シムーン第二章 ~乙女達の祈り~

棘(いばら)の記憶

棘の記憶 「記憶の始まり(1)」

棘01

※この小説は歴史に基づくフィクションです。実在の個人・団体・組織についての記述に関する真偽は読者の判断に委ねます。

 なぜ自分が棘(イバラ)の生い茂る藪の中に入ってしまったのか?さっぱり分からない。
 ただ気がついたら、いつの間にか藪の中にいて、身体中に刺さった棘に苛まれていた。
 もがいて、もがいて、やっとこさ薮から這い出して棘を振るい落とそうとまたもがいた。
 たくさんの棘が身体から落ちて少しは楽になったのだが、まだあちこちが痛んでいる。
 見えない所に刺さっている棘があるらしいのだが、どこにあるのか?さっぱり分からない。
 仕方がない…この痛みを抱えたままで取りあえず歩いてゆく事にしよう。

 戦中・戦後を生きた亡き父が残した手記を小説の形にして表す事を、きっと父は望まないだろう。
 それでも、今を生きる多くの日本人に知っておいてもらいたい…抜こうにも抜けない棘がある事を。
 父は昭和20年8月15日まで特別高等警察(特高)官だった…父はそんな経歴をおくびにも出さなかった。
 私自身はおろか家族さえも、手記を見るまでは父にそんな過去があった事をまったく知らなかった。
 特別高等警察は、大正14年に制定された治安維持法(昭和16年に強化)に伴って全国に設置された政治警察組織である。
 その主な任務は、大日本帝国の国家体制に反する思想・宗教や言論、労働デモなどを監視して国家の治安を維持する事にあった。
 特高警察の仕事は、政治集会や講演会・宗教活動の監視、新聞・雑誌などの出版物の検閲、映画・演劇・歌謡などの文化・芸能活動の取り締まりから、在日中国人や朝鮮人などの外国人の監視に至るまで多岐に渡っていた。
 だが、その活動はしばしば警察業務の域を超えた弾圧に及び、謂われなき嫌疑を掛けられた多くの市民が逮捕された。
 そして、尋問と称して被疑者に暴行などの拷問を加え、社会主義活動家の岩田義道や作家の小林多喜二、キリスト教牧師の小山宗祐や創価教育学会(現創価学会)の牧口常三郎ら多くの人々を死に至らしめた。
 実際、亡き父の手記にも尋問に当って被疑者に暴行を加えた事や、在日朝鮮人を弾圧した事が記載されていて、あの穏やかな父の隠された一面を見たような思いがした。
 なぜ父は特高警察官などになったのだろう?なぜ父は家族に隠さなければならないような仕事に手を染めたのだろう?
 真っ先に頭に浮かんだのはその事だった…だが、それには已む無き複雑な経緯があった。

 父が、祖父が満州で戦死した知らせを受け取ったのは、まだ大学に在学中の事だった。
 一家の大黒柱を失った父の家には病弱な母と二人の妹がいて、男手は父一人だけだった。
 一家を支えなければならない必要に迫られた父は、働きに出るために大学を辞める決心をした。
 しかし、当時の日本は日中戦争の最中にあり、アメリカやイギリスとの戦争も間近に迫っていた。
 せっかく大学を辞めて働きに出たとしても、いずれは徴兵されて戦争に行く事になるのは明らかった。
 だが自分は家を離れる訳にはいかない…父は何とか召集されずにすむ方法はないだろうかと考えた。

~続く~

にほんブログ村 小説ブログへ
クリックをお願いします
 
関連記事
スポンサーサイト
もくじ  3kaku_s_L.png ゴジラの子守歌
もくじ  3kaku_s_L.png 未来戦艦大和
もくじ  3kaku_s_L.png やさしい刑事
もくじ  3kaku_s_L.png まぼろし
総もくじ 3kaku_s_L.png その他の小説
もくじ  3kaku_s_L.png オリジナル詩集
もくじ  3kaku_s_L.png 随想/論文集
もくじ  3kaku_s_L.png 死とは何か?
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  ↑記事冒頭へ  
←棘の記憶 「記憶の始まり(2)」    →新小説 「棘(いばら)の記憶」 連載開始

~ Comment ~


治安維持法は明治につくられた治安警察法を改定したもので、そもそも国民が求めていた民主主義そのものを弾圧するための国歌による国民弾圧のためのものでした。
自由民権運動が全国的に拡大し、これに危機感を感じた長州閥や一部公家たちが考え出した悪法のなれの果てです。
大逆事件のでっち上げもその走りでした。
法案を成立させた張本人は加藤高明です。
国家主義がはびこると悪法がさらに拡大の一途となり、最後は市井に生きる庶民まで弾圧の対象になったことを二度と繰り返してはいけないでしょう。
#7147[2018/05/05 15:50]  まり姫  URL  [Edit]

Re: まり姫様COありがとうございます^^

> 国家主義がはびこると悪法がさらに拡大の一途となり、最後は市井に生きる庶民まで弾圧の対象になったことを二度と繰り返してはいけないでしょう。

戦前の「治安維持法」は、完全に国民の人権を無視したひどい悪法でした。
国民は、政府のやる事には何も逆らえず、何も出来ず、文句を言うとすぐに投獄される。
完全な奴隷状態に置かれた国民は、政府が戦争に突っ走っても止める術もなかったのです。
治安維持法の為に、大勢の勇気ある人々の命と、350万人の国民の命が犠牲になりました。
今また、憲法を改定して悪法「治安維持法」を復活させようとする動きが出てきています。
暗黒の時代を知らない国民は、断じて政治家の言いなりになって自由を失ってはならない。
#7148[2018/05/05 17:41]  sado jo  URL 

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
#7149[2018/05/06 15:56]     

特高はいわば秘密警察みたいなイメージですね
国外でいうところのシークレットサービス的な感じかなとも思いました

治安維持法ですが、ここ最近成立した共謀罪も、気をつけないとこうなる可能性が高そうですね(汗)

一説によると、北朝鮮では3人で集まって会話しているだけで、秘密警察に取っ捕まるらしいです(汗)
#7150[2018/05/06 19:43]  blackout  URL 

Re: m様COありがとうございます^^

山の中に自宅があるとはうらやましいです。
歳を取ると、幼い頃に遊んだ野山がふと恋しくなる時がありますからね。
G.Wは小説を書いていたので、あいにくどこにも出掛けられませんでした。
今書いているものは、戦後の時代考証と人々の心象表現に手間取って苦労してます(笑)
#7151[2018/05/07 00:32]  sado jo  URL 

Re: blackout様COありがとうございます^^

> 特高はいわば秘密警察みたいなイメージですね
> 治安維持法ですが、ここ最近成立した共謀罪も、気をつけないとこうなる可能性が高そうですね(汗)

戦前の日本の特高警察は、ナチスドイツのゲシュタポと同じ政治警察組織です。
今はもうない旧ソ連のK.G.Bや東ドイツのシュタージも政治犯を取り締まる組織でした。
秘密警察とは言え、これらは国家が国民の政治活動や思想を監視する為に設けた組織です。
アメリカもC.I.Aがありますが、国民の政治活動や思想の監視は法で禁じられています。
なのでイギリスのMI6と同様の国外向け諜報組織で、国民の政治的活動には関与しません。

「組織的犯罪処罰法=共謀罪」は本来、警察がテロや暴力団などの組織犯罪に対抗する為の法ですが、警察が政治活動や思想に介入すると、特高警察の悲劇を招く危険性が出てきます。
とかく政府が犯罪の概念を政治や思想の分野まで広げると、秘密警察を作って一般市民の監視や弾圧に乗り出します…挙句の果てに民主主義は崩壊して、ロシアや中国の様な市民がうかつにものを言えない全体主義国家や一党独裁国家となるのが歴史の常ですね。
#7152[2018/05/07 14:27]  sado jo  URL 

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
#7153[2018/05/07 16:36]     

こんにちは!いつも、ありがとうございます。

特高といえば、社会科の教科書に載っていた、
小林多喜二の写真を思い出します。

お岩さんのように、はれ上がった瞼。
あちこちが赤く腫れあがった皮膚。
生々しい暴行の爪痕が記憶に残っています。

けど、成りたくてしたくてした人など、殆どいない。
そうも思います。
#7154[2018/05/07 17:47]  窓  URL  [Edit]

Re: m様COありがとうございます^^

歴史に学ぶとは、国際基準で検証した事実をありのまま次世代に教える事です。
二度の大戦で敗北の悲惨さを舐めたドイツは、それを徹底的に国民に教えてます。
だから、ドイツはいち早く戦後レジームから脱却してEUのリーダーになりました。
日本の様に、自分に不利な事実を自虐史観だと言い、都合の良い事だけ教えたんではいつまで経っても信用されず、却って戦後から脱却できなくなる。
失敗して傷ついて死んだ先祖の名誉を、これから死んでゆく世代が挽回しようとやっきになって、新しい世代まで巻き込むほど愚かしい事はない><
白紙で生まれてきた新しい世代には、新しい未来がある…善い事も悪い事も、包み隠さず誤魔化さずに教えて、自らの生き方を学ばせるべきだと思います。
#7155[2018/05/07 18:25]  sado jo  URL 

Re: 窓様COありがとうございます^^

> 特高といえば、社会科の教科書に載っていた小林多喜二の写真を思い出します。
> お岩さんのように、はれ上がった瞼。あちこちが赤く腫れあがった皮膚。
> 生々しい暴行の爪痕が記憶に残っています。
> けど、成りたくてしたくてした人など、殆どいない。

特高警察や陸軍憲兵隊は、ゲシュタポ=ドイツ国家秘密警察や、S,S=ナチス親衛隊と並んで、国家が犯した残虐非道な犯罪の世界的代名詞になってますね。
その組織にいた者達は、最初から極悪人だった訳ではなく国家の命令に従っただけです。
恐い事に、人は「仕事だから」とか「お国の為」とか「正義の為」と言われると、人間としての倫理観を失って、暴行でも虐殺でも何でもやってしまいます><
気がついたらそれが当たり前の慣れっこになって、人の道を踏み外した事に気づかない。
そんな罪を犯す者は愚かだ…と他人事の様に言う人もいますが、誰でもそうなるのです。
国家(組織)は個人の事情や心情など考慮しません…だから大きな存在ほど人間に対して大罪を犯す確立が高い。人としてマトモであるかどうか?は個人の判断に委ねられます。
#7156[2018/05/07 19:03]  sado jo  URL 

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
#7157[2018/05/08 22:58]     

Re: k様COありがとうございます^^

家族の中にはプライバシーを気にする人もいますからね。
ネットは誰が見るか分かりません。近隣の画像や話題から個人が特定できてしまいます。
趣味の話や画像、自然風景や、政治的発言は結構ですが、家の事は避けた方が良いです。
またブログを再開されたらお知らせ下さい^^
#7158[2018/05/09 11:14]  sado jo  URL 

こんにちは~♪
いつもありがとうございます(*^^)
こちら昨日までのうっとうしい雨模様のお天気がウソのように晴れました。
コロコロお天気と気温が変わるので体調を崩す人もあるようです。
気温の激変には御気をつけ下さいね(^_-)-☆
応援ポチ
#7159[2018/05/09 16:04]  まり姫  URL  [Edit]

Re: まり姫様COありがとうございます^^

> こちら昨日までのうっとうしい雨模様のお天気がウソのように晴れました。

こちらはうっとしい曇り空で、少々冷え込んでます。
小説の方もなかなか前に進まずに、苦戦してる最中です。
やはり、現代にない空気を今の人に伝えようとするのは難しいですね(苦笑)
#7160[2018/05/09 19:11]  sado jo  URL 














管理者にだけ表示を許可する

~ Trackback ~


  ↑記事冒頭へ  
←棘の記憶 「記憶の始まり(2)」    →新小説 「棘(いばら)の記憶」 連載開始