FC2ブログ

シムーン第二章 ~乙女達の祈り~

随想/論文集

「八つ墓村」と「ひきこもり」と「タンピン(寝そべり)」

21-06-30

肺を患っていた事から兵役試験に落第し、村人から「使い物にならない役立たず」と罵られ、好きだった娘も他の男に娶られた真面目な青年が、突然狂った様に次々と村人を猟銃で襲い、大量殺人を起した有名な『津山三十人殺し事件』から今年で83年目を迎えた。
事件が起きたのが深夜の暗がりの中であり、村人の大半が殺害された為に犯行を目撃した生存者がおらず、犯人の「都井睦雄(当時21才)」が犯行後に自殺した事から真相は未だに謎のままであり、こんな謎めいた猟奇事件は世間の人々にとっては好奇心の的になる。
現に、推理作家の横溝正史はこれをモデルにヒット作である『八つ墓村』を書き、田中登監督は『丑三つの村』と言う映画を撮影した。
しかし、エンターテイメントには真実はない。本当はどうだったのか?それは殺人鬼になった都井睦雄本人に聞いてみないと分からない。
だが事件をよく調べると現代にも通じる社会の歪が浮かび上がってくる…今もなお『八つ墓村事件』は我々の周囲で起きているのである。

【2001年】 大阪教育大学附属池田小学校に侵入した「宅間守(当時31才)」が包丁を振り回して8人の児童を殺し(止めようとした教師を含む)15人に傷害を負わせた『附属池田小無差別殺傷事件』…動機は「社会に居場所がなくて子供を殺して死刑になりたかった」だった。

娘の“最後の68歩”「虹とひまわりの娘」より…事件で死んだ女の子には涙を誘う物語があった (NHKアーカイブのリンク)

【2008年】 人出で賑わう秋葉原の歩行者天国にトラックで突っ込んだ「加藤智大(当時25才)」が人を撥ねた後、駆け付けた警官や通行人計7人を殺し、10人に傷害を負わせた『秋葉原無差別殺傷事件』…後に事件の動機を自作の詩 「人生ファイナルラップ」 で述べている。

【2017年】 SNSで知り合った自殺願望の女性を自宅アパートに誘い出した「白石隆浩(当時27才)」が、9人を暴行・強姦して殺害し、遺体を解体してクーラーボックスに隠した『座間9人殺害事件』…犯人は同年犯罪を犯して有罪判決を受け、職を失くして執行猶予中だった。

【2019年】 京都市伏見区の「京都アニメーションスタジオ」にガソリンを撒いて放火した「青葉真司(当時41才)」がスタッフら36人を殺害、33人に火傷を負わせた『京都アニメーション放火殺人事件』…動機は、応募した自作小説が自分に無断で使われたと言う理由から。
※青葉が応募した小説は募集規定に反していたので最初から開封されていない…なお、この事件の被害者数は『津山三十人殺し事件』を6人越えて日本国史上最悪の大量殺人事件となった。余り嬉しくない殺人タイトルホルダーとなった本人はそれをどう思っているだろうか。

都井睦雄と上記の犯罪者との共通点は、時代は違っても同じ負け組だったと言う事だ…「お前は劣った人間」と刷り込まれたコンプレックスが怒りとなって暴発したのが、日本では(相手は誰でもいい)通り魔事件であり、大量殺人。欧米なら銃の乱射や無差別テロである。
最近は貧富の差が激しい中国でも、女性などの弱者を無差別に狙う凶悪犯罪が増えている…さらに奇妙なのは、公共施設や工場などの火災や爆発事故が頻繁に起きている事だ…当局は治安維持の為に真相を隠しているが、どうも負け組の誰かが社会復讐の為にやったらしい。
だが負け組の誰しもが暴走して『八つ墓村事件』を起す訳ではない。反対に大部分が「どうせ何をしても無駄ならば何もしないでいる」…逆説的になるが「行動しない行動」を取る。それが日本で言う「ひきこもり」であり、欧米なら「クスリに浸かる」と言う生き方だ。
それと同様の現象が(▼)下の動画で示した様に今の中国の負け組の間で広まっている…「タンピン(寝そべり)」と言う生き方である。

60歳以上の世代が世界の富の80%を握っている現代社会。残りの20%で生きなければならない…特にいくら頑張っても豊かになれない若者達は言い様のない絶望や怒りを抱えながら生きている事だろう…社会の不条理が生んだ『八つ墓村事件』はまだ終わってないのである。
※若者の生活満足度調査では、親の事業を継いだり起業した者が3%。そこそこの企業に正社員として採用された者が15%程…つまり生活に満足している若者が20%にも満たない驚愕の結果が出ている…その構造矛盾を改めない限り、今の社会は遠からぬ内に崩壊するだろう。


負け組の若者の間で広がる中国式ひきこもり「タンピン(寝そべり主義)」

ブログランキング・にほんブログ村へ 
▲クリックをよろしくお願いします▲
 


<中国は何を焦っているのか?>
突然「子供を3人産め」と強制して格差に喘ぐ若者の怒りを買ったり、強引に周辺諸国の領土・領海を侵略したり、挙句の果ては欧米政府のウィグル・香港への人権非難に同調する民間企業に制裁を課したり、最近の中国は誰が見ても常識では考えられない行動を取っている。
なぜ習近平は国民の実情を無視し、国際社会の反発を招いてまでこれほどなりふり構わぬ野心を露にする必要に駆られているのだろうか。
それは日本を越えて少子高齢化が加速する中国は、後10年で高齢者人口が40%近くに達する超老人大国になってしまうからに他ならない。
現在の中国は4人で1人の高齢者を支える年金給付率になっていて、日本とは大差ない。ところが2030年には2人で1人を支える割合となる。
当然ながら中国のGDPは下落、国民には老人を養う為の重い年金課税が圧し掛かる…経済成長どころか、国際的地位も危うくなってしまう。
だから習近平は、英国との条約を一方的に破って香港を併合し、アメリカと戦争を行ってでも人民軍を動かして台湾に侵攻し、日本から尖閣諸島を奪い…東南アジア諸国の領海を侵略して、南シナ海域を我が物にしておかなければ、未来永劫にチャンスはなくなるのである。
習近平=中国共産党の強引な行動の背景を考えると、切羽詰まった者の焦りが見えてくる…今の中国はマトモに交際できる相手ではない。
追い詰められて死に物狂いになっている相手を甘く見る日本人…特に、中国に甘い政治家・経済界・某宗教団体は痛い目を見る事になる。

「マトモに子供を産めない」女性の妊娠差別が酷い中国の職場…日本も同類じゃないかと言われそう(笑)(CNNニュースのリンク)
 
関連記事
スポンサーサイト



もくじ  3kaku_s_L.png やさしい刑事
もくじ  3kaku_s_L.png まぼろし
もくじ  3kaku_s_L.png 未来戦艦大和
もくじ  3kaku_s_L.png ゴジラの子守歌
総もくじ 3kaku_s_L.png その他の小説
もくじ  3kaku_s_L.png 随想/論文集
もくじ  3kaku_s_L.png オリジナル詩集
もくじ  3kaku_s_L.png 死とは何か?
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  ↑記事冒頭へ  
←エデンに還る(1)海棲哺乳類    →不平等と差別と戦争 「86-エイティシックス-」
*Edit TB(0) | CO(4)

~ Comment ~


クズやゴミは即、焼却場に。

金が無ければ自分の欲を抑えざるを得ないわけで、
仏教が、悩みの根源である欲望をなくせと教えているのは、
一般庶民にとっては、やむを得ない対処療法的な教えであり、
しかし支配者層や裕福層にとっては都合のいい教えでしょう。
キリスト教でも、清く貧しく生きることは良いことだとされていて、
私もその影響をたっぷり受けましたが、やはり社会の底辺者向けです。
宗教は大抵、精神的な「心の救い」を教えていて、
S学会のように物質的な利得を教えているのは珍しいことです。
いま中国で「横たわる主義」が人気があるのも無理もありません。
資本主義は、弱肉強食ですから、金を持つ者がさらに持つようになっています。
社会主義は、人間の持つ狡さを助長し、官僚と平民の貧富の差を生み出します。
どちらも欠点を持っているので、どちらもうまくいくはずがないのです。
中国という国は、歴史の大半で、経済も文化も文明も世界一だったそうです。
産業革命が起きてからは一時衰退しましたが、今はまた盛り返してきています。
2030年までにはGDPは確実に米国を抜き、米国はだいぶ落ちると言われていますが、
人口は14億なので、収入は一人当たりにすれば欧米先進国よりだいぶ劣ります。
習近平は領土を拡げることより、国民全体を裕福にすることのほうに気を使えば、
なにしろ現代の科挙を生き抜いた頭脳優秀な人ばかり揃った独裁政権ですから、
名実ともに世界一になれるはずで、そんなに焦らなくてもいいのに、と思います。
無差別殺傷事件については、自分が虐げられているからといって、
無関係な人々を襲うのは、人間のクズとしか言いようがありません。
昔は犯罪者と言えば、霊性の低い顔をした暴力団やチンピラが多かったですが、
今はどこにでもいるような、ごく普通の顔をした一般人が多いですね。
#8330[2021/06/29 08:24]  ☆バーソ☆  URL  [Edit]

Re: バーソ様COありがとうございます^^

> キリスト教でも、清く貧しく生きることは良いことだとされていて、
> 私もその影響をたっぷり受けましたが、やはり社会の底辺者向けです。
> 昔は犯罪者と言えば、霊性の低い顔をした暴力団やチンピラが多かったですが、
> 今はどこにでもいるような、ごく普通の顔をした一般人が多いですね。

政治と宗教はどの国でもべったりの関係です。政治家は宗教票…宗教は権力の保護が目当て。
だから日本ではS学会の信者などが…アメリカでは福音派など保守系宗教の信者が幾ら不祥事を起こしても、政治的圧力でうやむやになるのはご承知の通りです。
金を持ってる事が全てに優先される現代社会では、勝ち組になる者は3%ほどしかいません。つまり、負け組の方が圧倒的に多い…だから中国でも日米欧でも格差がひどい。
無差別殺傷事件を起こす者が「社会への復讐だ」と言ってるのは後付けの理由でしょう…ホンネは、競争に負けて居場所がなくなっただけの単純な動機からだと思います。
勝ち組を「自分達の政策が優秀だから大勢の成功者が出た」と自慢する政治家は、低賃金・ブラック労働の境涯に置かれている多数の負け組の気持ちをまるで理解していない。
「刑務所に入った方が楽だ」と普通の人が犯罪者になるのも、ひきこもりや寝そべりが増えるのも「人」ではなく「金」を基準に社会を考える政治家や大衆に責任があります。
#8331[2021/06/29 13:31]  sado jo  URL 

サイコパスな人たち

洋の東西を問わず大量殺人はありますが、政治やサイコパスが
絡むともっと凄惨な大量殺人になってしまいます。
ヒトラー、スターリン、毛沢東、ポルポト、アミン…等
スケールが違います。
毛沢東の場合は飢餓と文革などで犠牲者は数千万人と言われています。
今も、ウィグルで同じようなことをやってますけどね。

#8332[2021/06/30 22:43]  エリアンダー  URL 

Re: エリアンダー様COありがとうございます^^

> 洋の東西を問わず大量殺人はありますが、政治やサイコパスが絡むと、もっと凄惨な大量殺人になってしまいます。

人間世界がこれほど異常なのは、人殺しに対する判断基準がまったく矛盾しているからです。
10人殺せば殺人鬼だが、100万人殺せば英雄…又は建国者、指導者として偉人と呼ばれている。
10人殺した者は法で裁かれるが、大量殺人を犯したヒトラー、ムソリーニ、スターリン、トルーマン、毛沢東、ポル・ポト…現代では習近平やプーチン。
これらの者達が正当な裁判に掛けられて、殺人罪で裁かれたと言う話はついぞ聞いた事がない。
「国家や人種、国家や民族、宗教や思想の為なら殺人を容認する」…人々がそんな考え方を改めない限り、サイコパスな殺人鬼はどんどん増殖して人々を不幸にするでしょう。
「浜の真砂(まさご)は尽きるとも、世に盗人の種は尽きまじ(石川五右衛門)」と同じ原理です。
#8333[2021/07/01 13:20]  sado jo  URL 














管理者にだけ表示を許可する

~ Trackback ~


  ↑記事冒頭へ  
←エデンに還る(1)海棲哺乳類    →不平等と差別と戦争 「86-エイティシックス-」