FC2ブログ

シムーン第二章 ~乙女達の祈り~

随想/論文集

(1) ウルトラマンはどこからやってきたのか?

金城先生01

私ごとにはなりますが、たまには円谷プロの元スタッフとしてそれらしい話をしてみようと思います。

先月行われた沖縄知事選挙に立候補した佐喜眞淳氏の顔を見て、ウルトラマンの原作者である故金城哲夫先生の事を思い出した。
一昔前に沖縄で発掘された港川原人顔とでも言えばいいのか、先生も南方民族の血を引いた様な少しアクの強い顔をされていた。
日本人の顔には大きく分けて三種類のパターンがある…凹凸が多くて男性ならさぞ厳つく見える南方系(縄文人)。凹凸が少なくてのっぺりした中国・朝鮮系(弥生人)。頬が膨らんだアンコ型の北方系(アイヌ人)…血が混じり合った今では容易に判別はできないが、それでも日本の南や北を旅すると、先祖の面影を彷彿とさせる様な顔に出会う事がある。金城先生もそんな一人だった。

♪ 光の国から ぼ~くら~のために~ き~たぞ~ われら~の ウル~トラ~マン (初代ウルトラマンの主題歌)
半世紀の長い人気を誇るウルトラマン…その歌に込められたウルトラマン生みの親である金城先生の本当の思いを知る者は少ない。
金城先生が大ヒットした円谷プロの特撮ドラマ「ウルトラQ」の後継番組として「ウルトラマン」の企画を行ったのは1965年の事だった。
その頃、社長でもある円谷監督が手掛けた東宝怪獣映画では、あの凶悪なゴジラが地球を侵略する宇宙人の怪獣キングギドラと戦って人類を守る正義のヒーローへと変貌を遂げていた。それにあやかってかテレビ局も怪獣物+ヒーロー物を合わせた番組を希望した。
とっさに金城先生が思いついた主人公は、人々を災いから守る神の使いとして故郷の沖縄で崇められてきた神獣シーサーであった。
その案には金城先生の深い思いが込められていた…現代の我々がすっかり忘れて、基地抗争だけに目を向けている沖縄の真実が…だ。

実際に行って見ればすぐに分かるが、沖縄ほど軍事基地の似合わない地域はない…真っ青な空、美しい海、南国特有の風景が広がる
中、突如として鉄柵に囲まれた要塞の様な建物や飛行場が見えてくる。そこだけが異世界に迷い込んだ様な不自然な違和感がある。
そもそも、太古から琉球は周辺との争いのない非武装地域であった。そこに争いの火種を持ち込み、軍隊を置いたのは日本人だった。
徳川時代は独立を保っていた琉球の戦略的価値に目をつけた明治政府は、1872年突如軍隊を派遣して琉球を占領し日本の領土とした。
国家に二人の王はいらぬとばかり琉球王は追放され、人々は天皇への服従を強いられた…この時を境に沖縄の苦難の歴史が始まった。
70数年前の太平洋戦争で沖縄の人々は本土防衛の最前線に立ち、住民の4人に1人の犠牲を出しながら本土に住む日本人の命を守った。
実際、日本軍の司令部や病院が置かれていた金城先生の故郷の南風原(ひゅーばる)は、米軍の猛烈な砲火に晒され焼け野原となった。
住人はガマと呼ばれる洞窟に逃げ込んだが、米軍の火炎放射器を浴び、或いは日本軍に手榴弾自決を強制されて亡くなったと聞いた。
映画で有名になった沖縄県立第一高等女学校の挺身看護隊…いわゆる「ひめゆり部隊」の悲劇が起きたのもこの南風原の地であった。
なお、この激戦の最中に幼い我が子を背負って逃げた母上のつる子さんは米軍の銃撃で貫通銃創を負い、足を切断される事になった。

まさに獅子奮迅…沖縄の人々自身こそがシーサーの様に、災いから本土の人々を守る盾となって懸命にアメリカ軍と戦ったのだった。
沖縄の奮戦がなかったら本土の人々はどれだけの犠牲を出していたのだろうか?ところが日本人は戦争に負けるなり沖縄を見捨てた。
後にシーサーからウルトラマンへとキャラクターを変えた金城先生の物語は、自身が故郷の南風原で体験した戦争から始まっていた。

~続く~



ウルトラマンを作った男たち
(作中に出てくるウルトラセブンの代表作「ノンマルトの使者」は、私が金城先生に物語のプロットを差し上げた作品です)

にほんブログ村 小説ブログへ
クリックをお願いします
 
関連記事
スポンサーサイト
もくじ  3kaku_s_L.png ゴジラの子守歌
もくじ  3kaku_s_L.png 未来戦艦大和
もくじ  3kaku_s_L.png やさしい刑事
もくじ  3kaku_s_L.png まぼろし
総もくじ 3kaku_s_L.png その他の小説
もくじ  3kaku_s_L.png オリジナル詩集
もくじ  3kaku_s_L.png 随想/論文集
もくじ  3kaku_s_L.png 死とは何か?
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  ↑記事冒頭へ  
←なぜゴジラは人を惹きつけるのか?    →アニメ映画 「詩季織々」

~ Comment ~


ひめゆりの塔。

 若い頃は、沖縄と琉球とが漠然と混同していました。早速、Googleで検索しました。
 世界大百科事典第2版・百科事典マイペディア・・ブリタニカ国際大百科事典によれば、「琉球とは漢名で独立国であったが、1609年((慶長14)に薩摩藩の支配下に入り、1879年(明治12)に沖縄県となった」とありました。
 確かに日本に編入されてから苦難の歴史が始まったのですね。がしかし、中国に編入されたとしても、あるいは独立を保っていても、他の意味でまた大変だったでしょう。いつの世も弱小な国家は近隣の大国から狙われます。

 沖縄は北海道と同じく、地名や氏名とその漢字表記が独特で、元はだいぶ文化や風習が日本本土とは違う所だったことがうかがえますが、言語の文法的には日本語圏のようですね。

 子どもの頃、沖縄で真っ先に思い出すのは、ひめゆりの塔でした。二百何人も女高生が犠牲になった戦争末期。今なら彼女たちはJKと呼ばれる年代で、世界大戦を世界対戦と書くような年頃です。70年前の彼女たち学徒のことを思うだけで、胸が迫ります。
#7488[2018/10/21 07:54]  ☆バーソ☆  URL  [Edit]

Re: パーソ様COありがとうございます^^

> 沖縄は北海道と同じく、地名や氏名とその漢字表記が独特で、元はだいぶ文化や風習が日本本土とは違う所だったことがうかがえますが、言語の文法的には日本語圏のようですね。

アメリカの公文書では沖縄ではなく琉球になっています…多分、占領を正当化する為に「沖縄は日本ではない」と言う表現にしたのだと思います。
これは日本が尖閣島、竹島と言い、あちらが魚釣島、独島と言うのと同様、当時の米国が沖縄を戦って勝ち取った自分の物だと考えていた事が伺えます。
従って沖縄返還に当たって、日本政府は米国が出す条件を全て受け入れなければならなかった…島民を無視して行われた結果が今の矛盾に繋がってますね。
いっそ米国領のままだったらそれなりに納得できたでしょうが、日本なのに米国の支配下ではパーソさんの話に出てきた「家畜人ヤプー」状態ですから。
沖縄は近世になって、西は大陸に、東は太平洋に、南は東南アジアに通じる海の軍事的要衝である事から強国の覇権争いの狭間で翻弄されてきました。
「ひめゆり部隊の悲劇」や現地の人々への差別、基地を巡る抗争もそんな地勢的事情から生まれたものです…本来はのどかな南国の楽園なんですけどね。
#7489[2018/10/21 13:03]  sado jo  URL 

おはようございます

そうですか、ウルトラマンはシーサーから来たんですね。
私も沖縄で半年ばかり仕事をしたことがありまして、
その後も何度も訪問しました。
赤い屋根の上のシーサーはどこにでもあり、その家を守っているか
のようでした。もうひとつ家を守っていたのが大きなヤモリでした。
大きなヤモリが部屋の天井にはりついていることが マンションにさえ
よくありました。たぶん、みなを守るウルトラマンにはシーサーと
このヤモリが色濃く反映されているんでしょう。
#7490[2018/10/22 09:00]  エリアンダー  URL 

Re: エリアンダー様COありがとうございます^^

> たぶん、みなを守るウルトラマンにはシーサーと
> このヤモリが色濃く反映されているんでしょう。

ヤモリも守宮と書いて災いを払って家を守る言い伝えがありますね。
金城哲夫先生が生んだウルトラマンの原型は、沖縄の守り神シーサーでした。
さて、その沖縄の守り神が何の理由で人類=日本人を守ろうとしたのでしょうか?
そこには沖縄出身である金城先生の深い思い入れがありました…次回にお話します。
#7491[2018/10/22 11:10]  sado jo  URL 

こんばんわ
ウルトラマンが来た経由意外ですね
#7492[2018/10/22 20:52]  ネリム  URL  [Edit]

Re: ネリム様COありがとうございます^^

> ウルトラマンが来た経由意外ですね

「自分のやってる事は本当に正義なんだろうか?もしかしたら悪かも知れない」
こんな悩めるヒーローは当時としては珍しい。その仮面の下には何が隠されていたのか?
そこには力の正義に翻弄され続けた沖縄で生まれ、苦い体験を積んだ作者の思いがあります。
だから、ウルトラマンシリーズには正義が裏返った優れた視点を持つ作品が数多くあります。
その不条理が人を惹き付けてやまないのでしょうね…私も幾つかアイディアを出しました。
#7493[2018/10/23 11:12]  sado jo  URL 

こんにちは!いつも、ありがとうございます。
金城先生という方を、今、検索で見ました。

そして、こんなに深い意味があったことに感銘を受けました。
15年くらい前ですが、沖縄旅行を娘と二人でしました。
昔沖縄、読谷村、そしてわたしは、エイサーに参加したかったのです。

那覇からレンタカー読谷村まで車を走らせました。
真っ青な空に美しいビーチが見えてきて、
国道58号線だったと思います。

ところが、その美しい景観そのものすべて、米管理下にあるのです。
ソテツの群生してい自然の場所、それは利用するにはかなり設備投資しなければならない。
そのような個所は手つかずのまま。
なんだ、沖縄の人々はこの不平等に何も抗議しないのかと、疑問と怒りを持ちました。
基地闘争だけではない、我々の今日の暮らしには、沖縄があるのだと、
忘れてはならない。

そう思ったことを、小学生の娘と話したことがあります。

これを明日の自分の身、そう考えないといけないのですよね。


#7494[2018/10/23 15:21]  窓  URL  [Edit]

Re: 窓様COありがとうございます^^

> 真っ青な空に美しいビーチが見えてきて、国道58号線だったと思います。
> ところが、その美しい景観そのものすべて、米軍管理下にあるのです。
> 我々の今日の暮らしには、沖縄があるのだと、忘れてはならない。

日本が戦争に負けた結果、1972年まで沖縄はアメリカの支配地…つまり外国だったのです。
日本への返還の際には、アメリカは既得権利を要求して日本はそれを飲む事になりました。
この不平等な条約が今の沖縄の矛盾に繋がっています…ところが今の日本人はそんな事情を無視して、強引に沖縄に言う事を聞かせようとする。
おかしいんじゃないですか?戦前戦後を通じて沖縄は盾となって日本本土を守ってきました。
本来なら感謝するのが当たり前なのに、右寄りの日本人は「土人」「シナ人」「朝鮮人」だと差別する恩知らずで、沖縄の人々を同胞だと思っていない。
百田尚樹などは、沖縄を誹謗中傷するばかりで同胞の苦労を背負ってやろうと言う気もない><
金城先生はそんな日本人までウルトラマンを通じて守ろうとされた…先生にとって日本人は同胞なのです。同じドラマ作家でもこれほど人格が違う…心の広い人でしたね。
#7495[2018/10/23 20:38]  sado jo  URL 

こんにちは〜♪
いつもご訪問ありがとうございます(*^^)
バタバタしていてなかなかお邪魔できず申し訳ありませんでしたm(o´・ω・`o)mペコリン
ブログの更新もままならずご心配をおかけして申し訳ありません。
今日やっと更新しましたのでまたよろしくお願いしますね(^_−)−☆
#7496[2018/10/24 14:53]  まり姫  URL  [Edit]

Re: まり姫様COありがとうございます^^

> ブログの更新もままならずご心配をおかけして申し訳ありません。
> 今日やっと更新しましたのでまたよろしくお願いしますね(^_?)?☆

お義母様でしたか…病人の看病も大変ですからね。無理しない様にして下さい。
こちらも腎臓病の為にダルくて身体が動かず、思う様にブログの更新ができてません。
なる様にしかならないのはお互い様です。更新や訪問は気にしない様にして下さい(笑)
#7497[2018/10/24 19:03]  ado jo  URL 

沖縄は今でも安倍政権の犠牲にさせられており、安倍政権が退場しない限り基地のない平和な島は戻ってこないでしょうね。
#7498[2018/10/25 17:06]  まり姫  URL  [Edit]

Re: まり姫様COありがとうございます^^

> 沖縄は今でも安倍政権の犠牲にさせられており、安倍政権が退場しない限り基地のない平和な島は戻ってこないでしょうね。

沖縄は安倍政権だけでなく、戦前からず~っと本土の犠牲になっています。
沖縄を盾にして我が身を守りながら、住民の苦労も考えずに、のうのうと暮らしている本土人(ヤマトンチュ)はいい気なもんですよ。
特に右寄りの連中は沖縄人(ウチナンチュ)を同胞と思ってない…だから誹謗中傷して差別する><
一番国を守っている日本人なんだから…感謝して労をねぎらってあげて当然だと思いますがね。
#7499[2018/10/25 18:42]  sado jo  URL 

Geel様へ

お久しぶりです…相変わらずいい詩を書いてらっしゃいますね^^
確か以前の「月〇美人」だったブログをリンクしていたと思います。
新しいブログも再リンクいたしますが、ご都合の悪い場合はご連絡下さい。
#7500[2018/10/27 19:19]  sado jo  URL  [Edit]

こんばんは~

いつも、ありがとうございます♪

>人はおかしなもので比較する対象がないと本質が見えないのです。それを乗り切って大きくなるんですね

ほんとうにまさに仰る通りのことを経験しました。
それ以来、不安神経症のような症状は、もう出ません。
#7501[2018/10/29 20:42]  窓  URL  [Edit]

Re: 窓様COありがとうございます^^

> ほんとうにまさに仰る通りのことを経験しました。
> それ以来、不安神経症のような症状は、もう出ません。

よく「人は自分の鏡」と言いますが、周りの環境は全て自分の鏡です。
赤ん坊は周りにある物を触って時に口に入れますが、周りの対象を知る事によって自分の存在を学習してるんですね。そうして自我を獲得します。
この様に環境(鏡)は自我を形成し、自我は鏡に働きかけます。なので、思い切って環境を変えたら自分も変わった…と言う変化が起きるのです。
人は決して独りで存在するものではなく、周囲の環境と一体となって存在しているのです。
#7502[2018/10/30 11:44]  sado jo  URL 

こんにちは~♪
いつもありがとうございます(*^^)
ご心配をおかけしました(*・ω・)*_ _))ペコリ
またまたご無沙汰することになってしまいましたが今日から通常のペースに戻ります。
またよろしくお願いしますね(^_-)-☆
応援ぽち
#7503[2018/10/30 14:55]  まり姫  URL  [Edit]

Re: まり姫様COありがとうございます^^

> ご心配をおかけしました(*・ω・)*_ _))ペコリ
> またまたご無沙汰することになってしまいましたが今日から通常のペースに戻ります。

自分も手術後の療養をしている間に、腎臓病を患って思う様にブログが更新できません。
自分は寝ていれば悪化しないが、あなたの場合は難病の上に命に関わる進行性の病です。
くれぐれも無理をしない様に、ブログの更新もほどほどにして下さい。
#7504[2018/10/30 20:11]  sado jo  URL 














管理者にだけ表示を許可する

~ Trackback ~


  ↑記事冒頭へ  
←なぜゴジラは人を惹きつけるのか?    →アニメ映画 「詩季織々」