FC2ブログ

シムーン第二章 ~乙女達の祈り~

随想/論文集

間近に差し迫った中国vs欧米諸国+日本の戦争

20-07-08
新疆に住むウイグル族を虐殺する中国人民解放軍
中国軍の市民虐殺は天安門事件でも見ました。平気で人を殺す野蛮な共産党支那人にはヘドが出ます(怒)

新型コロナパンデミックの最中、6月30日に中国共産党政府が施行した『香港国家安全維持法』を目にした欧米各国は烈火の如く怒った。
そこには「香港や台湾などの自由を支持したり、中国の政策に異議を唱える外国の市民はどこにいても中国の法律で処罰する」とあった。
つまり香港住民だけでなく世界各国にいる外国の市民も、香港に侵攻して条約を破った中国政府を非難すると処罰の対象になる訳である。
自国で起きた新型コロナを隠蔽し、世界の人々に感染させて大勢を殺しておきながら、謝るどころか逆に開き直って世界を脅迫している。
それどころがウィルスの感染拡大に苦しむ各国の不幸をこれ幸いに、日本やインド、ベトナムなどアジア各国に軍隊を派遣して侵犯する。
「一国二制度条約」を破って一方的に香港を蹂躙し、市民を弾圧して、批判する他国の人を『香港国家安全維持法で処罰すると恫喝する。
こんな事を人間がやればテロ犯罪だ。それをよりによって国が…しかも国連安全保障常任理事国が公然とやっている。誰が誠実な中華民国(台湾)を追放して無法者の犯罪国家を国連に入れた?ニクソン大統領+キッシンジャーか?…ならば米国には中国を叩き潰す責任がある。
分かった風な屁理屈をぬかす政治家や学者は「ヘイトは人権侵害だ」と言うが、罪もない人々に危害を加える中国人は善良な人間なのか?
日本人に危険が迫っているのに「中国とは仲良くしましょう」と平然と言う自民党の二階幹事長の如き人間は頭がおかしいとしか思えない。
相手は話も常識も通じない頭の狂った共産主義者だ…暴力的な犯罪者を侮蔑する言葉は報道機関も使っている「支那の野蛮人」「チャンコロ」「糞チンク」の蔑称はヘイトではない。中国の暴力に危険を感じる日本人が「中国人は日本から出ていけ」と言うのも正当防衛に当る。

中国の力を誇示する為に『香港国家安全維持法』で世界の人々を処罰するそうだが、具体的にどうして他国の国民を処刑するのだろうか?
ロシアがイギリスでやった様に工作員を派遣して処刑するのか?それとも北朝鮮の様に外国人を拉致して中国で裁判に掛けるのだろうか?
そんな事を海外でやればテロである…政府の命令を実行するなら、中国の公安警察や人民解放軍は他国で破壊工作を行う犯罪組織となる。
現実には不可能に近い話で、やるとしたら海外のニュースやインターネットを通じて違反した人物のデータを集めておいて、ビジネスや旅行で中国にきた時に逮捕するしかなかろう…しかし、政治家や外交官はどう扱うのか?彼らを逮捕などしたらタダでは済まない事態になる。
香港に駐留する民主主義国の領事は、口を揃えて『香港国家安全維持法』など無視して、香港の民主主義勢力を援護すると公言しているが、中国が治外法権を持つ他国の外交官に危害を加えようものなら、それだけで重大な国際法違反となって欧米諸国との戦争は避けられない。
さらに香港市民には(顔は中国人だが)英国や米国の二重国籍を持つ人が大勢いて、他にも香港人の45%が英国籍を取得する資格があると英国のジョンソン首相も述べている。対して中国の趙報道官は、外国による香港からの財産の持ち出しは力ずくで阻止すると恫喝している。
どうやら中国政府は人ではなく金が惜しいらしい(笑)…だがどうやって力ずくで阻止する?先手を取ったアメリカは、前もって中国に近い西大西洋に「ニミッツ」「セオドア・ルーズベルト」「ロナルド・レーガン」と言う3隻の原子力空母打撃軍を展開して戦争する構えでいる。
※アメリカ海軍の空母部隊は交代で動かすローテンションになっており、米国艦隊の異なる部隊に所属する空母を一つの地域に集中させたのは、かってアジア最強の日本海軍と戦った太平洋戦争でもなかった初めての事である。もう水面下での戦争は始まっているのかも知れない。

世界の国々を処罰対象とする中国の『香港国家安全維持法』が戦争を引き起こす (海外ニュースのリンク)

西太平洋の支配権を狙う習近平は、日本や台湾、フィリピンと続く列島の島への領海侵犯を繰り返し、南沙諸島に軍事要塞まで築いた。
そこへ故意か偶然か?中国がバラ撒いた新型コロナがアメリカやイギリスで感染拡大し、特に米国は人種差別反対デモでも混乱している。
他国の不幸こそチャンスと捉えた習近平はイギリスと結んだ「一国二制度条約」を勝手に破り、強権を発動して香港を侵略したのである。
…と見るのは誤りで、習近平自身が追い詰められているのが真実だろう…米国との貿易交渉に敗れ、国内ではウィグル族に手こずり、香港逃亡犯条例は民主派に阻止され、そこへ隠蔽を指示したはずの新型コロナを一介の医師に告発されて、経済はガタガタになってしまった。
告発をして警察に逮捕された李文亮医師はコロナに感染して亡くなったが、その直後、中国のインターネットには彼の勇気ある行動を称え、共産党政府を批判する記事が2億も投稿された。それは自由な言論を禁じる中国では史上空前の事で、国民は本音では習近平を憎んでいた。
なので欧米諸国を激怒させた『香港国家安全維持法』は、追い詰められた習近平の自殺覚悟の最期の悪あがきと見てよい…それは東条英機と同じ考えで、戦力の差はあるが有利な状況なら講和の機会があるかも知れず、負けても後継者に後始末の苦労をさせれば済むからである。
片や、全米での新型コロナ感染拡大と人種差別デモで再選が危うくなったアメリカのトランプ大統領にとっても、習近平の挑発は大きなチャンスになった…米国では戦時大統領は必ず選挙に勝つ。中国と戦争すれば米国は一つに纏まって支持率も上がり、再選されるのである。

日本人は日本の法で統治されている。中国の身勝手な法に従う義務などない。腐れ共産党の糞支那人など恐れずに、自由と民主主義の為に戦っているネイサン・ロー氏(羅冠聰)、ジョシュア・ウォン氏(黄之鋒)、アグネス・チョウ氏(周庭)を応援してやるべきだろう。
欧米諸国も彼らを支援している…新型コロナ隠蔽と香港侵略で、如何に腐れ共産党の糞支那人が嘘つきの野蛮人であるかがはっきりした。
中国を常任理事国にした者は世界の危機を招いた…このゲス国家を国連から叩き出し、誠実な台湾を国連復帰させる方が世界の為になる。


弱いと見るや相手を強引に犯す腐れ支那人:強姦殺人魔の「習近平」
文中で差別語が出ますが、か弱い国や地域を狙って犯す強姦殺人魔「中国本土の腐れ共産党とその手先糞支那人」だけを差別しています。
どこよりも早く新型コロナの警告を発してくれた、誠実な日本人の盟邦である台湾の人々や在日華僑は差別していませんのでご了承下さい。
香港を強姦している本土の野蛮な支那人は、次はその対岸にある台湾を強姦し、必ずや尖閣諸島を越えて日本人を強姦しにやってきます。


にほんブログ村 小説ブログへ
クリックをお願いします


<新型コロナで幻滅した中国人の極悪非道ぶり>

2020年、中国のコロナ隠蔽と香港を巡る中米戦争によって人類は死滅した。これは人類が復活を遂げるまでの物語である。

戦時中支那にいた叔父から聞いた「三国志」や「水滸伝」司馬遷の「史記」や「漢詩」を読んで中国人に魅せられ、中国に憧れて育った。
だが今回、自分の国が世界中の人々を苦しめている新型コロナウィルスを発生させたにも関らず、ただの一言も謝らず、それどころか人の不幸を逆手に取って、香港などに極悪非道の限りを尽くす習近平=中国共産党政府を見て、こいつらはマトモな人間ではないと思った。
今や糞支那人は「信義に厚く、情が深い」自分が小説で読んだ人間ではなく、完全に性根の腐った畜生にも劣る分際に成り下がっていた。
もはや中国人は人間として扱うに値しない…香港国家安全維持法に反する日本人を中国に拉致するかも知れず、テロを行うかも知れない。
コンビニやスーパーのレジの女子は安全だと思うが、IT企業にいる在日中国人や留学生は日本の技術を盗む共産党のスパイかも知れない。
FBIの報告では、昨年中国の命令でアメリカ企業に潜り込み、技術を盗み出した(未遂も含む)中国のスパイが5000人も逮捕されている。
新型コロナ感染の不幸を悪用する腐れ中国共産党の糞支那人が、如何に汚い手段を使って日本を侵略してくるのか?しれたものではない。
香港や台湾に友好的な日本人を『香港国家安全維持法』で処刑するだと?やれるもんならやってみろ!日本にいる中国人を『破壊活動防止法』で処刑するまでだ…犯罪テロ国家の分際で日本人を見くびるな!糞習近平=腐れ中国共産党幹部は首を洗って待っていろ!
 
関連記事
スポンサーサイト



もくじ  3kaku_s_L.png ゴジラの子守歌
もくじ  3kaku_s_L.png 未来戦艦大和
もくじ  3kaku_s_L.png やさしい刑事
もくじ  3kaku_s_L.png まぼろし
総もくじ 3kaku_s_L.png その他の小説
もくじ  3kaku_s_L.png オリジナル詩集
もくじ  3kaku_s_L.png 随想/論文集
もくじ  3kaku_s_L.png 死とは何か?
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  ↑記事冒頭へ  
←世界中の家庭に中国から届く謎の種    →新世界より ~詩と随想で綴るコロナ後の世界~(2)
*Edit TB(0) | CO(4)

~ Comment ~


香港は生贄。

 国際社会はいろいろ言うが、「口だけ」だ。天安門事件がその証拠だ―――。
 本当にそうです。日本政府は、いつも口だけか、あるいは口をつぐんでいます。
 天安門事件のときも、中国は先進国から国際的な非難を浴び、制裁を受けましたが、日本から天皇訪中が実現して、中国は免罪符を得たと言われています。
 小泉首相が訪朝して拉致被害者を数人取り返したその以前、日本の外務省やメディアは、拉致など無いと言い、そんなことよりも北朝鮮との国交回復が重要だという姿勢を見せました。
 人間の自由や人権よりも、専制国家の横暴と国権を重要視する精神はなんなのでしょう。
 現在も尖閣に中国海警船が連続して侵入していても、日本ではほとんど報道されていませんが、中国では報道官が、領海侵犯をされた、大変遺憾だと強く非難しています。話が逆です。
 隣国へのヘイトはいけないとうるさく言うくせに、その国のヘイトと武力行使には何も言いません。
 日本人の有識者やメディアがダブルスタンダードなのはどうしてなんでしょう?
 一部の代議士やジャーナリストらはカネを貰っているか、ハニートラップに掛かっているとしか考えられませんが、日本企業の富裕者層は自分たちの経済さえうまく行けばいいと思っているのでしょうか。
 昔、日本人はエコノミックアニマルだと揶揄されましたが、今でも変わらないように見えます。
 そんなことでは先進国にはなれません。いまの代議士には辞めてもらいたい人が多いですね。
#8126[2020/07/09 18:05]  ☆バーソ☆  URL  [Edit]

Re: バーソ様COありがとうございます^^

> 国際社会はいろいろ言うが、「口だけ」だ。天安門事件がその証拠だ―――。
> 本当にそうです。日本政府や企業は、いつも口だけか、あるいは口をつぐんでいます。
> 人間の自由や人権よりも、専制国家の横暴と国益を重要視する精神はなんなのでしょう。

欧米企業は中国政府の取引禁止命令を恐れずに、いち早く中国を非難する声明を出しました。
それはヒトラーと商売で儲け、強大な専制国家にして悲劇を招いた歴史から学んだからです。
だが日本の親中政治家や企業の社長は、相手が独裁者だろうが、汚れた金だろうが、大勢死のうが…儲けていい顔をして首相や社長の座に座りたい…後は野となれ山となれの功利主義です。
現状ではアメリカの香港での取引停止(ペッグ破棄)は必須で、例え戦争が起きても米軍の勝利は確定的…中国の共産政権が倒れた方がいい商売になると欧米企業は長い目で見てます。
一時的な儲けばかり追っかける日本企業や親中政治家とは、まったく考え方が異なります。
「日中友好・戦争反対」を叫んで専制国家と馴れ合うと、後で大損するのが分かってない。
弾圧や人権侵害に対しては毅然と言う。戦うべき時は憲法9条に関係なく米国と共に戦う。
そうしなければ、中国ばかりか韓国や北朝鮮に舐められ、世界からバカにされるだけです。
#8127[2020/07/09 19:53]  sado jo  URL 

中国の悪逆非道ぶりはとどまることを知りません。
今回、香港のデモが盛り上がらなかったのはなぜでしょうね。
以前のように200万人が路上でデモればよかったのに、
中国政府にうまくコントロールされてしまいました。
二階と小澤は中国に参勤交代のように大勢引き連れて中国詣で
をしたことがありました。
私利私欲のため国を売ろうとする人たちで、許せないです。
#8128[2020/07/10 18:10]  エリアンダー  URL 

Re: エリアンダー様COありがとうございます^^

> 今回、香港のデモが盛り上がらなかったのはなぜでしょうね。
> 親中派は私利私欲のため日本を売ろうとする人達で、許せないです。
> 中国の悪逆非道ぶりはとどまることを知りません。

デモをやると『香港国家安全法』で逮捕されて本土の教育施設=強制収容所に監禁。拷問されたり、毒薬物やロボトミー手術で廃人にされますからね…そりゃ怖いでしょう。
(▼)習近平を批判し、脳を破壊する薬を飲まされて廃人にされた女性を知っています。

https://www.youtube.com/watch?v=oieu723Vows&t=87s  (2018年、習近平の写真に墨をかけた董瑤瓊さんが精神病院に監禁されて廃人になる。抗議した家族も当局に逮捕)

やってる事はまったくナチスと同じで、とても恐ろしい国家です…「アドルフ・近平」「ナチスチャイナ」と名前を変えた方が遥かにお似合いだと思いますよ(笑)
平気で「尖閣諸島を中国に渡した方が商売で儲かる」と宣伝し、そんな怖い国に日本を売る自民・公明の親中派議員。中国に工場を持つ経団連のお偉方が大勢るのが残念です><
独裁者と取引して馴れ合ったらどんな事になるか…過去の歴史から学んでいませんね(嘆)
#8129[2020/07/11 10:41]  sado jo  URL 














管理者にだけ表示を許可する

~ Trackback ~


  ↑記事冒頭へ  
←世界中の家庭に中国から届く謎の種    →新世界より ~詩と随想で綴るコロナ後の世界~(2)