FC2ブログ

シムーン第二章 ~乙女達の祈り~

随想/論文集

消えた「2022北京冬季オリンピック」

21-08-27

賭けてもいいが、2022年2月に中国の北京で開催される「冬季オリンピック」は、タリバンのせいで潰れる事が100%決定的になった。
アメリカ側は協定を守ってタリバンの捕虜を解放したのに、アフガンの首都カブールに侵攻したタリバンは、米軍協力者は元より国連の職員や関係者まで探し出して処刑し、挙句の果ては欧米の報道記者やその家族を殺害して、手当たり次第に若い女性に暴行を働いている。
そんな事をすれば、アメリカやヨーロッパ諸国の怒りを買うのは必須だが、意に介してない所を見ると勝って驕り高ぶっているのだろう。

さて今後の問題は、アフガニスタンを掌握したタリバン政権を各国が承認するか否かである…勿論、アメリカやヨーロッパ諸国だけでなくカナダ、オーストラリアなどは民主主義を否定するタリバン政権など承認しない。当然、テロ組織に指定済みの国連も承認を拒否する。
※奇妙な事に先進各国はタリバンをテロ組織に指定しているのに、なぜかアメリカだけがアルカイダやISだけをテロ指定して、タリバンをテロ組織から外している…それはトランプがタリバンと交渉して「テロ組織と取引した」と非難されるのを避けようとしたからである。
だが、元々「人権」などと言う民主主義的概念を持たず、批判する者を暗殺し、従わない者を強制収容所送りにするロシアや中国…特に「一路一帯政策」を進める中国はシルクロードの中心にあるアフガンを見逃すはずはなく、積極的に承認して取り込もうとやっきである。

けれどもすでにIMF(国際通貨基金)にアフガンへの資金拠出を禁止し、先進各国の銀行にドル取引を停止させているアメリカやヨーロッパ諸国がそれを黙認するずがない…当然、アフガンのタリバン政権を承認して資金を援助する国家に対しては、厳しい制裁が待っている。
ただでさえ中国は、ウィグルや香港に対する人権侵害で制裁を食らっているのに、性懲りもなくタリバンに資金援助して人権侵害に加担すれば、北朝鮮やイラン同様テロ支援国家に相当する…なのでアメリカやヨーロッパ諸国は、北京オリンピックをボイコットするだろう。
そうなるとアメリカの怒りを買ってまで日本(韓国も)が北京オリンピックに参加する事はできず、最終的に中国やロシアに飼われている50~60か国だけで開催される小規模なオリンピックになろう…と、言う事で日本の「2022北京冬季オリンピック」参加は絶望的である。

可哀想なのはオリンピック目指して血の滲む努力をしてきた選手達だ…政治が頑張っている人間を見捨てるのを見るのは余りにも悲しい。
次のミラノオリンピックを目指せばいい…と口で言うのは簡単だが「競技年齢」と言うものがある。平昌オリンピックのアイドル「アリーナ・ザギトワ」がもう選手としては役に立たない様に、4年も経てば多くの選手がベストパフォーマンスを発揮できなくなるのである。
カーリングの藤沢五月、ジャンプの高梨沙羅、フィギュアスケートの羽生結弦や紀平梨花、スピードスケートの小平奈緒や高木美帆は晴れ舞台に立てずに競技人生を終る…近年、特に国家権力がスポーツに介入して政争の道具にする例が後を絶たず、理不尽これ極まりない。
※国がボイコットしたら派遣費用はでないので、選手が費用を工面して個人資格で参加するしかないが、東京オリンピックの様にテレビ中継もされず、メダルを取っても脚光を浴びる事もないと言う寂しい状況になる…下手をすると右派からは裏切者扱いされる場合もある。
スポーツは政治の為にあるのではなく、競技大会は国家ナショナリズム宣揚の為にあるのではない…純粋なスポーツ精神を取り戻して競技大会を、政治に振り回されない本来のあるべき姿にする為、IOCなどのあらゆる競技団体にスポーツと政治を切り離す次の提案をしたい。

<国際スポーツ競技に関わる者に対する絶対的規約>
1)スポーツ競技会を主宰できるのは民間のみとし、国家が税でスポーツ競技会を催す事を禁ずる。
(国家は例え競技場を建設しても競技会を国の宣伝は使えない。競技会を主宰した企業が宣伝に使う事は許可する)

2)スポーツ競技会で国旗や民族旗、またはそれに準ずるものを使用する事を禁ずる。
(着衣などに星条旗や旭日旗を用いる事は禁止。習近平やプーチンなどの政治家の肖像を身につける事も禁止する)

3)スポーツ競技会で国歌や民族歌、またはナショナリズムを宣揚する音楽を使用する事を禁ずる。
(表彰式にはヘンデルの「みよ勇者は帰る」などを使用。応援する者には国家の軍歌や行進曲の使用を禁止する)

4)スポーツ競技会にエントリーする選手を国名で紹介したり、国を表すマークで識別する事を禁ずる。
(選手の紹介は、個人名、チーム名、所属団体のみとし、日の丸などの国を表すマークを身に着けてはならない)

5)スポーツ競技会で選手や観覧者が固有の宗教的所作…祈りなどを行う事を禁ずる。
(十字架などを身につける事は許可するが、祈りの動作はテロに遭ったりして宗教を嫌悪している場合もあるので禁止)

全ての国際的スポーツ競技会を催すに当り 競技や選手そのものを政治的駆け引きから守る為にこれらの規約を制定するものとする。
規約を破った国家はサッカーなどの国際大会を10年禁止、選手の場合は4年間出場停止、第三者の場合は競技場から即刻退場とする。



米国務省、北京五輪の「共同ボイコット」を同盟国などと検討へ

ブログランキング・にほんブログ村へ 
▲クリックをよろしくお願いします▲
 


<マイナーなスポーツはプロ化できないのか?>
オリンピックの競技をプロ化して国家政治から切り離すと言っても、重量挙げなどのマイナーな競技はプロ化できないんじゃないか?
と寝ぼけた事を言う者がいる…その人は、功績を挙げたアマチュアアスリートが普段どんな生活をしているのか知って言ってるのか?
自分は子供の頃から耳にタコができるほどアスリートの講演を聞いてきた。名のあるアスリートには全国の小学・中学・高校・大学・企業・団体からひっきりなしに講演依頼が来る。またテレビ・ラジオ局からは解説などの出演依頼が来る。練習時間が取れないほど忙しい。
と嘆くアスリートもいた…講演料や出演料は一回当り十数万円~有名なメダリストだと数百万円。しかも世界のあちこちで開催される競技会に出なければならない。勿論、出場料と、勝てば賞金をもらえるし、ランキングも上がる。まるでゴルフファーのツァーの様である。
なので有名なアスリートはみんな裕福な生活をしている…但し、自宅でゆっくりしている暇はない。まるで芸能人の様に走り回っている。
これがアマチュアアスリートと言えるか?何もプレーするだけがプロじゃない。スポーツでメシを食っているのだから立派なプロである。
そう考えれば、オリンピックや国際スポーツ大会は、アスリートとして有名になって金を稼ぐ為のオーディションの場であるとも言える。
「アリーナ・ザギトワ」と言う美しいロシアの無名のイスラム少女は、平昌五輪で人々の脚光を浴びたからこそ有名になり、世界的スターになって金を稼ぐ事ができた。好きな事をして金を稼ぐのは人の夢である…アスリートドリームがあってもいいんじゃなかろうか?
それを妨害する国家権力や政治家こそアスリートや観客の夢を壊す悪!…全てのスポーツを国家や政治家の愚行から切り離すべきである。
 
関連記事
スポンサーサイト



もくじ  3kaku_s_L.png やさしい刑事
もくじ  3kaku_s_L.png まぼろし
もくじ  3kaku_s_L.png 未来戦艦大和
もくじ  3kaku_s_L.png ゴジラの子守歌
総もくじ 3kaku_s_L.png その他の小説
もくじ  3kaku_s_L.png 随想/論文集
もくじ  3kaku_s_L.png オリジナル詩集
もくじ  3kaku_s_L.png 死とは何か?
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  ↑記事冒頭へ  
←なめられる国家から、恐れられる国家へ    →「ランボー」 怒りのアフガン逆襲
*Edit TB(0) | CO(8)

~ Comment ~


五輪のご臨終。

 夏の高校野球やサッカーJリーグは県別で、大相撲は力士の出身県が発表されますが、そんな地理的分類には意味がなく、選手やその集団のプレイに意味があるはずです。
 ナショナリズムを表わすものは五輪では一切発表されないことにすれば、五輪への熱気はだいぶ冷めそうです。
 それに、たかがスポーツ組織の会長が天皇陛下と並んで座り、一泊300万円とか言われるホテルで接待して持ち上げるのも度を超していると感じます。
 ですから、この5提案はいいと思いますね。
 しかしながら五輪委員会や関連企業が既得特権を手離すはずがないので、この改善案には反対するでしょうが、このたびのコロナを理由にして、国家にはウイルス対策で精いっぱいだから五輪に大金を使うほど余裕はないと言えば、この提案は通りそうです。
 なので今がいちばん五輪改革をする好機のように思います。国旗と国家がなくなれば選手のモチベーションも下がるかもしれないですが、ノーベル賞はお国のために発明発見をしたために授与されるのではないのですから、そのうち、そういうものだと思われ、慣れてくるだろうと思いますね。
 選手は自分の趣味でスポーツをやっているのですから、日の丸のためなどという使命感を持つ必要はなく、楽しんでやればいいのです。いまの五輪は持ち上げすぎです。
#8370[2021/08/28 12:53]  ☆バーソ☆  URL  [Edit]

Re: バーソ様COありがとうございます^^

> 今がいちばん五輪改革をする好機のように思います。国旗と国家がなくなれば選手のモチベーションも下がるかもしれないですが、ノーベル賞はお国のために発明発見をしたために授与されるのではないのですから、そのうち、そういうものだと思われ、慣れてくるだろうと思いますね。ですからこの5提案はいいと思いますね。

政治家がスポーツに介入して掻き回す…今の様な五輪はおっしゃる通り五輪終にした方がいい。
血の滲む努力をしているアスリート達を、権力者が国威発揚の道具に使うのも理不尽すぎます。
選手や競技会を政治家の横暴から守る為にも、一切の国家色・民族色を取除く必要があります。
その一方、企業にはどんどん金を出して選手の育成などスポーツ振興事業を行ってもらいたい。
従って今後、五輪などの国際競技会は国家色がない分、商業色の強いもの…言わば選手が最高レベルを争うプロスポーツ同様になります。最もすでにプロ選手が出ている競技も多い。
五輪の熱気が冷める心配はありません…なせなら、野球は国ではなく、巨人や阪神で盛り上がるし、サッカーはレアルマドリードやユベントスなど、ファンはチームで応援します。
アスリートも「日の丸を背負う重圧」から解放されて、ベストパフォーマンスが発揮できます。
#8371[2021/08/28 14:02]  sado jo  URL 

もうオワコン?

スポーツは全然分からないけど、どんな選手がいるのかさっぱり知らないけど、我が国の選手だから応援しようぜ。
みたいな単純な楽しみ方ができるのが良かったのに。
色々と複雑になりすぎて(テストステロン問題とか)、ややこしくなりすぎました。
純粋にスポーツのファンなら、すでに各種国際大会があるんだから、それで良いんじゃないの。
民間でやるなら、オリンピックにする意味が無いよね。
国際平和の祭典じゃなかったのかよ。とか思いますです。
#8372[2021/08/28 18:58]  しのぶもじずり  URL  [Edit]

Re: しのぶもじずり様COありがとうございます^^

> スポーツは全然分からないけど、どんな選手がいるのかさっぱり知らないけど、我が国の選手だから応援しようぜ。
> 国際平和の祭典じゃなかったのかよ。とか思いますです。

政治家連中がひどすぎるから、せっかくのスポーツの祭典がオワコンになってしまったのです。
国威発揚にアスリートを食い物にするわ、平和の祭典を政治利用して競技会を潰してしまうわ。
だからもう国の代表とかは無し!…スポーツと国を切り離さないと政治の奴隷になってしまう。
競技会は政治家のものじゃない。アスリートのものです。政治家は喧嘩するなら外でやれ!です。
#8373[2021/08/28 19:37]  sado jo  URL 

あー、いい案だと思います。
国旗とか国歌とかいらないですね。

普通の競技会でも、前の年の成績でその年の国別の代表枠が増えたりしますけど(今は羽生選手がいるから、フィギュア男子の日本の出場枠が大きいとか)あれも要らないと思うんですよね。

テニスみたいに、完全ランキング制でいいと思います。
その結果、どこかの国に有名選手が偏ったとしても、それは仕方のないことかなーと思います。

あ、でもそうするとお金のある国が有利になっちゃうか。
その意味では、各国が選手団を送れるオリンピックは意義があるのかもしれませんね。
それでも「集うこと」のほうに意味を見出して、メダル競争はやめていいと思います。
#8374[2021/08/28 21:50]  椿  URL 

Re: 椿様COありがとうございます^^

> 国旗とか国歌とかいらないですね。
> テニスみたいに、完全ランキング制でいいと思います。
> その結果、どこかの国に有名選手が偏ったとしても、それは仕方のない事かなーと思います。

アスリート達は、政治家の国威発揚の道具にされる位なら企業の広告塔になった方がマシです。
ゴルフやテニスのプロの様に賞金を稼げるし、プロ野球やサッカー選手なら年棒をもらえます。
裕福なスポンサーを持つアスリートばかり強くなって、偏ってしまうと文句を言う者もいるが。
強い金持巨人を僻むより、それが悔しければホークスの様にソフトバンクに乗り換えたらいい。
そうすれば巨人より強くなる…オリンピック選手が実力本位で国の代表ではないなら、他国へ移って金を出してくれる裕福なスポンサーを見つけたらいいだけの事です。
スポーツは元々が競争です。選手層が偏るのは己の自己責任…それが嫌ならタリバンみたいなガチ統制をやめ、民主主義にして選手を大切にして金を儲けさせてやる事です。
最終的に五輪をプロスポーツ化すればいい。そうすれば国家は口を出せない…政治家がごちゃごちゃ言うと、プロサッカーの様にファンが黙ってません。政府の方がやられます(笑)
#8375[2021/08/29 11:19]  sado jo  URL 

こんにちは

アメリカ軍のアフガン撤退で中国が不穏な動きを見せています。
これでますます五輪ボイコット参加国が増えそう。
五輪は中国にとって国威発揚の場なので手痛いでしょう。
習近平は個人崇拝を教育の場で組み込んだり、ゲームの禁止を決めたり
やりたい放題。
ロシアは共産政権が崩壊してずいぶん経つのにいまだに独裁体質が
抜けず中国と足並みをそろえたり、これまた独裁のベラルーシと接触したり、
自由社会にとっては喉に刺さった刺ですな。
ロシアと中国は五輪ボイコット兄弟ですね。(笑)
#8376[2021/09/02 11:53]  エリアンダー  URL 

Re: エリアンダー様COありがとうございます^^

> アメリカ軍のアフガン撤退で中国が不穏な動きを見せています。
> 習近平は個人崇拝を教育の場で組み込んだり、ゲームの禁止を決めたりやりたい放題。
> ロシアは共産政権が崩壊してずいぶん経つのにいまだに独裁体質が
> 抜けず中国と足並みをそろえたり、これまた独裁のベラルーシと接触したり。

テロリストだろうが何だろうがお構いなし…中国は早速アフガンを我が物にするつもりですね。
元々アフガニスタンは中国が企むシルクロード征服「一路一帯」の要衝の地…アメリカ軍の撤退は「棚からぼたもち」降って湧いた絶好の機会になりましたからね~♪
例え欧米諸国が「北京冬季オリンピック」をボイコットしても大したことはない…豊富な資源が眠っているアフガンを手に入れる事の方が遥かに利益は大きいはずです。
可哀想なのはオリンピック目指して頑張ったのに、梯子を外されて宙ぶらりんになる選手です。
しかし、最近の習近平やプーチンのやる事は、まるでヒトラーやスターリンそのまんまですね。
両国内の人が誰か気づいて止めないと、世界を相手に戦争を始めるのは確実になってきてます。
#8377[2021/09/02 13:53]  sado jo  URL 














管理者にだけ表示を許可する

~ Trackback ~


  ↑記事冒頭へ  
←なめられる国家から、恐れられる国家へ    →「ランボー」 怒りのアフガン逆襲