FC2ブログ

シムーン第二章 ~乙女達の祈り~

随想/論文集

ティッピ・ドゥグレ ~命の輝き~

ティッピ

まだインターネットもスマートフォンも存在しなかった1990年代の事。
後に、世界中のどんな歌手や女優よりも有名になった一人の女の子が南アフリカのナミビアで産まれた。
1990年6月4日、現地で野生動物カメラマンをしていたフランス人のアラン・ドゥグレとシルヴィ・ロベールの間に産まれたティッピ。
両親は、自宅でライオンを飼っていたと言う女優ティッピ・ヘドレン(ヒッチコックの映画:鳥の主演女優)にちなんでそう名づけた。
ティッピは誕生した時の身体が余りに小さく、出産に立ち会った医師は「この子は長く生きられないかも知れない」と両親に告げた。
そこで両親は、今にも消え入りそうな小さなティッピの命をアフリカの大自然に委ねる事にした…そして奇跡が起こった。

アフリカはその小さな命を受け入れた…鳥や獣、獰猛な肉食獣までもがティッピの側に寄ってきて幼い命を守り、育てだしたのだ。
そうしてティッピは野生動物や現地の住民の中に溶け込んですくすくと育っていった。両親はその様子を撮影して世界に紹介した。
出版された写真集やビデオはたちまちベストセラーとなり、ティッピは世界一有名な女の子になったのだった。

「野生の少女」「奇跡の女の子:ティッピ」「野生動物と話ができる少女」「映画:ジャングルブックのモーグリの再来」

TIPPI OF AFRICA 写真集 (撮影:アラン・ドゥグレ&シルヴィ・ロベールへのリンク)

実は彼女の身に起きた事は、奇跡でも珍しい事でも何でもない…私自身が幼い頃にティッピと似た様な体験をして育ったからだ。
昔の農家には様々な家畜が飼われていた。私がようやく外でハイハイが出来る様になると不思議な事に動物達が周りに群がってきた。
犬・猫・鶏・羊・豚が…舌で私を舐めて身体を摺り寄せ、中には幼い私を咥えて小屋に引き込んで我が子の様に世話を焼こうとした。
なぜ種の異なる動物が人の子を可愛がろうとするのだろうか?その意味が理解できる様になったのは、私が年老いてからの事だった。
人や動物を問わず幼い命がなぜかキラキラと輝いて見える様になった…そして、動物達の目に幼い私がどう映っていたかが分かった。
全ての生き物は、種の垣根を越えて幼い純粋な命を愛おしむ様に作られている…ティッピや私の身に起こった不思議はそれだった。
人間は花を育てたりペットの世話をして別の種の命を育もうとする…動物達も本能的に人間と同じ感覚を持っていると言う事なのだ。
猛獣さえ捕食モードに入ってない限りは幼い命の世話を焼く…どんな動物にもそれが備わっていたから地球は命あふれる星になった。

画像やビデオのティッピは輝いて見える…それは純粋無垢な命だけが放つ光であり、その光に惹かれて様々な命が集まってくるのだ。
ティッピが起した奇跡は何もティッピだけのものではない。あなたも幼い頃は動物と交流できる光り輝く命を持っていたに違いない。
大人になったティッピはもう動物と話す事はできないし、社会で生きる為に精魂を削ったあなたの命ももう輝きを失っているだろう。
けれど枯れてゆく命は、その代償として輝く命のキラメキを見る事ができる…命の摂理とは何とも不思議でありがたいものだろうか。
そこいら中が輝く命に満ちている。地球は紛れもない命の星だった…やっと自分にもその真実が見える様になった今日この頃です。


Trabalho de Fotografia :Tippi


※このところ体調が悪くて長い文が書けないので、ブログを更新する間隔が空くと思います。
 訪問やコメントは出来るだけ行う様にいたしますので、悪しからずご了承下さい(陳謝)


にほんブログ村 小説ブログへ
クリックをお願いします
 
関連記事
スポンサーサイト
もくじ  3kaku_s_L.png ゴジラの子守歌
もくじ  3kaku_s_L.png 未来戦艦大和
もくじ  3kaku_s_L.png やさしい刑事
もくじ  3kaku_s_L.png まぼろし
総もくじ 3kaku_s_L.png その他の小説
もくじ  3kaku_s_L.png オリジナル詩集
もくじ  3kaku_s_L.png 随想/論文集
もくじ  3kaku_s_L.png 死とは何か?
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  ↑記事冒頭へ  
←命を見る視点    →壊れる

~ Comment ~


管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
#7287[2018/07/07 03:35]     

こういう話はいいですね。好きですね。
少女ティッピは、以前わたしも記事にしたことがありますが、
joさんのほうが質の高い話になっています。
人間は本来《純粋無垢な命だけが放つ光》を持っていた。
動物とも会話ができていた。
地球は命の星だった。
それが現代では輝きを失った。
そうなったのは人間の《意識》ゆえです。

意識というのは面白いですね。
意識があるゆえに人間である、とも言えそうです。
意識は大勢の意識に影響されやすく、
意識は人それぞれに違います。
しかし一人だけ自分の意識を貫くこともできます。

小学生のとき、母親から『ドリトル先生』の本を買ってもらい、
それ以来、今でも動物と話をするのが夢です。
イヌでも文鳥でもペットは人間の眼を見てきますね。
眼から人間の考えを読み取ろうとしています。
人間も人をもっと気遣う意識を持てばいいのですが。
#7288[2018/07/07 10:44]  ☆バーソ☆  URL  [Edit]

Re: M様COありがとうございます^^

ありがとうございます。どうぞみなさんにも紹介してあげて下さい^^
命と命は共鳴し合います…言葉を交わせなくとも人は動物をペットにしているし、動物園の職員は日常的に猛獣と接しています。互いに信頼感が生まれるんです。
不思議な事に歳を取ると周りの風景が違ってきます…小さな命が輝いて見える様になります。
なぜ孫が可愛いかはそこなんです…自分の命が枯れて初めて世界の真実の姿が見えてきます。
「あぁ、自分はこんなに命の輝く星に生まれて今まで生きてきたんだ。気がつかなかったなぁ」
それまで欲得にまみれて足掻いて生きてきた自分がバカらしくなる…それを悟りと言うのかな。
#7289[2018/07/07 11:36]  sado jo  URL 

Re: パーソ様COありがとうございます^^

> 人間は本来《純粋無垢な命だけが放つ光》を持っていた。
> 動物とも会話ができていた。地球は命の星だった。それが現代では輝きを失った。
> そうなったのは人間の《意識》ゆえです。

先日、大勢の人の命を奪ったオーム真理教の麻原彰晃や幹部が死刑になりました。
でも、そんな彼らの命も幼い頃は純粋で輝いていたはずです…何をどう間違えたのか?
どんなに高尚な思想を唱えようが大義名分を並べようが、命の法則から外れたら邪義だ。
他の命を差別し、憎悪し、排除し、欲得の為に利用する者は、自分の命も粗末にしてる。
せっかく純粋な命を持って、命の輝く星に生まれながら穢れきって堕ちてゆくのは哀れ><
全ては本人の意識の持ちようですが、晩年になって目の前の世界が輝いて見えるか?暗闇に覆われて見えるか?その差ははっきりと現れてきます。
天国の門はあの世にあるのではない…年老いて純粋無垢な命だけが放つ光(天使の光)が見えたなら、すでに人は今世で天国の門に至っているのですね^^
#7290[2018/07/07 13:40]  sado jo  URL 

すばらしいですね。

野生のエルザをふと、思いだしました。
娘が見て、と言ったYouTubeの動画で、
チーターだったか、母を亡くしたばかりの子ザルを食べようと捕まえて、
緊張していた、子ザルがうとうとと舟を漕いだ瞬間、
突然、母性のスイッチが入りました。
その瞬間をカメラはずっと追っていました。
感動でした。

このようなお話を、もっともっとわたしたちは、語り継ないでいかないと。
そう思います。


#7291[2018/07/07 17:39]  窓  URL  [Edit]

Re: 窓様COありがとうございます^^

> 娘が見て、と言ったYouTubeの動画で、
> チーターだったか、母を亡くしたばかりの子ザルを食べようと捕まえて、
> 緊張していた、子ザルがうとうとと舟を漕いだ瞬間、
> 突然、母性のスイッチが入りました。

この世にはどんな宝よりも美しい宝石があります…全てが違う輝きを放つ「命」です。
幼い頃には純粋無垢な輝きを放ちながら、成長すると色々な垢にまみれて輝きを失います。
ティッピがアフリカで産まれて暮らした10年間は、まさに人生で一番輝いていたと思います。
しかしそれはティッピだけでなく、誰もが全ての生命から愛される時期があったと言う事です。
この惑星は神が命を産み落とした素晴らしい星です…だから、命の輝きに満ち溢れています^^
#7292[2018/07/07 20:34]  sado jo  URL 

こんばんは

ティッピの話はたくさん読みました。
野生のゾウに乗る動画は素晴らしいですね。
互いの信頼感があってこそできるのです。
動物には自分より弱いもの、小さきものを守ろうとする
本能が備わっているようです。
たくさんの例をyoutubeで見ることができます。
動物と話ができる人もTVに再三登場しますが、これは
ちょっと信じがたいです。動物と会話ができても日本人とは
通訳を介しているのですから。(笑)
#7293[2018/07/07 22:14]  エリアンダー  URL 

Re: エリアンダー様COありがとうございます^^

> 野生のゾウに乗る動画は素晴らしいですね。
> 互いの信頼感があってこそできるのです。
> 動物には自分より弱いもの、小さきものを守ろうとする
> 本能が備わっているようです。

自分は幼い頃、たくさんの動物と接してきたから大体は相手の気持ちが分かります。
同じ様に相手もこちらの気持ちを感じてるんですね…誤って嫌な事をすると噛んだり引っ掻いてきますが、本気でないのが分かります。止めてくれと言うサインです。
じゃれる時も同じで牙や爪は立てません…信頼感があればちゃんと手加減してきます。
人間が花や小動物を愛おしむのと同じ感覚を動物も持ってます…犬が子猫をあやす所を見てきましたし、幼い自分も犬や猫やヤギにあやしてもらいました(笑)
人も動物も、命あるもの同士持ちつ持たれつです…寧ろ、人間同士の方が利害関係があって付き合い難いと思いますね。動物の方が心は綺麗ですよ^^
#7294[2018/07/07 22:54]  sado jo  URL 

こんにちは~♪
体調がすぐれずしばらくお邪魔するのを遠慮させていただいていましたが今日からまたお邪魔させていただくことにしました(*^^)
またよろしくお願いしますね^^
集中豪雨が大きな被害を出しましたが、いきなり梅雨明けで猛暑になりましたね。
熱中症にはくれぐれもご注意くださいね(^_-)-☆
応援ポチ
#7295[2018/07/11 10:03]  まり姫  URL  [Edit]

Re: まり姫様COありがとうございます^^

地震がきたら今度は大水害…立て続けに災害に見舞われてますが、そちらは大丈夫ですか?
自分も少し前から体調を崩してましたが、とうとう長い文を書くのがとても辛くなりました><
そんな事情で記事の更新は滞るかも知れません…訪問とコメントはさせていただきたく思います。
お互いに病気を抱えてのブログですが、無理をしないで継続できるようにがんばりましょう^^
#7296[2018/07/11 15:58]  sado jo  URL 

1990年代にはもうインターネットができるようになりましたよ(*^^*ゞ
もちろん大容量のデータが送れるような代物ではなかったのですが、すでに外国のニュースがテレビより早く知ることができる程度まで進んでいました。
Windows95の普及で個人でもお金さえあればブラウン管方式の家庭用パソコンでインターネットが利用できましたよ。
大学では30ギガくらいのパソコンがあり、よく閲覧してました。
ただしNTTが大儲けしましたけどね(笑)
#7297[2018/07/12 15:04]  まり姫  URL  [Edit]

Re: まり姫様COありがとうございます^^

> 1990年代にはもうインターネットができるようになりましたよ(*^^*ゞ

Win95が発売されるまではインターネットではなく、コンピューター通信と言いました。
送受信可能な容量はフロッピーに入るTXT程度で、一般的には普及していませんでした。
アップル社のMcIntoshを使って仕事してましたから、あの頃のPC事情はよく知ってます。
あれから僅か30年足らず…気がついたら世界がひっくり返る産業革命が起きていました。
20世紀終盤~21世紀初頭は、永遠に人類史に記される輝かしい時代として残るでしょう。
そんな画期的な時代に生まれた人は幸運です…未来に偉人達の世紀として記される今の人間が、低俗な誹謗中傷、パッシング、炎上にインターネットを使うのは恥ですね(笑)
#7298[2018/07/12 17:44]  sado jo  URL 

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
#7299[2018/07/13 15:19]     

Re: m様COありがとうございます^^

集中豪雨の各被災地では断水が続いてますので、この猛暑は堪えますね~
被災者も、集まっている災害ボランティアの皆様も、どうか挫けずにがんばって下さい。
それにしても、5日に災害警報が出てるにも関わらず飲み会をやっていた安部首相と自民党幹部はひどかったですね~><…日本は赤坂自民党亭だけではありません。
国民が苦しい時は、共に歯を食いしばって耐えるのが政権政党ではないのか?(怒)
#7300[2018/07/13 18:37]  sado jo  URL 

こんばんわ
お体大丈夫ですか? 無理なさらないで下さいね
こういう話は印象的ですね
#7301[2018/07/14 14:00]  ネリム  URL  [Edit]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
#7302[2018/07/14 15:22]     

Re: ネリム様COありがとうございます^^

> お体大丈夫ですか? 無理なさらないで下さいね
> こういう話は印象的ですね

命の輝きはすごいものだと思います。
現実的には20数年もの歳月が流れてるんですが、まったく時を感じないから不思議です。
今も幼いままのティッピがアフリカにいて、野生動物達と戯れている様な気がしますね。
数カ月前から体調が思わしくなかったんですが、最近は余計にひどくなってきました><
思う様にブログを更新できないかと思いますが、悪しからずご了承下さい(陳謝)
#7303[2018/07/14 17:33]  sado jo  URL 

Re: m様COありがとうございます^^

西日本各地は今年一番の猛暑に見舞われてますね。
三連休の間、豪雨災害の被災地にボランティアで行かれる方も多かろうと思います。
断水している地域に入られる方は、自前でしっかりと水の用意と熱暑対策をして下さい。
阪神大震災で被災した経験から言いますと、被災地で一番困るのは水とトイレなのです。
後、二次災害の危険を避ける為に常に誰かと一緒に行動し、単独で動くのはやめて下さい。
#7304[2018/07/14 17:47]  sado jo  URL 

こんにちは~♪
いつもありがとうございます(*^^)
猛暑が続いていますが今日は昨日より高くなりそうな感じです。
予報では少し下がりそうだったんですけどね☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆
熱中症対策をしっかりしましょうね(^_-)-☆
応援ポチ
#7305[2018/07/15 15:28]  まり姫  URL  [Edit]

Re: まり姫様COありがとうございます^^

> 猛暑が続いていますが今日は昨日より高くなりそうな感じです。

この所、猛烈な暑さが続いてますね。
災害の種類は違いますが、元被災者としてつい豪雨被災地の状況が気になります。
被災者も救助隊もボランティアも、みんな無事でがんばってくれたらいいんですけどね。
#7306[2018/07/15 23:44]  sado jo  URL 

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
#7307[2018/07/16 16:48]     

こんにちは~♪
いつもありがとうございます(*^^)
今日も猛暑を超えて酷暑です(。_゚)〃ドテッ!
連日の38℃超えは過去に経験がありません。
大変な夏になりましたねー。
熱中症にはくれぐれもご注意くださいね(^_-)-☆
応援ポチ
#7308[2018/07/17 15:31]  まり姫  URL  [Edit]

Re: まり姫様COありがとうございます^^

> 連日の38℃超えは過去に経験がありません。
> 大変な夏になりましたねー。

こちらもただでさえ身体の具合が悪いのに、さらなる暑さでまいってしまってます><
気象予報によると西太平洋の海水温がかなり高いそうで、台風が大型化しやすいとか。
西日本はついこの前、豪雨水害に見舞われたばかりなので少し心配しています。
#7309[2018/07/17 19:00]  sado jo  URL 

東京はここ最近全くと言っていいほど雨が降ってないですね(汗)

あの豪雨のときもガッツリ高気圧に覆われてましたからね(汗)

そして、連日35〜36℃の状態で、コンクリートジャングルなので、体感的には40℃近くの暑さも同然ですね(汗)

どうも、今年はペルー沖の海水温が去年より高いみたいです
ラニーニャ現象が収まったらしく、太平洋側は高気圧に覆われることが増えて、台風がやってこない夏になりそうな感じです

そういえば、自分は20〜30代前半ぐらいまでは、常時捕食モードwだったせいか、近くを通っただけで、大小問わず鳥は逃げてましたし、犬には吠えられてましたし、猫も一目散に逃げてましたね(汗)

最近は、緑地にいることが増えて捕食モードが解除されるようになったせいか、ハト以上の大きさの鳥たちは逃げなくなりましたね
犬は見向きもしなくなりました
猫には遭遇しないことが多くなりました

そして、餌付けしてないはずなのに、川や池に放流されている鯉がなぜか寄ってくるようになりました

仲間だと思われてるんですかねぇw
#7310[2018/07/18 20:05]  blackout  URL 

Re: blackout様COありがとうございます^^

> 東京はここ最近全くと言っていいほど雨が降ってないですね(汗)
> あの豪雨のときもガッツリ高気圧に覆われてましたからね(汗)

そうらしいですね…カンカン照りの東京にいて集中豪雨は考えられなかった。だから「赤坂自民亭」で宴会をやってしまったのが議員先生方の失策でした(笑)
動物は異種同士では言葉も敵か味方かも分からない… そこで気配で相手を判断するんです。
犬や猫のペットが、人の言葉を読んで先回りしてる様に見えるのはその感覚が鋭いからです。
そして、自分より上位の相手に甘えるのは自己保存(保身)の本能が働いているからです。
動物は種族が違っても、人がペットを養う様に幼い命を保護しようとする本能を持ってます。
つまり、幼い命(赤ちゃんモード)の真似をするのは身の安全を図る防衛本能からなんです。
#7311[2018/07/19 11:29]  sado jo  URL 

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
#7312[2018/07/22 13:59]     

Re: m様COありがとうございます^^

北半球一帯で人の体温より高い温度が続いていると言うのは大きな問題です。
哺乳類は身体に毛が生えてたり、赤ん坊を胎内で育成する仕組みになってます。
これは氷河期を生き延びる為の寒冷地仕様であり、熱暑の気候には適していない。
人間は地球の自然を壊し、自身の生存に適さない地球環境に変えつつあります。
#7313[2018/07/23 13:38]  sado jo  URL 

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
#7314[2018/07/23 14:47]     

Re: E様COありがとうございます^^

わはは…この世で男ほどぜいたくを言う生き物はいませんからね。
尤も、そのぜいたくが災いして女に化かされやすい弱点もあります(笑)
#7315[2018/07/24 11:06]  sado jo  URL 

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
#7316[2018/07/25 16:09]     

Re: m様COありがとうございます^^

どうやら台風12号は日本列島を直撃しそうですね。
週末に海や山のレジャーに出かける方は天気の変動にご注意下さい。
無理をして事故が起きたら何にもなりませんからね。
#7317[2018/07/26 11:34]  sado jo  URL 

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
#7318[2018/07/26 17:07]     

Re: m様COありがとうございます^^

> 今の自民党は以前の自民党と質が変貌してしまったと長老たちが嘆いていますね。

自分が関わっていた頃は、例えば強権の田中角栄時代でもTOPに異議を唱える人は大勢いた。
異なる意見が出るから議論が活発になり、議員も支持者も前へと進歩して党が良くなります。
だから、派閥争いは日常茶飯事だったとは言え、あの頃の自民党は活気に溢れていました。
今は親衛隊の若手が阿部さんを取り巻いて幅を利かせてるから、うかつに異論を言えない。
意見するのは実績のある長老だけで、全体の風通しが悪く組織が変質してしまっています><
本来、自民党は次々に有能な人材を出すんですが、今は阿部さんが重石になって人材がいない様に見える。目立つ若手は小泉さんくらいですからね。寂しい(笑)
#7319[2018/07/26 22:47]  sado jo  URL 














管理者にだけ表示を許可する

~ Trackback ~


  ↑記事冒頭へ  
←命を見る視点    →壊れる