シムーン第二章 ~乙女達の祈り~

随想/論文集

解体されたコミュニティとさまよえる日本人 シリーズ⑧

シリーズ⑧

ともあれ、各地に割拠する豪族達の抗争が庶民にも類を及ぼした始まりは決して良いとは言えないが、逃げ場のない島国と言う事情もあって「人目を気にし」「人並みを願い」「流行に敏感で」「皆に歩調を合わせ」「横並びに進む」「人柄の良い」国民性を作り上げたのは確かであろう。
つまり、日本の治安の良さは決して旧ソ連の様な国家制度が齎したものではなく、諸々の事情から一人一人が我が身(家門)を守る為に身につけていったものであると言う事である…それが国民の身についているからこそ、個人の金メダリストを押しのけて、銅メダリストにも関らず国民性のニーズにマッチした女子カーリングチームの選手達が人気を博したのだろう。
しかし、言うまでもない事だがこの様な構造を持つ社会には一つの欠点がある…優れた才能の芽が幼い頃に摘まれてしまい、平均的な人材を揃えるには申し分ないが、跳び抜けた才能を発揮する個人が育たない事だ。
そして、異質なものの存在を嫌う余り社会が遅々として進歩してゆかない。日本人は世界の人々から保守的だと評されるがまさにその通りで、この社会構造が中世から近世に掛けて西洋に大きく遅れを取ってしまった原因ともなった。
けれども、全体から見ると治安の行き届いた纏りのある良い社会で、国民の人柄も良く、人々にとっては暮らしやすい国ではあった。

そんな日本独自の社会構造が崩れ始めたのは西洋文明を受け入れた明治維新からであった…特に太平洋戦争の敗戦以降、復興と産業育成を急ぐ余り人々は元居た土地を離れて都市部に移り住み、次々と氏族(家門)は解体されて行った。
コミュニティの呪縛から解放された人々の中から埋もれていた才能を発現する人達が現れた…現在、スポーツなどの各界で活躍している個人は以前の日本にはいなかったタイプの人である。
だが、氏族(家門)の解体が個人の才能を解き放った反面、社会の治安は次第に悪化していった…個人個人を別の意味でのくびきからも解放してしまったからである。
今は誤って使われている「恥を知る」と言うのは元来は氏族(家門)を意識しての言葉であった…だから、昔は立てこもり事件が発生すると、警察が現場に親や兄弟を連れ出して「お~い、お前のお袋さんが泣いてるぞ~」などと犯人を説得したものだった。凶悪事件なのに何とものどかな風景で、恥を知る日本人だからこそ通用したのだろう。
だが核家族化が極限にまで達し、一人暮らしが増えて、隣近所との付き合いすら失った今の日本人には通用すまい。現に恥を恥とも思わない凶悪事件や猟奇犯罪が頻発している現状である。

どうやら今の日本人は帰属すべきコミュニティを完全に失くしてしまった様だ…人は多少自由を縛られても帰属できる居場所を求める。
若い人は知らないと思うが、1990年代に大勢の犠牲者を出した「オウム真理教事件」なるものがあった…この宗教思想を標榜するカルト集団が起こした事件にはたくさんの信者が関与していた。そのほとんどが最初はそんな過激な集団とは知らずに、自分の居場所を求めて入ったさまよえる人々だった。
最近では日本のアイディンティティを求めて政治思想を掲げる人達が集まって、ヘイトやパッシングなどのカルトクライム、地域差別などの社会問題を引き起こしている有様である。
はっきり言って、心の拠り所を求めてさまよう余りカルトに走れば、却って周囲から眉をひそめられて社会から弾き出されるだけであろう…日本人が失ったコミュニティは、宗教や政治などで簡単に解決できるものではないのだ。
人々が安心して帰属できるコミュニティとは、思想や年齢・性別の差、地位や立場や役割を超えたものでなければならない…かっての日本人は、誰も差別せず誰も排除せず、老いも若きも外来者も迎え入れる多様性に満ちた善いコミュニティを持っていた。
それは八百万の神々を奉ずる日本人独特の観念からきていたのだろう…ところが、今の日本人はまるで海外の一神教徒の様に精神が凝り固まってしまって、全体が見えずに自分だけの事に汲々としている。
全ての神々(人)に居場所を与えて排除せずに平等に祭る日本人の根本精神に立ち返り、氏族(家門)の代わりになる新しいコミュニティを再構築しなければ、日本の善き伝統と治安の良さは遠からず崩れ去る事になるだろうと思う。

にほんブログ村 小説ブログへ
クリックをお願いします
 
関連記事
スポンサーサイト
もくじ  3kaku_s_L.png ゴジラの子守歌
もくじ  3kaku_s_L.png 未来戦艦大和
もくじ  3kaku_s_L.png やさしい刑事
もくじ  3kaku_s_L.png まぼろし
総もくじ 3kaku_s_L.png その他の小説
もくじ  3kaku_s_L.png オリジナル詩集
もくじ  3kaku_s_L.png 随想/論文集
もくじ  3kaku_s_L.png 死とは何か?
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  ↑記事冒頭へ  
←新小説 「棘(いばら)の記憶」 連載開始    →個人より氏族(家門)を優先する日本人の精神風土の形成過程 シリーズ⑦

~ Comment ~


「みんなそうなんだから」と言われて育った私ですが
やはり平均的な人材社会というのは違和感がありますね。
そのほうが平和かもしれないけど、特に危険でなければどんな人がいてもいいと思います。
十人十色という言葉もありますし、人間も神様も色々です。
個性を尊重するためにはお互い認め合うことが大事ですね。
#7123[2018/04/25 11:02]  西條すみれ  URL 

こんにちは

昔(今も)はどこに住んでも地域特有のコミュニティがあり、
自由が縛られることもしばしばです。
自由を求めれば希薄な人間関係や人との間の摩擦も増え
住みにくくもなります。
自由も、人とのつながりも、同時に求めるのは見果てぬ夢でしょうかね。
#7124[2018/04/25 11:49]  エリアンダー  URL 

Re: すみれ様COありがとうございます^^

> 「みんなそうなんだから」と言われて育った私ですが
> やはり平均的な人材社会というのは違和感がありますね。

「みんながそうである」没個性社会には欠陥もありますが、安定度は高いです。
一神教社会の西洋では、厳格な善悪の基準や統一思想によって安定を図ろうとした。
けれど、日本人は八百万の神々も仏も何でもござれの精神風土の中で安定を作った。
普通ならそんな多元的モザイク社会は、抗争を繰り返して瓦解してゆくのが歴史です。
日本人がそうならなかった秘密は、見事なコミュニティを形成してきた事にあります。
まさに十人十色の個性を認め合って、荒神や荒人も仲間に入れてやり、周りに害を為さぬように鎮める八百万の合祀の概念がそこに生きていたのですね。
#7125[2018/04/25 13:34]  sado jo  URL 

Re: エリアンダー様COありがとうございます^^

> 昔(今も)はどこに住んでも地域特有のコミュニティがあり、
> 自由が縛られることもしばしばです。

親兄弟や地域のしがらみと言うものは不自由でもあり、逆に便利なものでもあります(笑)
日本人の奇妙な点は、しがらみに不満を抱きながらも、敢てそれを壊そうとしない所です。
西洋ではしがらみの不満はやがて革命を呼び起こし、他地域への移民に繋がったりします。
狭い島国と言う事情もあるのか?日本では一度も革命も大量移民も起きた事がありません。
日本人は不自由だと愚痴をこぼしながら、親兄弟や地域のしがらみを巧みに利用しながら生きるしたたかさを身につけているんじゃないでしょうか?
引きこもる我が子に愚痴をこぼしなら、子供を養う事に満足している親と、親を利用して生きる子…そこにはしがらみに生きる典型的な日本人の我慢の保守像が読み取れます(笑)
#7126[2018/04/25 14:06]  sado jo  URL 

イギリスも小さな島国であったのに世界各地に領土を拡げたことを考えると、
日本人の集団個性を築いた原因は「島国」と「極東」と長年の「鎖国政策」にありそうです。
西欧は一神教ゆえに独尊排他的であり、神道は自然教ゆえに協調融和的であるとすれば、
やはり主義とか信念とかを大事にすることよりも「みんながやっているから」という
日本人の持つ没個性的な「和」を尊ぶ人生志向のほうが争いやいさかいが少なそうです。

であれば、イザヤ・ペンダサンが述べた「日本教」の教えもなかなか良さそうです。
「島国」と「極東」「鎖国政策」のうち、「鎖国政策」は今の世ではあり得ません。
でも「島国」と「極東」は変わらないので、日本の治安の良さは当分続きそうじゃないですか。
氏族や家族単位の生活はだんだん廃れていくでしょうが、それは時代の流れのような気もします。
#7127[2018/04/25 19:11]  ☆バーソ☆  URL  [Edit]

Re: パーソ様COありがとうございます^^

> イギリスも小さな島国であったのに世界各地に領土を拡げたことを考えると、
> 日本人の集団個性を築いた原因は「島国」と「極東」と長年の「鎖国政策」にありそうです。
> 氏族や家族単位の生活はだんだん廃れていくでしょうが、それは時代の流れのような気もします。

イギリスと日本は、大陸と向き合う島国と言う地勢環境ではよく似てますね。
島にやってきた様々な外来民族を纏める為に王と天皇を立てた点でも同じです。
ただ、農耕を営む日本人と牧畜を営むイギリス人では、国の発展過程が異なってます。
日本人は内向的で、秀吉以外はつい70数年前まで外国に対して侵略戦争はしませんでした。
それに比べてイギリス人は随分攻撃的で、建国以来ひっきりなしに対外戦争をしています。
その為、方々から恨みを買っていて、ついこの前まではアイルランドIRAのテロに遭い、今またイスラムテロに見舞われていますね。
その点では、先の大戦前までは日本は他国に恨みを買った事はなく、国内の犯罪率も少ない治安のいい国だったと思います…けれども、ここにきて、殊更政治的・社会的対立を煽る人達も増えてますので、今後、不安定な国になる可能性もあります。全ては日本人の考え方次第ですが…
#7128[2018/04/26 01:03]  sado jo  URL 

こんばんは
コミュニティは必要不可欠ですが
ほとほどが良いと思います。
#7129[2018/04/26 20:35]  ネリム  URL  [Edit]

Re: ネリム様COありがとうございます^^

> コミュニティは必要不可欠ですがほとほどが良いと思います。

そうですね…特に若い人は昔の村社会の様なコミュニティをうっとうしがりますね(笑)
誰にも邪魔されない自由がいいのがホンネですが、かと言って人は誰かを頼らなければ生きてゆけず、コミュニティを大事にしたからここまで進歩したのも事実です。
個人とコミュニティの間でどう折り合いをつけて自分らしく生きるか?…ですね。
#7130[2018/04/27 11:10]  sado jo  URL 

はい、おっしゃるとおりだと思います

自分は、逆にこの高度に発達した通信手段を利用しまくっているのでw
国内よりも国外に知り合いやファンがどんどん増えてますw

やっぱり、自分は渡来人の末裔なんでしょうね、きっと

なので、コミュニティが崩壊したせいか、この島国も昔より生きやすくなったと感じている始末ですしw
#7131[2018/04/27 19:20]  blackout  URL 

Re: blackout様COありがとうございます^^

> 自分は、逆にこの高度に発達した通信手段を利用しまくっているのでw
> 国内よりも国外に知り合いやファンがどんどん増えてますw

世界的なネットの普及で、普通の人でも国際交流が可能になったのは良い事だと思います。
反面、世界の情報が無尽蔵に入るので、何か侵略されてる様な危機感を抱いてる人もいる。
自国保護主義や愛国主義などのナショナリズムが各国で台頭してきてるのがその表れです。
しかし、南北会談を見ても分かる通りでいかなる国も孤立しては生きてゆけない時代です。
20世紀後半に始まったIT革命は国家や民族が作ったダムを決壊させ、人類がかって経験しなかった形に世界を作り変えようとしています…もうこの流れは止まりません。
経済・学術・芸術・スポーツ…どの分野においても人類は連携しなければ成果を出せない。
面白い事に政治だけが古い形のまま残ってしまった><…だから矛盾が露呈しているんです。
#7132[2018/04/28 10:44]  sado jo  URL 














管理者にだけ表示を許可する

~ Trackback ~


  ↑記事冒頭へ  
←新小説 「棘(いばら)の記憶」 連載開始    →個人より氏族(家門)を優先する日本人の精神風土の形成過程 シリーズ⑦