくある気がします

どっかが崩壊しだすと、連鎖的に崩壊しそうな予感がしますね

それと最近は、EU界隈はやけに静かですが、この状況を高みの見物を決め込んでるんでしょうかねぇ
#7044[2018/03/21 15:18]  blackout  URL 

Re: blackout様COありがとうございます^^

> なんと日本が善い国の25位ですか…個人的には出来過ぎな気がしますねw
> まぁ、思っているよりも捨てたもんじゃないって思うことにしますw
> どの国も国民の意識をほかへ向けようと、あの手この手を尽くしてる感がすごくある気がします

欧米でモロに嫌がらせをされたり、街中で暴力を奮われた日本人の話をよく聞きました。
日本では一部の人が外国人に嫌がらせをしてますが、マトモに暴力を奮う人はまずいない。
大概は親切に接してます…その辺りが「善い国」として評価されたんではないでしょうか?

ヒトラーの参謀だった「ローゼンベルク」だったかな?彼はこんな名言を残してます。
「国民を団結させるのはいとも簡単だ。外に敵がいる。国民の中にもいるぞ…と言えばいい」
「国内は国民が勝手に粛清してくれるし、みんなが政府に協力する様になる…政治家は楽だ」
プーチン氏や習氏はさぞ楽でしょう…トランプ氏と阿部氏は、なかなか国民に飲ませた毒が回らなくてやや苦戦してる様子で、逆に疑惑絡みで我が身が危ないです(笑)
#7048[2018/03/21 17:25]  sado jo  URL 














管理者にだけ表示を許可する

~ Trackback ~


  ↑記事冒頭へ  
←スティーヴン・ホーキング博士追悼① 「米軍機が撮影した未確認飛行物体」    →文明人であるか?バルバロイ=蛮族か? シリーズ⑤