シムーン第二章 ~乙女達の祈り~

棘(いばら)の記憶

棘の記憶 「記憶の始まり(5)」

棘05

 戦犯裁判と言うと、1946年5月に始まった極東国際軍事裁判…いわゆるA級戦犯と呼ばれる戦争指導者を裁いた東京裁判が有名である。
 だが、それと平行して国内外の各地で戦争を遂行した軍人・軍属の戦争犯罪を裁くB・C級戦犯裁判が人知れずに行われていた。
 5600人を超える被告が連合国に逮捕されて裁判に掛けられたが、その多くはただ上官の命令に従った名もなき将兵たちだった。
 「上官の命令には絶対服従」と言う軍規に縛られていた彼らは奴隷状態にあり、拒否権もなく戦争犯罪に手を染めてしまっていた。
 しかし、そんな日本軍内部の事情は法廷では考量されるはずもなく、被告の弁護に当って勝訴を勝ち取るのは極めて困難だった。
 そんな状況の中で、柊木は弁護士として被告となった日本軍将兵たちの弁護を引き受けた。

「もし、連合国がここにいる被告たちが行った戦争犯罪を問うならば、同時に連合国自らが行った戦争犯罪も問わなければならない。日本軍将兵が行ったバターンやサンダカンでの捕虜虐待、南京やマニラで民間人に行った虐殺行為を問うならば、同時に連合国軍が行った民間人への無差別爆撃や機銃掃射などの戦争犯罪も問うべきである。勝者が犯した犯罪が問われず、敗者のみが犯罪を問われるならば、この裁判は法の下の平等と正義に反するものである」

 柊木は、不時着したアメリカ軍機搭乗員を虐殺したとして起訴されていた日本軍将兵への裁判の弁護に当ってこう述べた。
 法はいかなる場合においても、いかなる立場であっても公平に適用されなければならない…彼の法の信念に基づいた弁論だった。
 だが、それは日本本土への爆撃を遂行したアメリカ空軍の全搭乗員と、無差別爆撃を命じたカーチス・ルメイ少将…ひいては、広島と長崎への原爆投下を命令したハリー・トルーマン大統領その人の罪を問うに等しかった。

「あなたは無差別爆撃を受けたのは民間人だと言われるが、我々の調査では日本人は女性や子供に至るまで軍事訓練を受け、何らかの軍事行動に携わっていた事が証明されている。従って、連合国が攻撃した日本人は純粋な民間人とは言えず、非戦闘員の概念からは除外されるべき存在である」

 一見すると無茶に聞えるが、アメリカ人検事の反論は当時のアメリカ国民の多くが支持していた世論でもあった。
 挙国一致体制を敷いて戦争を遂行していた大日本帝国政府は、一般人にも軍事教練を義務付け、軍需工場の勤労奉仕を強制していた。
 日本人は「天皇陛下の下に一丸となって戦う」と言う大義美名に踊らされて、開けてはならないパンドラの箱を開けてしまっていたのだ。
 その国民総動員が仇となって、飛行場などの軍事施設のみならず一般人が住む民間地域にまで空襲の被害を拡大させたのだった。
 つまり、当時のアメリカ人から見れば大日本帝国は国民皆兵国家であり、無差別爆撃は戦時国際法違反には当らなくなってしまう。
 このアメリカの世論が広島と長崎の原爆投下を正当化した…非戦闘員が住む街でないなら攻撃目標にしても差し障りはないからだ。
 今なおアメリカで、広島と長崎の原爆投下を肯定する世論が根強いのにはそんな当時の背景がある。
 こうして何ら裁かれる事のなかった米軍は、その後、朝鮮戦争で、ベトナム戦争で無差別爆撃を続けて大勢の民間人を犠牲にした。

~続く~

にほんブログ村 小説ブログへ
クリックをお願いします
 
関連記事
スポンサーサイト
もくじ  3kaku_s_L.png ゴジラの子守歌
もくじ  3kaku_s_L.png 未来戦艦大和
もくじ  3kaku_s_L.png やさしい刑事
もくじ  3kaku_s_L.png まぼろし
総もくじ 3kaku_s_L.png その他の小説
もくじ  3kaku_s_L.png オリジナル詩集
もくじ  3kaku_s_L.png 随想/論文集
もくじ  3kaku_s_L.png 死とは何か?
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  ↑記事冒頭へ  
←棘の記憶 「記憶の始まり(6)」    →棘の記憶 「記憶の始まり(4)」

~ Comment ~


「何らかの軍事行動に携わっていた」と言われると
ちよっと反証が難しいでしょう。
現在、国民皆兵の徴兵制度がある韓国やスイス、イスラエルなどは、
戦時には無差別爆撃をされやすいということですかね。
あの長崎と広島の原爆についても、投下したことで米兵の死傷者(と日本兵の)
死傷者が減ったからよかったのだとアメリカでは言われているようですが、
戦争というのはどちらが正義かということより、
やはり勝てば官軍ということなんでしょう。
組織内でパワハラが横行するのも、力のある者が強いからでしょう。
と考えると、このたびの日大アメフト事件は、
弱小な真実が巨大な権力に勝った稀有な事例なんでしょうかね。
#7187[2018/05/25 21:17]  ☆バーソ☆  URL  [Edit]

Re: パーソ様COありがとうございます^^

> 「何らかの軍事行動に携わっていた」と言われると
> ちよっと反証が難しいでしょう。

米軍の無差別爆撃(広島・長崎の原爆を含む)や、ひめゆり学徒隊の少女が避難したガマ(防空壕)への火炎放射が合法とされ、日本軍の漢口爆撃や、南京・マニラでの虐殺が違法とされた戦犯裁判に矛盾と憤りを感じる日本人は多かろうと思います。
しかし、国際法では戦闘員(捕虜は除く)と非戦闘員の扱いは厳密に区別され、非戦闘員や捕虜を殺した日本側に法的な勝ち目はありません…また、例え竹ヤリでも政府の指示で組織的な武装や訓練をした以上は戦闘員と見なされ、攻撃目標となります。
多くの犠牲者の経験に立って言える事は、例え政府が「国民は全員で国を守れ」と言おうが「生きて虜囚の恥かし目を受けず」と言おうが国民は政府の命令に従ってはなりません!
一切の武器を取らずに民間人として白旗を掲げて降伏して下さい…政府の命令を聞いて死んだら証言もできずに有罪ですが、生き残れば「自分は武器を持たない民間人だ」と裁判で無実を証明できます。
#7188[2018/05/25 23:21]  sado jo  URL 

そういえば日大アメフト部も「コーチの言うことは絶対」なんて言ってましたね。
まあ確かに従わなければ部員としてやっていけないところがあるのはわかるけど
それでもしっかり善悪の判断ができていれば悪質タックルは起きなかったでしょう。
日本の上下関係も昔から絶対的なところはあるけど
そこに飲み込まれてはいけないね。
#7189[2018/05/26 11:58]  西條すみれ  URL 

Re: すみれ様COありがとうございます^^

> 日本の上下関係も昔から絶対的なところはあるけど
> そこに飲み込まれてはいけないね。

コーチでも上官でも、絶対に間違えない存在なら神であり、ドクターXですよ(笑)
だが、現実には間違えない人間などおらず、安部総理でも間違えて追求されてます。
部員も官僚も、上によく見られたいと言う浅ましい保身から相手の顔色をうかがって忖度したのです…全て我が身可愛さから出た事であり、言い訳は通じません。
尤も、政治に限らず最近の不祥事を見ていると、我々の古い世代とは違う中年以降の世代が、日本語に対する読解力を失っている現実には驚いています。
「女を土俵に上げるな」「(相手を)潰してこい」などの日本語は、果たして言葉のまんまなのか?…私の様な古い日本人はそれを額面通りには受け取らなかった。
中年から下の世代の日本語の読解力のなさと、相手(対象)に対する共感力の欠如について、近い内にエッセイを書きたいと思います。何とかしなければなりませんから(嘆)
#7190[2018/05/26 13:42]  sado jo  URL 

国家総動員に従ったアメリカ人は戦争とは無関係?

突き詰めて言えば戦争に係らない国民なんぞいる筈がない。国ぐるみでやるのが戦争である以上、税金を納めているだけでも戦争に加担している事になる。アメリカの勝者の理屈はナンセンス極まりないのだが、悲しいかな、負けは総てを背負わされる。
#7191[2018/05/26 14:28]  miss.key  URL  [Edit]

Re: miss.key様COありがとうございます^^

> 突き詰めて言えば戦争に係らない国民なんぞいる筈がない。国ぐるみでやるのが戦争である以上、税金を納めているだけでも戦争に加担している事になる。アメリカの勝者の理屈はナンセンス極まりないのだが、悲しいかな、負けは総てを背負わされる。

勝てば官軍…やった事の全てが許されると言うのもナンセンスな矛盾ですが(笑)
多分、軍事裁判に当たって(広島・長崎の原爆を含む)米軍の行為が国際法から逸脱してない事を証明する為に、日本人は軍事訓練を受けて武装してたから攻撃目標にしたと述べたのでしょう。
こちらに言わせれば苦しい屁理屈ですが、確かに国際法の概念には適ってますね。
なお、法は戦争に関しての納税や寄付の責任は問いません…そこまで問えば、戦争を支持した人や煽った人、全ての国民を裁かなければならなくなります(笑)
#7192[2018/05/26 16:01]  sado jo  URL 

『ベトナム人はみんなゲリラだから殺していい』というベトナム戦争での行為、『アルカイダは全員テロだから駆逐されねばならない』というイラク空爆と、現在までの米軍の行動原理にもつながっているのですよね。

日本は空爆戦法には断固反対するべきだと思うのです。たくさんの日本人がそれで犠牲になったのですから、他の国の人が同じ目に遭っている時に見てみぬふりをすべきではないと思います。
今まではそうしてきたにせよ、今からでも声を上げるべき。
ということでシリアでの米国はじめ各国の空爆戦法に、自分は断固反対しております(>_<)
#7193[2018/05/26 19:05]  椿  URL  [Edit]

Re: 椿様COありがとうございます^^

> 『ベトナム人はみんなゲリラだから殺していい』というベトナム戦争での行為、『アルカイダは全員テロだから駆逐されねばならない』というイラク空爆と、現在までの米軍の行動原理にもつながっているのですよね。

竹ヤリを持つ住民が住む広島・長崎への原爆投下は合法でも、自動小銃を持つ住民が住むテキサスへの原爆投下は、国際法ではなぜか違法になります。
おかしな話ですが、国際法は武器の強弱に関係なく前者を国家などに組織された武装集団とし、後者を個人の自由で武装した民間人と見なします…当然、法的な扱いも違ってきます。
現実的には、アメリカ合衆国はいつでも数億規模の軍隊を組織する能力を備えていますが、
国際法の上では、例え銃を持っててもアメリカ国民は民間人として扱われます…この矛盾><
故に国民が銃を持つ限りアメリカは世界最強の国であり続けます…こんなの反則ですよね。
国連を見るまでもなく、世界の秩序はどこまでもアメリカ有利に作られているのです(笑)
#7194[2018/05/27 11:22]  sado jo  URL 

不条理極まりない気がしますが、アメリカの論理に破綻は見られない気もします

ただ、あそこまで当時の日本をフルボッコにする必要はあったか?

とも思いますけどね

もしかすると、向こう的には、日本が洗脳されたカルト集団(汗)に見えたのかもですが(汗)

しかし、モリカケと日大はこじれてますね
角界も途中まで結構こじれてた印象ですが、上記が出てきた影響か、うやむやになりましたが

個人的には、どれもあまり意味のない消耗戦な気がしますね
勝者不在で、仮に勝者がいたとしても、どこかシコリが残りそうな感じがします
#7195[2018/05/28 19:29]  blackout  URL 

Re: blackout様COありがとうございます^^

> 不条理極まりない気がしますが、アメリカの論理に破綻は見られない気もします
> ただ、あそこまで当時の日本をフルボッコにする必要はあったか?
> もしかすると、向こう的には、日本が洗脳されたカルト集団(汗)に見えたのかもですが(汗)

大日本帝国やナチスドイツが、政治的な意図で洗脳されたカルト集団だった事は事実です。
なので、米軍に「つぶして来い(日大アメフト部)」とフルボッコされたのだと思います(笑)
やはり、世界の政治・軍事・経済のルールを牛耳っているのは当のアメリカなのでその論理に破綻はないと思います…ただ、アメリカには有利でも色々と矛盾する点は多いです。
例えば、アメリカ人はISも日本の右翼も狂信的政治カルトに分類するが、トランプ大統領を熱狂的に支持する自国の右翼や白人至上主義者はカルトではないと言っている(笑)
日大も、角界も、政治も、不祥事が噴出している所には共通の問題点があります…それは彼らが日本語を正しく解釈していない事です。この件については後で随想に表します。
#7196[2018/05/29 13:49]  sado jo  URL 

今日は応援&読み逃げで~す(*・ω・)*_ _))ペコリ
#7197[2018/05/29 14:51]  まり姫  URL  [Edit]

ベトナム戦争

ベトちゃん、ドクちゃんは日本で手術を受けましたね。
今日の記事を読んでいると、わたしは貝になりたい、を思い出してしまいました。
#7198[2018/05/29 18:30]  窓  URL  [Edit]

Re: まり姫様COありがとうございます^^

> 今日は応援&読み逃げで~す(*・ω・)*_ _))ペコリ

ははは…ブログを拝見したら、色々あって忙しかったみたいですね。
でも、今の日本がなぜ歪んだ形の国家になってしまったのか?…その経緯を書いてます。
清算されずに刺さったままの「棘の記憶」を…ね。また辛口のコメントを待ってますよ。
#7199[2018/05/29 18:48]  sado jo  URL 

Re: 窓様COありがとうございます^^

> ベトちゃん、ドクちゃんは日本で手術を受けましたね。
> 今日の記事を読んでいると、わたしは貝になりたい、を思い出してしまいました。

奇形の一卵性双生児:ベトちゃん、ドクちゃんは米軍の空爆(枯葉剤)が原因でしたね。
今、イラク辺りでも米軍の劣化ウラン弾が原因と見られる奇形児の誕生が多いそうです。

BC級戦犯として処刑された日本軍将兵の悲劇を描いた映画「わたしは貝になりたい」には、加藤哲太郎氏と言う実在のモデルがいました。
「上官の命令には絶対服従」…日本軍の誤った軍律の下に大勢の将兵が処刑されました。
今また、日本人は「上の命令には絶対服従」とばかり、スポーツ(日大アメフト部員の悲劇)や政治(首相官邸の命令に従った官僚の悲劇)で同じ過ちを繰り返しています。
部下に無理やり縛りをかける上司も言語道断だが、姑息な根性で忖度して従う部下もだらしがない><…あれだけの犠牲者を出しながら悪い癖が未だに直らない日本人は情けないです(嘆)
#7200[2018/05/29 19:17]  sado jo  URL 

こんにちは~♪
旧日本軍も国際法違反の蛮行をくり返したけど、米軍や英国軍も国際法違反の残虐行為を繰り返したことを正確に見る必要があると思います。
どっちもどっちではなく戦争自体が非人道的でありそこに正義など存在しないと考えた方がいいでしょうね。
したがって米軍の無差別爆撃や広島・長崎への原爆投下は当然断罪されなければならないものでした。
それを当時の日本政府首脳たちはは米国に尻尾を振り米軍の戦争犯罪を免罪してしまい、なお且つ本来ならA級戦犯として裁かれなければならないような人物が復権し政治の中枢に居座るという同じ敗戦国であるドイツとは全く違う残念な結果を引きづりつづけていると見た方がいいと思いますね。
#7201[2018/05/30 16:23]  まり姫  URL  [Edit]

Re: まり姫様COありがとうございます^^

> したがって米軍の無差別爆撃や広島・長崎への原爆投下は当然断罪されなければならないものでした。
> それを当時の日本政府首脳たちはは米国に尻尾を振り米軍の戦争犯罪を免罪してしまい、なお且つ本来ならA級戦犯として裁かれなければならないような人物が復権し政治の中枢に居座るという

広島・長崎の原爆や民間人への無差別爆撃が免罪されたのは、日米双方の政治的思惑です。
米国は大陸の共産軍の脅威に備えて日本軍を再編成したかった。一方、岸信介などのA級戦犯に当たる日本の上層部は、日本の政権の座に就きたかった。
そこで日本の上層部は、米軍の国際法犯罪を免罪する代わりに、戦争に関わった政治家を復権させると言う政治取引をしたのです…つまり犠牲になった国民を売り飛ばした。
こうして日本は膿を出し切れないまま再スタートする事になりました…不幸中の幸いは、幣原さんが憲法第9条を設けて日本軍再軍備に歯止めを掛けた事です。
今日の政治の弊害は、全て悪の芽を完全に摘まなかった日米の政治取引から発してます。
#7202[2018/05/30 17:49]  sado jo  URL 

sado jo さん、こんばんは🎶
ご無沙汰しています。
記事は置いておき、言いたいことだけ、ごめんなさい(苦笑)。

Qさまというクイズ番組で、
「 新時代に伝えたい“昭和・平成のスゴい日本の偉人ベスト20” 」の5位に
「円谷英二氏」が選ばれていました。
円谷氏は特撮の神様だったと知りました。

また、今週のある新聞には
円谷プロ創設時のスタッフとしてご活躍なさったという
『田中敦子氏(76歳)』が、
東日本大震災から被災地を取材なさって、
「収束への道編(仮題)」という映画を製作なさっているとの
インタビュー記事が載っていました。

ウルトラマン、その他の映画、アニメなど、子供には見せていましたが、
改めて、正義とか平和を伝えていると認識したのでした。

ウルトラマンのフィギアを並ばせて遊んでいた子も、45歳になります(笑)。

#7203[2018/05/31 17:47]  kanmo  URL  [Edit]

Re: kanmo様COありがとうございます^^

> 「 新時代に伝えたい“昭和・平成のスゴい日本の偉人ベスト20” 」の5位に
> 「円谷英二氏」が選ばれていました。
> 円谷氏は特撮の神様だったと知りました。

お元気でしたか?お久しぶりですね^^
まさに円谷英二監督は、生涯を掛けて子供達に夢を与え続けた特撮の神様でした。
その信念は自ら日本軍の宣伝映画を作って悲惨な戦争に手を貸してしまった後悔から来てます。
円谷監督が作った特撮映画を見れば分かりますが、血の流れる残酷なシーンが全くありません。
田中敦子さんとは面識がありますよ。当時の彼女は現役バリバリのスクリプターで、私は駆け出しの下っ端スタッフでした…尤も歳がバレるのでこの話はやめましょう(笑)
確か下記に田中敦子さんが設立されたSORA1(ソラワン)のホームページがあると思います。

http://www.sora1.tokyo/tanakaseisaku

今、アニメの世界で人気絶頂の作家「虚淵玄さん(ニトロプラス)」に代表される様に、円谷プロの門下生の方々が現役で活躍されているのは、とても嬉しいですね^^
もしや出身者には、円谷英二監督が残していった創作の神様が付いてるのかも知れません(笑)
#7204[2018/05/31 19:15]  sado jo  URL 














管理者にだけ表示を許可する

~ Trackback ~


  ↑記事冒頭へ  
←棘の記憶 「記憶の始まり(6)」    →棘の記憶 「記憶の始まり(4)」