FC2ブログ

シムーン第二章 ~乙女達の祈り~

随想/論文集

日本の治安の良さはどのようにして生まれたのか? シリーズ⑥

シリーズ⑥

過激事件や猟奇事件が頻発する今の日本は安全な国とは言い難いが、少し前までは世界でも稀に見る治安の良い国家だった。
人口の少ない小国ならいざ知らず、一億もの人口を抱えながらこれほど犯罪率の低い国は世界広しと言えども日本だけであった。
安全性に憧れて住み着く外国人もいるほどの治安の良い国家とニッポン人の風土は、いつ頃、どの様にして生まれたのだろうか?

先頃行われた「平昌冬季五輪」で銅メダルを取った女子カーリングチームの選手達が、金メダルに輝いた個人選手を押しのけて持てはやされている。互いに同意する時に使う「そだねー」と言う方言や、ハーフタイムにみんなで丸くなっておやつを食べる「もぐもぐタイム」が一躍有名になった…外国人はさぞ不思議に思う事だろう。なぜ日本では金メダリストよりも銅メダリストの方が人気が出るのだろうか…と。
実はそこに日本の治安の良さの秘密が隠されている…逆に言えば、世界の三位にも関らず彼女達に人気が集まる理由こそ、日本人がまだ善き資質を失っていない証拠であり、日本人らしさが表れていると言えるからだ。
女子カーリングLS北見チームの選手一人一人をよく見ると、みんな平均的な日本人の可愛い女子である。だが、外国チームの様に跳び抜けた個人技を持っている選手は一人もいない事が分かる。
最近でこそ、スポーツに限らず各分野で跳び抜けた天才や、突出した才能を示す日本人が出る様になったが、かっては誰もいなかった。
ところが、団体競技や組織競争をやらせると、個人の能力で勝る外国勢に勝ってしまうのである…向こうは狐に摘まれた様な顔をしていた。
要するに、個々の日本人に突出した能力はないが平均値が高く大きな格差がない。多少の格差はお互いにカバーして補い合った。
全体的な総合力の高さ、皆に歩調を合わせるまとまりの良さが団体競技や組織競争における日本人の強さの秘密だったのである。

古い記録を見る限り、統治する側(勝者)から書かれた歴史書には、そんな平均的な日本人が作られた背景も要素も見当たらない。
往々にして日本人は内側からしか自国の歴史を見ないので分からぬのも無理はない…そこで外側から日本の歴史を見てみよう。
日本が倭国として海外の歴史書に現れるのは後漢時代の「漢書」からである…どうもその頃の日本は、九州博多を中心に大陸各地からきた渡来人と在来日本人が一定の集団を形成し、西日本各地に植民地を拡大していたらしい事が記録されている。
その後、各地に豪族集団ができると互いに縄張りを主張して争い始めた。いわゆる「魏志倭人伝」に出てくる倭国の大乱である。
その泥沼の騒乱を収めたのが、当時の有力な祭祀一族の巫女であった「卑弥呼」なる女性シャーマンだった。
おそらく、その頃の日本人は共通のシャーマニズムを信奉していて、宗教による和解役として彼女は適任だったと言う事だろう。
しかし、実質的な実権はその祭祀一族の長が握っており、卑弥呼は女王と言うよりも宗教上の象徴だったのではないだろうか。
こうして、その後の天皇統治に至る基盤ができたらしいのだが、その後に「謎の4世紀」と呼ばれる日本史の空白期がやってくる。
その間の日本は、中国や朝鮮のある国の史書に途切れ途切れに現れては消え、また現れては消えるを繰り返すのである。
7世紀に編纂された「日本書紀」では、大和朝廷の誕生から古墳時代~飛鳥・奈良時代に至るまでの天皇の系譜と出来事が書かれてはいるが…どうにも腑に落ちない点が多すぎる。

それは外交がテンデンバラバラで終始一貫していない事なのだ…もし、同一の天皇家の系譜による政権ならば、こうも支離滅裂にはならないはずである…してみると、空白の400年間に日本で何が起きていたのかが大体推測できると言うものである。
つまり、有力豪族達が派閥を作って皇位(天皇と言う位のない当時は国主の座)を争っていたのである…そして、勝ち上がって天皇になった豪族が、百済系、新羅系、高句麗系、或いは中国の各地域それぞれの出身者であったが為に、対外政策が異なったものになったと解釈すべきだろう。
ただ問題なのは、天皇を倒して政権を奪った者が、なぜ前天皇の弟や従兄弟などの親族であるかの如く名乗ったのかと言う事である。
それが故に「天皇は万世一系」と言う誤解が生まれた…その理由を知るには、宗教と政治が結びついていた当時の事情を見る必要がある。

~続く~

にほんブログ村 小説ブログへ
クリックをお願いします
 
関連記事
スポンサーサイト
もくじ  3kaku_s_L.png ゴジラの子守歌
もくじ  3kaku_s_L.png 未来戦艦大和
もくじ  3kaku_s_L.png やさしい刑事
もくじ  3kaku_s_L.png まぼろし
総もくじ 3kaku_s_L.png その他の小説
もくじ  3kaku_s_L.png オリジナル詩集
もくじ  3kaku_s_L.png 随想/論文集
もくじ  3kaku_s_L.png 死とは何か?
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  ↑記事冒頭へ  
←個人より氏族(家門)を優先する日本人の精神風土の形成過程 シリーズ⑦    →スティーヴン・ホーキング博士追悼④ 博士が開いた真理への扉

~ Comment ~


スポーツは勝つことが全てではないですからね。
もちろん勝てば嬉しいですが、それだけだと楽しむことを忘れがちになります。
日本人は世界的に見れば小柄で小さな島国に住んではいるけど
技術はここ最近発達してるし、人間的にも優しくて大らかな人が多い。
だから世界的に親しまれていると思いますね。
#7101[2018/04/15 11:36]  西條すみれ  URL 

こんにちは

16世紀のヴァリニャーノやザビエルは日本は盗みや犯罪が少ないと
書いています。もっとさかのぼれば「魏志『倭人伝』」にも日本人は
盗みや争いごとがない、と記述されています。
島国で単一民族で他国との闘争もほとんどなかったせいで
穏やかで恥を知るという特質がDNAに刻まれているのでしょうか。
そして驚くことに体感と違って犯罪発生率は年々減少しているのです。
#7102[2018/04/15 12:21]  エリアンダー  URL 

Re: すみれ様COありがとうございます^^

> 日本人は世界的に見れば小柄で小さな島国に住んではいるけど
> 技術はここ最近発達してるし、人間的にも優しくて大らかな人が多い。
> だから世界的に親しまれていると思いますね。

日本人は集団で何かをする事がとても得意な民族です。
外国の様に、特にリーダーがいなくてもあうんの呼吸で皆が纏るのが不思議ですね。
だが、日本人は外人を見るとみんなアメリカ人だと思う…そこにある性質が潜んでます。
それは他民族と比べて依存心が強く独立心に欠ける事…纏りの良さは両刃の刃なのです。
戦争に負けたせいもあるが、いつも誰か(今は米国)を頼って生きる性質を持ってます。
自分で決断するのが苦手で自由の使い方を知らない…自分で良し悪しの判断が出来ず時流に呑まれて暴走したり、自暴自棄になって病んだり、自殺する人が多いのがその表れです。
#7103[2018/04/15 13:37]  sado jo  URL 

Re: エリアンダー様COありがとうございます^^

> 島国で単一民族で他国との闘争もほとんどなかったせいで
> 穏やかで恥を知るという特質がDNAに刻まれているのでしょうか。
> そして驚くことに体感と違って犯罪発生率は年々減少しているのです。

近年はどこでも犯罪が大型化してますが、日本人は基本的に非武装民なので海外の様には目立たないだけではないでしょうか?小さな犯罪は逆に増えていると思います。
ネットを見る限り、イジメや差別、セクハラ、脅迫、詐欺、人権侵害が蔓延してますよ。
日本人は単一民族と言うのは誤解で、実は千数百年前まで寄せ集めの多民族地域でした。
治安は最悪で、集団ごとに組織を作り血で血を洗う凄惨な抗争を繰り返していたのです。
その抗争から抜け出す為に、どんな知恵を使って同じ日本人としてひと纏りになったか?
その秘密は、天皇位を巡る壮絶な闇の歴史にありました…次回に詳しくお話いたします^^
#7104[2018/04/15 14:05]  sado jo  URL 

奈良時代に編纂された日本書紀や古事記は全然信用できないことをどうして現代の日本人(特に保守派)はわからないのか不思議でなりません
大体が初代とされる神武天皇が百数十年も生きられるはずがないことくらいわかりそうなものです。
いくら糊塗しようとしても天皇家は渡来人、かつ百済と深い関係にあったことは今上天皇でさえ認めています。
単一民族というのも大ウソですね(笑)
#7105[2018/04/15 15:49]  まり姫  URL  [Edit]

そうではないかと思います

こんにちは!いつも、ありがとうございます。

>有力豪族達が派閥を作って皇位(天皇と言う位のない当時は国主の座)を争っていたのである

わたしの住まいのすぐ隣には、高天ヶ原があります。
そこは奈良県になりますが、隣です。

そこには土蜘蛛族という在来の人々が集落を形成していました。

けれど、脛長族に滅ぼされてしまうのです。
その一族は、脛が長く、土蜘蛛族はずんぐりむっくりとした体形。
地元では、土蜘蛛族のお墓を丁寧に奉っていますし。

脛長族はおそくらく高麗人かと思います。
#7106[2018/04/15 18:02]  窓  URL  [Edit]

Re: まり姫様COありがとうございます^^

> 奈良時代に編纂された日本書紀や古事記は全然信用できないことをどうして現代の日本人(特に保守派)はわからないのか不思議でなりません
> 大体が初代とされる神武天皇が百数十年も生きられるはずがないことくらいわかりそうなものです。

日本書紀は、天智天皇の正統な後継者である大友皇子から皇位を簒奪した天武天皇が書かせたもので、唐の正史や各地方の風土記と照らし合わせると虚偽記載が数多くあります。
そもそも、天智天皇と天武天皇に血の繋がりはなく、まったく別の皇系統なのです…だから、自分の正当性を主張する為に偽の歴史書が必要だったのでしょう。
古事記に至っては、おっしゃる様に天皇は人の寿命を超越しており、旧約聖書のモーゼなどと同じく神話の域の話で、とても正当な歴史書とは言えませんね。
常識で考えても一つの家系が千数百年も継続できる訳はなく、武家支配の時代にも天皇を廃位して、自分の一族から天皇を立てた事も幾度となくありました。
右派や保守派の「天皇万世一系論」は神話的たわ言で、歴史的事実こそが重要だと思います。
と言って、英国王室と同様に家系が代っても王は王、天皇は天皇である事に変りはないです。
#7107[2018/04/15 19:12]  sado jo  URL 

Re: 窓様COありがとうございます^^

> そこには土蜘蛛族という在来の人々が集落を形成していました。
> けれど、脛長族に滅ぼされてしまうのです。脛長族はおそくらく高麗人かと思います。

神武天皇の土蜘蛛族征伐の神話は、多分(中国や朝鮮から来た)渡来系の民族が植民地を拡大して行く過程で、関西にいた縄文人と争った事実を表わしてると思います。
土蜘蛛の体型から推測すると、現在の南洋の島々に居住するスンダランド人の系統で、関西地方でカヌーを作る石斧が多く発掘されている事からも間違いないでしょう。
ちなみに、土蜘蛛族は石器人ですが、渡来人は鉄器で武装した当時の近代軍ですから、勝敗は火を見るより明らかだったでしょうね(笑)
なお、当時は呪いや祟りが信じられており、勝者は滅ぼした敵が祟らない様に丁寧に祭りました。熊襲族や隼人族の神社…よく知られる菅原道真の北野天満宮などもそうです。
#7108[2018/04/15 19:19]  sado jo  URL 

日本の犯罪率は世界3位。2015年のあらゆる種類の犯罪を含めた
犯罪件数は1945年以来最低、つまり戦後最低であったそうです。
イジメなどの小さな犯罪は増えているように思えますが、
昔より今のほうが、活動領域や視野がはるかに広くて
情報がすぐに拡散するせいもあるのじゃないですかね。

私の子供の頃は、商店街を歩くとチンピラ共がヨタって歩いていて、
怖かったですよ。日活や東映のヤクザ映画も流行っていましたし。

いま外人の撮ったYouTubeを見ると、日本の街は看板や置いてあるものが
汚いなあと思うのですが、撮った人はそれを、きれいな日本の街の動画だ
として紹介しているので、ちょっと驚かされます。

それに日本は死刑制度があって野蛮だとか遅れているとか言われますが、
死刑制度のない先進国では警官がすぐに射殺しますから、どちらが野蛮だか。

日本にいると不満が多くても、世界と比較するとだいぶいいんじゃないですか。
#7111[2018/04/18 21:12]    URL  [Edit]

Re: COありがとうございます^^

> 日本の犯罪率は世界3位。2015年のあらゆる種類の犯罪を含めた
> 犯罪件数は1945年以来最低、つまり戦後最低であったそうです。
> 日本にいると不満が多くても、世界と比較するとだいぶいいんじゃないですか。

途上国の犯罪統計は表面に出ない部分が多く、最悪の状況だろうと思います。
また、欧州の街は綺麗だと言いますが、観光客が見る表通りと裏通りは雲泥の差があります。
まず、日本の裏通りにはギャングも麻薬密売人もいません。たまにホームレスがいる位です(笑)
総じて治安の良い暮らしやすい国だと思います…ただ、最近は過度な個人主義が横行していて、刺激を求める若い犯罪予備軍がネット上でうろついてるのが気掛かりです。
座間大量殺人の白石隆浩の様に、ネットを悪用した事件が幾つか表面化していますからね><
#7112[2018/04/18 22:41]  sado jo  URL 

こんにちわ
日本も治安が悪くなったなと思います。
#7113[2018/04/19 12:22]  ネリム  URL  [Edit]

Re: ネリム様COありがとうございます^^

> 日本も治安が悪くなったなと思います。

昔は、子供の方から大人に声を掛けてました「お兄ちゃん遊んで」ってね。
今は「知らない人に声を掛けられたら逃げろ」です…治安が悪化した証拠ですね~><
女性がセクハラされたり、ストーカーに遭ったり、通り魔に襲われたニュースも多い。
立場の弱い者が守られて安全に暮せるのが日本本来の姿です…弱い者が狙われる今の社会は、まるで弱肉強食のサバンナみたいですよ(嘆)
#7114[2018/04/19 13:01]  sado jo  URL 














管理者にだけ表示を許可する

~ Trackback ~


  ↑記事冒頭へ  
←個人より氏族(家門)を優先する日本人の精神風土の形成過程 シリーズ⑦    →スティーヴン・ホーキング博士追悼④ 博士が開いた真理への扉